Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インディアンウェルズ展望
2006年03月09日 (木) | 編集 |
トップシードはエナン

Justine Henin-Hardenne

@Yahoo!sports


今日3月9日は「ありがとうの日」らしい。…? ああそうか。さんきゅー。うまいことを考える人がいるもんだ。んじゃあここでも。今日このサイトを開いてくれて、ありがとう。

女子

あれえ~。モレスモがいない…なあんだ。出ないのか。もったいないなあ。ま男子とは違って出場義務はないんだろうが、せっかくこの大きな大会、今勢い、力とも一番あるモレスモはチャンスだと思ったのになあ。それにピアースもペトロワもクジーもでない。マイアミと連チャンになるのがいやなのかな。キムの欠場は怪我が原因でしょうね。ウィリアムス姉妹は毎年出てないから驚かないけど。でもこの大会もマイアミも2週間あるしトップ選手は1回戦不戦勝だし、2連続といっても結構余裕はありそうにも見えるんですが。

このおさむい欠場ラッシュをみると、せっかく昨日あんなに盛り上がったのに萎えるな。とてもプチグランドスラム、とは言えん。女子選手がこのようにインディアンウェルズを敬遠するのは、いろいろ事情があるらしい。誰も表だって口にはしないが、2日後に男子の試合がはじまったらみんな注目はそっちに行って女子が注目されないのを感じるからだろう、という記事を見た。ふーん。注目されないから出ない、なんて子供みたいな発想だ。まあ今年は、「はじまったら」ではなく、「はじまる前から」女子は影うすいけどね。注目されないから出ないのか、出ないから注目されなくなるのか。

他にも、WTAのランキングシステムなどもマイアミのほうがどうやらポイントも賞金も高いらしい。そして、ヨーロッパの選手にとっては、このインディアンウェルズ、マイアミのあとアメリアアイランド、チャールストンとティア1大会が2か月以上異国の地アメリカで続くのはしんどいという内情もあるようだ。

たしかに東レも全員来てるわけじゃないもんね。でも、96ドローもあって、期間も2週間あって、それでトップ25の半分しか出てないってやっぱちょっとさみしいよ。しかも同時開催の男子が全員参加のAMSで盛り上がってるからよけいにさむく感じる。ヒンギスがいてよかったね。

まあしかし少ないながらもなんとか女子でも盛り上がってほしいもんだ。私なりの展望を書いてみた。この大会のことっていうより、今後の女子テニス界の展望、ていう感じになってるけど。


現在圧倒的なナンバー1がいない女子は、はかったように数カ月ごとに「一番強い選手」が入れ替わっている。一昨年天下のウィンブルドンを制して年末のWTA選手権も優勝してナンバー1をうかがおうかという感じだったマリアちゃんの勢いを止めたのが、復活してきたかつての女王セレナ。2005年全豪優勝し、これで去年はまたセレナの年か?と思ったらあまりうまくいかなかった。

そこへやってきたのが、前年の手首の怪我から復活してきたキム。このインディアンウェルズとマイアミを連続優勝して完全復調したかに思われた。しかし続くクレーシーズン、主導権をとったのは、エナンだった。前哨戦はほぼ完璧に制覇し、ローランギャロスも圧倒的な力で優勝。

これでエナンが今年を制するのか?と思いきや、ウィンブルドンはあっさり初戦敗退。体調もくずしてしまった。そして今度は、これまた誰も予想しなかったヴィーナスのウィンブルドン復活優勝。しかしそのビーナスもそのあと怪我もあってぱっとせず、今度はまたキムがリードをとった。USオープンシリーズと本番の全米を優勝し、秋のハードコートシーズンを完全に手中にした。

