Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ARAGチーム選手権
2006年05月25日 (木) | 編集 |
最近どうも記事更新が途切れがちになっているが。このように多忙を極めたり用事があったりして、あるきっかけで一旦更新のリズムが崩れると、再開するのにすんごくエネルギーを使う。車の発進と同じだ。発車するときが一番馬力が必要で、走りだしちゃえば後は流れにまかせてすいすいいける。日常の生活でもそういうことよくあります。やり始めたらすいすいすすむんだけども、とっかかりがすごく億劫なこと、てよくある。今ちょうどその状態。ARAG選手権やオーストリアの試合があってるなあ…結果気になるし書きたいけどなんとなくめんどいなぁ…という感じで(笑)。なんとなくモチベーションがわかない。しかしやはりなんとなく気になる。そういうわけで、今日ようやく、えいやーっと重い腰を上げて更新に成功。これで流れにのってローランギャロスにすいすいいけるかな。

ARAG WORLD TEAM CUP

もうすっかり始まっている、ワールドチーム選手権。毎年ローランギャロスの直前にあるこの大会、デ杯に比べるとやや地味ながらもATP管轄ということで結構力いれてATPはプロモーションしてますね。去年は地元のドイツが見事優勝を飾りましたが。ハースとバスケのアツイ抱擁がやけに頭に焼き付いて離れない(笑)。今年はあれ見られるかなあ。

それでは各グループの国、メンバーとこれまでの結果を簡単にご紹介。

Red Group

ドイツ 2-1 イタリア

N. Kiefer 1-0 7-6(10) 6-3 F. Volandri
P. Kolhschreiber 3-6 6-3 4-6 D. Sanguinetti
Kohlmann/Waske 6-4 6-4 Sanguinetti/Volandri


初日にディフェンディングチャンピオンのドイツ登場。ニコちゃん4号がハッスルしてますねえ(笑)。地元のサッカーチームのユニフォームをつけて気合十分。ドイツだけにW杯のこともかなり気になっているのかな。しかし一応公式戦でそんな服を着てよいのだろうか…?しかも背番号まで入っているとのことだが…?チーム戦だからいいのか…?うーむ。まいいか。シングルス1-1になりましたがなんとかダブルスで勝ちました。バスケがやはり登場。バスケはダブルスうまいもんね。今年も確かヒューストンでこのペアで優勝してたような気がする。んでその後メルツァーペアにリベンジされて準優勝っていうのもありましたっけ。ハースはハンブルグで手首を痛めてしまったようです。


アルゼンチン 1-2 チェコ

G. Gaudio 6-7(5) 3-6 R. Vik
D. Nalbandian 4-6, 4-6 T. Berdych
Acasuso/Prieto 6-0 2-6 10-3(Match TB) Friedl/Berdych


2日目には優勝候補のアルゼンチン登場。…あれっ。いきなりシングルスで2連敗…おととしのローランギャロスチャンピオンとベスト4でランキング3位と10位が…ベルディヒはまあ力があるし強いのは分かるがなぜVikに負けるとは…いやもちろんVikがすごかったということなのであるが。2人とも調子悪いのかなあ。ガストン君は自分の出来の悪さに相当イライラがたまっていたようである。ナルはこないだのローマの熱戦の疲れがまだとれてないのかなあ。でも1週間休みがあったからたいがい回復していると思うが…。

この日には先日のハンブルグでファイナリストとなったステパネクが到着したようですが、さすがに連戦の疲れでこの日はプレーしませんでした。しかし、No.1のステパネクがいなくともこの日のチェコは十分強かった。しかしステパネク…ARAGに出るんならデ杯にも出てよ…。


アルゼンチン 1-2 ドイツ

J. Acasuso 4-6 6-4 7-6(1) A. Waske
G. Gaudio 2-6 3-6 N. Kiefer
Nalbandian/Prieto 3-6 3-6 Kohlmann/Waske


3日目の火曜日はRed Groupの日。4チームとも登場しました。アルゼンチンは優勝候補のメンツをかけて地元ドイツと対戦しましたが…また負けた…。うーむ。初戦はさすがにハンブルグベスト4のアカスソが勝ちましたが。バスケは去年のシュトゥットガルトではこのアカスソを破っていただけに期待されていたようですが、雨にたたられました。第1セット取ったあと2セット目3-3になったとこで雨の中断があって、その後見事に流れを変えられての逆転負け。これはちょい悔しいねバスケ…まあしかし負けは負けである。仕方ない。「1つか2つのショットが違う結果になっていれば、勝てたかもしれない」。負けた後にたらればの話はやめましょう。時間は元には戻らない。そのショットが違う結果になることはもう絶対にあり得ないんだから。そうやって、都合のいいように考えるのはポジティブシンキングと言えるのかもしれないけども、私にはどっちかというと自分が負けたというイタい現実から目をそむけて逃げているだけのような印象のほうが強い。まあ勝負だからしょうがない。次は勝てるさ、きっと。チームは勝ったんだし、くさらずに次もがんばっておくれ、バスケ!

