Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


日本人選手@インディアンウェルズ
2006年03月13日 (月) | 編集 |
あいちゃんがすきだあ~

中村藍子

@Getty Images



もちろん世界のトップ選手も気になるが、その一方でやはり日本人選手の結果は気になる。もっと早く書くべきだったが…私もそんな時間なくてね…一日中テニスのことばかり考えていられるような環境にはない…そんな暇もない…すいません…というわけで、遅ればせながら、今わかってる段階での日本人選手の結果をここで。
予選には藤原さんと不田さんが出ていましたがお2人ともそれぞれ2回戦と1回戦で敗れてしまいました。そして本戦には5人が出場しています。

Camille Pin(FRA) 6-2 6-2 小畑沙織
Meng Yuan(CHN) 6-4 6-4 森上亜希子


1回戦から登場のこちらのお2人は、惜しくも初戦敗退となってしまいました。うー残念。森上さんは怪我人続出の全豪でトップバッターになってしまいましたが、足のほうはよくなったのでしょうか。怪我が多いというイメージがある森上さんなかなか大変そうですが、なんとかまたフレンチでは去年みたいな元気な姿をWOWOWで見たいものです。

浅越しのぶ 6-4 4-6 6-3 Karolina Sprem(CRO)
⑭杉山愛 1回戦不戦勝


今回シードがつかなくなってしまった浅越さん1回戦に登場。強そうなスプレム(全豪でもリンゼイ相手に健闘していましたね)でちょっと心配でしたが、フルセットで振り切りました。やったー!
「たかが1回戦勝っただけでこんなに嬉しい」と塚越さんのHPに書いてありましたが…そんなことないですよ!1回戦勝つのは大変なことです。どんなトップ選手だって、初戦勝たなければ準決勝も決勝もあり得ない。しかも最近なんか成長いちじるしそうな(すいませんあやふやで)スプレム相手に最後はブレイク合戦になったみたいですが最後まですばらしい戦いでしたね。次はいよいよシード選手、キリちゃんとの対戦です。ランキングは下だけども、若いコに一泡吹かせてやってください。

杉山さんはシード選手で1回戦なし。予定されていた試合が雨で流れたため明日(ていうか現地でいう日曜日)に順延になったみたいですね。杉山さんは最近カタールではミスキナに勝って準決勝までいきましたね。優勝したペトロワに負けたのだから、杉山さんも準優勝と同じだ~、なんてへんな理屈だ…。ダブルスではハンチュコワと組んで優勝しましたし。ちょっと前まであまり結果が出てなかったみたいでしたが、ここんとこ調子よさそうで、うれしいです。このハードコートシーズンでまたまたがんばってほしいと思います。

今回のダブルスでは杉山さんはミルザと組んでいるみたいですね。これもちょっと楽しみかも。そういえば前杉山さんミルミルとペア組んでたなあ…私の好きなミルミルと杉山さんだなんて、ちょーうれしかった…また組んで欲しいなあ…。

1回戦 中村藍子 6-4 6-2 Brenda Schultz-McCarthy(NED)
2回戦 中村藍子 6-3 7-5 Mara Santangelo(ITA)


そしてそして!我らがあいちゃんこと中村選手が、2勝目をあげましたね!初戦では、35才で現役カムバックしてきて話題のマッカーシーに現役選手の意地をみせてストレート勝ちです。そして2回戦も快勝して、これで32強入りです。この写真は全豪のときのやつだけども、いつみてもかわいいなあ藍子ちゃん。福原愛にも宮里藍にもちっとも負けてないと思うがなあ。そういえば、以前東京の私鉄かどこかの運転士が、運転中に「あいちゃんが好きだあ~!」と叫んで謹慎処分になったっていう事件(?ハプニング?)がありましたね…あの人は今どうしてるのかな…。

そして次の3回戦は第1シードのエナンと対戦です!おおこれは楽しみじゃ!たしかにエナンは強い。優勝候補だもん。だからこそ、失うものは何もありません。私はエナンを応援していると確かに言ったが(笑)、やっぱ藍子ちゃんが勝ってくれるほうがもちろん嬉しいっす。藍子ちゃんそして杉山さんも浅越さんみんながんばれー。

