Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バルセロナ6日目
2006年04月30日 (日) | 編集 |
Open SEAT 2006

準決勝

⑦Tommy Robredo(ESP) 6-4 6-4 Stanislas Wawrinka(SUI)

あ~…スタン君負けちゃった…がく。残念…ん~。まあもちろんシード選手の実力者のロブレド君だけに順当な結果とは言えるのだが。やはりちと厳しかったか…。

スタン君はスピードと角度をつけたボールのコースで勝負をかけていきましたが、いかんせんエラーが多くなってしまいました。厳しいとこ狙うとどうしてもそうなるよね…。そしてショットがなかなか決まらないスタン君、イラついてボールに八つ当たりしてスタンドに入れてしまい、ペナルティーポイントをとられてしまいました。珍しい…(といってもスタン君のプレー実際みたことないのですがキャラ的にあり得ない)よっぽどイライラしていたんだろうなあ。

しかしそういう姿をみせると相手にとっては楽になる。ロブレド君はそんなスタン君をよそに着々とポイントを積み重ねていき第1セットを先取、第2セットも試合を優位にすすめて5-2アップ。しかしそこからスタン君もがんばって反撃してマッチポイント4回を跳ね返して5-4までもっていきましたが、最後はロブレド君がサーブをラブゲームでキープして、2年ぶりの決勝進出を果たしました。

先日のモンテカルロではベスト8進出した(APにはsemifinalって書いてありましたね…プロでも間違えることあるんだ…←なぜかほっとしている)ロブレド君ですが、そのモンテカルロではやや体調を崩してしまっていたようです。「おなかの調子が悪かったんだ。だからここに来たときもダブルスするつもりだったのにリタイアしなくちゃならなかった。でもそれで休めたことで回復できた」。この勝ち上がりをみれば、もう体調は万全のようですね。

勝ったロブレド君もすばらしかったけど、私はスタン君にも拍手を送りたい。この大きな大会で、去年を上回るベスト4という成績、とてもすばらしかったし私はとてもうれしかった。スタン君のことが今回こんなにたくさん書けたし。なんといってもフェレル君に勝った試合は大きかったよね。そして巨人くんにも逆転勝ち、最後まで諦めずに戦ってくれました。今日はちょっとうまくいかなかったけど、今週のがんばりはきっと将来につながっていくと思います。次はどこかで今度こそ、去年のグスタード以来の決勝進出をぜひ…!それが今年であったらいいなあ。そしていつかはぜひ、スタン君が優勝トロフィーを高々と掲げる姿をしみじみ眺めてここで祝う日がくることを切に願っている。これからもがんばってね。お疲れ~!

そして先に決勝進出を決めたロブレド君。「相手がもしナダルならとても長い試合になるだろう。彼はよく走るからね。そしてアルマグロが相手なら、もっと短い試合になるだろう。彼はよりハードヒットするタイプだから」。と、早くも決勝戦を分析していました。さて結果はどっちになったのかというと。



①Rafael Nadal(ESP) 7-6(2) 6-3 Nicolas Almagro(ESP)

地元スペイン選手同士の対戦、これはお客さんも相当盛り上がったでしょうねー。しかも好調な2人なだけに。そして試合内容も大変白熱した試合になりました。

ニコちゃん5号(アルマグロ)は序盤やや精彩を欠いていたようですがそれでもなんとか追いついて、第1セットタイブレークに持ち込むことに成功しました。しかし追いつかれたらそこからまたナダル君が強かった。タイブレーク7-2とまたニコちゃんを突き放してくれました。モンテカルロではタイブレークにかなり苦しんだナダル君でしたが、ここはきっちり決めてくれました!よかった…。

タイブレークになると、それをとった方が勢いをつけて第2セットもそのまま行く場合と、セットが変わることで流れが変わってとられた方がセットをとりかえす場合とある。だからタイブレとったとはいえ全く安心できませんが、今日は前者になった!よかったぞ!2セット目はナダル君は先にブレイクに成功すると、今度はニコちゃんにブレイクのチャンスも1回も与えませんでした。

