Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最新のヘビーローテーション
2006年03月01日 (水) | 編集 |
邦楽 愛・自分博/KREVA

もう発売されて1か月経っているのだけども…ちょっと紹介しそびれていたので。元KICK THE CAN CREWのKREVAの2ndアルバムが2月1日にでました。KTCCは一応活動休止ということで解散してはないようだけど、どうなのかな。こんだけソロで成功すれば、今さらグループ活動したいとは思わないかな。事実上の解散って言っていいのかな…。

3人それぞれがんばってますが、一番ソロで成功していると思われるのがこのKREVA。1stは聴いてませんが、今回この2ndはHMVで試聴してみてよさそうだったので買ったという衝動買いみたいな感じでしたが、これが家でまったり聴くと意外に(といっては失礼)いける!タイトルは派手だけども楽曲はミディアムテンポで抑えた感じの曲がそろってますね。パーティーチューン的な華やかなものやテンポの早い曲はあまりないけど、内容はとてもよいと思います。じっくり聴きたい感じ。2曲がSonomiとデュエットしてますが、私はとくに「涙止まれよ」が好きだなあ。泣きたいときに聴くと本当に泣いちゃいそうだ。あと、DABOが参加した「トリートメント」もなかなかいい感じ。メロウな雰囲気がとても聴いてて気持ちいい。

アイネクライネナハトムジークをサンプリングした「国民的行事」はアイデア賞ものですね。結構おもしろい使い方してます。モーツァルトは今ひそかなブームになっているようだから、選曲もなかなかよかったんではないかな。

家以外でも、車の中でも結構聴いてます。日本のHip Hopもこうやって聴いてみると結構いいものがたくさんありますね。実際これはオリコンで初登場1位を記録したようだ。今やHio Hopはアメリカのみならず日本の音楽界でも強力なジャンルになりつつあります。


KREVA official site


洋楽 Ghetto Classics/Jaheim

一方こちらは最新ビルボードアルバム総合チャートで初登場1位を記録したアルバム。R&B界では今一番ホットな男Jaheim。ジャヒーム、と読む。このアルバムは各方面で話題になってますねー。この3rdアルバム、Ghettoシリーズ3部作の最終章、とも言われていますが。私はCDはまだ手に入れてないけど、今のところネットなどで聴きました。

ジャヒームは2才のころにはすでに歌を歌っていたという…生まれながらの天才というのをアピールするためか本格派シンガーのバイオとかにはこういうのよく書いてあるけど、いっつもこれ思う。んとかあ?2才って…奇声をあげてただけじゃないのか…なーんて。まあジャヒームが2才のときに歌ってようがいまいがどうでもいい。今がすばらしいんだから。

彼は尊敬するアーティストがルーサー・バンドロス、だそうな。なるほど。確かに声もちょっとルーサーに似てますね。その美しい歌声がふんだんに聴ける彼のこの3rdアルバム、とってもいい!これも先ほどのKREVA同様、ミディアム~スローな曲がほとんどでさらに地味な感じだけど、この渋さがたまらなくいい。聴けば聴くほど味が出てくるというか。まさにスルメアルバムだなあ。

ルーサーやマービン・ゲイのような正統派R&Bに傾倒する一方で、Hip Hopも好きなJaheimは、2 pacやビギー、Mob deepなども聴いていたようだ。そして去年だったかおととしだったか、Nellyとデュエットした「My Place」が大ヒットしましたね。あれでJaheimを知ったという人も多いんじゃなかろうか。

いいアルバムというのは、全体の流れが出来ていて最後まで飛ばさずに聴けるもの、だと思う。いい曲やヒット曲が何個か入っていても、その間に駄作が入っていたら、流れはそこで途切れてしまい、好きな曲だけピックアップして聴くことになる。それは、1曲としてはいいものなのかもしれないが、1つのアルバムとしていい出来とはいえないでしょう。もちろんベストアルバムとかはまた違う要素があるけど、少なくともオリジナルアルバムを評価する際には、私は「飛ばさないで最後まで聴けるもの」がいいアルバムだと思っている。

そういう意味ではさっきのKREVAもそうだし、このJaheimのアルバムも本当にいいアルバム。似たような曲が多くて派手さはないけど、全体の流れがしっかり出来ていて、駄作がなく、上質な曲がそろっていて聴いているうちにあっという間に1時間経ってしまう。そんな感じです。出来れば夜更けにワイングラスでも片手に揺らしながらでも聴きたいものだが…ワイングラスうちになかった…(汗)


Jaheim official site(アルバムの曲がちょっとずつ聴ける)
ここクリックするとこのアルバムが13曲のうち11曲フルで聴けます。ただし流れる曲と曲名が1こずつずれてて違ってますが…(要Real Player)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。