関連記事
テニスジャパン(@niftyスポーツ)
China's Peng continues to struggle on injury comeback(Reuter)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
>shiomakiさん

コメントありがとうございました。私もこういう風に冷静になれるとよいのですが…(汗)こう書けばよかったんだ…う~ん。

確かに無視というのはひとつの方法ですかね…私は売られたけんかをすぐ買ってしまうという悪いくせがありまして(汗)。でも、無差別のスパムやあまりにもひどい内容であればともかく、私は匿名であってもできるだけ削除はしないつもりです。名前を書かないということは建前を作る必要がないので本音がズバリくるので、結構的を得た発言であったりすることもあるので。…そうはいっても2ちゃんねるみたいな場所ならそれもいいんでしょうが、やはり個人のブログやサイトであればオーナーの立場としては最低限恒常的に使うハンドルネームくらいは名乗ってほしいなあというのも正直な気もちです。

あと、苦情や批判をするのにも、やはり言葉の使い方は大切だと思いました。同じ内容であっても、表現の仕方で印象はかなり違います。あきらかに高飛車で挑発するような口調だと正しいことを言われていてもつい反発したくなってしまいます。(実生活でもそうなんですが…)読む人にはブログにコメントする際は、特に批判的なことを書く場合はそこらへんを考えてほしいと思うし私もそうありたいと思ってます。

いずれにしてもいろいろとご心配をおかけしてしまいました。shiomakiさんはネットにすごくお詳しいようですので、今後も何かありましたらぜひよろしくお願いします。
2006/03/26(日) 20:33:20 | URL | さっち #-[ 編集]
個人のブログへのコメント
全くの匿名で個人のブログの記事に対して批判的な意見を投稿する人って,結構いますよね。そういう人は,人と人とのコミュニケーションに関してのイマジネーションがちょっと欠けているのだと思います。日常生活の場に置き換えて考えてみると,個人宅での集まりに突然外部から覆面を被った闖入者があって,その家主に対して批判的な意見を言うようなものです。ネチケットという言葉がありますが,それ以前の問題だと思います。ハンドルネームに関しても,単なる闖入者でいたくないならば,一時的ないい加減なものではなく,ある程度永続的な慎重に考えたものを使うべきでしょう。

私の場合,個人のブログにコメントを投稿するときは,初回の投稿時にきちんと挨拶をし,基本的には変更しないつもりのハンドルネームと自分のメールアドレスを入力するようにしています。コメントの内容にかかわらずそれが最低限の礼儀だと思うからです。

私は,パソコン通信の時代から掲示板等を利用してきましたが,参加者のモラルの欠如にうんざりすることがしばしばありました。ただ,これは匿名性に潜む落とし穴でもあるのですね。それだけに,利用者は十分にイマジネーションを働かせて他人を傷つけることの無いように心がけるべきだと思います。

残念ながら,日本では,急速に発展するインターネットなどの情報通信環境に,公教育の場での情報リテラシー教育が対応し切れていない現状があります。こういう現状では,誰でも手軽に操作できるようになったPCを利用して,自覚の無いままに非常識なことや犯罪的なことをやってしまう人が当分なくならないでしょう。その典型的な例が,ファイル交換ソフトWinnyを介しての情報漏洩騒ぎです。

やや話が広がってきてしまいましたのでこの辺で結論を。

個人のブログの記事への匿名による批判コメントに対しては,基本的には無視が一番だと思います。場合によっては削除でもかまわないと思います。それでも,全く礼儀を欠いていることにはならないと思います。さっちさんのようにあまりむきになって反論などしないほうがよいでしょう(とんでもない相手である可能性もありますから,用心にこしたことはありません)。

僭越ながら,私見を述べさせていただきました。
2006/03/26(日) 13:05:38 | URL | shiomaki #-[ 編集]
>一スプレムファンさんへ

お返事ありがとうございます。今回の件に関しては、私の負けん気の強さが悪い方向に出てしまったと思います。あなたの言うことはもっともだと思いましたが、自分のブログにあんなことを書かれて感情的になってつい一言余計なことを書いてしまいました。

