Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デ杯1回戦結果・1日目・その3
2006年02月11日 (土) | 編集 |
アメリカを救った

James Blake

@Yahoo!sports


アメリカルーマニア

R1.Andy Roddick 7-6(2) 6-2 6-7(8) 2-6 4-6 Andrei Pavel

あああアンディ…どうしたのだ…負けてしまっているではないか…がーん。しかも2セットアップからの逆転負け…アンディに何が起こったの?

内容を読むと、どうやらアンディは体の調子がすごく悪く、試合中に嘔吐までしてしまったらしい。んで手の痙攣もあった。試合後には、点滴を受けて記者会見が遅れてしまったほど、だったそうだ。脱水症状だったのだろうか。

試合は最初の2セットはアンディがとり、ストレート勝ちがみえてきた第3セット、ここのタイブレークが勝負のポイントになりました。アンディこの中で7-6とマッチポイントがありました。しかし、このタイブレーク、4-4から8ポイント連続ミニブレークだったそうな…アンディがどうしてそんなにサービスを破られなきゃならないのだ…このころからすでに体調が悪かったとみえる。そしてそのマッチポイントでは、パベルの放ったロブに手が出ず見送るだけだった、そうな…。そして4-4から8連続ミニブレークで8-8なった後は、パベルが2ポイント連取で3セット目をとりました。

それ以降のアンディは最初の2セットとは明らかに違っていたそうです。アンディは4、5セットとも最初のゲームを失った直後にコートサイドで嘔吐してしまいました。またそれ以外に痙攣もありました。パベルは当然わかっていました。「ふつう選手は、怪我をすると、できるだけハードヒットしてポイントを短くしようとする。第4セットの彼(アンディ)は、まさしくそうだった」。「だから僕は彼をたくさん走らせることを考えた」。

必死で戦ったアンディですが、第4セットもとられ、第5セットもパベルが5-1とリード。そこから1回ブレイクして最後の巻き返しを計ったアンディでしたが、2回目のブレイクならず、パベルに最後は6-4で敗れてしまいました。

何がアンディの体調不良の原因なのかはまだよくわかっていないそうです。「悪いものを食べた覚えはない」。じゃあウィルスか何か感染症だろうか…それとも極度の緊張によるストレス…いろいろ考えられるけれども…「こんなに試合の後に最悪なことは、今までなかったよ。」「今まで痙攣したりしても、エネルギーはあった。でも今日は、完全に消耗してしまった」。とにかく、原因を早く突き止めて、アンディの体調が早くよくなるように、祈るしかない。

Pavel outlasts ailing Roddick in La Jolla(Davis Cup)
United States tied with Romania after strange beginning(AP)

R2は続きを読む以降に。
R2.James Blake 6-4 7-6(5) 6-2 Victor Hanescu

こっちは勝ったか!よかった…ほっ。これでジェームス君まで負けていたらたいへんなことになるところだったよ…。実力のあるハネスクだけに心配でしたが、やはりジェームス君強かった。こっちのほうが接戦になると予想していたのに、ジェームス君ストレート勝ち!!うれしい。

しかもこの勝利はアメリカチームが1900年からデ杯に参戦してちょうど200勝目なんだって。おぉぉそれはまた嬉しいおまけがつきましたね。アンディも、「グレイトだよ。チームの一員として、お互い助け合う存在だ」。

しかし今日はなんといってもアンディの不調と敗戦のショックが各メディアにも影響しているようで、この第2戦の様子はどこもこのくらいでちょこっとしか書いていない(- -;)。

ジェームス君は直前のアンディの敗戦が大変心配でしたが、できるだけそのことは忘れようと努力しました。「どんな状況であっても僕のやることは同じだから」。「(アンディのことは)不幸な出来事だよ。彼は勝利に向かって全てを出し尽くした」。

ショックを受けている監督のパトリック・マッケンローも、2人ともを高く評価しています。「ジェームスのプレーには感服したよ。練習のときから本当にすばらしかった。だからこの勝利は驚くことではない。アンディはファイトを出し切ってがんばった。いつも彼がやっているように。日曜日にはきっと元気に戻ってくると思っている」。

その日曜日のことは、アンディはプレーする意欲をみせています。「明日ボールを打てるかどうかもわからない。でも明日プレーしなくていいというのはいいことだと思う」。

そうです、明日はダブルス、アンディがこのデ杯でダブルスをすることは決してありません!こういうときに分業できるチームはいいよね。そして明日はブラ兄弟。おい兄弟!ツアーであんなに勝っといて明日また負けたりしたら…んもう承知せんからな~!勝利は至上命令である。

しかしやっぱりアンディの容態が気になる…とりあえず今日、そして明日は応援はいいから、とにかくゆっくり体を休めておくれ。これで3日目突入が決定になってしまった。その3日目のシングルス、最初に登場するのはアンディなのだから。そして日曜日に元気な姿で登場して勝ち星をあげてくれると、信じているよ。

Blake draws USA level(Davis Cup)

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。