Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ジェームス・ブレイクのお気に入りCD
2006年03月12日 (日) | 編集 |
僕の好きなCD紹介します

James Blake

@Yahoo!sports


私は自分が音楽好きなもので、選手のこういう音楽話にはついつい食指がうごいてしまう(笑)。特にアメリカ選手の場合よく聴く音楽も私がよく知ってる人たちであるだけに、「わあ好みが一緒だあ♪」てひとりで勝手に喜んでる場合が多々ある。

先日のインディアンウェルズ初戦、地元の若手選手にちょっと危ないスタートとなったジェームス君。ま初戦っつーのはそういうこともあるよね。でもまあ無事に勝てたし。次はもうちょっと調子をあげてくれるかな。そんなジェームス君が「これがないと生きていけない」というお気に入りCDベスト
10をご紹介しよう。本人の解説つき。

1.Eminem「The Marshall Mathers LP」 

これはいつでも僕にとってベストなアルバムだ。全部の曲がすばらしいからさ。全部通してきいてもちっとも疲れることがない。とてもすばらしいアルバムさ。

2.John Mayer「Room For Squares」

どんなときでもいつでも聴けるアルバム。リラックスできるし、ロマンティックで、いろんなものが詰まってる。車の中で聴けるし、早送りすることは絶対ないね。メジャーの最初のアルバムでこんないいものを作るなんて、すごいことだよ。同じ高校に通っていたとは思えないね。大丈夫それで傷心したりしないから。

3.Gavin DeGraw「Chariot」

歌詞がとにかくすばらしい。大人も子供もみんな同じように楽しめる。いろんな人と一緒にこれを良く聴くけど、みんなにウケるんだ。Gavinの才能はすばらしいね。

4.U2「The Best of 1990-2000」

今までで最大のグループだし、これには僕の好きな曲が全部入ってる。何度聴いても飽きない。これを聴くとみんながU2ファンだった頃を思い出すよ。

5.Dr.Dre「The Chronic」

これを聴くといろんな人の頭の中からこれが離れられなかった夏のことを思い出す。まさにラップの真髄が表れたアルバムだ。スヌープを使ってるのは歴史的だよね。スヌープの声はDreのビートにぴったりだし、すばらしいチームワークだ。

6. Fabolous「Street Dreams」

これは他の人がなかなかトップ10のリストには上げないだろうね。でもぼくは好きだ。彼の声はすばらしいしフロウも最高だね。車でこのアルバムの全部の曲を聴きながらぶつかってるよ。(←?bumpの意味がいまいちよくわからなかった…)

7.Bon Jovi「New Jersey」

すごく感傷的になれるアルバムだね。ボンジョビは長くヒットを出し続けているすばらしいバンドだよね。このNew Jeaseyは僕の若い頃を思い出すんだ。ボンジョビの大ファンで、壁いっぱいにポスターを貼ってたから。

8.Guns' N Roses「Appetite for Destruction」

クラシックなアルバムだ。小さい頃兄貴がすごい大ファンだったんだ。だから兄を通して僕もよく聴いてた。そんなよくないじゃん、なんてフリしてたけど、でもこのアルバムにはとってもいい曲が入ってる。Paradise CityとかSweet Child O' Mineとか。この2曲が好きだな。

9.Michael Jackson「History」

マイケルは法的に今いろいろ問題にされてるけど(インタビュー当時はまだ判決前だったと思われる)、みんな彼がどんなにすばらしい才能を持ってたか忘れちゃったんじゃないかな。このアルバムが、時代を通しての彼のすごさを教えてくれるよ。彼のすばらしい才能は永遠に不滅さ。

10.2Pac「Greatest Hits」

2パックは伝説だった。暴力に満ちた生活でキャリアは短かったけど。(96年に殺害された)とても悲しいことだ、でもそれだけに彼の歌詞は真実を伝えてるような気がする。彼はラッパーであると同時に詩人でもある。亡くなって以来彼より上をいくラッパーは表れていないと思う。


この中にみなさんのお気に入りはありましたか?私がこの中で持ってるのは、ん~エミネムとDre師匠と2パックと、マイケルと、…その4つかな。この中では私はDre師匠のやつが一番好きだな。Fabolousは持ってないなあ…今度聴いてみよっと。ジョン・メイヤーとはこないだチャリティーイベントでも一緒になっていたし、個人的なつきあいもあるみたいですね。Hip Hopからロック、R&B、ポップス、いろいろ聴いてますね。やはり音楽好きと見える。MTVのカードのCMじゃないけど、テニス選手にも2種類あるだろう。「音楽が好きな選手」と、「そうでない選手」。別にどっちがいいとか悪いとか言ってない。こんなの好みの問題だしね。でもやっぱ音楽が好きな選手は個人的にも応援したくなる。ジェームス君がんばってねー。 

Ten CDs James Blake Can't Live Without(Smash magazine)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。