Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デ杯1回戦展望
2006年02月09日 (木) | 編集 |
なんだか楽しそう

Andy Roddick and James Blake

@Yahoo!sports


グラミー賞が今日終わったと思ったら、明日からさっそくデ杯1回戦…タイミングがばっちりというか(笑)。一日くらい休みくれ。まあこういうこともあろうかと、デ杯のためのこの記事は前前からちょこちょこ書きためておいたので。しかしグラミー…ことごとく私の期待を裏切る結果になっている…つまらん…ケミカルが2部門とったことくらいかなあ、うれしいなと思ったの。ま、そこらへんのグラミー賞の結果と感想はこのデ杯展望をアップしてから番組をじっくり見る予定なので週末にでもゆっくりと…あ、デ杯の真っ最中か…(汗)うーん。週末だしどこかで暇を見つけて書こうっと。

というわけで、久かたぶりにテニスネタ復活!今回はデビスカップです。去年のデ杯は1回戦は3月開催とちょっと遅かったんだけども、今年はまた例年どおり2月開催になりました。この展望話は本当は昨日にでもアップしたかったのだが、最後の手なおしがちょっとできなかったので今日にずれこんでしまいました。

まあなんせ8カードもあるので書くのが大変だけども、去年みたいにいっちょいっちょ詳しくはもう書かん。自分の気になるところをたんまり、それほどでもないところはさらっと。でもやっぱり長~くなってしまいました。すいません。

アメリカ ルーマニア

私はどこの国を応援しているかというと、当然アメリカだ!なんといってもアメリカだ!アメリカがんばれ!なんでこんなにアメリカが好きなのか自分でもよくわからないのだが…ひねくれ者だからむしろこういうテニス大国というのは嫌いになりそうなもんなのだが、なぜかアメリカは好きなのである。アンディやジェームス君がいるからアメリカが好き、ていうわけでもないような気がする。(以前はそうだと思っていた)

今年はなんかアメリカ優勝しそうな気がする。わたしの当たらない第六感がそうささやいている…てか、10年間全く優勝がないっていう事実がびっくりだ。アメリカはこれまで31回というすごい数の優勝を誇っている。しかし1995年を最後に優勝がない。ということは当然、今の中心メンバーである選手には優勝の経験がない。

他の国を考えてみると、スイスにしろ、スペインにしろ、オーストラリアにしろ、主力選手はシングルス・ダブルスと計3連戦を余儀なくされることが多い。それが、アメリカは、ブラ兄弟がいるから、シングルスのアンディはダブルスの心配をする必要がない。そして他の国にとって大きな山であるダブルスはスペシャリストのブラ兄弟。これで優勝できないのがおかしい。男子テニス界の七不思議のひとつだと私は勝手に決め込んでいる。

一昨年は決勝まで行ってクレーに泣き、去年はホームでまさかの初戦敗退。あの頃はルビが絶好調だったからね…。でも今年は絶対アメリカが優勝するような気がする。なんかそんな気がするんだよなあ。こんな調子こいてていいのだろうか。
出場メンバー
アメリカ…アンディ・ロディック、ジェームス・ブレイク、マイク・ブライアン、ボブ・ブライアン
ルーマニア…ビクター・ハネスク、アンドレイ・パベル、Razvan Sabau、 Horia-Vlad TECAU

アメリカはシングルスNo.2を誰にするかでややもめましたかね。ランキングではジネプリのほうが上なのにもかかわらず、ジェームス君のほうが選ばれたことで、ジネプリはちょっと傷ついてしまったようです。といってもランキング自体は3つくらいしか違わないし実力もそんなに変わんないのだけど、ランクが上のジネプリからしたらやっぱりちょっと納得いかない部分はあるかな。

デルレービーチの初戦の当日にデ杯落選のことを知ったジネプリは気落ちしてしまったのか、初戦で韓国の選手に敗退してしまいました。勝った韓国の選手も、ジネプリのその心の隙を見抜いていたようです。デ杯のニュースも知れわたっていたのかな。「デビスカップのことについて彼ががっかりしているだろうと予測してたんだ」。コート上でのジネプリはとても自信なさげだったと、対戦相手のリーは言います。「だから、2ndサーブをたたいてプレッシャーをかけていこうと思った」。

「たしかに僕は選ばれなかった、でも勝ち進んでいけばまたチャンスもあるだろうし。今はとにかく自分のゲーム内容をよくしなくちゃいけない」。気丈に語るジネプリですが、コーチのモンタナさんはやっぱりこう言っている。「もちろんロビーはデ杯でプレーしたがってたさ。でもそれは彼にはどうすることもできないことなんだ。今は気持ちを切り替えてデルレービーチやこの次の大会に専念してくれるだろう」。…切り替えられませんでした…。ジネプリ最近調子悪いしなあ。まだ全豪の1回戦だけだもんね、今年勝ったの。

