Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バルセロナ1&2日目
2006年04月26日 (水) | 編集 |
Open SEAT 2006

International Seriesだけどもある意味マスターズにひけをとらないくらい大きな大会、バルセロナがやってきましたね。今年は大会タイトルに「Godo」が入ってませんね。今年で54年目を迎えるこの大会、「スペインテニスで最も重要な大会」と自負している。…あれ…マドリッドは…あっちは一応マスターズなんだけども(笑)。バルセロナとしては、マドリッドには負けたくないかなやっぱり(笑)。私はスペインに行ったことも住んだこともないのでこの2都市の関係はよくわかんないけど、お互いすごいライバル意識を持ってる、という話は聞いたことがある。レアルマドリードとバルセロナの試合とか、恐そうだなあ…。

1回戦

Albert Costa(ESP) 7-6(4) 4-6 6-1 Vincent Spadea(USA)

バルセロナといえば、スペインで最も歴史のあるテニスクラブ、the Real Club de Tenis Barcelonaがある。多くの偉大な選手を輩出したそのクラブから、ローランギャロスチャンピオンも数多く生まれました。その一人である、コスタ、30才。この大会を最後に、引退することをついに決めました。去年から「もう引退するかも」と言っていたコスタですが、やはり97年には優勝もし、特別な意味をもつこの地元の大会を最後の舞台にもってきたい、という気持ちは強かったでしょう。

その1回戦、ビンスおじちゃんにフルセットで勝ちました!これが今季初勝利となりました。でも、生粋のアメリカ人のビンスおじちゃんがこのバルセロナに出場しているということも私はうれしいな。ほとんど同じ年代のビンスおじちゃんが今日のコスタの相手だったっていうのもなんかうれしい。

「夢や目的はすべて達成した」。先週の記者会見でコスタはそう言っていました。「この大会は僕にとって特別なものだ。そしてみんなが僕の姿をもう一度みたいと思う場所が、ここだと思った」。だから、去年引退を撤回したんだね。あのときは、「撤回するなら引退するなんて言うなよ~」なんて軽々しく言ってしまって、申し訳ないっす。

コスタのキャリアのハイライトは、2000年にデ杯メンバーとしてチームを優勝に導きました。そしてなんといっても!2002年のローランギャロス、同国のフェレロに決勝で勝って、ローランギャロスチャンピオンになりました。フェレロが絶対的有利といわれていたあの決勝戦、コスタすごかったもんなあ。

引退という大きな決断を下す決意をさせたのは。「戦うために故郷を離れるのがどんどん辛くなっていくのを自分でも感じた。そして最近では怪我も大きな問題になっていた」。

引退後は何をしたい?「まず家族を楽しく過ごしたいね。そして現役のときにできなかったことをまずやりたいよ」。
「でも、その後は、テニスの世界に戻ってくるつもりだよ。デ杯のキャプテンにぜひなりたいね」。去年スペインチームの人事のごたごたのときには現役のスペイン選手からこのコスタの名前がよく上がっていました。みんなコスタを慕っている。彼がデ杯キャプテンとしてコートに立つ日は、そんなに遠くないだろう。

しかしまずは、この大会です。3回戦のフェレロのとこまで行って欲しいなあ。どうかなあ。でも次はドミニクが相手です。コスタの最後の奮闘を楽しみにしてます。

Stanislas Wawrinka(SUI) 6-2 6-7(3) 6-2 Nicolas Lapentti(ECU)
Evgeny Korolev(RUS) 7-5 6-4 ⑮Carlos Moya(ESP)


あっモヤちんが負けちゃった…。予選の選手相手だったんですがまさかのストレート負けとなってしまいました…う~ん。モヤちんもこの大会優勝経験もあるし、いい成績残してきたんだけどなあ。モヤちんは今年はチェンナイでは決勝に行ったりマイアミではナダル君を破ったり調子よさそうだったんだけど、なかなか波にのれません。

こっちはうれしい。スタン君1回戦突破!ニコちゃん2号に厳しい試合でしたが、第2セットタイブレークで追いつかれてしまった後相手の流れにさせずうまく突き放してくれました。よかった。そしてスタン君は次の2回戦も勝って3回戦進出です。おお。そして次なる相手は、強敵ですな…。



