Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いまから ここから
2006年05月29日 (月) | 編集 |
休日出勤おつかれさま

Roger Federer

@Yahoo!sports


Roland Garros

1日目

①Roger Federer(SUI) 7-5 7-6(2) 6-2 Diego Hartfield(ARG)

この試合はデジタルの生中継であっていたのでちょっと見ましたが…いっや~やっぱ映像がきれいやわ…アンツーカーの土肌っていうのかな、土がくっっきり。ガオラでTMSみてたときボールの軌道が全然わかんなくてかなり大変だったけどもそれとは大違い。ロジェ君の目の覚めるようなウェアの青も、コートサイドのお花の赤も、くっきり。うちのテレビはプラズマでも液晶でもない普通のワイドテレビなんだけども。やはりデジタルの威力はすばらしい…。

と、そんなことに感心しながら見てましたが。試合のほうは、順当にストレート勝ちしましたね。かなり最初のほう苦しんでいましたが、相手の思い切りのいいストロークにやや押されていましたがやはりプレーの余裕というかちょっとした変化というかそこらへんはどうしても経験の差がでちゃったでしょうか。しかしストローク戦ではHartfieldも負けてませんでしたね。ロジェ君がおされてミスする場面や、Hartfieldがウィナーを打つ場面もたびたびありました。第1セット終わったとこで用事があって見るのやめちゃったんだけども、2セット目タイブレになっていたとは。意外に競りましたね。

第1シードを大いに苦しめたこのHartfieldくん、25歳らしいけどずいぶん若く見えましたね。主にチャレンジャーが主体で95位以上の選手と当たったことがないという彼がいきなり1位との対戦でしたが、のびのびプレーで大いに会場をわかせてくれました。

「とても楽しかった。今日の試合のビデオを家に持って帰って一生の記念にしたい」。

そしてロジェ君ですが。どうやらこの日曜スタートにか~な~り~不満たらたら、のようである。「何週間か前に、日曜に試合があると聞かされて、それはずっと嫌だった。だからいろんな人に日曜にはしたくないと頼んだんだ」。

しかし彼の要求はあっさり拒否され、しぶしぶ今日の試合となりました。そして加えてせっかく決まった相手のクレメンが欠場して相手が決まったのは一日前。その相手も名前もよく知らない選手で顔を初めてみたのが試合5分前。こりゃあいくらロジェ君でもちょっとまごつくね。

なぜロジェ君がそんなに日曜の初戦がいやなのかというと。次の2回戦がおそらく水曜日になり、今までグランドスラムで月ー水、あるいは火ー木、といった隔日プレーのリズムが狂うのが嫌なんだそうな。2日あき、ていうのが、一日多いのが、ちょっとね。

今日試合があったロブレド君もやっぱり嫌だといっている。「もし5セットで5時間の試合だったなら、2日くらい休みが要るだろう」。「もし3セットで2時間の試合をやって、2日休みがあると、それはフェアじゃない」。「この2日をなんとか克服しなくちゃならない。だって今から新しい大会が始まるように感じてしまうから。場合によってはこの2日が命取りになることだってある」。

野球の先発ピッチャーがよくローテーションで、中4日とか中5日とか、いうよね。たいがいその間隔は一定にしておいて、雨で中断になったときはずらすか、間隔をずらさずに他のピッチャーを持ってきたりして。そういう中○日っていうのは結構大事なもんなんだろう。この場合は、中1日、か。

でもさー。たとえ王者だからって自分の要求がなんでもかんでも通用するなんて考えが甘いぜ。トップ選手っていうのはどうしても、言い方悪いけどショーの道具として使われる。それもトップ選手は受け入れなくちゃ。だってお客さんが求めてるのだから。必要とされる、てすばらしいことじゃない?ロブレド君にしても、そんな試合が短くなるか長くなるかなんてやってみないとわかんない未来のことまでいちいち気を使えるかっての。みんなわがままだなー。