監督のパトリック・マッケンローによると、やはりオーストラリアシーズンでの成績が大きな要因となったようです。ジェームス君は全豪は3回戦でシード選手のロブレド君に敗れましたが、前週のシドニーは優勝しています。一方ジネプリは前哨戦のオークランドは初戦敗退、そして全豪では2回戦で予選あがりの177位の選手に負けてしまいました。「ジェームスは、今までは当たって碎けろというタイプだったが、最近はずっと慎重に、賢くプレーするようになった。勝率もよくなったしね。以前からトップ選手相手にいいプレーをしていたけど、逆に格下の選手に取りこぼすことが多かったからね」。どんな相手にも安定して成績を出せるようになったということでしょうか。

まあ全米ではジェームス君より成績はよかったしランキングも上になったけども、果たしてどれほど多くの人の頭に去年の全米でのジネプリの存在が残っているだろうか。ジェームス君の場合はナダル君に勝ったしアガシとの大熱戦があるからみんな覚えていることでしょうが。どうしてもジネプリよジェームス君のほうが目立つし、プレースタイルや容姿も含めて華々しく、経歴も波瀾万丈で、記憶に残りやすい。まさかそんなことがパトリック・マッケンローさんの心理に作用したとまで言うつもりはないけれど。

ジネプリにとってはショックな落選だったと思うが、めげずにこれからもがんばってほしい。悔しかったら個人でがんばって結果をだして力でその座を奪うしかない。ああジネプリがベラルーシやオーストラリアの国籍だったら重要戦力として重宝されるだろうに…競争の激しいアメリカだものね…うまくいかないものだ…。


23才ながら、2001年からずっと中心選手としてデ杯に貢献してきたアンディはもうデ杯はベテランといってもいい。そんな彼にとって、デ杯で優勝することは、ある意味グランドスラム以上に重要な目標であると言える。「デビスカップは、間違いなく僕にとって最優先項目のひとつだ」と言い切っている。個人の大会と違って、仲間との共同作業、ひとりだけの力ではどうにもできない部分がある。だからこそ、勝ったときの喜びは何倍にもなる。

「僕にとっても、チームにとっても、とても、とても大きな目標なんだ。それに達することができないまま立ち去るのは堪え難いほど辛いことだ。」。監督には、来てくれと言われればいつまででも参加するつもりであると伝えているそうです。1回でいいんだよね。何度も、なんてぜいたくは言わないから、アンディにデ杯優勝の喜びを味わわせてやりたい。レイトンも、サフィンも、ナダル君も、ルビも、味わった。アンディも、ぜひ。

ところで、去年の1回戦参戦したアガシは、今回はでませんが、勝ちあがっていけば出場もあるかもしれないとのこと。去年三顧の礼でデ杯チームにカムバックしながら勝利をあげることができなかったのはやはり心残りなのでしょうね。

んで、肝心の気になる試合の展望ですが(これがメインのはずなのに…)。ルーマニアはおそらくパベルとハネスクの2人でくるでしょう。特にハネスクは最近ハードコートでもがんばっているし手強そうだ。アンディ曰く、「ルーマニアは、ベテランのいい選手がいる。パベルはデビスカップでいい仕事をたくさんしているし、特にハネスクは去年とても調子がよかった。彼との試合は特にタフなものになるだろう」。

そうはいっても、やはり敵地でアンディやジェームス君をくずすのは難しいような気がする。アメリカはホームだし、得意のサーフェスだし、勝つのはしごく当然、3-0で勝って当たり前である。決して高い要求ではないと思うが。

んまあ1000歩ゆずってひとつルーマニアが勝つ可能性があるとすれば、初日のNo.1のハネスクVSNo.2のジェームス君の対戦かなあ。でも3日目にもつれるようなことになるのはちと情けないぞ。ジネプリを差し置いて出場してんだから、負けたりしたら承知せん。

げっ。アメリカだけでこんなに長くなってしまった。

================================

ベラルーシスペイン

私はナダル君が好きなのであって、スペインが好きなのではない。そのナダル君が出場しないのにスペインを応援しなくちゃいけない理由はない。それでも他の国が相手ならいざ知らず、よりによって私が大好きなミルミル(ミルニー)が出場するベラルーシを向こうに回して応援しなくちゃいけないほどスペインに義理はない。親戚もおらん。なので、とーぜんベラルーシ100%応援じゃ。ベラルーシがんばれ!こっちがホームじゃ、スペインなんてやっつけてしまえ~!