ニコちゃん4号ってクレー強かったっけ?よく覚えていない…。ガストン君は相手がどうこうより、自分自身に腹を立てているようだ。「自分のテニスに苦しんでいる。今までで一番悪い内容だ」。自分のテニスができておらず、結果もついてこない。こうなると当然自信という精神的な大きな柱にひびが生じてくる。「こんな状態でフレンチオープンを迎えるのは最悪な状況だ」。でもさ…モンテカルロの準決勝、あんないいプレーしてたじゃん…ナダル君をあんなに苦しめて、最後は力負けしたけども、内容は全然悪くなかったじゃん…。あれからまだ2ヶ月も経ってない。

以前ガストン君言ってましたね。「自分の中のもうひとりの自分が一番の敵だ」。と。今おそらく最大の敵である自分自身と戦っている最中なんだろう。でも大丈夫だよ。本当に人間的に強い人というのは、自分の弱さを自覚している人だ、と思う。それができているガストン君だから、この難局もきっと乗り越えられるはずだ。

この日はナルはシングルス出場しませんでしたね。あまり働きすぎて来週からのRGに差し支えるといけないしね。しかしだからといって結果が出ないと、負けくせがついてしまうからそれもよくないように思われる。この日は勝負のダブルスでやっぱり一日の長があるドイツペアに負けてしまい、アルゼンチンの決勝進出はかなり難しくなりました。

チェコ 2-1 イタリア

T. Berdych 6-1 6-4 F. Volandri
R. Vik 6-7(7) 6-2 4-6 D. Sanguinetti
Berdych/Friedl 6-2 6-1 Sanguinetti/Volandri


アルゼンチンと対照的に元気いっぱいなのがこのチェコ。考えてみれば、チェコは今回の参加国でデ杯でWG入ってないんだよね…まステパネクが出てなかったのが大きな原因であるのだが…(←しつこい)。でも今回、そのステパネクがいなくてもチェコ強い。いやーベルディヒがんばってるねぇ。この人があまり活気付くのは私としては少々恐いんだが(笑)。まあ今回はいいか。イタリアNo.1のボランドリにストレート勝ちです。4回のブレイクチャンスを見事に全部ものにしました。

やはり初戦でランキング3位のナルに勝ったというので勢いをつけているようだ。このように、トップ選手というのは、他の選手が勢いをつける踏み台になってしまうことがよくある。アンディなんて何度その餌食になったことか…(涙)。同様に、「元No.1」という肩書きを持った選手に勝って自信をつけてのしあがっていく若い選手たち…そして数年たてば今度はまたさらに若い選手が彼らを追い越していく…そうやって、時代は移り変わっていくのだね。トップ選手、有名選手は、いつもそうやって他の選手の目標に、標的になる。そのプレッシャーは計り知れないきついものだろうけど、それを受け入れて耐えることもエリートであり続けるための必要条件だ。きびしか~。

第2試合はおじちゃん軍団のサンギネッティがなんとかがんばりましたが、やはりチェコの勢いは最後には止めることはできませんでした。ダブルス勝って、チームも勝利。いやーこれはダークホースですね。チェコがドイツと並んで2勝目でトップ、決勝進出をかけてドイツとの一騎打ち、という形になりました。チェコがこのままいってしまうのか?それとも地元の声援を味方につけてドイツががんばるか?明日の対戦が楽しみだなあ。

Blue Groupも続きで書いてます。


Blue Group

チリ 3-0 スペイン

N. Massu 6-2 4-6 6-4 F. Verdasco
F. Gonzalez 7-5 6-7(6) 6-3 D. Ferrer
Capdeville/Garcia 6-3 6-2 Lopez/Verdasco


一方ここからはブルーブループ。 いかにも強そうなアルゼンチンや去年優勝で地元のドイツがいる赤グループと違って、この青グループは飛びぬけて力が強そうな国がいなく、どこが勝ち残るかいまいち予想しづいら顔合わせとなっています。アメリカもクロアチアもクレーはいまいちだし…チリが強いかな…でもクレーだけにスペインもあなどれん。とにかく決勝に進めるのは1チームだけなので、トーナメントの意気込みで各国とも力入ってるでしょう。