私はいつもこうなんです。自分は人のことを平気で非難するくせに、自分が何か言われるとついムキになって自己弁護してしまう。ハンドルネームの件でも、きっとそうだったんでしょう。深く反省しています。でも、やっぱし名前が空欄なのは、ちょっとかなしいもんなんですが…。

今回のことで、私は自分の弱さというか、バカさ加減によく気づかされました。ちょっとテニスがすきだから、ていろんな外国の記事を勝手に訳して、そしてそれに自分の意見を味付けして自分のものにして評論家きどりでえらそうなことをいっぱい書いて、いい気になっていた。そのツケがこういう形で回ってきたのでしょう。あなただけではない。これは氷山の一角にすぎない。多くの人をこのブログで不快にさせてきたんだと思います。申し訳なかったと思います。今さら謝っても遅いですが。

でもほとんどの人は、「つまんないこと書いてるなー」で素通りしていく。でもあなたはあえてこんな私に一石を投じてくれた。そのことに感謝します。

おそらく私のこのブログにはいろいろと欠陥があるんだと思います。それが何なのか、何がいけないのか、何が問題なのか、しばらく更新をやめて頭を冷やしてよく考えたいと思います。

今回のことで、完全に自信喪失してしまいました。…自信っていうより過信ですな…「自信と過信は紙一重」なーんてえらそ~に説教たれてましたが、結局は自分がそうだったという、なんともお粗末な結末…。

そういうわけなので、もうこのへんで終わりにしませんか。私も傷つきましたが、あなたも同じでしょう。もうお互いこれ以上傷つけあいたくない。もう誰も傷つけたくない。「反論はご自由に」と書きましたが、正直もうこのことでこれ以上あまり書き込んで欲しくありません。これ以上こんなことでつまらないいい争いはしたくないし、他にも心配事がたくさんある。(それでなくてもナダル君が今日怪我しちゃって心配でたまらない…アンディが負けてまた落ち込んでいる…)。どうしてもおっしゃりたいことがおありならもちろんかまいませんが。でももう私のほうはいろんなことで頭がいっぱいいっぱいでこれ以上お返事することができません。いろいろご迷惑をおかけしてどうもすいませんでした。
2006/03/16(木) 22:45:14 | URL | さっち #-[ 編集]
さっちさんへ
お返事どうもありがとうございます。

名前に関してですが、一応本文に「一スプレムふぁん」と書きましたが。
…それともNAME欄に書いていたら書いていたで、今度はハンドルネームに対して非難しましたかね。
なんせあなたのいうように「てきとーに」考えたハンドルネームなので。
まあでも、NAME欄に名前を書かなかったのはこちらのミスなので、これに関しては謝ります。
別に反撃されるのが嫌だからとか、そのような意図はありません。

思わぬことで反撃を受けたのでこの際こちらも言わせてもらいますが、そもそも岩佐氏のところにコメントするときに、さっちさんは匿名で書くことを考えていたそうですね?(あのときの記事のコメントにそう書いてありました)
「人のブログに書き込みするときは、名前くらい名乗るのはマナーでしょう」と人には説いておきながら、自分が他人のブログに書き込むときは「匿名で」と思ったわけですか。
そんな人が匿名に関して、よくもまあそこまで大見得切ってとやかく言えたもんですね。
それでも実際は匿名では書き込まなかったといわれるでしょうが、その理由が「発言に絶対的な自信があったから」なんてなもんですから、どっちみち自分本位な考えであったことに変わりはない。(まさか「発言に自信がなければ匿名で書くつもりだった」なんてことはいいませんよね?)
正論を説くのは結構ですが、その前に一度自身の言動を省みることもしてみてはいかがですか?(自戒も込めてですが)

それとついでにいわせてもらうと、ハンドルネームを使っている人が匿名を批判したところで、個人的には何の説得力も感じないです。
なぜなら、ハンドルネームも匿名も、逃げ道を作ってリスクを回避しているという点では何も変わりがないので。
とはいっても別に実名じゃないと匿名を批判をしてはいけないといっているわけではないですけどね。
批判するしないはその人の自由ですから。

