Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もうすぐグラミー賞
2006年02月05日 (日) | 編集 |
お待たせしました、世界最高峰の音楽の祭典、第48回グラミー賞があと4日にせまってきましたよぅ~!!今回もロサンゼルスで現地の8日、日本でいえば9日の午前中から行われるらしい。…やっぱ平日か(- -;)。平日だと生で見れないじゃないかああっ。毎年そうなんだよねー。ま木曜日はそれほど忙しくないからいいけどさ…。

今回の最多ノミネートは、マライアとジョン・レジェントと蟹江氏(カニエ・ウェスト)がそれぞれ8部門でトップ。この3人は最優秀楽曲や最優秀アルバムなど主要部門に多数ノミネートされている。そして続いて、50 Centとビヨンセと大御所スティービー・ワンダーとBlack Eyed Peasが6部門。そしてグウェン・ステファニとミッシーとブルース・スプリングスティーンと、アリシアが5部門と続いている。グラミー常連のアリシアもやはりしっかり押さえてますなあ。でも毎年同じ人が受賞してもつまらんから、たまにはアリシアが受賞しない年があってもいいんじゃないかと思うが(^^;)アリシア好きだけどさー、たまには違う人にあげてよ…ていう気もちょっとするので。

しかし蟹江氏は去年もラップアルバム賞をとって、パフォーマンスもやって、ノリノリだったけど、今年もすごいねー。「College Dropout」から間髪いれずにたてつづけてにアルバムリリースしている積極性が成功しているといえる。去年はブッシュを生放送で批判するということでインパクトは抜群だしねえ。今ブッシュさん支持率も低そうだし、これで蟹江氏がまた受賞したら、それはブッシュさんへのアメリカ国民のメッセージ、ということになるかもしれないね。

というわけで、各部門別にノミネート作品を見ていくことにしよう。それぞれ探せた範囲内でPVもリンクしてますので興味を持たれましたら聴いてみてくださいませ。私の予想はあてにならないので、独自に予想を立ててみてはいかが?

まずは主要4部門。

=私のいちおし =受賞予想

Record of the year

We Belong Together/Mariah Carey[PV]
Feel Good INC./Gorillaz Featuring De La Soul[PV]
Boulevard Of Broken Dreams/Green Day[PV]
Hollaback Girl/Gwen Stefani[PV]
Gold Digger/Kanye West Featuring Jamie Foxx[PV]


基本的に最優秀レコードの受賞対象はアーティストだけじゃなく、作曲者やプロデューサーなど製作にかかわったすべての人。(Song of the yearは別)だから、ノミネーとしても、パフォーマーである歌手以外に、作曲者などの名前もちゃんと書いてある。決して表面に出ている歌手だけじゃない、1曲ができるまでは多くの人の手がかかっているのだということをちゃんと示してくれています。もちろん、表現するアーティストあっての曲だから、歌っている人も大切な存在です。でもここで作曲者やらプロデューサーやら全部書くと大変なので、アーティストだけに省略。

「最高の一曲」を決めるこの賞。曲として最も優れたものという、歌手としても作曲者としてもアーティスト冥利につきる栄誉あるこの賞は、ノミネートされるというだけでもすばらしいこと。今年はこの5曲。う~む。私がこの中で一番好きなのは…蟹江氏かなあ。でも予想としては、マライアかなあという気がする。マライアは、これ以外にもたくさんノミネートされていて15年ぶりのグラミー受賞なるかというところが大変注目されているところです。ヒット、ということでいってもやはりマライアのこの曲かなあ。Gorillazがノミネートされたのはちょっと意外でした。

この最優秀レコードって結構ダークホース的曲が受賞することがありますね。去年のコールドプレイの「clock」も、あまり予想してた人いなかったような気がする。そして、だいぶ前だけど、Sealが「Kiss From A Rose」で受賞したけど、これもかなり大穴的な感じだったような気がする。そういう意味では、Gorillazがこの中ではややダークホース的な感じだけども…どうかな?Gorillazは実はblurのメンバーが中心になって活動しているグループだけども、あくまでメンバーはアニメキャラということで、もしこの大きな賞をGorillazが受賞したらアニメと実写のCGでトロフィーもらう、てなことに…なるわけないか…それもちょっと楽しみだけどね。でもさすがにこれはないような気がするけどなあ。でもわからん。

Album Of The Year


The Emancipation Of Mimi/Mariah Carey
Chaos And Creation In The Backyard/Paul McCartney
Love. Angel. Music. Baby./Gwen Stefani
How To Dismantle An Atomic Bomb/U2
Late Registration/Kanye West


こちらは「最優秀アルバム」。各カテゴリーの枠を超えて、全体の中での一枚を決めるという、これも大変栄誉ある賞でございます。最優秀レコードは、1曲だけども、これはアルバム全体だから、ある意味これを受賞することのほうが難しいかもしれないね。だって一年間に発売されてる何万枚っていうアルバムの中の最高の1枚を決めるのだから。ロックもR&BもHip-Hopも関係なく。これにノミネートされたということだけで十分アーティストたちは嬉しいでしょうが、できたら受賞したいところ。うーむ。…やっぱマライアかな(笑)。月並みですまぬ。去年はアウトキャストが受賞しましたね(おととしだったっけな)。最近グラミーもちょっとHip Hopよりではあるが…。私はもちろん蟹江氏のLate Registrationが一番好きだけども。蟹江くんは去年いっぱいもらったから、今回はどうかな。個人的にはグエンなども結構いけそうだけども、やはり売り上げからいってもマライアが一歩リード、ていうところだろうなあ。

