Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ローランギャロスシングルス展望
2006年05月28日 (日) | 編集 |
ローランギャロス関連の過去の記事はこちら。
いよいよ開幕!~今週の大会・ローランギャロス~
ナダル君にとってのローランギャロスとは


男子

男子は…もういっぱい語ったからな…それに、男子の展望ってもうナダルVSフェデラー、これで十分のような気もするんですけど…。実際この2人のバトルってかなりおもしろい。もちろんコート上のバトルもだけど、コート外のバトルがなかなか見ごたえがある(笑)。2人のコメント読むだけでもかなりおもしろい。なかなかの心理戦が繰り広げられておりますよ…そこらへんの話はまあ機会があればまた。

ただし私の展望はちと違う。もちろん私は他に個人的に応援している人がいっぱいいる。アンディは足は大丈夫なのかな…マリオ君やルビはARAGの疲れは取れたかなあ…スタン君いきなりナル戦かい!あぁ~がっくり。ティムは…どうかな…グラス前に無理しないでおくれ…でも頑張って欲しいなあ…。ま、そんなとこかな。

男子に関しては私はひとつ思うところがある。トップハーフの63人に頼みがある。

「なんとしても、ロジャー・フェデラーの決勝進出を阻止するべし」。

多くのテニスファンは、2人の決勝をこのRGで見たいと願っている。それが普通の感覚なんだろう。でも性格がゆがんでいる私はあんましそうなって欲しくない…だって恐いんだも~ん(笑)。ロジェ君強いんだもーん。やだなあ。今度こそやられそうだよ…といって今まで来たわけだが。しかし今度こそ(笑)!やばい。あぁできたら2人のうち決勝までにどちらかでも負けて欲しいものだ…もちろんロジェ君に負けて欲しいけども、最悪ナダル君が負けるとしても、それも仕方な…やっぱいやだな(汗)。でも決勝で負けるのはちょっとやだもんなあ。それなら準決勝までで他の相手に負けるほうがまだましだ。一方のロジェ君は…関門がなかなか見当たらない…うぅぅもういいじゃん今年3回も当たってんだしさ…クレーでも2回も当たってんだしもういいよぅ~。勝ち逃げしたい…(卑怯もの)。

なので、ナルがトップハーフに入ってくれたのがとてもうれしい。ドローが決まる前からずーっと思っていた。ナルがトップハーフに入りますように!て(笑)。そしてその通りになった!これでロジェ君はナルというまたやっかいな関門ができた。ローマでナダル君を追い詰めたとかもう少しで勝てそうだったとか都合のいいこと言っていたが、それなら準決勝だって、あそこで負けててもちっともおかしくなかったのだ。ナルはロジェ君にとってはやはりやりにくい相手だろう。戦う舞台が大きくなればなるほどそのやりにくさは増強する。ただし、ナルがそこまで勝ちあがれるかという問題があるけど…ニコちゃんもいるしなあ…どうかな…やっぱ無理かなあ…う~ん。

まあ誰でもいいから、とにかくなんとしてもロジェ君の決勝進出を阻止して欲しいのじゃ!63人の中にきっとそれをやってくれる人がいるはずだ。私は決勝はフェデラーVSナダル、にはならないと思っている。

女子

こないだWOWOWの全仏直前の5分番組みてたんだけどさー。大会の注目選手、ていうのが紹介されてあったんだ。男子の注目選手は、当然あの2人でインタビューや練習風景が紹介されてあって、それはいいんだけども。一方の女子の注目選手はこちら!…で紹介されたのが…「シャラポワ」…おいおい…もういい加減やめませんかそういうの?マリアちゃんのどこが注目選手なの?いやもちろんトップ選手だし注目選手じゃないとは言わないが、少なくともその5分番組でロジェ君とナダル君と同等に紹介するべき注目選手じゃないっしょ。放送してくれるのであまり悪口言いたくないけど、何にもわかっとらん。この私が今から教えてやるからその節穴の目をかっぽじってよく読むがよい!