だから初日に第1シードじゃなくディフェンディングチャンピオンをもってくればよかったのさ~。そしたら昨日見れたのにぃ。ナダル君だって、月曜に初戦で、もし勝ったら次はおそらく木曜日。2日空くのは条件一緒だ。(まあ月曜スタートっていうとこはちょっと違うが…)ナダル君がこの中2日(1回戦勝てば)をどう考えるのか、ちょっと聞いてみたいね。誰か聞いてくれ~

それに、全米オープンのときなんかは、結構スケジュールめちゃくちゃじゃないかな?金曜に2回戦やったりしてなかったっけあそこ?全米はよくて、なんでここじゃだめなのさ~。やっぱ日曜スタートってのが嫌なのかなあ。まあたしかになんか休日だと仕事モードに入れないのかも。そこは一般人と一緒な感覚なのかなあ。ほとんどの大会が月曜スタートで、いきなり日曜スタートですって休日に1回戦やらされても確かにモチベーションはわきにくいかもしれないね。

ああそういえば、ギルバートさんが、「一日多くなったのなら、選手への支払いは当然多くなったのか?」て言ってましたが…(笑)まあ賞金は去年よりはアップしているということらしいが…今日出た人たちには特別ボーナス、ていうのもいいかもしれんね。…てお金の問題じゃないか。お金いらないから日曜には出たくないという返事がきそうだ。

まあでも、もう日曜開催は決まったことなんだし。私は選手の気持ちを常に考えたい、大切にしたいと努力はしているけども、やっぱり自分が選手じゃないから気持ちがわかりにくいところはどうしてもある。プロ選手ならではの事情や悩みなんつーのはどうしてもわからない部分がある。私はプロ選手ではなく、やはり観客だ。観客としての立場から言わしてもらうと、やはり日曜開催はいいことだ。いろいろ選手なりの事情もあるんだろうが、まあこれも慣れていくしかないんじゃないのかな。最近ホークアイといいこの日曜開催といい、ことごとくロジェ君が反対していることが現実化しているけども。

Amelie Mauresmo(FRA) 6-4 6-4 Meghann Shaughnessy(USA)

そして女子の第1シード、モレスモ登場!…結局モレスモの試合は見れなかった…。ストレート勝ちですが、内容はどうだったのかな。そんなに楽な試合ではなかったようですが、要所をしっかり締めて、なかなかよい内容だったようです。やはりモレスモのヘビーなトップスピンがショーネシーを苦しめたようだ。相変わらずかっくいいなぁモレスモ…ナダル君ばりのぐいぐいスピンでいっちゃっておくれい。

このところちょっとつまづいている、と昨日展望で書いたけども、やはりモレスモ自身、全豪優勝した今年初旬のころよりちょっとペースが落ちているのを感じているようだ。「今年最初の2ヶ月でたくさん試合をやったから、今はそれほどできていないのよ」。たしかにあのころモレスモ勝ちまくっていたからなあ…勝ち続けると、当然試合数は多くなるし、肉体の疲れというのは精神を一時的に興奮させるから一時は緊張感が続いて疲れてても持続するんだろうけど、一旦それがなんかの拍子でストップすると一気にクールダウンしてしまう。

「体と心が少し休息を必要としていたのよ。あのレベルに戻るには少し試合を消化しないといけないでしょうね」。一週間でなんとかレベルを少しずつでも上げていって欲しいですね。ところでモレスモは日曜スタートをどう思っているのかな。何も書いていなかったのでわからないが。 alt="federer7.jpg" border="0">


(22)杉山愛 6-7(1) 6-0 6-3 Eleni Daniilidou(GRE)

杉山さん1回戦勝利!うれしいなあ。しかし第1セットの接戦はなんだったのだろう…という感じのこの2、3セット目ですね。ダニリドウは1セット目とって有利になりそうな感じにも見えるのになあ。第1セットで精力使い果たしてしまったのだろうか。試合はみていなかったのですが。とりあえず勝ってよかったよかった。次もがんばってください!

