Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カサブランカ1&2日目
2006年04月26日 (水) | 編集 |
GRAND PRIX HASSAN II

舞台はモロッコのカサブランカ。ひろみごーの歌で名前はよく知ってるけどもどんなとこなのかはちっともわからないなあ。実際モロッコてどこにあるんだっけ?スペインのちょうど真下あたりかな。ん?ていうことは時差がなんで2時間もあるんだ?今はサマータイムでバルセロナとは2時間時差がある…間違ってるかと思ったけど日本との時差が9時間だから、合っているようだ。ほっ。

⑤Arnaud Clement(FRA) 6-4 6-1 Juan Monaco(ARG)

この大会は3人のATPタイトル獲得者がいますが、そのうちの1人が、このクレメンです。優勝候補の1人ですね。今日は、アルゼンチンのモナコ相手に4回のブレイクピンチのうち3回しのぐというちょっと厳しい試合でしたがなんとかストレートで破り2回戦進出。

クレメンは今年は地元のマルセイユで優勝しましたね。まさか決勝でマリオ君に勝つとは思わなかったなあ…ごめんクレメン…あの速いサーフェスでマリオ君に勝つなんて。あのときは地元だったので声援も多かったろうけども、今度は異国の地でどこまで好調さを維持できるでしょうか。相変わらずバンダナがおしゃれ。クレーシーズンだしアウトドアだしそろそろサングラスも見たいなあ。クレメンってとってもおしゃれなとこがすき♪

⑥Jurgen Melzer(AUT) 6-3 1-6 6-3 Guillermo Garcia Lopez(ESP)

スペイン選手は今週はバルセロナに集まってますが、G-Loくんはこっちに来てるんですね。しかし勝ったのは、今週のATPブログ担当のメルツァーです。やっぱブログ担当だけにここで負けられんよね(笑)。もうちょっと長くメルツァーのブログみたいし。このブログの話もそのうちここですることと思います。

ヒューストンではシングルス、ダブルスとも決勝まで進出したけど最後敗れてしまったメルツァー。嬉しいのか悲しいのかよくわかんない感じだけども、ダブルスをやることはデ杯にもつながるし、いいことだと思います。新しいルールで体にもあんまり負担はなさそうだし。今回もダブルスはノウルと組んで出てますね。しかも第1シード。そのダブルスではファイナルセット10-7という厳しいスコアで見事勝って2回戦進出。

Bjorn Phau(GER) 7-6(4) 6-1 ④Andreas Seppi(ITA)

そのダブルス1回戦でメルツァーペアに負けてしまったのが、こちらのPhauさん。しかしシングルスではその分がんばりました。第4シードのセッピを破る番狂わせに成功しました。今年はアガシにも勝利したし、Phauさんもなかなか調子よさそうです。そういえば日本でもジネプリにすばらしいプレーしてましたね。

①Nicolas Massu(CHI) 7-6(4) 6-0 Michael Berrer(GER)
②Luis Horna(PER) 7-5 6-2 Tomislav Peric(CRO)
③Christophe Rochus(BEL) 6-3 6-4 Tomas Behrend(GER)


2日目に入っていよいよ真打登場。第1、2、3シードがそろって初戦を迎えましたが、いずれも強いですねー。

ニコちゃんは、ゴンちゃんとともにチリの英雄として絶大な人気を誇っているそうですが、このあいだのモンテカルロでこんな話が出ていましたね。「マスーがヒーローなら、ゴンザレスがアイドル」。逆だったっけ?(笑)いずれにしても2人は大人気だそうな。オリンピックの金メダリストだから当然ですよね。今年はニコちゃん1号は2つのクレーの大会で決勝進出があります。すでにブラジルで優勝を決めているニコちゃん、このカサブランカは今年2つめのタイトルの大きなチャンスですが。

しかしこっちもすでに今年1度クレーで優勝している第2シードのホルナ、こちらも調子よさそうだ。最後は5ゲーム連取で締めくくりました。ホルナはアカプルコでのチェラに勝っての優勝が光ります。

ニコちゃんもホルナも、第1セットは結構苦戦して、それをものにして第2セットは一気に行ってますね。こういうパターンは結構多い。やはりどんなに強い選手でも初戦というのは難しいものだと思う。サーフェスにも会場の雰囲気にも慣れてないし、相手もあまり対戦したことのない選手であることもある。しかしそこで苦しむことでペースをつかんで、その後は一気に加速する。しかし逆に、タイブレークとって流れをつかんだかに思われた後セットが変わるとあっさり次とられることもある。その差はどこからくるのだろう。いつも不思議に思う。

でも第3シードのロクス兄貴はそれほど苦しまなかったようです。といっても実際はスコア以上にきつい内容だったかもしれないが…。 今年はロッテルダムでの決勝進出がありましたね。とかく弟のオリビエ君のほうが話題になりがちだけども、兄貴も負けてません。いつかこの兄弟がシングルスで対決する日がくるのかなあ。ウィリアムス姉妹みたいに。それを見たいような、見たくないような…。

関連記事
Melzer, Clement Advance in Casablanca(ATP)
Massu Leads Top Seeds Through(ATP)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。