Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ヘビーローテーション更新
2006年03月08日 (水) | 編集 |
↓この記事は昨日更新しようと思ってたのに、寝過ごしてしまった…(- -)zzz。というわけで一日遅れで今日更新。ということは、来週の更新が火曜日で、次の週が月曜日で、…という感じか。

さっそく1週間で更新するぞー。本当はこのコーナーは日曜日にやりたかったのだけど、先週水曜日に更新したんで、今週は火曜日(日付は変わっているけど)、んで、来週は月曜日、ていう感じでちょっとずつずらしていって最終的には日曜に固定していく計画。

今回は、ちょうど今日発売のできたてほやほやの2枚の洋邦Hip Hopアルバムをご紹介。

邦楽 HEAT ISLAND/RHYMESTAR

ライムスターの2年ぶりとなる6枚目のアルバムが完成!楽しみだなあ。ライムスターって日本のHip Hopアーティストの中でもかなり好き。曲もいいし、Mummy-Dさんと宇多丸さんのフロウがとっても聴いてて心地いい。特にMummyさんはいいねー。彼のラップはめっちゃかっこいい。でももちろん宇多丸さんも好き。

最近はソロ活動が活発だったけども、ここへきてまたまたグループとしての活動が多くなってくれて嬉しい。Mummyさんも宇多丸さんも最近は他のアーティストの歌にfeaturingされてることが多かったですもんね。解散とかしちゃわないか心配だったけども。

Hip Hopにはいろんな形がある。ソロでやる人、グループでやる人。グループもいろんな人数があるけども、私は、MC2人+DJ1人=3人組、ていうパターンが一番好きです。代表的なのはトライブなんだけども、日本でいうと、スチャダラパーなんかもそうですね。リップのMC4人っていうのはちょっと多すぎる。やっぱMCは2人くらいがちょうどいい。

スチャダラのアニとボーズの全然タイプの違うラップの掛け合いもサイコーだもんなあ。トライブのQ-Tipとファイフもしかり。んでこのライムスターもそうです。ソロも悪くないけど、やっぱ2人と、そしてDJのJINの3人の組み合わせがやっぱ一番!

アルバムと同時に話題になっているのは、アニメのテーマソングらしいという「HEAT ISLAND」。んでそのちょっと前に発売された「逃走のファンク」がこれまたかっこいい曲なんだよなあ。文字通り疾走感あふれる感じがとてもいいです。これがシングル発売されたときここで紹介しそびれたんだよね…。もちろん発売前なので当然アルバム聴けてないけども、ソニーの試聴サイトでアルバムの曲をちょこっとずつ試聴した印象では、その2つのシングル同様アップテンポなにぎやかな曲が多そうですね。先週ご紹介したKREVAのゆったりした感じとはまたひと味違った雰囲気。同じJ-Hip Hopでもこうやって聴き比べるとなかなかおもしろいです。

RHYMESTAR オフィシャルサイト


洋楽 Reality Check/Juvenile

一方こちらはJuvenileの3年ぶりの新しいアルバムが到着!これ当初は去年の8月発売予定だったんだよね…それが11月に延期になり、さらに今年2月に延期になり、さらにさらに3月に延期になり…今度こそ発売だよね?ちゃんと発売されてるよね?(まだ心配)

そういう感じで出し惜しみしまくったこのアルバム、そんだけじらしたんだから相当なもの出してくれなきゃ許さん!(笑)…というのは冗談だが。

デビューしてから10年。結構長くやってるんですね。去年大災害に見舞われたニューオリンズの出身で、デビュー当初はあまりヒットに恵まれず、アスベストの除去作業人として働いていたこともあるそうだ!…体大丈夫か?しかしようやく運がめぐってきた。3枚目の「400 degrees」が、500万枚を超える大ヒット。そしてなんといっても、代表作は2003年のアルバム「Juve the Great」。その中にも入っている「SLOW MOTION」は、ビルボード総合チャートで1位になりました。

そして、2004年末には、自分のレーベルも設立して移籍、今回レーベルと共にATLANTICへ電撃移籍。確実にキャリアを広げつつある。

そしてじらしてじらしまくって今回やっと新しいアルバムが完成。とりあえず1stシングルの「Rodeo」がヒット中ですね。これ、R.Kellyの「Bump'N Grind」をサンプリングしてんのね。しかもオリジナルじゃなくてold schoo remixを使ってるあたりがなかなかひねりが効いている。ちょっと聴いただけじゃわからんかった。言われて、あぁそういえばリミックスにこんなのあったなあ、と思い出した。「ろーでぃおー」っていう言い方がなかなかかわいいかも。

彼のフロウは「いぶし銀」とかよく言われますね。確かにちょっとクセのある感じでダミ声っぽい感じもするね。オフィシャルサイトでは4曲くらいしか聴けないけど、「Get Ya Hustle On」とかなかなかかっこいい。これ次のシングルになりそうな感じも。

んで。今回日本ではワーナーから発売されるこのCDの国内盤が…たった1780円。…安いじゃないか…輸入盤のセールス品と同じくらいだ。ときどき洋楽の国内盤で発売数ヶ月だけこういう安くするのあるけど、この値段は破格だ…ここここれは買いだあ~。


Juvenile official site
「Rodeo」PVはこちら

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。