Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


久々ビルボードチャート
2006年03月04日 (土) | 編集 |
…最近ビルボチャートの更新が月1回のペースになっている…いかんな…とりあえず、「レギュラーの音楽コーナーはテニス記事より優先してでもちゃんと毎週更新する」。困難な目標を作ってみたが。たぶん来週には不能になるでしょう。

3月11日付

シングル

1位 You're Beautiful/James Blunt


ついにビヨンセを抑えて1位になりましたか!本国イギリスでも1位になり、そしてアメリカでもとうとう頂点に上り詰めました。じわじわ人気があがっていった感じですね。

ちなみにこの曲はトリノ五輪のフィギュアスケートのエキシビジョンで男子選手の誰か(プルシェンコじゃない人)が使ってましたね。まさかそれが影響したということはないだろうけど…トリノ五輪はアメリカではあまり注目されていなかったみたいだしな…。

2位 Check On It/Beyonce feat.Slim Thug

ずっと1位をキープしてましたがついに落ちてしまいました。この曲でも使われているビヨンセ出演の映画「ピンクパンサー」は、アメリカで公開されて興行収入1位になったそうですね。そしてビヨンセは早くも次の映画の撮影に入っているそうです。ウィル・スミスの後に続いて将来はオスカー、ていう可能性もありかもね。

3位 Temperature/Sean Paul

おお我らがショーン様がここまであがっています!今週の「Airplay Gainer」獲得。最新アルバムからのナンバーですね。大ヒットした「We Be Burnin'」同様軽快なテンポがとても耳に心地いい。しかし今寒いからなあ…暑い時期に聴くともっとはまりそうですね。

4位 Grillz/Nelly feat. Paul Wall, Ali&Gipp

だんだん下がってきていますがそれでもなんとかトップ5に踏みとどまっています。

5位 Be Without You/Mary J.Blige

こちらもがんばってますね!しつこく言ってますがこの曲ほんっとにいい曲だもんなあ。ちなみにこの曲のPVでメアリーの相手役で出演しているテレンス・ハワードという俳優さんは、もうすぐ行われるアカデミー賞の主演男優賞にノミネートされてます。かっこいい…この人が受賞するといいなあ…まあしかしやっぱ「ブロークバック・マウンテン」の勢いがすごいみたいだし、無理かな…。


そのほか注目

9位 So Sick/Ne-Yo

つい数日前に待望のデビューアルバムが発売されましたね。もちろんこの曲も入っています。マリオ君のあの名曲「Let Me Love You」の作者であるこのNe-Yo君、今度は自分でマリオ君を超えることができるかな?曲調も確かに似ている。あ、そういえば、Ne-Yoくんのカタカナ表記、「ねーよ」でも「ねよー」でも「ねよ」でもなく、「ニーヨ」、だそうな…。

11位 Lean Wit It, Rock Wit It/Dem Franchize Boyz feat. Lil Peanut&Charley

先週と変わらずトップ10まであと一歩。JD率いるSo So defの4人組ですね。最近売れてますがデビューは2004年。ユニバーサルからリリースしたアルバムがJDの目に(耳にか)とまってSoSo defに移籍したそうです。まさにクランク、ていうか。こういうダルダル系っていうか、チキチキ系の感じは今のHip Hopの主流ですねー。個人的には「I THink They Like Me」のほうがやや好きかな。

21位 Ms. New Beauty/Bubba Sparxxx feat. Ying Yang Twins&Mr.Colipark

Timberlandが立ち上げたレーベル、BEAT CLUBの第1弾アーティスト。エミネムに続く(?)白人ラッパーです。カタカナ表記は「ババ・スパークス」。通の間では馬場ちゃんと呼ばれているらしい(??)。「Ugly」ていう曲はおもしろかったですね。んで今度のこの曲は、3月に発売される新しいアルバムからの先行シングル。このリズムといいトラックといい、なかなか好きな感じです。PVによると、アメリカには「Ms.New Booty」という商品があって、箱の中を見るととたんにお尻がセクシーになって踊りだしちゃうようです。見てみたいな(笑)。

31位 Beep/Pussycat Dolls feat.will.i.am

最初はバスタをフューチャーしてノリノリナンバー、2曲目は美しいバラード、そして今度は、Black Eyed Peasのウィルをフューチャーして、ちょっと渋めのなかなかソウルフルなナンバーになってます。ドンチャとはまたかなり違う雰囲気ありますね。これもなかなかいい感じ♪しかしウィルがいるだけでなんか曲がひきしまるというか、いい味出してるなあ。

アルバム

1位 High School Musical/Soundtrack


ディズニーチャンネルの同名人気番組のサントラが、先週の6位からジャンプアップして1位になっちゃいました。2月11日付のシングルチャートでは、このアルバムに入っている「Breaking Fees」が86位から4位にジャンプアップして、これは1週での上昇度のビルボ記録を塗り替えたそうです。82もアップしたんだもんな…。そして、テレビのサントラが1位になったのも、80年代の「マイアミ・バイス」以来だそうです。ちなみにこの「High School Musical」てどんな番組なんでしょ。見たことない…アメリカではきっと大人気なんだろうなあ。スカパーのディズニーチャンネルでも見れるのかしらん。

2位 Kidz Bop 9/Kidz Bop Kids

今週の初登場。これもやっぱり子供むけというか、ハロウィンの音楽みたいです。私は日本人だからいまいちハロウィンはなじみがないのでこのへんでスルー…。

3位 Curious George (Soundtrack) /Jack Johnson

これまた子供向け番組関連。今週はキッズものが多いな。アニメのサントラで、Jack Johnsonが全面参加したこのサントラも先週に引き続きトップ5をキープしてます。

4位 The Breakthrough/Mary J.Blige

おぉまだいたのか!うれしいな。しっかしこれずいぶん売れてますね。去年のマライアみたいになってる。いいアルバムだもんなあ…。

マイケル・ジャクソンやスティービー・ワンダーが中心になって「We Are The World」が作成されたのは80年代でしたっけ。そして、無罪判決で晴れて自由の身になったマイコー様は、今度はあのカトリーナ救済ソングを作るらしい。んで豪華ゲストを呼んでいるらしく、このメアリーもその中に当初は入っていたらしいのに、どうやら不参加なんだって。残念。参加予定アーティストは、スヌープ、R.Kelly、シアラちゃん、など…。

5位 Back To Bedlum/James Blunt

シングルで1位を獲得したJames Blunt、アルバムも好調のようですね。先週8位から上昇。今度はこのビルボードで、シングル&アルバム同時制覇なるか?
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。