Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デビスカップ展望 その3 ロシア VS フランス
2005年07月13日 (水) | 編集 |
youzhnyMikhail Youzhny(Russia)

@Davis Cup.com


今週はATPの試合報告がないから楽ちんだ~♪ま、試合のことを書くのも楽しいものではあるけれど、毎日のこととなると結構大変。よくここまで続いているもんだ。しかも先週からは3つ同時に、だからちときついね。今週はずいぶん楽させてもらっている。それにこのデ杯展望、普通なら記事をいろいろ下調べして書くべきところを、もうめんどいから自分勝手に書いている。だってほとんどはオーストラリアとアルゼンチンのことばっかりだし(ようやく直前になって他のチームのこともいろいろ書かれてるけどね)、もう英語を読むのが疲れた。どうせ試合が始まったらまた目を皿のようにして英語記事と悪戦苦闘しなきゃならないので、もう展望くらい好き勝手に書かせてくれ。といっても週末は一気に4カード書くからこりゃまた大変だが…でも1回戦のときは一気に8カードだったからねー。あのときはまじで大変だった(笑)。今回は半分だしね。今のうちにゆっくりしとこ。

今日書くこの対戦は、個人的にとても楽しみにしているカード。特にどっちにも肩入れしていないので、純粋に内容を楽しめそう。どっちかを応援していると、形勢不利になった時に辛いしね。しかも両チームともエースを怪我で欠いているのでどちらが有利とも言えない感じ。特にサフィンの欠場は大きな衝撃です。ウィンブルドン終わったときは出場に意欲をみせていただけに、びっくり。彼もデ杯には情熱を持っているから、それを欠場して治療に専念するということは、やはり膝は相当悪かったのでしょう。ましかしこれからのハードコートシーズン、USオープン、そしてマスターズカップ出場を考えると、ここで無理をすることはできない。苦渋の選択だったでしょう。対戦が決まったときは、ホームだしロシアが強いかと思ったけど、これで一気に形勢が変わってしまった。R5までもつれる可能性も大。一番の接戦になるんじゃないかと思ってるんだけど。

注目しているもうひとつの理由は、クロアチアが勝ち進んだ場合次に戦う相手を決める対戦だからである。今やすべてクロアチア中心にしか考えられない私にとっては、サフィンがいるのは怖いからフランスがいいかな…という気もちょっぴり。しかもフランス相手なら次はクロアチアがホーム。ううむ。でもサフィンがいない間にロシアが負けてしまうのも残念な気もする。
出場選手:
ロシア…ニコライ・ダビデンコ、ミハエル・ユーズニー、イゴール・アンドリエフ、テイムラス(??)・ガバシビリ(???)

フランス…リシャール・ガスケ、アルノー・クレメン、ポール・ヘンリー・マシュ~、ミハエル・ロドラ

1回戦の成績
ロシア 3-1 チリ
ユーズニー 6-7(4) 7-5 3-6 6-7(4) ゴンザレス
サフィン 6-1 3-6 6-3 7-6(4) ガルシア
サフィン/ユーズニー 6-3 6-4 6-3 ガルシア/ゴンザレス
サフィン 7-6(4) 7-6(5) 1-6 6-7(3) 6-4 ゴンザレス

フランス 3-2 スウェーデン
マシュ~ 6-3 6-4 6-2 ヨアキム・ヨハンソン
グロージャン 4-6 4-6 6-7(1) トーマス・ヨハンソン
クレメン/ロドラ 7-6(5) 6-4 6-7(4) 6-4 アスペリン/ビョークマン
ヨアキム・ヨハンソン 3-6 6-1 6-4 6-1 グロージャン
マシュ~ 6-1 6-4 6-7(4) 6-4 トーマス・ヨハンソン

1回戦は両チームとも大変厳しい戦いでした。ロシアはチリ対策として超~速いサーフェスを用意したつもりが諸刃の剣になってしまい、自国の選手まで苦しめるはめになってしまった。サフィン相当文句言っていたからなぁ(笑)。とにかくゴンちゃんのがんばりが光りました。これにニコちゃんが加わっていたら…と考えると、ロシアは命拾いしたかもね。

フランスも強豪と思われたスウェーデンに最後までもつれてやっと勝ちました。マシュ~君がんばりましたね。そして素晴らしかったのはダブルス。かなりの接戦でした。アスペリンもビョークマンもスペシャリストだけに、あれをものにできたことが結局勝ちにつながりました。やはりダブルスはデ杯では大きな鍵になりますね。

私は前々からちょくちょく書いているのだが、フランスというチームはバランスのとれたとてもよいチームだと思っている。いろんなサーフェスに得意な選手を揃えているし、バラエティーに富んでいて一癖ある選手ばっかりなので、アウェーで好きなサーフェスを選べなくてもそれなりに戦える。その点が、強いとはいえクレー以外だと脆さが露呈しやすいスペインとちょっと違うところ。ただし、まんべんなく戦えるということは逆にひとつのサーフェスで突出して強さを発揮しづらいからホームでサーフェスを選択するときに迷うところもある。それに飛び抜けたビッグ選手がいなくて勝ちを計算しにくいという部分もややあった。しかしそこに爆発力のあるガスケ君が加わることでその不安もかなり解消されつつある。そしてさらにモンフィス君も控えている。ベテランにやや陰りが見え始めたと思ったらタイミングよく若手がぐんぐん力を伸ばしているフランスチーム、限りなく明るい未来が開けているような気がする。超ビッグ選手がいるとはいえ後につづく選手がなかなか育たず若手の育成に苦労しているアメリカやオーストラリアにとってはうらやましい限りでしょう。

