Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カサブランカ5日目
2006年04月29日 (土) | 編集 |
GRAND PRIX HASSAN II

準々決勝

①Nicolas Massu(CHI) 6-3 7-6(3) Nicolas Mahut(FRA)

来ました注目のニコちゃん対決。ここは第1シードで格上のニコちゃん1号が7号に勝ちました。7号も第1セットはタイブレークと善戦しましたが…。

ちなみにニコちゃん軍団は現在までのところ7人いる。男性6人、女性1人。他にもニコちゃんてたくさんいそうだけどなあ。女性が少ないなあ。ニコラスっていう名前の選手はほんと多いよね。テニス選手でファーストネームの統計をとったら、ニコラスが一番多いのじゃなかろうか。あとは…Fernandoが2人いますね。あとGillesも2人いる。スペイン選手ではAlbertが結構いますね。でもやっぱニコラスが多い。世界共通の名前なのかな。アメリカ人でもいるよね。ちなみに一応ニコちゃん軍団はテニス選手限定なので、ニコラス・ケイジやニコール・キッドマンは含まれない。

このニコちゃんは2004年のアテネオリンピックでダブルス、シングルス両方で優勝して金メダリストとなりました。オリンピックといえば…福岡市が2016年の五輪開催候補地に立候補しましたな…。んで東京と激しく火花を散らしているようだ。ん~。オリンピックか…。

福岡が五輪に立候補、ていう話を初めて聞いたときの私の周囲の反応。「えー大変そう」「ゴミが増える」「税金高くなりそう」「人が多くてうざいよ」「渋滞がひどくなりそうだ」「テロとかあったらやだなあ」…やる気のない市民だ(笑)。でも私も同意見だ…はっきり言って、貴重な税金をそういうことに使うっていうのはどうかな…何千億っていうお金を施設拡充のために使うという計画を立てているらしいが…。ん~。もちろん経済効果や知名度は上がるかもしんないけど、元金が莫大なだけに不安のほうが強い。また不景気になったらどうすんだ?東京のほうがやっぱ知名度も抜群だし、施設もすでにいっぱいあるし、いいんでないか?別にこんな九州くんだりでやることなかろうに…。

もちろんオリンピックにはテニスもある。福岡で開催されれば、たくさんのテニス選手がやってくる可能性がある。2016年か…今19才のナダル君やガスケ君が…29歳…誕生日が来てるだろうから30歳か…想像できん…アンディとかロジェ君とかは35才くらいだからもう引退してるかなあ。今やるんなら絶対来て欲しいけど、10年後とか、いいよもう…もちろんその頃にはまた新たなスターがいっぱい登場してるだろうけどね。そのとき私はどこで何をやって暮らしているのかなあ。あまり考えたくない。

Bjorn Phau(GER) 7-5 6-3 Jiri Vanek(CZE)

セッピを破ったPhauさん、メルツァーを破ったVanek、ともに番狂わせを演じた選手同士の初対戦となりましたが、ここはPhauさんが勝ちました。Phauさんは去年の東京以来のベスト4じゃないかな?がんばってますね!Phauさんはドイツ人だけどたしかインドかインドネシアかどこかアジアの血が混じっているのじゃないかな。顔を見ればなんとなくわかりますが。ご両親は絶対ボルグのファンだったに違いない。そして次はこのPhauさんがトップシードのニコちゃんに挑戦します。

⑦Daniele Bracciali(ITA) 6-7(12) 6-4 7-6(3) ②Luis Horna(PER)

これもすごい試合だなあ…2回戦ではフルセットを勝ちきったホルナでしたが、ここはうまくいきませんでした。第1セットはタイブレーク12-12までもつれる大熱戦。でもそれを落とした後よくホルナ次のセットとって追いつきましたね。こうなると流れはホルナにいきそうなものだけども、ブラキアリもそこをよく我慢したと思います。最後もファイナルタイブレか…ほんのちょびっとの差。ホルナ残念でした。

ブラキアリといえば、去年のウィンブルドンでのアンディとのフルセットが記憶に残っている。アンディ危なかったもんなあ…ブラキアリもなかなか底力がある。今日はあのときみたいな粘りがでたのかな。ブラキアリは今年はロッテルダムでのベスト8が最高成績でしたが、今回キャリア初めてのうれしいベスト4進出です。

Gilles Simon(FRA) 6-3 3-6 6-4 ③Christophe Rochus(BEL)

サイモン来た!やっぱり来ました。注目のサイモンが、今日は第3シードのロクス兄と対戦。フルセットの厳しい試合になりましたが、最後決めましたね!去年はATPツアーレベルでは年間つうじて6勝だったサイモンでしたが、今年はまだ4月なのにすでに13勝。今年は序盤からかなり調子いいですね。そしてこのところの11試合で9勝2敗。バレンシアの決勝とモンテカルロで1回ずつ負けているだけ。でもそのモンテカルロではベルディヒにも勝っていましたしね。やっぱクレーが一番得意なのかな。

ところでSimonはサイモンかなそれともシモン、かな。よくわからない…英語をカタカナで表記するのって難しいですね。私はできるだけカタカナで表記するようにしているが…「フェデラー」「フェデレ」「クライシュテルス」「クリステルス」「クライスターズ」…英語の名前も発音の仕方でいろんな表記がある。アガシとかナダルとかロディックとかヒューイットとかは発音が明快だから表記も統一されてるけど、名前によってはカタカナだと全然違う書き方で、一瞬「誰だこれ?」ていうのもある。日本語はやはり難しい。

とにかくサイモンはこれでバレンシアに続くSF進出。次はホルナを破ったブラキアリとの対戦です。最近サイモンのことよく書いていたので、ちょっと情が入ってきた(笑)。サイモンがんばれ!バレンシアを越えるのじゃ。

Simon Aims for Second Final in Three Weeks; Massu Wins(ATP)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。