日曜日の初日にはこのカードが登場。おととしの優勝チリがクレー王国スペインと対戦。しかしやはりチリが強かったか…3タコ食らわせてしまいました。ベルちんもフェレル君も2ndとりかえしたんだけどなあ。

ニコちゃん1号は、「今年のこの大会はとてもいいメンバー(選手)がそろってる。いないのはフェデラーやナダルくらいで、…」と言っていた。そうなんだよなあ。ナダル君にもこの大会一度くらい出場してほしいなあ。まあRGの直前だけになかなか難しいと思うんだけども、一度でいいから、この国別対抗戦の大会に、出てほしいなあ。もちろん個人の大会も大切だけども、チーム戦でみんなと力をあわせて戦うっていうのもなかなかいいもんだと思うけどなあ。今年は地元のマジョルカ島でエキシビジョンがあるようなのでまあ仕方ないんだけども、いつかこの大会にもきっと出ておくれ~。

あぁそうそう!ナダル君といえば!ついに、ガールフレンドと一緒にいる写真が公開されてましたね!…公開というかあれは完全に盗み撮りされて感じではあるが…(笑)彼女一人の写真は早くから出回っていたようだが、2人でいちゃついてるのを今回初めて(?)パパラッチかなんかにパクられた。隠すからそうやってみんなが知りたがる。隠さずに堂々としてほしいもんだ。彼女はナダル君の妹さんを通じて知り合ったそうで、昔からよく知ってる幼なじみ(?)で家族ぐるみの付き合いもあるマリアなんとかっていう18才の人らしい。といっても当然みなさんがよく知ってるあのマリアでないのは当たり前だ。…家族公認っていうのがいかにもという感じだね(笑)。いやーしかしVamosRafael.comの掲示板に写真がいろいろあるけども、結構大胆に熱烈にいちゃいちゃやっているね。故郷に戻って気分も開放的になっているのだろう。ラファもこれでまたひとつ大人の階段を上ったか。♪おとなのかいだんのぉ~ぼる~…それはもういいって。

お互い初めて同士なのか(少なくともナダル君にとっては初めて)ちょっと動作がぎこちないのが初々しくてまたかわいいね。ナダル君のああいう恋愛行為(?)は初めてみたのでなんか新鮮というかびっくりというか…ナダル君もああいうことするんだぁ…(当たり前だ)。でもよかった…これで彼女いない歴は19年でストップしたし(笑)。とってもラブラブモード全開で幸せそうだよ。まあさすがに彼女の顔はよくは映っていなかったけども。でも以前の写真をみると目鼻立ちが整っていてかなり美しい人ですよ。やはりナダル君も面食いだったか。前からガールフレンドの噂はかなりあったけども、噂を気にしながらも心の底ではガールフレンドの存在を否定したがっていた多くのファンが決定的な証拠をみせられてショックで落ち込んでいる様があそこのGFスレッド見ててちょっとおもしろい…。気持ちはわからんでもないけど、ナダル君だって、いつかは、その人か他の誰かと結婚し、子供だって作るのだ。あ、傷にドロ塗ってますかね。

つきあいだして半年くらいらしい。あーそれなら去年のRGのときはそういう関係じゃなかったってことか。じゃあ今は一番いいときかな…(笑)いやそれは冗談。今年のパリには連れてくるかな?つれてきて欲しいなあー。ああいうフライデーみたいにこそっと取られたやつじゃなくて、Getty Imageかなんかで堂々ときれいに写っている2人のラブラブツーショットがみたいぞ。

ついでに書くと、Balearic Islandsチームとロシアベラルーシベルギー混合チーム略してミルミルチームのエキシビジョンは、初日は3-1でミルミルチームが勝ったそうな。その唯一の1勝がナダル君がサビエル君に勝ったやつだそうだ。あ、ミルミルはモヤちんに勝っている。わあい。ミルミルとクジーがいるから私ぁミルミルチームを応援しよっと。次はミルミルとナダル君で試合してほしいなあ。ナダル君にはRG前なので怪我しない程度にがんばって調子をうまくあげて試合カンを維持して欲しいと思います。

アメリカ 1-2 クロアチア

J. Blake 7-5 3-6 6-7(4) I. Ljubicic
R. Ginepri
6-4 7-6(1) I. Karlovic
Bryan/Bryan 3-6 6-7(5) Ljubicic/Karlovic


そしていよいよ登場、我らがアメリカ!月曜日に初戦を迎えました。いよおしファイトォ~!…あらら…負けとる…がく~。相手は…またクロアチアかい…まあ私はクロアチアも好きなのでまあいいけども…うーむ。