Tim Henman 6-3 6-4 4-6 6-4 Kenneth Carlsen(DEN)
③David Nalbandian(ARG) 6-2 7-6(5) 6-4 Stanislas Wawrinka(SUI)


やった!ティム勝ちました。うれしい~。おじちゃん対決を制しました。これでティムは意外にも8年連続ローランギャロス1回戦突破。その中にはもちろん2年前のベスト4も含まれている。今日は、深いグランドストロークと得意のネットプレーのコンビネーションでカールセンを走らせ優位に展開できたようです。サービスゲームはかなり危ういところも多かったようですが、なんとか踏ん張りました。

このティムも、カールセンもうそうだろうけど、常に「retire」の文字がつきまとう。30歳すぎた選手は一度でもやはり考えるものだと思う。スポーツ選手にとって引退とは、それまで生きていきてきた自分のよりどころを失うということ。それは多くの選手にとって耐え難いことだろう。だからなかなか決心がつかないし、やめたがらない人は多い。「どういうことになるのか、わからないね。まだ引退したことがないから。とても個人的なことだろう。毎日、朝起きて、出かけようとして、”あぁもう終わったのか”そういう感じなのかな。年に10試合でいいから大会に出たいと思うかもしれない」。ティムは35才という年齢がやはり限界ではないかと考えているようである。まだ31歳。しかも35才のアガシは体調がぎりぎりの状態ながらまだ現役をつづけている。それに触発されてティムもまだまだがんばります。

でももちろん、辛いことでも現実迫ってきているのだから、逃げるわけにはいかないし。引退した後のこともいろいろすでに考えてるみたいですよ。やめてさあどうしようか、じゃちょっと遅いしね。人生の計画は、常に先を先を見据えて考えていかなければいけない。ティムは、他のスポーツ選手がやっているように、クラブ(酒場?)を開くとか、あと、ティム夫妻は外へ食事へ行くのがすきなんだそうだ。なので、レストランを開くという考えもあるらしい。でも実際レストランを経営するのは「pretty tough」らしく、そのプランは消滅の危機にあるらしい…。

あとティムはワインとかシャンパンがとっても好きなんだって。家にも小さい(と自分では言っているが本当は大きいのかも)ワインセラーがあるらしい。んで10年とか15年とか寝かせてあるものも結構あるようだ。そこらへんをいかした仕事もいいかもね。引退が一般の人と違って若いから、第二の人生も体力十分でいろんなことができるんじゃないかな。だから、引退をあまり悲観的には考えなくてもよいのではないだろうか。でももちろんまだまだ、現役が終わったわけではない。とりあえず今はこのローランギャロスを戦い抜くことを第一に!

一方スタン君は…負けてしまったか…まあ相手が相手だから仕方がない。ロジェ君への刺客としてナルにこんなとこでもたついてもらっても困るし。去年はスタン君いいとこまでいったのにね…相手が悪かった…。グラスに期待しよう!

④Maria Sharapova(RUS) 6-2 5-7 7-5 Mashona Washignton(USA)

マリアちゃん1コケの危機をなんとか逃れました。このワシントンはフェドカップでも活躍した人じゃなかったっけ。だからちょっと危ないかなあとおもっていましたが、やっぱり。ファイナルセットは2-5でマッチポイントも3回握られましたが、それをなんとか振り切りました。いやーよかったねぇ…まあ率直に言うとマリアちゃんが負けてマスコミやWOWOWが慌てふためく姿をちょっと見たかった気もするが…ごめん!マリアちゃん自体は全然キライじゃないのよ。別にすきでもないが。

