Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前哨戦終わりました
2006年01月14日 (土) | 編集 |
優勝おめでとう
やったね

James Blake


Medibank International

決勝

⑧James Blake(USA) 6-3 2-6 7-6(3) Igor Andreev(RUS)

おお~ブロガージェームスついに優勝しちゃったね!やー完璧にブログのおかげかな(笑)、うそうそジョークジョーク。実力で勝ったんだよね。ん~でも必ずしも偶然とはいえないと思うよ。やっぱあのように公式にブログをやってると、見られているという意識もあるし、ここで負けたらかっこ悪いという潜在意識が働いてがんばれるのじゃなかろうか(すごいこじつけ…^^;)。

今日もオーストラリアは大変暑く、コートの中は気温50度近くあったそうな。ひえええ。今こっちは寒いからなんだか暑いのがうらやましいけど、さすがにちょっとそれはきつそうだ…。やっぱり、全米のときのようなワンサイドの展開にはなりませんでしたね。

それどころか、ファイナルセットはアンドリエフ君がサービス・フォー・ザ・マッチと王手をかけていました。そこからジェームス君が土壇場でブレイクバックした!そして結局タイブレークで決着がつきました。「こういう試合で勝てたことで、競った試合でも勝てるという自信がついた」。2日後には天下のグランドスラム、全豪オープンの開幕です。こりゃあいい。「初めてグランドスラムのタイトルが狙えるという気がしてきた、自信を持ってそう言える」。「去年の全米でやったことが新しい自信になった。戦えないなんてとても思えない。このチャンスを楽しんでるよ」。大いに楽しみじゃ、ふっふっふっ。最後になった今日のブログにも書いてますね。直前のニューヘブン優勝したときと今同じ状況、だからまた全米みたいに活躍できそう、と。しかし今回はQFで終わってもらっちゃ困りますぜ。少なくともアンディの待つ準決勝まではたどり着いてほしいものである。ついでに言うと、Player Blog、次は全豪明けの週から再開のようです。さすがにねー、グランドスラム中に誰かがやるとその人が優勝しちゃいそうだもんな(笑)。

アンドリエフ君はほとんど手が届きそうだった勝利をあと1歩で逃してしまいました。それでもハードコートでも決勝まですすんだのは立派だった。去年のリベンジならなかったけど、ここはすばらしかった相手を誉めるしかありません。「すべて正しいことをやっていても、うまくいかないことがある。彼は必要なときにとてもいいプレーをした」。

そしてジェームス君は、この大会アフリカンアメリカ人として2人めの優勝者。1人目は、そう、アーサー・アッシュ。「アーサー・アッシュと同じ位置で僕のことが語られるのはとても光栄なことだ。それは僕にとって一番の栄誉だからだ」。人生の師と仰ぐアッシュに少しだけ近づけたかな。でも、まだ後継者とはいえないよね。恩師の名のついたあのコートで優勝トロフィーをかかげるその日までは。

スポーツ選手にとっては、勝つことがすべて。勝つことしか考えていない。誰もが口をそろえてそう言い切る。それももちろんある意味正しい。しかしジェームス君は、ちょっと違う。もちろん彼だって勝負に生きる人間、勝つことの重要さは十分にわかっています。しかし。彼を見ていると、やっぱり、プロの世界でも勝ち負け以上に大切なものがあるのだと確信できる。選手生命どころか車椅子生活になりかねない崖っぷちのところから奇跡の復活をしてきた。「人生の見方がずいぶん変わった。テニスで負けることなんて、ほんのささいなことなんだ」。

優勝おめでとう
2日連続で登場です

Jarkko Nieminen

@Getty Images


Heineken Open

決勝

⑦Jarkko Nieminen(FIN) 6-2 6-2 ⑤Mario Ancic(CRO)

あららっ!マリオ君負けちゃった…しかも結構あっさりスコア…う~む。じゃこ君(ニミネン)は前日の準決勝で疲れてるだろうからマリオ君いけると思ったんだけどなあ。なかなか2つめのタイトルが遠いです。そして一方じゃこ君はこれがめでたいATPツアー初優勝!おめでと~!今まで4回決勝で負けていましたが、5回目の正直が実ったね。しかも、フィンランド人としても、なんと初めてのATPツアータイトルです。フィンランドの皆様もおめでとうございます。いいなー…日本もいつかそういう日が来ますように。