女子は、毎回誰が優勝するかあまり読めないのでその点は男子よか数段おもしろい(笑)。ただし、毎回、グランドスラムごとに、いわゆる「旬」の選手がいて、前哨戦でいい成績を出しているその旬の人が結GSも勝っている、という感じがする。

今回のクレーシーズン、その「旬」の選手とは…海外テニスにお詳しい方なら、もう当然お分かりですよね。
その「旬」の選手とは、当然、ナディア・ペトロワ。いやーペトロワ今年一気に来ましたねー。去年、念願のタイトルをやっと1つとったばかりとは思えない今年のこの活躍ぶり。すでに今年だけでタイトル4つもとっている。男女合わせての今年のタイトルレースでは、ロジェ君とナダル君と並んでこのペトロワが4つでトップ!おお。だからあの5分番組で紹介すべきだったのはこのペトロワなのだ。わかりましたかあ?WOWOWさん。

ペトロワの今年のその4つのタイトルのうち3つがクレー。そしてランキングは世界ナンバー3、もちろんロシアナンバー1。紛れもなく強力な今回の優勝候補である。一体何が彼女をそんなに変えたのか?去年まであんなに勝てなかったのに。大舞台で弱かったのに。

「プレースタイルは特に変わってないわ。私自身が変わったのよ。今までより冷静に、我慢できるようになった。そして、楽しむことができているの。」

新しいコーチが一因かもしれないね。今年の全豪のときは、「優しすぎる」とコーチを変えて、次につけたコーチは「厳しすぎる」とまた変えて、最近ようやく自分とぴったり合ったコーチにめぐり合えたようだ。Tomas Iwanskiさんというポーランドの人らしい。

「Tomasは私の勝ちへの気持ちを変えてくれた。以前は、何回か勝てば満足だった。でも、今は、タイトルが欲しい」。

おおお~すごい自信だ。去年までのペトロワからは考えられない。その自信の大きな要因となっているのが、ベルリン決勝でエナンを破ったことであるのは確かだ。去年圧倒的な強さでクレーシーズンを突っ走って、ローランギャロスも優勝したエナンを、決勝という舞台で、止めた。

ペトロワは98年にローランギャロスジュニアで優勝している。「パリはとても楽しい街、ローランギャロスの雰囲気が大好き、そしてクレーが大好き。一日でも長くいたいと思う」。ちなみに女子決勝が行われる6月10日の2日前はペトロワの誕生日だそうです。


そして、そのペトロワを迎え撃つのが我らがモレスモ。今年のモレスモはどうなのかなあ。最近あまりフォローしてないのでよくわかりませんが。地元というのは諸刃の剣だ。お客さんの声援ももらえてコートもいいコートをあてがわれてさぞかし条件よさそうに思えるけども、それだけプレッシャーも重くのしかかる。ティム同様、モレスモの場合はこのRGはこれまで常に地元開催が裏目に出てしまってきていた。まだSFにすすんだことも一度もなく、最悪なのは2001年、優勝候補と期待されながら1回戦で敗退。

今年は全豪優勝でスタートダッシュはよかったものの、その後はちょっとつまづいている感じも。特にフェドカップのイタリア戦、クレーでスキアボーネに破れてチームも負けてしまった。あれは彼女にとってもかなりショックだったようだ。その後ベルリンでは全豪で完璧に攻略したエナンに今度は完璧にやられていいところなく、ヒンギスにも3セットでやっと勝った。ローマは出場できず、多少実戦不足ぎみでこのRGを迎えることになる。しかも今回第1シードだもんねえ。そりゃプレッシャーの大きさはすごいだろうて。かつてchokeぶりをさらしてきたこのRGで、強さを証明できるかモレスモ。

「この局面を乗り切るためには、全豪とロスで勝ったことが大きな自信を与えてくれると思う」。グランドスラム初優勝のプレッシャーはもうない、といいたいところだが、正確にはちょっと違う。エナンがあのとき棄権したために、優勝の瞬間のあの最後の1ポイントを乗り切っていない。他のグランドスラム優勝者がほとんどすべて経験したあれをモレスモはまだ経験していない。だから、全豪優勝がそれほど心理的な助けになるだろうかちょっと疑問。モレスモにとって厳しい戦いであろうが、がんばれ!最後の1ポイントを乗り切るのじゃ。