しかしそのキムも全米後は怪我に苦しみ、WTA選手権は精彩を欠いた。そこへやってきたのがモレスモ。今まで大一番に弱かったチキンハートを返上して大舞台で見事に優勝。そして完全に自信をつけたモレスモの勢いは年が変わっても持続し、全豪優勝。その後も2大会連続優勝、先日のドーハでも準優勝。まだモレスモの優位は衰えてない。

つまり。2004年のマリアちゃん→セレナ→(キム)→エナン→ヴィーナス→キム→モレスモ、と主導権をとる選手がめまぐるしく変わっている。ちょっと目を離したすきにはもう、すぐに選手交代という感じだ。

そしてこのインディアンウェルズ。なぜモレスモが出場しないのかよくわからないが、今までのめまぐるしく変わるWTAの主導権争い、やはり鍵になるのは「フィジカル」。どの選手もグランドスラム優勝したあと持続できていない。ノリにノっているというときに怪我など体調不良でつまづき、その隙に他の選手が浮上している。そういうこと考慮するならばモレスモのこの大会の不出場は賢い選択なのかもしれない。調子がいいからといって連戦を重ねてくると、必ずや体は影響を受ける。はっきりした大きな怪我でないから余計にわかりにくいだろう。調子のよさ、勢いという隠れ蓑で気付かれない。連戦で体を酷使することはボディブローのようにじわじわと選手の体を痛めつける。そしてそれがどこかで牙をむいて大きな故障となって現れる。

調子がいいと結果が出るからついついたくさん出たくなる。その代償は必ずどこかで払わされることになる。モレスモはそういうこと考えたのかな。これ全部私の勝手な想像なんだけど(- -;)。それともやっぱ上に書いたように男子よか注目度が低いとかポイントや賞金がマイアミよか少ないとかアメリカに長くいるのはきついとかそういう理由で出なかったのかな…。まさかどっか体が悪いというわけじゃなかろうね…。

そういうわけで、今WTAを支配しているモレスモがいないこの大会、他の選手にとっては主導権を奪い返す大きなチャンス。リンゼイ、エナン、マリア、デメ、そしてヒンギスもいれちゃう。まさに真に横一線の戦いといえる。誰がくるのかなかなか読めんね。私はマリアちゃんがくると見ているけど、ヒンギスもかなり気になる。

そして、このハードコートシーズンの戦いを制した者が、モレスモとWTAの主導権争いをし、来るクレーシーズンの重要人物となる可能性は、大いに秘めている。私は今大会はエナンを応援してるけど、もしエナンがこのインディアンウェルズかマイアミのどっちかでも優勝したら、今年のクレーもエナンが圧倒的に優位だと思われる。もしヒンギスがこの大会やマイアミでかなりいい結果が出たとしたら、今年のローランギャロスは優勝候補になると思う。ん~、だからこそ、このインディアンウェルズもっとたくさんの選手に出てほしかったな…。まあ出たくないもんは仕方ないか。キムの怪我が惜しまれる。
男子

欠場者が多い女子とは対照的に、男子は、結構メンバーそろいましたね。今年トップ5が全員そろう初めての大会となりました。ただしコリアが欠場…トーマスも欠場…この2人がいないのは寂しいな…。トーマスは練習中に眼を痛めて4か月戦線離脱ってBob Larsonにあったけど、リンクされてる記事にはそんなこと一言も書いてなかったぞ。詳しいことが全くわからん。一体どうなってるんだあー。最近のBob Larsonサイトはちょっと精彩を欠いてないか?