そしてベラルーシを応援するのはもうひとつ理由がある。1回戦勝ったら、2回戦は4月に行われますね。ふつうの状態ならいいけど、怪我から復帰した直後でクレーシーズン直前の大事なこの時期に、ナダル君がデ杯にひっぱりだされるのは正直ちょっといやだ。もちろん彼はデ杯に喜んで出場するだろうし私もその気持ちは大切にしてあげたい。もし2回戦に出ることになれば一生懸命応援する。だけど、1回戦負けてしまえばそういう心配をする必要もない。そんなこと言ったらナダルファンとしては失格かな。まあそう言われてもしかたないが。でもミルミルだって好きなんだもの。

まあプレーオフという心配はあるが…までもスペインならプレーオフでもたいがい勝ち残れるでしょう。しかし、ベラルーシがプレーオフとなると、相手によってはちょっとまずい。WG落ちの危険性が十分出てくる。それはいやだ!ベラルーシにはがんばってWGを守ってもらいたい。まあそういういろんな要素があって、今回はどうしてもベラルーシを応援せざるを得ない状況にある。

出場メンバー
ベラルーシ…マックス・ミルニー、ブラジミル・ボルチコフ、Serguei Tarasevitch、Alexander Bury
スペイン…ダビド・フェレル、トミー・ロブレド、フェリシアーノ・ロペス、フェルナンド・ベルダスコ

…さっきは威勢良く書いたけども…このメンバーを見ると、やばいなぁあ。どう考えてもスペインのほうが強そうだ。ナダル君にフェレロにモヤちんもいませんが、それでもトップ20に2人、そしてロペス君もベルちんも去年はスロバキア相手にシングルスを戦っている。そしてベラルーシは、ランキング301位のボルチコフが主力選手として戦わなければいけないという苦しい台所事情。ホームとはいえちょっとベラルーシ苦しいかなあ。

「ナダルのエネルギーが欲しいからいて欲しいとは思うけど」としながらも、監督のエミリオ・サンチェスは、今回のこのアウェーでの戦いに、No.1のエースがいなくても勝てると自信をみせている。しかし、一方で最強にみえるスペイン陣営にも不安材料がないでもない。

今回のベラルーシが選んだサーフェスは、タラフレックス、というカーペット。これは、こないだの東レで使ってたサーフェスじゃなかったっけ。てことは相当ボールが速いんだろうなあ。

「彼らが選んだこの(タラフレックス)サーフェスは、僕らのテニスをさせてくれない。新しいものならそれでもまだいいだろうけど、もし古いものだったら…氷みたいなもんだ。でも相手の苦手なサーフェスを選ぶのは当然のことだしね」。氷、か…足には悪そうだな…。やっぱり。ナダル君の足の怪我には「最も悪い」サーフェス、なんだそうな…ぎぇぇっ。そんなサーフェスには絶対出すな!出るな!欠場してよかったああ。

このサーフェスは、ホームのベラルーシに多大なアドバンテージを与えるだろうと、サンチェスは警戒している。「ベラルーシはホームで負けてないし、ドイツやアルゼンチンといった、自分たちと同じレベルのチームもここで破っている」。

ん~。それは私にとってはプラス材料だが…しかしやはりスペインの優位は動かないでしょうなあ。アルゼンチンよかスペインの今回のメンバーのほうが、ハードでも実績のあるメンバーが多い。ロブレド君やロペス君しかり。んでフェレル君も、最近はクレーだけじゃなくハードでも実績を残しているし。まダブルスはいままでレギュラーで出ていたナダル君がいないしずっとこのサーフェスでやっていたベラルーシの2人のほうが強かろう。

しかしシングルスになるとやっぱりスペインが強そう。ベラルーシが勝つためには、最低でもシングルスで1勝1敗にして、2日目のダブルスで勝って先に王手をかけることが必要でしょうね。んでR4でミルミルが勝つ…結局ミルミルの3連勝しかないのかあ。きついね…できたらボルチコフに初日勝ってもらいたいとこだけども…それは難しいのかなやっぱり…。しかしミルミルだってシングルス磐石じゃないからなあ。最悪スペインが初日2-0という可能性もある。う~む心配だ…しかしもうとにかく応援するしかない。ベラルーシ、がんばれ!