その点ロシアも負けずにとてもいいチーム。ビッグ選手という点ではサフィンが十分すぎるほどその役割を果たしているし、後につづく選手という点でもニコちゃん、ユーズニーもサフィンほどではないにしろ確実に結果を出している。んでクレーでもアンドリエフ君が力を持っているのが心強い。カフェルニコフが引退しても全くロシアの力が衰えていないというのはすばらしい。スペインやアメリカなどに比べて数はそれほど多くないけれど、少数精鋭、国としての総合力ではロシアのほうが上なのではないかな。まロシアといえば女子のイメージが強烈だけど、男子だって全然負けてません。それに他のスポーツでもロシアってとても強いし。やはりクジーが前言っていたように、お国柄というか、ハングリー精神が違うのかなぁ…。

今回の注目はなんといってもそのガスケ君。1回戦勝ったとき、次にこのガスケ君がエースとしてフランスをひっぱる存在になると、誰が予想できただろうか。それだけ、この数ヶ月の彼の躍進はすばらしい。そしてランキングもグロージャンを追い越して、名実ともにNo.1としてのデ杯デビュー戦です。デ杯という特別な雰囲気の中で彼がどんな戦いをみせるのか、すっごく楽しみ。もちろん力は十分あるし、なんといっても今年まだ3人しかいない王者を破った選手の一人なのだから、相当な存在であるのは確か。しかし、プレッシャーの大きさはある意味ATPの大会以上のものがあるでしょう。いつもの大会だと、結果が悪くてもあくまで基本的には個人の問題だけど、デ杯になるとそうはいかない。もろに国旗を背負うことになる。モンテカルロの時は失うものが全くなかったけど、今回はありすぎるほどある。国の威信、グロージャンの代役、そして自国のNo.1という肩書き…そういう状況で戦ったことがほとんどない彼が、この2回戦という大きな舞台で、特に競った展開になったときにどこまで実力を発揮できるのか、とっても注目しています。

そういう意味ではユーズニーは経験豊富。こないだも書いたけど、なんつってもあの2002年の決勝ね!あの厳しい最終R5で2セットダウンから逆転勝ちしてロシアに優勝をもたらした功績は大きい。デ杯のプレッシャーに関しては知り尽くしているでしょう。ふつうならユーズニーVSガスケだとガスケ君が勝ちそうだけど、デ杯となると、結構わからないと思う。

ロシアにとってはサフィンの欠場だけでもおつりがくるほど頭が痛いことなのに、それに加えてニコちゃんの怪我ときた。これはキツイねぇ…。ニコちゃんは今年クレーで大活躍。本調子ならサフィンの穴を埋める大活躍がかなり計算できただろうに、あの怪我のせいでそれが狂ってしまった。まそこにはアンドリエフ君も控えている。彼もクレーは一番得意なサーフェス。しかも今年唯一[唯一じゃなかった、ガストン君も勝ってました。アンドリエフ君に負けたのを最後にナダル君はクレー29連勝中]クレーでナダル君に勝っているのだ。(だからナダル君の記事にはかならずアンドリエフ君の名前が登場する)しかし本調子のときのニコちゃんほど勝ちが計算しづらいとこがあるだろうから、監督としてはシングルスの人選はかなり迷うところでしょう。

一方フランスは、グロージャンを怪我で欠いているのはマイナス要因だけど、よく考えたら1回戦はグロージャンは2敗していてそれでもフランス勝てました。なんかグロージャンに申し訳ないけど、だから彼がいなくてもそれほど痛手ではないのではないかと…ごめ~ん。しかもそこにガスケ君が入ってきたわけだから、返って戦力アップと言ってもいいのでは…?ま経験の差はあろうけどね。

でもロシアは全く逆。1回戦サフィンが全て勝利をもぎとってロシアに勝利をもたらしたのだから、彼がいないのはこの上ない痛手。…秋のアジアシーズンの途中にデ杯があることを愚痴っていたサフィンがその心配をしなくてもいい状況になるかもしれないというのは、ちょっと皮肉なものだね…。

シングルスは、ガスケ君、マシューVSユーズニー、ニコちゃんかな。でもニコちゃんの状態によってはアンドリエフ君の登場もありうる。ロシアの監督の腕が問われるところでしょう。チリ戦でダブルス、サフィンとユーズニーを選択したあのひらめきで、今回も厳しい状況のロシアを救うことができるでしょうか。フランスはダブルスはクレメン/ロドラだろうから、ロシアはよっぽどシングルスがんばらないとキツイと思う。

う~んしかし、マシュ~&ガスケ相手に4つのうち3つ勝つのは、サフィンを欠いてニコちゃんが怪我してるロシアにはちょっと厳しいかな…。でもマシュ~も絶対的に強いというわけでもないし、ガスケ君の経験不足が露呈してしまうことになったりするとわからんが…う~この対戦は展開が読めない!とりあえず、初日シングルで1-1になってダブルスでフランスがとって、最終日のシングルス勝負、ていう感じになって相当もつれそうな気がするんですけど、どうでしょ。いずれにしてもかなり楽しみである。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。