Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モンテカルロ4日目
2006年04月21日 (金) | 編集 |
Masters Series Monte Carlo

3回戦

⑧David Ferrer(ESP) 6-1 6-7(5) 6-3 ⑪Juan Carlos Ferrero(ESP)

今日センターコートで最初に行われたこのカード。ちなみに開始時間は午前10時。毎日10時からですね。昨日朝一番の試合だったナルは、早すぎる!と不満たらたらだったようだけども…この2人はどう思ってるのかな。ん~早起きは三文の得というし、まあよかたい。その分早く寝れば。それに早く終わるとその後も時間がたっぷり使えてよさそうに思えるけども。もちろん勝てば、の話だが…。

相変わらず海外ではマレイ君のコーチ解任劇がどうこうという話題ばっかりなのであるが、その中でJose Perlasさんという人の名前が出ている記事がある。ペルラスさんって今フェレロのコーチしてる人だよね。んでその前はコリアのコーチをしていた。普通コーチを変えるというときは、何かを変えたいという状況であることが多いのかもしれないが、フェレロはその逆のことを言っている。「新しいコーチを含めてすべての人に、僕が以前と変わってないということを示したいんだ」。

フェレロが言う「以前」とはもちろん、彼が最も活躍した2003年のことでしょう。ローランギャロス優勝とUSオープン準優勝を達成したました。ランキングは…2位くらいだったっけ…トップ5にいたのは間違いないよね。その後病気や怪我でランキングが下がってしまった後復活の兆しを見せているけれども、今は15位~20位くらいを行ったりきたり。なかなかトップ10が射程に入りそうでまだ入らない。

ペルラスさんは、かつてモヤちんやコスタもコーチし、彼らはローランギャロスチャンピオンになった。コリアも、優勝はできなかったけどほとんど優勝に近いとこまでいった。かつてクレーキングと言われたフェレロ、多くのクレー巧者を育てたペルラスさんと組んでかつての自分の輝きを取り戻したい、という気持ちは当然あるはずだ。


一方のフェレル君は先週のバレンシア開催中のATPブログ担当でしたね。最近このブログちょっとチェックしてなかったのだけど、久々に読んでみたらやっぱりおもしろい。ところで今週は誰も書かないのかな。

バレンシアは、ホテルじゃなく自宅で生活しながら参加できる超じもぴーなフェレル君でしたが、肩の調子を崩してしまってバレンシアでは初戦でリタイアしてしまいました。せっかくの地元だったのにね…しかもリタイアも8年前のチャレンジャー時代以来とのこと。よりによってこの地元の大会でそれが来てしまうとは。

以前ニコちゃん4号(キーファー)がいつもネックレスを身に付けているということを書いたことがあったけど、このフェレル君も3つのネックレスを肌身離さず身に付けてるそうです。両親それぞれからのと、ガールフレンドからのもの。高価じゃないけど僕にとって特別なものだから、この5年間1回も外したことがない!とアツく語っている。いわゆる「priceless」というやつか。こういう願掛けというか、お守りみたいなのする人って、多いですね。厳しい勝負の世界にいると、やっぱり何かにすがりたくなるのかなあ。

それからさりげなく新しく立ち上げた自身のウェブサイトの宣伝もしている。というわけでここでも宣伝してあげよう。ここをクリック!…スペイン語か…さっぱりわからん…英語版を作ってくれ。しかし宣伝効果があったようでたくさんの人からメールをもらった、と。んで、ファンから来たメールにフェレル君自身が全部返事を書いてるそうな。えーほんとに?私も書いてみようかな…そしたら返事くれるかな…(笑)。「僕が実際に返信してるってみんな信じないみたいだけど、ちゃんと全部僕が自分でやってるんだよ」。

ちなみに、肩のほうはMRIで特に問題なかったようですね。その証拠に、今日の3回戦では、同国で年も近くて友人でもあるフェレロと激しいフルセットの試合を勝ちきりました。そしてベスト8一番のり。「アグレッシブにいかないと、て思ってた。じゃないとJCには勝てないから」。
①Roger Federer(SUI) 6-3 6-2 Benjamin Belleret(MON)

このモンテカルロに居を構えている選手は多いけど、実際モナコという国の選手って、ほとんどみませんね。その地元モナコの選手がいました。しかも、まだ勝ち残ってました。この大会が行われてるMonte Carlo Country Clubのメンバーでもあるという超じもぴーな人のようだ。チャレンジャーの試合でも1回も勝ったことがなく、主にサテライトを中心に試合をしているという351位のBalleretにとって、今週は大変な一週間になりました。。予選で105位のPortas、71位のビョークマン、本戦でも44位のロクス兄、そしてフランスの元トッププレーヤーの18位のグロージャンにまで次々と勝ってしまったのだから。もっともグロージャンが怪我をしてしまったというのは大きな要素ではあるのだが。彼の先週までの生涯獲得賞金が29,462ドル、そしてこのモンテカルロだけでその2倍の賞金を稼ぎました。そして今日対戦したのは、22,422,333ドル稼いでいる人でした。

「すばらしい経験だった」敗れたあとそう語ったBelleretくん。「ロジャーが僕を軽んじることなく真剣勝負をしてくれたように感じた、それがとてもうれしかった」。「できることはやったし、みじめな気分にはならないよ、最後はちょっと難しかったけどね」。どんな選手相手でも勝ちたい気もちは同じ。世界No.1の王者もそれを十分わかっています。「彼は僕と試合をするためじゃなく、僕を倒すためにここにきたはずだ」。