================================

スイスオーストラリア

ドローが決まった直後は、フェデラーVSヒューイット、という、2003年の準決勝の激闘の再現なるかということで注目されていましたが、結局2人とも欠場ということになってしまいました。

ロジェ君は去年も1回戦欠場しましたね。そしてエースを欠いたチームはホームでオランダに敗退。でも、負けはしたけれどもこのロジェ君の欠場がスイスチームにもたらしたものは大きかったと思う。オランダ戦、負けたけどどれも接戦で、どっちが勝ってもおかしくなかった。お客さんも選手もスタッフも一つになって懸命にチームを応援した。今までは王者に頼りっきりだったスイス選手たちが、自分たちの力で、勝利に向かってがんばった。

その望みは叶わなかったけど、あの1回戦以降スタン君は徐々に力をつけて結果も出してきている。おもえば私がスタン君を応援しだしたのも去年のデ杯以降だったっけな…。7月のグスタードでは決勝進出し、プレーオフではマレイ君に勝利。今年のオークランドでも準決勝まですすんだ。王者の決断が、スイスチームを成長させている。さっすがぁ。まあロジェ君がそこまで考えて欠場を決めたとは思わないけど、結果的には、そういうことになっているような気がする。

一方オーストラリア。レイトンは去年はロッテルダムのタイトルを捨ててまで1ヶ月前からトーナメントに全く出ずにスタンバイしていたほどデ杯に懸けていたのに。どうも、あの全豪のサーフェス問題が尾を引いているのじゃないか、と推測している記事がありましたね。本当のところはどうなのかわからないけど…全豪で怪我をしていたみたいだから、その影響もあるのかな。そして、フィリポまで欠場。

99年と2003年には優勝メンバーとしてチームに貢献し、シングルスで13勝をあげているこの元世界No.8のフィリポに賭けたいという誘惑もあったに違いないけども、結局、監督のフィッツジェラルドは、今の個人成績の不振を理由に、フィリポを使わないことを決めた。「今のマークにとっては、たくさん試合をこなして体調をととのえてランキングをあげてくれるための、正しい決断だと思っている」。要するに、デ杯に出る暇があったら今の成績をなんとかしろ、ていうことかしらん。もちろんフィッツはフィリポが以前の輝きを取り戻し、デ杯に呼び寄せることになると信じている。私もそう思うよ。まだ27歳だもの。これで終わってほしくはない。

出場メンバー
スイス…スタニスラス・ワウリンカ、ジョージ・バストル、 Yves Allegro、 Michael Lammer
オーストラリア…ウェイン・アーサーズ、クリス・グッチオーネ、ピーター・ルツアック、ポール・ヘンリー

というわけで出るのはこのメンバー。スイスは、スタン君がNo.1として参戦!がんばれスタン!しかしNo.2は誰になるのだろうか…去年の1回戦でスタン君とともにシングルスに出ていた人は今回はいないようだし…。ダブルスは去年の1回戦同様アレグロ&バストル、かなあやはり。

オーストラリアはNo.1がランキング96位、34歳のアーサーズ。そしてそれに続くのが、116位のルツアックに、121位のグッチオーネ。それにダブルススペシャリストのヘンリーが加わる。シングルスNo.2はやっぱルツアックかな。サーフェスがクレーということを考えるとルツアックになりそうだ。

サーフェスがクレーということを考えると、やはりアーサーズはNo.1とはいえ苦しいところ。No.2のルツアック(たぶん)が初日でスイスNo.1のスタン君を破るのは難しいでしょうから、アーサーズが勝たないとスイス2-0になってしまうしね。ダブルスはオーストラリアが強いのかなあ。よくわからない。

ましかし、私はスタン君がいるから当然スイス応援だよ。去年は惜しくも勝利することができませんでしたが、今年こそ、王者不在のチームで勝利を挙げて欲しいもんです。


えー、そういうわけで、まだ3カードなのですがいつものようにたんまり長くなってしまいましたので、残りは次に…。

関連記事
Slow start to 2006 gets worse for Ginepri(Sun-Sentinel)
U.S. banking on Roddick, Blake and Bryan twins(Sign On Sandiego)
We can win without Nadal, says Spain coach(Reuter)
No Philippoussis in raw Davis Cup team(THE AGE)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
2月10日~12日、世界各国で行われるデビスカップ1回戦 昨年はクロアチアの初優勝~♪イヴァンさんが大活躍だったわよね~♪♪ さてさて、今回はどこが勝ち進んでいくのかしらぁ~?! 放送はダイジェストになりそうだけど...楽しみましょう~! *デビスカップ:ワールドグループ1
2006/02/10(金) 23:53:52 | テニス観戦...しましょ?!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。