Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング更新+やっぱり2人とも欠場
2006年05月15日 (月) | 編集 |
5月15日付

1位 Roger Federer 632p
2位 Rafael Nadal 384p
[POINT GAINER]
3位 Ivan Ljubicic 251p
4位 David Nalbandian 250p
5位 Marcos Baghdatis 196p
6位 James Blake 186p
7位 Tommy Haas 176p
8位 Nikolay Davydenko 168p
9位 Jarkko Nieminen 150p
10位 Mario Ancic 139p


ナダル君が優勝して100ポイント獲得、今週のPOINT GAINERです。うれしいな。そしてロジェ君は準優勝ですがやはり70ポイント獲得で着実にポイント伸ばしてますね。

ところで、今入ってきたニュース。ロジェ君とナダル君が、ともに今週のハンブルグ欠場を発表しました。やっぱりか。2人とも疲れてるだろうし、どうかなあと内心心配だった。だから、出場できなくて残念だけども一方でちょっとほっとしている。だって5時間の試合だったもんね。ナダル君は去年みたいな手の怪我はないけど、やっぱちょっとここんとこ連戦が続いてたから、ちょっと体力的に心配だった。ここで無理してへんな怪我でもされちゃたまらない。去年に続いてのハンブルグ欠場は残念だけども、これはやっぱり今のナダル君にとってはよいことだし正しい選択だと思う。2週間しっかり休んで体調を整えて、万全の状態でローランギャロスを迎えて欲しいと思います。

ロジェ君は、去年優勝してるこの大会を欠場するのは辛いだろうね…でもやっぱりロジェ君も決勝疲れてたみたいだしなあ。それに、準決勝も準々決勝も2時間半から3時間の熱戦だったし。そして決勝は5時間。さすがの王者もこの熱戦続きは体力的に堪えたでしょう。

だいたいさー、1週間のマスターズシリーズがこうやって2週連続で行われる、ていうことが問題だと思うのさ。去年から思ってたことだけど。カナダとシンシナティも2週連続だよねー。それだと決勝まですすんだ選手は当然翌週の大会には出づらくなる。この2人の欠場はハンブルグ関係者やファンにはショックかもしんないけど、やっぱこれは当然のことだと思うし、このツアースケジュールの日程に問題がある。とりあえず、マスターズシリーズは最低でも1週は空けるべきだ。こんなことちょっと考えればすぐわかることだと思うのになあ。なんでこんな日程を誰も疑問に思わないんだろうか。…まあもちろん日にちというのは限りがあるから、その中でやりくりするのも大変なだろうけども…。

ということで、ロジェ君とナダル君のところには、ラッキールーザーとして、ドローヒーとソダーリングが入ることになりました。…うぷっ、ドローヒー…思い出した…例のツルスノフブログ…あそこにドローヒーネタが満載なんだよね確か…なんとタイムリーなラッキールーザーであろうか。こりゃちょっとドローヒー要注目ですなあ…うふふ…。

話をもとに戻して。ローマベスト4のナルも、ポイントを伸ばしてルビに肉薄してきました。エントリーランキングではすでに3位を決めているナル、このRoad To Shanhaiランキングでもルビを抜きさることができるか。ちなみにこのナルもハンブルグは欠場となっている。

そして、マリオ君がローマベスト8の活躍で一気にトップ10入り!これはうれしい。そのローマでは2試合連続マッチポイントを逃れて勝ちました。マッチポイントって本当にどきどきするよね…そんな身の縮むような思いを2度も克服したマリオ君、見事でした。

そのほか注目

13位(←18位) Andy Roddick 130p
14位(←22位) Nicolas Almagro 126p
21位(←29位) Fernando Gonzalez 102p


こちらはローマベスト8組。アンディは去年を上回る活躍でした。クレーはなかなか点が伸びないけど、アンディにはグラスがある!それまでにできるだけポイントを稼いでほしい、と思ったら…ローマQFで肩を痛めてハンブルグは欠場となってしまいました…。ローランギャロス大丈夫かな…でもとにかくグラスシーズンに支障がでないことを祈っています。

ニコちゃん5号アルマグロ、上がってきましたね!破竹の活躍で、こんなとこまで順位をあげてきました。ニコちゃんは今エントリーランキング42位だけども、ハンブルグのエントリー締め切りのときは順位が低くて本戦に出られませんでした。そしてローマでQFまで勝ち上がっていたため予選に出場することもかなわず。つまり、ニコちゃんはもうローランギャロスまでこれで順位が大きくあがることはない。つまり、ニコちゃんはノーシードでRGに出場することがほぼ確実ということになる。…さあニコちゃんくじを引くのはどのシード選手になるのだろうか…。ナダル君やロジェ君は最近対戦して勝ってるからまあまだいいけど、他の選手にとっては脅威になること間違いない。コリアのとこには来ないでくれ…。

ゴンちゃんはモンテカルロのベスト4にローマベスト8。なかなか調子よいようですね。負けた相手はトップの2人なので、その2人がいない今週のハンブルグはかなりの要注意人物と言えるでしょう。そしてこれまたローランギャロスの注目選手になりそうですね。

24位(←54位) Gael Monfils 98p[RANKING GAINER]

今週のRANKING GAINER獲得は、この人です!自身キャリア初のAMSベスト4入りでめでたくガオラ初登場を決めたモンフィス君。去年はガスケ君がこの時期大活躍していましたね。あのときはモンフィス君とガスケ君にちょっと差があったけども、今はやや立場が逆転している感じも。フランステニス界は本当に層が厚い。ローランギャロスは地元だけにこれまた注目も大きいことでしょうね。あの髪型はなかなかナイスだと思う。ほんとにBOW WOWくんみたい。

32位(←45位) Tomas Berdych 76p
39位(←54位) Tim Henman 68p
39位(←58位) Albert Martin 68p


ローマベスト16の3人。いずれもシード選手に敗れました。ベルディヒはここのところあまり元気がないけども、シンシナティでナダル君に勝っているだけに、やっぱあまり私にはいいイメージがない(笑)。しばらく目を覚まさないでほしい…(笑)。ティムは、比較的苦手そうなクレーシーズンですが、ここまでまずまずの結果なのではないでしょうか。グラスシーズンに勢いをつける意味でも、ローランギャロス、そして今週のハンブルグ、期待したいです。おととしのRGベスト4、今思い出してもいい思い出だ…もう一度やってくれてもいいんですが。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。