Song of the year

Bless The Broken Road(Rascal Flatts)/Bobby Boyd, Jeff Hanna & Marcus Hummon[PV]
Devils & Dust(Bruce Springsteen)/Bruce Springsteen[PV]
Ordinary People(John Legend)/W. Adams & J. Stephens[PV]
Sometimes You Can't Make It On Your Own(U2)/U2
We Belong Together(Mariah Carey)/J. Austin, M. Carey, J. Dupri & M. Seal, songwriters; (D. Bristol, K. Edmonds, S. Johnson, P. Moten, S. Sully & B. Womack, songwriters) [PV]


これは、曲そのものに贈られる賞。だから、受賞するのは歌っているアーティストではなく、作ったソングライター。()内が歌ってるアーティストです。もちろん自分で作って歌っている人もたくさんいるから、そういう場合はもちろん作った歌手が対象となる。去年は、その約半年後に亡くなったルーサーの「Dance With My Father」を作ったリチャード・マークスが受賞しましたねー。あれはいい受賞だった…(涙)。
私の一押しはやっぱジョン!この曲はいいよ。とってもいい。歌詞も、曲も、最高っす~。ぜひこれに受賞してもらいたいなあ。しかしマライアはここまで全部に入ってるね。We Belong…ってそんなにいいかなあ?私はそこまで好きじゃないのだが…

Best New Artist

Ciara
Fall Out Boy
Keane
John Legend
SugarLand


他の賞は一生に何回もとるチャンスがあるけれど、これだけは、どんなにがんばっても一生に一回しかとることができない。それが、この「新人賞」。これは…もうシアラちゃんで決まりでしょ?どう考えてもシアラちゃんしか思い浮かばない。…でも以前の50 cent VS エバネッセンスみたいなこともあるからなあ。ジョンが新人賞っていうのはかなり反則だと思うが(--;)。Fall Out Boyもがんばっている感じだけども、絶対にシアラちゃんで決まりです。

主要4部門はこんな感じで。次は各カテゴリー別の受賞ノミネートの紹介。
Pop部門

Best Female Pop Vocal Performance

It's Like That/Mariah Carey[PV]
Since U Been Gone/Kelly Clarkson[PV]
Good Is Good/Sheryl Crow[PV]
I Will Not Be Broken/Bonnie Raitt
Hollaback Girl/Gwen Stefani[PV]


ポップ部門の女性ソロアーティストのコーナーですが。う~む。マライアここにもいるのか…強そうだなあ。最優秀レコードにノミネートされてるのは違う曲だし、これはマライアどうかな。なんせ、脱腸ソングだもんなあ。でも私はこの曲のほうが好きだが。脱腸~脱腸~♪ケリー・クラークソンのこの曲も私は結構好きだなあ。MTVではこれが賞をとりましたね。グウェンがとりそうだなあ。でも予想が難しい。

Best Pop Performance By A Duo Or Group With Vocal


Don't Lie/The Black Eyed Peas[PV]
Mr. Brightside/The Killers[PV]
More Than Love/Los Lonely Boys[PV]
This Love/Maroon 5[PV]
My Doorbell/The White Stripes[PV]


こちらはグループに贈られるものですが。ポップのカテゴリーにBEPってちょっと違和感あるが。マルーン5もかなりヒットしたしねー。ここはマルーン5がいきそうだ。ちなみにこのマルーン5のボーカルのアダムが、前マリアちゃん(シャラポワ)とちょっと噂になった人です。でも今はアンディと噂になってるから、アダムとは単なるお友達なんでしょうね、きっと。

Best Pop Vocal Album

Extraordinary Machine/Fiona Apple
Breakaway/Kelly Clarkson
Wildflower/Sheryl Crow
Chaos And Creation In The Backyard/Paul McCartney
Love. Angel. Music. Baby./Gwen Stefani


ポップのアルバム賞候補。私はケリー・クラークソンかグウェンで間違いないと思っているが。ビルボードに4曲もトップ10ヒットを送り込んだケリーがちょっと有力かなあ。でもグウェンもソロで大成功したし。この2つのどっちかでしょう。ケリーのアルバム買ってないけどちょっと聞いてみたくなってきた。


Dance部門

Best Dance Recording

Galvanize/The Chemical Brothers Featuring Q-Tip[PV]
Say Hello/Deep Dish[PV]
Wonderful Night/Fatboy Slim & Lateef[PV]
Daft Punk Is Playing At My House/LCD Soundsystem[PV]
I Believe In You/Kylie Minogue[PV]
Guilt Is A Useless Emotion/New Order


私はケミカルが大好きなので、ぜひケミカルに受賞してほしいなあ。このGalvanizeっていう曲、チョ~かっこいい。Q-Tipのラップもうまくはまっている感じだし。去年のちょうど年初めに発売されて、去年の今ごろすっごく流行っていた歌です。
あとダンス部門だけに、Fatboy SlimやらNew Orderが入っているのは嬉しい。New Orderはロックグループだけど、打ち込みやエレクトリックなサウンドを使って独自の世界を作り上げていますね。このロックなNew Orderがダンス部門でノミネートっていうのも、うれしいかも。でもやっぱここはケミカルきてくれ!

Best Electronic/Dance Album

Push The Button/The Chemical Brothers
Human After All/Daft Punk
Palookaville/Fatboy Slim
Minimum-Maximum/Kraftwerk
LCD Soundsystem/LCD Soundsystem


ここもやっぱケミカルを押したいなあ。ダフトパンクやら、Fatboy Slimやら、まさにデジロックが幅を利かせている感じですね。アメリカではダンスミュージックってどのくらい人気あるんだろ?ヨーロッパではすごく人気あるけど、アメリカはやっぱR&BやHip-Hop、ロックなどのほうが勢いがあるような気がするけども。


今回はここまで。次回は、わたくしの注目、R&BとRAP部門について詳しくお送りする予定。


ノミネート全作品はこちら


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。