ハードヒットが特徴のニコちゃんは、その勢いのあるショットにエースも7つ繰り出してナダル君を走らせ苦しめましたが、バックハンドがやや弱かった、とのことです。たしかニコちゃんはバックはシングルじゃなかったっけ…よく覚えていないが…。もしそうなら、やはりシングルバックハンド選手がもつ弱点が今日出てしまったのかな。バックサイドに高く跳ねてくるボールは確かに打ちづらそうだ。ロジェ君やガストン君くらいのシングルバックの力があったらまた違っていたのかもしれませんが。しかしニコちゃんはまだ20才だし、まだまだこれからそのあたりを克服してまたぐんぐん強くなっていくだろう。

ああ…しかしよかった!よかったぞ!はぁ~もう疲れる~。今日こそは、もうだめかも…と弱気になりつつ早朝に目が覚めてインターネットをつけて、安堵感でまた二度寝する…という毎日が続いている(- -;)。こんな生活もういやだ…でもこれでもいいから続いてほしい…どっちなんだ…続いてほしいです…う~。

ニコちゃんがじーんとくることを言っていました。「今日はとっても楽しかったよ。試合をしながら、子供の頃よく大会で彼と一緒にプレーしてたときのことを思い出していた」。


ということで、決勝は長い試合になりそうですね、ロブレド君(笑)。ナダル君VSロブレド君、か。この大会はスペイン選手が強いですね。去年も決勝はスペイン選手同士だった。そして、去年のチャンピオンとおととしのチャンピオンの対決、というすばらしい対戦になりました。しかも、決勝が同じ国の選手同士になるのは今年はこれが初めて、らしい。ナダル君はロブレド君にこのところ勝ってはいるけども、そんな過去の対戦成績とか関係ないもんねえ。明日のことは明日になってみんとわからんもんだ。んでロブレド君ってさー、いきなり強くなったり弱くなったりするから、先が読めない。ロブレド君がいきなり強くなっちゃう例は、1.去年のローランギャロスのサフィン戦、2.今年の全豪のブレイク戦、3.今年のモンテカルロのナル戦、など。そして強いかと思いきやすこっと負けてしまうこともある。全くわからん。

そして、さらに悪い情報が…。翌日の5月1日は、なんとロブレド君の24才の誕生日だって。げっ!久しぶりにきた誕生日話!(汗)。やだなあ~。ナダル君の誕生日は…6月3日…ちょっと遠いなぁ…ちくしょ…。ん~。まあロブレド君の誕生日は決勝戦の翌日なので、当日じゃないだけまだましか…しかしいやな情報であることは確かである。

ロブレド君は、「準備はできている」と決勝戦への意気込みをみせている。「フェデラーやナダルに対してどう戦えばいいかはわかってる。でもそれを実際にコートに出て実行しなければならない。そして彼らがそれをさせてくれなければならない」。頭でわかってるのと、実際に行動できるのとは、違う。そういうことを言っているのかなあ。

「僕は自分のゲームをするだけだ。それで勝てればとても誇らしいことだ。そして自分のゲームができても勝つには十分じゃなかったとしても、誇らしく思えるし将来につながっていくだろう」。あぁ…なんか並々ならぬ意気込みを感じる…強そうだぞロブレド君…なまじ対戦成績でナダル君がいい成績なだけに余計に恐い…あぁまた今夜は寝苦しい夜になりそうだな…。

しかしナダル君はモンテカルロで最後まで熱戦をやった後すぐこのバルセロナに来て、本当に頑張っていますね!連戦をしたほうがいいと前に言ったけども、さすがに疲れもあることでしょう。しかも決勝戦はまた5セットマッチ。大変だね…またあんな厳しい試合になるのかな…しかし、明日は大詰め決勝戦、どんなことになっても明日が終われば1週間休みじゃ。一息つける。ここは力を振り絞って今年のバルセロナ最後の試合、全力で最後までがんばっておくれ!VAMOS!RAFA!

関連記事
Robredo beats Wawrinka to reach Barcelona final(Reuter)
Robredo beats Wawrinka to reach final of Open Seat Godo(AP)
Nadal to face Robredo in Barcelona final(AP)
UPDATE 2-Nadal into Barcelona final, extends streak to 46(Reuter)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。