閑話休題。注目はやっぱ、王者ロジェ君が去年2連勝したこのインディアンウェルズとマイアミを連覇できるか、ていうとこなのかな、やっぱし。んでタイミングがいいのか悪いのか、直前のドバイで負けちゃったから余計になんか盛り上がってる感じですね。「フェデラーVSナダルの新たなライバル関係か?」なーんてもう騒がれてるけど。そりゃちょっと早いっしょ。まだまだロジェ君の高みには遠い。本人もそう言うておる。

私はむしろ、ナダル君が決勝でああいう形でロジェ君に勝ったことは、他の選手に大きな影響を与えるのではないかと考えている。まだまだハードでの実績は少ないナダル君がそのハードコートで、しかもロジェ君が大得意なドバイで勝ったということは、他のハードコートが得意な選手に大いなる自信を与えたに違いない。「ナダルがやれるんなら俺にだってやれる」ってね。特にハースなんか絶対思ってるよ(笑)。

内容的にもあの決勝戦はちょっと変わってた。王者ロジェ君が苦戦するのは今までもあったけども、そういうときというのは、最初に対戦相手が善戦して王者を苦しめて、そして王者が徐々に挽回していって競る、というパターンがほとんどだった。格上相手に勝つには、スタートダッシュというのは絶対条件だから。

しかしドバイの決勝戦は、スタートダッシュは完全に王者がものにした。2セットめも4-4までいった。もちろん去年のモンテカルロやTMC決勝も追い付かれて逆転されたのではあるけれど、サーフェスがクレーだし上海はあれカーペットなんでしょうね。(ハードの連勝記録が続いていたということはそういうことしか考えられん)それに上海は怪我の不安もあった。しかし今回は純然たるハードコートでしかもデコターフ、体調も万全でむしろ相手のほうが怪我からの復帰で万全ではなかった。試合も第1セット圧倒的な内容でリードした。何もかも有利な状況で、それでも勝てなかった。

周りはみんな、そしてロジェ君本人も、全豪終わったとたんにローランギャロス、ローランギャロス、その話ばっかりだった。私は正直辟易していた。ローランギャロスはもちろん重要だし大切なんだろうが、そんな先のことばっかり言ってるから足もとすくわれるのさ。王者にとって、このマスターズ2連戦、連覇できるかどうか、もちろん圧倒的な優勝候補であることは間違いないが、正念場でしょう。

それ以外に注目すべきは、今年すでに2勝ずつしているルビ、ハース、ジェームス君。ハースはアメリカで絶好調、ルビやジェームス君は去年からの好調を維持している。

私はブラッド・ギルバートさんの文章が好きであの人の書く記事をよく読んでいる。ご本人のサイトももちろん。その中にこんな言葉があった。「いつも僕が言っているように」という前置きを添えて。

Winning breeds Winning.

長いこと優勝できなかった選手がひとつ壁を打ち破って優勝すると、それまでが嘘のように、不思議なことに連鎖反応のように何度も優勝できてしまうことがある。勢い、という一言で片付けていいものかよくわからない。今のジェームス君やハース、そして去年のルビにまさに当てはまる。

女子でいうモレスモのような状況にいるこの3人。しかし、彼らはいずれもまだ大きな大会での栄冠がない。IS大会ももちろん大きな大会だが、勢いを真の力に変えるには、AMSやGSといった大舞台で大きな結果を出す必要がある。苦手なクレーシーズンを控えた今、彼ら3人にとっては、このインディアンウェルズとマイアミが、今までの集大成であり、真価が問われるときともいえる。

ところが。この3人のうちジェームス君とハースが、同じボトムハーフの左ブロックに入ってしまった。しかもそこにはアンディとアガシがいる。この4人のうち、準決勝にすすめるのは、たった1人だけ。誰が勝ち残るのか。それとも4人をおしのけて誰か別の選手がやってくるのか。ここはちょっと注目ですね。もちろん私が一番気になるのは別のところであるが…まその話はよいでしょう。正直言うと気分が重くなるからあまり考えたくないのだ。

関連記事
Women's draw lacking intrigue(SignOnSandiego.com)
(Re-)play it again, Jon(SL.com)
BG UNPLUGGED(Brad Gilbert site)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
(^0^)こんにちは
はじめましてかな?http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/←を見ていたら、この記事が載っていたので思わずきてしまいました!
2006/03/10(金) 13:32:17 | URL | 紗江 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。