2回戦

⑤David Ferrer(ESP) 4-6 7-6(4) 6-1 Andy Murray(GBR)

今日の大一番だったこの試合。シード選手のフェレル君が先輩の意地でマレイ君に勝利。しかしマレイ君はいつもスコ負けするってあんまりないね。負けるにしても相手に脅威を与えつつ、ていうか、いつもそんな感じする。裏を返せば、いけそうなのになかなか破れない、ていう風にも言えるが。

フェレル君は第2セット5-3でサービス・フォー・ザ・セットだったそうですが、そこでマレイ君が怒涛の反撃に出て追いついた!そして今度は逆にマレイ君が6-5でサービス・フォー・ザ・マッチ。こりゃ決まりかな…しかし、そこを今度はフェレル君にブレイクバックされてしまいました。2人ともなかなか決められない。しかし最後には、フェレル君が意地をみせましたね。ちなみにフェレル君はタイブレーク、0-3から挽回して勝ったとのこと。おとといの決勝でもそんなことがあったな…タイブレークは恐い(汗)。

格上相手とはいえ惜しい星を落とした感じのマレイ君ですが、「今日は勝ちはあまり期待していなかった。今日のプレーをよりよくしていけば、ひとつひとつゲーム内容もよくなってくると思う、だから改善できてると思えれば、結果は大きなことではないよ」。勝ちを意識していなかったからいいプレーができた、そしてリードして勝ちを意識するようになっていいプレーができなくなった…ていうところがあったのかも。でもマレイ君は本当にこの先が楽しみというか、恐いというか、末恐ろしい選手ですね(汗)。

そして、このフェレル君が次なるスタン君の相手となります。う~んスタン君厳しいけども、マレイ君だってここまで苦しめることができたんだから、君にできないはずはない!がんばれスタン!

1回戦

Albert Portas(ESP) 6-2 6-4 Oscar Hernandez(ESP)

スペイン対決はポルタス(?)に軍配があがりました。このHernandezは先週Bermundaのチャレンジャーの大会に出ていたのだけども、その試合でこんなことがありました。

準々決勝、怪我からの復帰で調子をあげているフィッシュと対戦したHernandezですが、大変なエキサイトした試合になってしまいました。第1セットはそれでもまだあんまり何事もありませんでしたが、第2セットに3-2でHernandezが自分のサービスで0-40のピンチになってしまったとき、イライラしたHernandezは、ボールを広告にガツーン!とぶつけてしまいました。危うくラインパーソンに当たるところだった、とか…。そして気をつけるように、と主審から注意されると、「Shut up(だまれ)」という仕草(指を立ててを口に当てるあの仕草)をして警告まで食らってしまいました。

そんなHernandezを見てフィッシュがチェンジコートの際に何かHernandezに声をかけたことがさらにHernandezの怒りに火をつけた。それ以降2人は相手がミスるたびに叫びまくってもうすごかったようだ。しかしブチきれ寸前のHernandezでしたが最後はなんとかタイブレ7-4で勝って、フィッシュの連勝を12でとめました。いやーこの試合ちょっと見たかったな(笑)。

試合の後、Hernandezはフィッシュの行動を激しく非難してました。「僕は自分のゲームに集中しようとしてただけだ。トラブルを起こしたのはあいつだ。第2セット目、チェアに戻ろうとした僕にあいつは****と言ったんだ」。文字化けしてしまってよくわかんないんですが、いつものあの言葉でしょう。

でもHernandezだってボールをガツーンと広告にぶつけたりしたんでしょうに。あれが審判に当たってたらキミ即失格だよ。悪いのはお互い様でしょうに。人間って常に自分の都合のいいようにしか考えないものだからね。

しかし普段アメリカ選手からあんなに慕われてるフィッシュがそんなことするとはちょっと意外だなー。2人ともどうしたのかな。試合中ってやっぱ精神状態が普通じゃなくなるものなのかもね…でも暴力はいかんよ…言葉の暴力も含めてね…。

関連記事
Former French Open champion Albert Costa to quit(Reuter)
UPDATE2-Barcelona-Ferrer survives Murray scare(Reuter)
Open SEAT 2006 official site)
Fish floored in angry clash with Spaniard(Bermunda Royal Gazette)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。