Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング更新
2006年05月01日 (月) | 編集 |
5月1日付

1位 Roger Federer 562p
2位 Rafel Nadal 284p
[POINTS GAINER]
3位 Ivan Ljubicic 250p
4位 Marcos Baghdatis 189p
5位 James Blake 185p
5位 Tommy Haas 174p
7位 David Nalbandian 165p
8位 Jarkko Nieminen 131p
9位 Nikolay Davydenko 126p
10位 Nicolas Kiefer 124p


ナダル君がバルセロナ優勝で今週のPOINTS GAINER獲得、ルビを抜いて2位まで上がってきました。ちょうどロジェ君と現時点でダブルスコアくらいの差ですな…。いぃんだよ、1月と2月半分試合やってないんだから、上々の数字です。でもまだまだこれからです、この先もこの調子でもりもりがんばっておくれ。

そのナダル君に大金星あと1歩と苦しめたじゃこ君、バルセロナベスト8でこちらもポイント獲得、トップ10に入ってきました。これでトップ10に左打ちが2人、ということになりました。

そのほか注目

12位(←23位) Tommy Robredo 118p

バルセロナ決勝進出で大きなポイントを得てこちらも一気にトップ10間近に迫ってきましたロブレド君です。同僚のフェレル君ともあと少しの差になりました。

20位(←29位) Nicolas Almagro 98p
39位(←64位)Stanislas Wawrinka 63p


絶好調のニコちゃん5号に大健闘のスタン君、ともにバルセロナベスト4でポイントアップ、順位を大きく伸ばしました。最近ニコちゃん軍団の中ではこの5号の話が多くなっている。んで代わりに4号の話がちょっと少なくなってますね。以前は3号か4号の話が多くなっていたのだけども。

22位(←30位) Gilles Simon 83p
46位(←55位) Bjorn Phau 59p


カサブランカベスト4の2人もがんばってます。サイモンは最後残念なリタイアだったけども、それでもいい成績が続いていますね。Phauさんもポイントを伸ばしてトップ50に入ってきました。

31位(←45位) Juan Carlos Ferrero 71p
50位(←56位) Ivo Carlovic 54p


こちらはともにバルセロナベスト8。フェレロは去年の準優勝から今年はベスト8で負けてしまったけれども去年の成績は関係ないこのランキングでは着実にポイントを伸ばしていますね。でもフェレロの力からするとまだまだ満足できるものではない。クレーシーズンはまだまだ続くしこれからも上がってくるでしょう。そしてクレーでもこの人が頑張るとこれは上位選手にとってはまた脅威になる、巨人くんカルロビッチ。バルセロナではフルタイブレークという死闘を制してベスト8入りでトップ50入りを果たしました。

36位(←75位) Daniele Bracciali 65p [RANKING GAINER]

そして今週一番のアップ率だったのはこの人!ブラキアリ、誰も予想しなかった(?)カサブランカ優勝で一気にここまで順位を上げてきましたね。勝負は蓋を開けてみるまではわからない、実績やランキングは関係ないのだということを改めて教えてくれました。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。