そのほかは…やはり優勝候補のエナンははずせません。あとは、ヒンギスか。直前のローマで優勝して、一気にこのRGでの優勝候補に名乗りをあげた。しかも、過去あんなにたくさんGS勝っている彼女でもまだこのRGのタイトルだけとってないということがこれまた話題性を呼んでいる。ちょうど男子のロジェ君と同じ状況ですね。

しかしどうかなー。ロジェ君に比べるとヒンギスはやや優勝候補としては弱い気もする。ローマは確かに大きな大会だけど、破った相手を見るとやはり、大会の規模は小さくてもペトロワのほうがずいぶん強力だ。なんといってもエナンに勝っているし、サーフェスは違うけどドーハではモレスモにも勝っている。ローマはトップ選手あまり出てなかったしな…でもヒンギスの力はもうかなりトップに近づいているのは間違いないし、ヒンギスにはドロップショットなどのプレーの幅がある。クレーでどこまでその技が花開くのか、楽しみ。ヒンギスといえば、グラフとのあの決勝戦…フランスの観客はえげつないからねー。マナーの悪さも一級品だし、私は正直好きじゃない。アメリカのお客さんのほうがいい。耐え難い屈辱を味わったフィリップ・シャトリエでヒンギスがパリジャンにどうリベンジするのか、それも楽しみにしたいと思います。

そして忘れちゃいけない日本人選手。今回は…本戦には4人参加ですかね。うげっ。森上さんが…初戦からそのペトロワか…がーん。あぁぁ…そいえば去年森上さんはこのRGでデメと激しい試合をしてくれましたね。1回戦ぜひとも優勝候補のペトロワにいい戦いして欲しいと思います。もちろん勝ってくれれば大いに結構。

そしてそのすぐ近くに浅越さんが…。そして中村藍子ちゃんがボトムハーフで、シード選手の杉山さんはトップハーフでダリニドウか…ちょっと嫌な相手ですな…。日本人選手みなさん応援してます!がんばれ~!

まそういうわけで、私の予想としては、うーん森上さんには申し訳ないがやはり一番の本命はペトロワかな…。でもペトロワもエナン以外のトップ選手とはクレーでそんなに戦ってないしなあ…やっぱわからんな。でも今旬の人だけにやっぱりきそうな気がする。対抗はモレスモ、エナン、大穴ヒンギス、ていうことで締めます。おおっともうあと数時間で始まるぅ~。デジタル放送楽しみだ♪

関連記事
Laid-back Petrova has first grand-slam title firmly in her sights(The Guardian)
Mauresmo faces toughest challenge at French Open(Reuter)

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ペトロワがみたい
>アイリーンさん

マリアちゃんも日曜開催をあまりよく思ってないようですね。これほどまでに選手に不評だとは思ってませんでした…来年からはどうなるのかな…。

放送枠…そうですね…日本人選手を放送するのはいいと思いますが…。エナンやモレスモは有名選手だけど、ペトロワはそれほどビッグネームじゃないからなかなか序盤は放送されないでしょうね…。

そうなんですよねー。男子はどうしても感情が入りすぎてしまいます。女子のほうがなんとなく気楽に?書けるのは気のせいではないと思っております…。
2006/05/29(月) 21:42:36 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
さっちさん、こんにちは。
日曜開催は選手には不評なんですね。
見る方は初日ゆっくり見ることができて嬉しいんですけどね。

女子はやっぱりペトロワ・モレスモー・エナンと最近調子がいいサフィーナあたりが絡んでくれれば面白いかなと思っています。
やっぱりマリアちゃんが勝ち進むと他の人の放送枠を取られてしまうので、全仏ぐらいは実力主義で放送して欲しいなぁと思います。

男子は私情が入りすぎでしまうので、試合を追いながらコメント残していきたいと思います。
2006/05/29(月) 11:33:46 | URL | アイリーン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。