Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ビルボチャート
2006年03月11日 (土) | 編集 |
さっそく1週間で更新!ちゃんとテニス記事より優先して書いた(笑)。今週はビルボードでも大きな動きがありましたしね。

3月18日付

シングル

1位 So Sick/Ne-Yo[PV]


おおお!きましたねー。先週トップ10で足踏みしていたからどうかなあと思っていましたが、アルバムの発売が起爆剤になったか、先週の9位から一気に頂点に上り詰めました。これはだいぶ前から相当話題になっていたしなあ。「Let Me Love You」の作者、Def Jamのスーパー新人、いろいろ肩書きもあるけど、なんといっても心の琴線に触れるこの切なく美しいメロディー。頂点を極めるのは決して驚くことではない。
たしかに恋することは一種の病気みたいなもんだ…。PVがちょっと季節外れではあるけど、恋に思い悩む人はぜひぜひこれを聴いて癒されてください。

2位 Temperature/Sean Paul[PV]

So Sickでしんみりした後は一気に180度変わって楽しくいきましょー。1位の座は譲りましたが、今週も「AIRPLAY GAINER」を獲得して首位の座を虎視眈々と狙ってるショーン様。最初の「We Be Burnin'」よりヒットしてる感じですね。こういう軽快な感じの曲は聴いてるだけで楽しい気分になれますね。PVも四季おりおりの風景の色のコントラストがとってもきれい。最後のほうで女の人がざばっとコートを脱ぎ捨てて水着姿になる場面がかっこいい。ところで最近季節の変わり目か日によってあったかかったり寒かったりまちまちでかなわん…もうすぐ灯油が切れそうなんだけども、買い足すべきかどうか、迷っている…。

3位 You're Beautiful/James Blunt[PV]

こつこつポイントを積み重ねてようやく1位になったのに、あっさり1週で蹴落とされてしまいました。この曲は日本で今やっているドラマ「小早川伸木の恋」に使われてるそうですね。私このドラマ見てないので知りませんでしたが。

4位 Be Without You/Mary J. Blige[PV]

この曲は相変わらずがんばってますねー。いい曲だ…毎週言ってるな…Ne-Yoくんの「So sick」と同じものを感じさせる、切なすぎる名曲。ところでアカデミー賞発表されましたが、やはりテレンス・ハワードは受賞ならなかったか。残念。あのハワードさんの映画はヒップホップ映画なんですね。そういやこの人よくブラック系のアーティストのPVに出てるもんなあ。今度はMTVで賞とって欲しいもんです。

5位 Check On It/Beyonce feat. Slim Thug[PV]

ずるずる下がってきてしまいました。映画もいいけど、早くビヨンセのソロ第二弾が聴きたいなー。

そのほか注目

6位 I'm N Luv(Wit A Stripper)/T-Pain feat. Mike Jones[PV]

こちらはトップ5目前で足踏み状態です。先の「I'm Sprung」もヒットしたT-Pain。Ne-Yo君とならんで今一番ホットなR&Bアーティストですね。この曲もゆったりしたSlow Jam系の気持ちいいナンバーです。PVでは文字通りストリッパーとの恋物語が描かれてますが。これ見よがしに段ボールをひっくりかえすあたりが、わざとらしい…(笑)。

14位 Bad Day/Daniel Powter[PV]

今週の「SALES GAINER」獲得。去年ピアノ・マンっていう謎の人物が騒がれましたね。日本でもワイドショーで大きくとりあげられてたほど。その人物とは彼のことだそうです。カナダ出身ですがヨーロッパで主に活躍してるそうです。たしかに曲もピアノが前面にフューチャーされてますね。この曲のPVはなかなかいいですよ。時間を30分ずらして2人のデザイナー志望の男女の奇妙なつながりを描いてます。お互いの存在も知らずすれ違っていく2人を最後に結びつけたものは…。それはPVをご覧くださいまし。なかなかいい出来!

20位 Love, I Thought You Had My Back/Keyshia Cole[PV]

うん、前の曲よりこっちがいい!同じバラード系だけども、ひとつ前のシングルよりこっちのほうが私は好きだなあ。順調に上がってきてますね。「第2のMary J. Blige」といわれてデビューしたのが去年だったっけ。それはちょっといいすぎじゃないかという気もするが。なんといってもルーサーの「Never Too Much」をサンプリングした「Never」が一番私は好きだなあ。

31位 Rompe/Daddy Yankee[PV]

去年めちゃくちゃ流行ったダンスホールレゲエ、その一番手だったのがこのDaddy Yankee。
♪がそり~な、あれよかったなあ。ガソリンの歌かと最初思っちゃったよ。同じレゲエといってもショーンポールとはまたちょっと違いますね。そんなDaddy Yankeeの今回の曲、「ろんぺ」。今回もまたノリノリな感じでこりゃまたはまりそうだ。♪ろんぺ、ろんぺ、ろんぺ…いかんもう回ってる…。

41位 Rodeo/Juvenile[PV]

おお。今週のこのブログの一押しJuvenile。先週から3つ上がって41位か…アルバムが今週発売になったから、来週はちょっと上がってくれるかな?がんばれ~ろーでぃおー。


アルバム

1位 In My Own Words/Ne-Yo


シングルと2冠達成!しかも初登場1位です。いやすごいなー。Jay-Zやりますねえ。去年はRihannaちゃんという女性大型新人をデビューさせたかと思えば、今度はNe-yoくんだもんなあ。経営者としてもなかなかやり手のようである。このアルバムネットで聴きましたが、「So Sick」以外にもなかなかいい曲がつまってるようです。バラード系の曲が中心のようですが。こりゃ来年のグラミー新人賞は早くもクリス・ブラウン君とこのNe-Yoくんの一騎打ちの様相?

2位 High School Musical/Soundtrack

先週念願の1位に輝きましたがあっさりDef Jamの大型新人に首位奪還されちゃいました。

3位 If Only You Were Lonely/Hawthorne Heights

ロックグループの5人組。デビューアルバムが口コミだけでビルボチャート上昇して200位以内を1年間キープするというすごいことをやっている人たちのようです。今回のアルバムはトップ5スタートとなりました。さすがにこれは口コミだけじゃないよね…。ちなみにその1stアルバムもまだチャートインしてるそうです。このアルバムの効果でまた上がったりして。

4位 Prescious Memories/Alan Jackson

Jacksonて言うからブラック系の人かと思ったらこの人はカントリーの人なんですね。今回のアルバムはゴスペルアルバムだそうです。彼の母親に個人的に贈るために録音したものを今回アルバムとして発表したそうです。相変わらずカントリーは強い。たいがい毎週1つはトップ5に入っている感じだもんなあ。私もだいぶカントリーの人の名前覚えたよ(笑)。

5位 The Breakthrough/Mary J. Blige

相変わらずトップ5をキープ。こうなったらいつまで連続トップ5入りが続くのか期待したくなる。しかし新作もこれからいろいろ出てくるだろうしなあ…来週あたり危ないかも…。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。