Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラスベガス結果&Road To Shanhai
2006年03月06日 (月) | 編集 |
優勝おめでとう
いい光景

James Blake and Lleyton Hewitt

@Yahoo!sports

Tennis Channel Open

決勝

⑤James Blake(USA) 7-5 2-6 6-3 ①Lleyton Hewitt(AUS)

ひとつだけ残っていたラスベガス大会の決勝、いい試合になりましたね~。そして、熱戦の結果、ジェームス君が、7回目の挑戦にして初めてレイトンに勝てました。ジェームス君よかったねえ~。

「彼(レイトン)に勝てて嬉しい。いつでも世界でベストのプレーヤーの一人だから」。

「すばらしい活躍だ。ブレイクはベストプレーヤーの一人として戻ってきた」。

おおレイトンがトロフィーを持つのを手伝っている…やさしいじゃないかあレイトン…いろいろもめごとが多いレイトンだけど、本当はとってもあったかい心の持ち主なんだよね。ただちょっとそれをうまく表現できてない、それだけのことだ。過去いろいろあった2人だけど、少しずつでもいい関係になってくれてると思うととてもうれしい。ああ複雑な気分…レイトンにも勝たせてあげたかったな…また決勝負けちゃったね…これで1年以上もうタイトルとってないのか…。来年はきっと君がこの重そうなトロフィーを掲げてくれることを願っているよ。

いかん。最近アンディよりレイトンのほうに情が移っている…しかもジェームス君が優勝してますます影が薄くなるアンディ…頭が薄くなる前に存在が薄くなってどーする。アンディ!疲れたなんて言ってるばやいじゃないぞう。次は君の番だぞおー。

で。

正直言いまして。去年毎週のようにやっていたランキング更新。すっかり忘れてました…てへっ♪いやー、最初はやろうと思っていたものの、年初めはなんだかレースランキングが表示されなくって、エントリーランキングしか見れなかったので、スルーしていているうちに完全に頭の中から抜けてしまっていた。ATP側としてはエントリーランキングのほうに注目してほしいようだが、私としたら、やっぱ、「Road To Shanhai」という観点で2006年のレースランキングのほうがおもしろいので、やっぱこっちにする。

というわけで、遅ればせながら今年第1回目のランキング更新は「続きを読む」でどうぞ。
Road To Shanhai

3月6日付

1位 ロジャー・フェデラー 292p
2位 マルコス・バグダティス 154p
3位 トミー・ハース 137p
4位 イバン・ルビチッチ 130p
5位 ニコライ・ダビデンコ 103p


今日は今年初回なのでやや詳しめに2つに分ける。まずはトップ5。さすがに全豪ファイナリストの2人がまだ1、2フィニッシュを保ってますね。しかしシーズンはまだまだ長い。全豪の貯金がいつまでもつかな。特にマルちゃん。
今年すでに2つ優勝のルビとハースがすぐ下につけてます。2人とも調子いいもんね。ニコちゃん3号は調子がいいのか悪いのかよくわかりませんが。優勝はないけどどの大会も平均的に勝ってて堅実に(ドバイは初戦負けだけど)ポイントを重ねてます。もうすっかりロシアNo.1で定着しましたね。

6位 ニコラス・キーファー 93p
7位 ジェームス・ブレイク 90p (←18位)
7位 ダビド・ナルバンディアン 90p
9位 ヤルコ・ニミネン 84p
10位 ラデック・ステパネク 83p


ニコちゃん4号は全豪ベスト4が効いてますが、こちらもマルちゃん同様、貯金がいつまで持ちますか。そして、シドニー優勝に先週のラスベガス優勝で、ジェームス君がここまで上がってきましたね。なんか恐い存在だ…。ステパネクもロッテルダム優勝でポイントが伸びてます。

そのほか注目

11位 ファン・イグナシオ・チェラ 78p (←27位)
11位 ラファエル・ナダル 78p (←67位)
POINTS GAINER
17位 ルイス・ホルナ 69p (←65位)

先週優勝のナダル君とホルナがトップ50圏外から一気にここまで来ましたね。ちなみにPOINTS GAINERていうのはビルボードチャートのパクりです。ビルボチャートの場合はAIRPLAYとSALESだから、ここではちょっとアレンジして、最もたくさんポイントを獲得した人、という意味で。栄えあるパクり第1号がナダル君で私もとても嬉しい。ドバイ優勝で60ポイント一気に獲得しました。チェラも、準優勝でしたが、ここまでの調子のよさもあり順位、ポイントともいいところにいますね。

20位 レイトン・ヒューイット 66p (←31位)

ラスベガスは優勝なりませんでしたが、サンノゼに続くファイナリストでこつこつポイントを貯めてます。

26位 オリビエ・ロクス 51p (←36位)
26位 ミハエル・ユーズニー 51p (←54位)


ドバイでは対決した二人、勝ったユーズニーはオリビエ君に並びました。オリビエ君は2回戦ではサフィンを破る殊勲の星をあげました。

37位 ガストン・ガウディオ 43p (←60位)
45位 イボ・カルロビッチ 36p (←59位)
47位 ニコラス・アルマグロ 35p(←89位)


ここんとこやや調子が悪そうだったガストン君、調子がいいのか悪いのかよくわかんない巨人君、ともにベスト4に入って順位、ポイントとも伸ばしました。 ニコちゃん5号の話するの久しぶりだなあ。最近3号と4号の話ばっかりだったもんね。こちらもアカプルコベスト4入りで順位が大きくのびてトップ50入り。

49位 レイナー・シュトラー 34p (←112位)RANKING GAINER

そして今週一番のランキングアップだったのは、意外にも(すまん)この人。ドバイベスト4のシュトラー、獲得ポイントは27だけどもランキングは63も上昇してトップ100圏外から一気にここまで来ました。

HOT SHOT
132位 マラト・サフィン 5p
189位 ニコラス・ラペンティ 1p


このHOT SHOTを書くのはこれが最初で最後かも…あとまだ今年まだプレーしてないトップ100くらいの選手っていたっけ…。正確には今週初登場はもっとたくさんいるんだけども、いちおう知ってる選手であるこの2人だけ。サフィンは復帰戦は2回戦で負けてしまいましたが、まだまだこれからです。大きな大会はいくつも控えている。ていうか、きみがノーシードなのはかなり困る!1回戦で当たるシード選手は悲劇じゃ~!なんとか早く上がってきておくれ。ニコちゃん2号も、他の団員に負けずにがんばっておくれ。

いやー年始めはこのランキングは変動が多くて見てるとおもろいね。しかし書くのはややしんどい…なので50位以降は今回は割愛。次回のRANKING GAINERとPOINTS GAINERは誰になるかな?楽しみじゃ。

関連記事

Blake beats Hewitt to win Tennis Channel Open(AP)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
マルちゃんとお話
>サントライズさん

そういえばマルちゃんのチャットやってましたねー。私は英語力に全然自信がないしチャットは苦手なので参加する勇気はまるでありませんでしたが…マルちゃんとお話したんですか?それはすごいことですねー。こういうことが実現するのもネットのいいところですね。
2006/03/08(水) 19:44:29 | URL | さっち #-[ 編集]
ブレークがとうとう勝ちましたね。今にロディックを抜いてしまうのでは。。。なんて思っちゃったりもします。
ところで、ATPのサイトでバグダティスとのチャットがあったので参加しちゃいました。v-10
3つも質問聞いてしまいました。ネット上とはいえ、かなり興奮しました。
2006/03/08(水) 06:28:38 | URL | サントライズ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。