マリオ君は「自分でもどうしてなのかわからない」というくらい、元気がなかったようです。フォアとサーブの調子が悪かったみたいでした。…そんな得意どころが悪かったらそれは厳しいだろうね…。対照的にじゃこ君は、ほとんどミスのない堅実なテニスを展開しました。「彼を走らせたらミスを引き出せると気が付いたんだ。だから、僕は自分のサーブを確実にキープして、あまり特別なことをせずシンプルにやろうと思った」。第3ゲームで早くもブレイクに成功したじゃこ君が第7ゲームでもブレイク成功で27分で第1セットをゲット。

あまり試合がワンサイドにすすむと、ひょんなことからいきなり流れががらっと変わって一気に逆転される、ということはよくある。じゃこ君は、いつマリオ君が追いあげてくるか気が気じゃなかったそうです。「いつ彼がいいプレーをしだして追い上げてくるかずっと考えていた」。しかし、そうやって注意してるときはそういうことは起こらないもんです。第2セットも2回サービスブレイクを決めたじゃこ君が最後は自分のサーブで締めました。

負けたマリオ君、「4回も信じられない試合を勝ち抜いてきて今日も自信はあった、だけど今日はうまくいかなかった。ミスをしない相手と戦うのはとてもきついね。ヤルコに敬意を表したい。サーブもプレーもとてもよかった」。まさか自信が過信になったのかなんていいたくはないが…まあまだまだ、先は長い。気持ちを切り替えて来週の全豪がんばっておくれ。

フィンランド人初のATPタイトル獲得となったじゃこ君、「言葉で表すのは難しいよ。とてもすばらしい気分だ。今まで4回決勝に出て10回くらい準決勝にも行った、その中で勝つのに十分いいプレーをしたと思えたときでも、勝つことはできなかった」。でもついに、優勝することができました。努力は、必ず実る。


関連記事
Blake confident after winning in Sydney(Reuter)
Blake Digs Deep to Win Sydney Title (ATP)
Nieminen Flawless in Final(Heineken Open)




今日の1曲
Errtime/Nelly
またまたジェームス君がらみで。だってさぁ~、今日はせっかくだからじゃこ君に敬意を表したかったけど、フィンランドのアーティストとか思いつかんもだの。ジェームス君にひっかけるとありとあらゆる曲を思いつくんだけど(笑)。

ジェームス君は、去年の全米の3回戦でナダル君と戦う前の日に彼女と映画を見に行ったそうです。…それで勝ったのかよ…まいいか…。その映画が「The Longest Yard」。元NFLスターが飲酒運転で刑務所に入ったらそこのアメフトチームにひっぱり出されて囚人チームとして戦う、ていうお話。なんかスクールウォーズ2の刑務所(少年院かな)のラグビーチームのお話みたいね(笑)。そういやあのころの保阪尚輝は初々しくてかっこよかったなあ…いつからあんなにおかしくなってしまったのだろうか…。

閑話休題。んでその映画のサントラに入っているのがこちら。のれるしなかなかよい曲。きっとジェームス君のiPodにもこれは入っていることでしょう。そういやネリーはこの映画にも出てるようですが、どんな役だったのかな。日本で放送されることがあれば見てみたいな。この曲にはスヌープも参加、とはいってもラップはなくてPVの中だけ。ネリーは相変わらずの肉体美を披露してます。この曲ではさすがに歯は白いようである。ま、ネリーも今週ビルボードで1位とったしね。3人まとめておめでと~さん、てことで。(PVを見る

 
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
噂再燃
>わかこさん

そうそう、アンディも優勝ですねー。この勢いで全豪もつっぱしってもらいたいもんです。

アンディにジェームス君、ジネプリ、デント…アメリカ選手みんながんばってもらいたいですね!

アンディとマリアちゃんをみんなでよっぽどくっつけたいんですかねえ(笑)。レイトン&キム、アガシ&グラフ以来あまりテニス界のビッグカップルがないからなんとか話題を作りたいという当局の願いが感じられます(笑)。
アンディ&マリアに関しては私も思うところが多々ありますがそこらへんはいずれまた…^^。
2006/01/15(日) 13:08:29 | URL | さっち #-[ 編集]
ブレークやりましたね!!
ロディックもエキシビジョンとは言え優勝できて嬉しい限りです♪
これは全豪、アメリカ勢の活躍が期待できますね!

それはそうと、またもやロディックとシャラポワの目撃情報が出たみたいで・・・気になる所です。
2006/01/15(日) 01:08:28 | URL | わかこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。