マリアちゃんはなんとこれが4月1日以来の実戦となる。RG前哨戦は2つとも足の怪我で欠場。私の印象では、マリアちゃんはよくこうやって怪我したりするけどグランドスラムになるとなぜか調子よくなって結構上まで勝ち進む、というイメージがある。このところのGSもたいがい準決勝くらいまで行ってるしね。しかしさすがに今年のRGはちょっと厳しいかなあ…怪我があまりよくないようだ。100%の状態でも彼女このRG厳しいのに、100%じゃなかったらちょっと無理だろう。

しかしなあ。ワシントンは地団駄踏んで悔しがっているだろうなあ。5-2でリードしていて、マッチポイントも3回もあった。それを決められないんだから、不思議だよなあ。どうしてなんだろう。身体的というより、精神的なことだろうね。メンタルそのものだろう。何がワシントンを止めてしまったのか。それはきっと誰にもわからない。ワシントンが自分で見つけるしかない。

関連記事
Open-Federer criticises Sunday start at French Open(Reuter)
I need a few matches to reach my peak, says Mauresmo(Reuter)
Henman outlasts Carlsen(Roland Garrosn)
My children don't care if I lose(The Times)
Sharapova survives upset bid in 1st round at French Open(AP)
BG Nation





今日の1曲
「Right Here Right Now」Fatboy Slim

やってきましたいつものこのひとりよがりコーナー。今回も当然やりますよ。放置プレーでお願いしますm(_ _)m。今回は特にテーマはなし。テーマ作ると、それに沿った曲しか選べないから2週間のグランドスラムだとちょっと厳しいのよね。だからノンジャンルでいく。

今日は、最初ということで景気付けでこういうやつを。「いまから、ここから」。私が大好きな相田みつをさんの言葉を今日はパクらせてもらったが、それを英語にしたら…この曲になった(笑)。

Fatboy Slimのちょっと前の曲ですね。車のCMにに使われてたりしてました。とっても勢いがあって、いよぉし今からやるぞう!という気分にさせてくれる、勇ましく元気がでる曲。今日のRG1日目の歌にはぴったりだ。試合前に聴く曲としてもなかなかよいんではないかな。ロジェ君もロブレド君もさ、そんな日曜いやだぁ~ふにゃ~なんて言ってないで、この曲聴いて元気でがんばっておくれ!

ところでこの曲PVがとてもよくできていて、最初はどういう内容だろうと何気なく見ていくうちに内容がわかってきて、あぁああなるほど!と妙に感心して見入ってしまう。アイデアがすばらしい。相変わらずいいPV作ってます…。

PVを見る

 
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
おじちゃん軍団がんばれ
>アイリーンさん

序盤はロジェ君が2ブレイクダウンとちょっとびっくりしてしまいましたが、風も強かったしいろいろ条件悪そうだったし、でもHartfieldくんがんばりましたね。あの王者をストロークで翻弄する場面もあり、アルゼンチンの層の厚さを感じました。

2人ともおじちゃん、なんていう年齢じゃないんですけど…。なんかいきなり申し訳なくなってきた…でも一応30才以上をおじちゃん軍団としています。次ノバックが勝ったらまたおじちゃん対決になりますが…どうでしょうかね…。
2006/05/29(月) 21:50:55 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
おじちゃん対決
ディエゴ君は、以前れいこさんの所で紹介されていたので名前と顔は知っていました。
動くディエゴ君は、歯切れのよいプレーをしますね。
第3セットはさすがに足にきてしまって動きが鈍くなったけれど、最後まで頑張りました。
それでもロジャーは負けない、セットも取られない、さすがです。
>「とても楽しかった。今日の試合のビデオを家に持って帰って一生の記念にしたい」。
見ているほうも楽しかったよ、ディエゴ君v-290

モヤ兄ィ、モレスモー、応援している選手が無事に初戦突破してくれてホッとしています。
さっちさん、“おじちゃん対決”って、ウケました。
今日はナダル君WOWOW登場ですね。
2006/05/29(月) 11:51:40 | URL | アイリーン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。