間違いなく今週のハイライト人物になったBelleretくんですが、予選1回戦では、あと2ポイントで負け、という場面もあったそうです。そんな状況を克服して、こんなところまで来てしまいました。「予選1回勝てればいいと思ってた。一生懸命やればきっとできる、て自分自身証明できた。これが続いていくといいね」。ローランギャロスの予選に出られるといいね。この名前を覚えておいて予選では探してみることにしよう。

「来週からはまたサテライトの大会に出るつもりなんだ」と語る23才のBalleretくん。今回の活躍でランキングもポイントも相当あがるでしょう。「僕の目標である、グランドスラムの予選にこれで出られるかもしれない。それに、パートタイムでもコーチをつけることができるようになるかも。自分ひとりだと、試合を分析したりするのはとても難しいからね」。

②Rafael Nadal(ESP) 6-3 6-3 Kristof Vliegen(BEL)

勝った…よかった~ほっとした…なんかやばいような気がしていましたので。しかしスコアはあっさりっぽいのに、時間は1時間45分もかかってる。実際試合も先にブレイクに成功したのはVliegenのほうである。また後手に回ってるのか…そのあとすぐにブレイクバックできたからよかったものの。うーむ。まだ本調子とは言えないのかなあ。ロイターにもベストとはほど遠い、と書いてあったし。こんなんで大丈夫かなー。次はコリアだぞ…といってもコリアも相当調子悪そうだけども…。ま、試合をたくさんこなしていくうちに調子も上がってくるかな。とりあえず勝ってるので、いいか。(こればっかり言っている)


そして次は去年の決勝カードが今度はQFで実現。コリアは2回戦で蘇ってからは強いね…。去年は全部決勝で対戦して3回とも全部ナダル君が勝ちました。今年は決勝ではなくQFでの対戦となってしまいましたが。コリア好きだけどもナダル君と対戦するときだけは応援できん…ごめんよ…(- -)う~む多少複雑な気分ではある。でも、基本的には2人とも応援してますよん。当然ナダル君>コリアではあるが…2人ともがんばっておくれ!

④Ivan Ljubicic(CRO) 6-3 6-2 Gilles Simon(FRA)

ルビなんか調子いいですね。セラ戦は結構苦しんでましたが、今日は比較的楽にいきました。デ杯も最後まで戦いぬいて、あまりクレーに対する十分な準備もできていなかったようですが。「最初の2試合は苦しんだけど、今日はずっとうまくいった」。苦手のクレーでも結果を出して、QFも確かな手ごたえをつかんでいるよう。

そして、ルビは第4シードなのに意外にもこれが初めてのセンターコートでの試合だったそうです。今年、という意味じゃなく、モンテカルロのセンターコートは「人生で最初」だったそうな。「最初で最後にならないといいけど」。とりあえず今日勝ったので最初で最後にはならなかったね。しかし次は強敵ゴンちゃんが待ってます。さあルビにとって最大の試練になりそうですね。



David Ferrer-ATP Player Blog
Gamble wins Balleret a shot at jackpot game with Federer(The Independent)
Nalbandian angry with early start(BBC Sport)
Top-ranked Federer dominates qualifier Balleret to reach quarterfinals(AP)
Federer ends Balleret's Monte Carlo adventure(Reuter)
Murray returns to roots with approach for Perlas(The Times)





今日の1曲・特別企画
試合前に聴きたい曲
3位 「Galvanize」The Chemical Brothers

(聴いてみる[要WMP])
(ビデオも見る[要WMP])



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
>あやさん

フェレロは残念でした…競っていてどっちが勝ってもおかしくなかっただけに…。久しぶりにロジェ君VSフェレロの対戦が見たかった気もしますが。しかしそのぶんフェレル君にはぜひともがんばってもらいたいもんですね。ほんと、これでQFスコ負けしたら承知せん!て感じですね。

ナダル君もコリアも去年のローマの決勝のときなどに比べると調子があまりよくなさそうなので、また違う感じの接戦になりそうですね…。

>asukamura2002さん

ナダル君のVliegen戦の後のインタビューは、映像はみてませんが、スクリプト見ました!めっちゃおもろいですね(^^)かなり爆笑してしまいました。相変わらずかわゆい…悦。家に連れて帰りたいです(笑)。
2006/04/21(金) 21:14:51 | URL | さっち #-[ 編集]
調子が悪くたって
>とりあえず勝ってるのでいいか...

そうそうこれが大事ですよ。
調子悪くなさそうなのに大事なポイントが取れなくて結果が出せないフェレロの応援をしているとしみじみそれを感じます(苦笑)

ラファとコリアは去年は決勝だったのでもったいない気がしますね。
TVで見られないし......
接戦になるかな? コリアのDFの数次第でしょうか(^^;
2006/04/21(金) 07:59:12 | URL | あや #bBmFigmc[ 編集]
こんにちは
ナダル君の試合後のインタビュー見ました?サイコーに可愛いですよ(笑)。ほんとに試合中は憎たらしくなるくらい強いけど(笑)、素顔はかわいいわん。
2006/04/21(金) 07:42:08 | URL | asukamura2002 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。