Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デ杯2日目結果・その1
2006年02月12日 (日) | 編集 |
オーストラリア最強コンビ

Wayne Arthurs and Paul Hanley

@Yahoo!sports

今回の1回戦は結構2日で勝負が決まってしまったところが多かったですね。これは私にしてみれば書くのが楽ちんだからいいけど。明日にもつれるのはちょっと勘弁してくれ…そういうわけで、勝負が決まったやつはあとでゆっくり書くとして、まだ勝負が決まってないところが2カードありますので。それをまずは。

スイスオーストラリア

R3.Stanislas Wawrinka/Yves Allegro 6-7(6) 4-6 6-4 6-7(5) Wayne Arthurs/Paul Hanley

やはりオーストラリアが強かったか…この2人はダブルススペシャリストとして去年TMCにも出場していたし、やっぱりな…でもスイスチームもよくがんばりました。ていか今回バストルじゃなくてスタン君がダブルスも出たのね。内容は大変緊迫していたようで、チームに参加していたウッドブリッジ、も、「one hell of match」と言っている。…つまり地獄のような大変な試合だった、てこと?しかし内容は非常に高レベルで、そんな中で勝てたことに非常に充実感を感じているようです。

しかし試合自体についてのことがこれくらいしかない。あんまり書いてないなあ。いっつも決まって書いてあるのは、「フェデラーとヒューイットが不在」ていうのばっか。んもうしつこいんだよ!いないものはいないのじゃ。この1回戦に「フェデラー」も「ヒューイット」の言葉は必要ない。どうして目の前の事実を受け入れられないのか?未練たらしく書くなっつーの。私はこの2人がいなくたって十分楽しんでいる。

しかしこれでオーストラリアに王手がかけられてしまいました。やばいな…オーストラリア監督のフィッツはスイス戦4連勝に自信満々のようである。しかも明日シングルス予定のルツァックとグッチオーネは今日は休み。休養も十分。一方のスタン君はこれで明日を含めて3連戦になる。…でもそんなことが何の役にも立たないことは、去年のクロアチアVSアメリカ戦を考えりゃわかる。休んだからいいプレーができるとは、限らないのじゃ。

スイス陣営は、スタン君を3日連続で使うことについてはフィジカル面では大丈夫といっている。スタン君も、「明日はフィジカル面は何も問題はないと思う」と笑顔で語っていたそうだ…おぉぉスタン君のかわいらしい笑顔が明日も見たいものじゃ…。今日負けたことはもう気にしていません。「明日のことしか考えてないよ」。うむ、その意気じゃ!とりあえず明日のR4、ルツァックとの大一番、必ず勝ってくれると信じている。

しかしそれでやっと2-2だよなあ。R5はどうなるのだろうか…よくわからないが…ま、そういうことはよい。とりあえずスイスが勝つにはなんとしてもR4をとらないといけないので、R4に全力を注いで応援するとしよう。がんばれスイス!

Arthurs and Hanley put Australia 2-1 up on Switzerland(Davis Cup)
アメリカルーマニア

R3.Bob Bryan/Mike Bryan 6-2 ret.Victor Hanescu/Horia Tecau

ハネスクが肋骨を痛めて途中でリタイアしてしまいました。どうやら試合前から痛みはあったようですが、「最初はたいしたことないと思っていたんだけど、すごく痛くなってしまった」。第7ゲームでサービスをするところで痛みがひどくなったのかタイムアウトをとって治療にあたりましたが回復せず、結局第1セット終わったところで棄権となってしまいました。

「刺すような痛みがある」とのことですが…昨日のジェームス戦はそういうことはなかったようだけど…今日になって急にどこかが悪くなったのかなあ。とりあえずMRIを撮って調べる予定だそうです。

ハネスクは明日のシングルスのR4に予定されているだけに心配だけど、明日の出場は分からないとのこと。「明日の朝起きたときにどうか、だな。でもあまり出場できる見込みは少なそうだ」。ちょっと弱気なルーマニアキャプテン。「今の時点では、希望を持って、祈るしかない。」

しかし今日は予定されていたパベルの代わりにTecauが出場しました。そして今度はハネスクが怪我で離脱…ルーマニアチームは敵地で満身創痍の戦いを強いられています。

「こういう終わり方は残念だけど」とマッケンロー監督、「でも明日は勝ちに行く。明日はアンディがコートに戻ってきてて終わらせてくれるとを期待しているよ」。

アンディは今ごろどうしてるのかな…体調はよくなっているのかな…明日元気な姿で登場する(といってもどうせスコアしかみれないけど)アンディを楽しみにしておくとしよう…と書いたが。カリフォルニアだから実際はこっちでは月曜の午前中かぁ。

しかし8カードのうち6カードが3連勝で、残りの2カードのうちにアメリカが入っているなんて…思いもしなかったよ…これもテニスなのね…。明日はアクシデントが起こりませんように。

Early finish for the Bryan brothers(Davis Cup)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。