Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


こっちは30代対決-7/9 ニューポート-
2005年07月10日 (日) | 編集 |
おじちゃん達がんばってます

Vincent Spadea


Campbell's Hall of Fame Championships

昨日雨で持ち越されたQFの結果は、こうなりました。

準々決勝

③Greg Rusedski(GBR) 7-6(3) 6-4 Antony Dupuis(FRA)
Wesley Moodie(RSA) 6-4 6-3 Michal Mertinak(SVK)


そしてつづいて行われたSFの結果。

準決勝

②Vincent Spadea(USA) 7-6(6) 6-2 Paul Goldstein(USA)

今日4人の殿堂入りセレモニーが行われたここニューポートでは、おじちゃん達(失礼)ががんばりましたよ~!まずはスピーディアから。アメリカ対決となったゴールドスタイン戦、芝とは思えないサービスブレイクの応酬となりました。第1セットいきなりスピーディアが連続してサービスブレイクに成功して3-0とリード。その後もお互いブレイクがあり、ゴースドスタインも追いついて結局タイブレへ。ここでも一旦はスピーディアが5-2とリードするけどゴールドスタインがまた追いついて5-5としますが、最後はスピーディアが振り切りました。

第2セットは、ゴールドスタインのサービスゲームを3回破ったスピーディアがおしきりました。試合全体で20ゲームあったなか、サービスキープは6回だけ。スピーディアが8回、ゴールドスタインが6回ブレイクに成功、お互いサーブでのポイント獲得は50%を切ってしまいました。「第2セットではときどきいいサーブが打てたかな。今日はリターンがよかった、よく戦ったと思うよ。」by スピーディア。「今週はサーブでアドバンテージをとれていたんだけど、今日に関してはそういかなかった。彼(スピーディア)が立ち上がりよかった。でも僕もよく盛り返したと思う」by ゴールドスタイン。追い上げたとこまではよかったけど、上回れませんでした。

しかしスピーディアはこの試合で腹筋を痛めて、その後予定されていたダブルスを棄権してしまいました。明日の決勝大丈夫なのかな?「この体が原因で自分のテニスが小さくなってしまっている。明日の決勝はベストを尽くして全てを出し切るよ。」明日の決勝には影響ないことを期待しています。

③Greg Rusedski(GBR) 7-6(2) 6-4 Wesley Moodie(RSA)

こちらも!31才のルゼががんばりましたね~。ウィンブルドンダブルス優勝してノリにのっているムーディーを止めました。第1セットタイブレークに入ったのはさっきのスピーディアの試合と一緒だけど、あっちとは対照的に、こちらはお互いサービスブレイクは1回ありませんでした。ここはルゼが5-0と優位にたってそのまま第1セット先取。

第2セット第1ゲーム、ムーディーが楽にサービスキープした後、ルゼのサービスゲームで2回ブレイクチャンスがやってきますが決められず、次もルゼのサービスゲームでまたブレイクチャンスが今回は3回。しかしまたもやルゼに阻まれます。そしてたびたびのピンチを切り抜けたルゼがその次のゲームでブレイクチャンスを握り、5回目でついにサービスブレイクに成功します。このへんが勝負の分かれ目だったかな。チャンスを確実にものにしたルゼが、見事2年連続決勝進出を決めました。「今日は自分のプレーに満足しているよ。特にタイブレークと(第2セット)ブレイクできたところがね」by ルゼ。

ルゼは93年と去年この大会で決勝進出しており、いずれも勝って優勝しています。今年も、「2度あることは3度ある」にしたいとこでしょう。そしてスピーディアにとっては去年のスコッツデール以来のタイトルが是が非でも欲しいとこだね。今年は怪我に泣かされて思うような成績が残せていないだけに、なおさら。ルゼとしても、マレイ君の活躍に刺激されているのかどうかわかんないけど、ここでまた存在感を示したいところ。バスタドが10代対決ならこっちは30代対決になりました。バラエティーに富んでるねぇ~こりゃおもしろい。ベテラン同士意地とプライドを懸けて、明日はおじさんパワー炸裂の激しい試合になるでしょう。なんかおじさんおじさんいってるけど、じつは年あんまり私と変わらないんだよね…同世代の選手は応援したくなる。楽しみな対戦になりました。2人ともがんばれ~!

関連記事
Rusedski to Defend Title Against Spadea(ATP official)

おまけ ~殿堂入りおめでとう~

殿堂入りおめでとう

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
《Synsam Swedish Open スエーデンオープン》 (バスタード・クレーコート) 楽しみだったラファエル君vsトミー君...結果は2-0(6/3.6/3)でラファエル君の圧勝だったらしい~!もう少し混戦になるかと予想していたのだけれど...ラファエル君、クレーでは群を抜いて強いのねっ!
2005/07/10(日) 20:59:20 | テニス観戦...しましょ?!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。