いきなり第1試合からすんごい大熱戦になりましたね。ルビはファイナルタイブレでなんとかジェームス君を振り切りました。「クレーで今年一番の試合」とうれしそう(^^)。…あっそうか私はアメリカ応援なんだった…ついルビよりになってしまう。う~む。ジェームス君はこないだもハンブルグでマリオ戦で惜しい敗戦がありましたね。ルビにはマドリッドでも負けていた。クロアチア選手にはあまり相性よくないのかなあ。でもカルロビッチには勝ってましたっけ。

「ファンタスティックな試合だった。」「今年クレーで一番の試合だと思う。僕は勝利に十分値するプレーができた。勝ちは勝ちだから。クレーでそれができたことが特にうれしいよ」。そのとおり!ルビの言うとおり。勝ちは勝ち。内容が大切なのはもちろんだけども、最終的にゲーム数、セット数で上回ったほうが、勝者なのだ。それはどうやっても動かない純然たる事実。そのことを忘れている人が最近どうも多いようですからねえ。

そしてファイナルタイブレでの悔しい敗戦のジェームス君。「ルビチッチは世界でベストのプレーヤーの一人だから。彼はいいサービスを持っているけども、それだけじゃなく、ディフェンスがとてもいい」。

私はジェームス君のこういうとこがとても好きだなあ。競った試合で負けるのは本当に悔しいだろう。その気持ちを抑えて、勝った相手選手を賞賛する。簡単なようだけど、実際とても難しいことだ。なかなかできないと思うよ。「自分のプレーには満足できているよ。クレーでも改善できてきているように思う」。

しかし次の試合ではジネプリが価値ある1勝をあげてタイに戻しました。クレーとはいえやっぱカルロビッチは恐い存在だ。最近はバルセロナでもいいプレーしてましたもんね。このジネプリの勝利は最近不調だった彼にとってもいい勝利だったのではなかろうか。

そして勝負のダブルスでスペシャリストのブラ兄弟が満を持して登場!…あらっ。負けた…。君らは肝心なときによく負けるのだね…あう~去年のデ杯1回戦が蘇ってきたじゃないかぁ~。ブラ兄弟最近調子よくなさそうだしなあ。他の大会でもあまり最近優勝してる姿みませんもんね。まあ私はブラ兄弟はそれほど好きでもないので別にそれはいいんだけども、国別対抗戦のときだけはちょっとがんばってもらいたいんですけど…。

はぁ…これでチームとしてもクロアチアが勝利ということになりました。大丈夫かな…アメリカはこれでもう負けられなくなりましたな。

チリ 2-1 アメリカ

N. Massu 4-2 ret. A. Roddick
P. Capdeville 6-4 6-4 R. Ginepri
Massu/Gonzalez 4-6 5-7 Bryan/Bryan


アンディがリタイアしちゃった…がーん。足首を捻ってしまいました。このリアイアはどういう意味なのだろうか。大したことないけどRG前だから念のためにやめといた、という意味ならよいけども…初日のクロアチア戦も首の調子が悪くて試合を休んだアンディ。しかしただでさえあそこ苦手なのにこんなんでRG出場しても怪我が悪化するだけであまりよいことはなさそうだ…うぅぅ。

そしてジネプリも負けちゃった。ゴンマスコンビ以外の人物がアメリカのトップ3選手に勝ったというのは大きな自信になりそうだね。いちおうブラ兄弟はなんとかダブルススペシャリストのメンツを守って勝ったけども、これでアメリカ2敗目か…一方チリは2勝目。

クロアチア 2-1 スペイン

I. Ljubicic 2-6 2-6 D. Ferrer
M. Ancic 7-5 4-6 6-4 F. Lopez
Karlovic/Ljubicic 6-3 7-6(4) Lopez/Verdasco


クレーでスペインがクロアチアに負けた…ちょっとびっくりしてしまった。いやしかしクロアチアがんばったね。ルビはさすがに今回は負けましたが、マリオ君がその分がんばった!最近クレーでもとってもいい感じになっているマリオ君、ハンブルグベスト4の勢いでここもロペス君に辛勝です。ちなみにマリオ君が今週のブロガーですね。うれしいな♪おそらくグランドスラムの間はブログはないだろうからこれが春のクレーシーズン最後のブログになるのかな。まだ内容読んでないのでこれから楽しむことにしよう。

そしてクロアチアはダブルスでもルビが力をみせて、スペインを振り切ってチリとならんで2勝目です。これでこちらも、チリとクロアチアの一騎打ち、という形になりました。金曜日の決戦がこれまた楽しみだね。





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。