ちなみに記事に関しては、わかってくださったのなら、これ以上何もいうことはありません。
普通に見ればたいしたことない様に見える記事も、その選手を好きな人が見れば「はあっ?」と思うのは、さっちさん自身も体験済みでしょうからね。

書き逃げのつもりはなかったので思ったことを書かせてもらいました。
(誤解のない様に申し上げておきますが、最初にも述べたように、自分は岩佐氏のファンでもなければ、もちろん岩佐氏本人でもありません。それにこの文章は岩佐氏を擁護しているわけでもありません。念のため)
2006/03/16(木) 07:57:02 | URL | 一スプレムふぁん #ZQHR2uUw[ 編集]
ごめんなさい
「名無しの権兵衛」さま。

コメントありがとうございました。スプレムファンを不快にさせたのなら申し訳ありませんでした。私は今年の全豪で見たスプレムの試合が頭に残っていました。相手は誰か忘れたけど、優勝候補のトップ選手で、とてもいいプレーをしていて苦しめていました。そして、以前のグランドスラムか何かで解説の丸山薫さん「スプレムは今後すごく伸びてくる選手だと思う」と語っていたのも頭に残っていました。だから、つい「成長いちじるしい」と書きそうになったけど、あまり女子のこと詳しく知らない(男子もそんな知らないけど)ので成長いちじるしそうな」というちょっとあやふやな表現をしてしまいました。どうもすみませんでした。

しかし私からも一言言わせてもらう。これだけのことを書いといて、それで「名無し」とはどういうことですか。私は岩佐さんのブログに抗議したとき、名前もメルアドも入れた。まあ名前といっても本名じゃないけども、このブログの作者であるというのは多くの人が気づいていたはずだ。自分の発言に絶対的な自信があったからだ。あなたは、自分の発言に自信がないのですか。批判的なことを書いたことに関して反撃されるのが嫌なんですか。人にこれだけのことを言っておいて、自分は攻撃されたくない、無傷でいたいというわけですか。それは卑怯ではないですかな?そういうことは2chででもやってくださいな。

ここは2chじゃない。個人がやっているブログ。偏った内容ではあるが、人のブログに書き込みするときは、名前くらい名乗るのはマナーでしょう。なにも本名を書けとはいってない。てきとーになんかハンドルネームを書けばすむことだ。

スプレムの記述に関する一件は確かに悪かったと思います。今後の参考にさせていただきます。しかしやり方は気に入らない。コメントをあえて非公開にしなかった意気は買うけども、NAME欄に名無しというのは腹が立ちます。私はこういうことがとても嫌いだ。他のブログの作者の考えはどうか知らないが、私の考えは、人のブログに物申すなら、相手と刺し違えるくらいの覚悟でやってもらいたい。

しつこく書きますが、あなたのご意見はごもっともです。本当にすみませんでした。ここではいろんな選手のことを書くから、こういうことを感じている人はもっとたくさんいるかもしれない。そういう人が今後ここに何か書くときのためにこういうことを書いている。

もし気に障ったのなら、もう金輪際読んでくれなくて結構。反論があるのなら、どうぞご自由に。削除も文字制限もしませんから。(FC2はもともとコメント文字制限できませんが…)
2006/03/14(火) 21:53:04 | URL | さっち #-[ 編集]
訂正
×読ませてますが
○読ませていただいてますが

です。
2006/03/14(火) 15:59:14 | URL | 名前はまだない #-[ 編集]
はじめまして。

いきなりですが、スプレムは2004年にトップ20に入って以降ずっとスランプに苦しんでいて、ランクも大きく下げています。
「最近成長著しい」どころか今はまったく逆の状況です。
知ったかでいい加減なことを書くと、そのファンが不快に思うのはあなたも良くわかっていると思うのですが?(ちなみに自分も某氏は好きではないです)

記事は楽しく読ませてますが、一言言いたくなったのでコメントしました。

一スプレムふぁんより
2006/03/14(火) 15:54:33 | URL | 名前はまだない #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。