Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドロ沼劇場始まり~- デ杯 1日目 AUS VS ARG-
2005年07月15日 (金) | 編集 |
Lleyton火だるまレイトン

Lleyton Hewitt

@daviscup.com


いよいよ今日から!始まってしまいましたね~。仕事から帰ってきたらもうここは1日目が終了していた…そういや、オーストラリアは今真冬なんだったね。ヘッダーの時計を合わせるとき、「シドニーは夏時間は日本と2時間差」というのを知っていたから、ど~しても差が1時間にしかならなくて、なんでだ~!?と頭が混乱してしまったのだが…よくよく考えりゃ、オーストラリアは今冬なんだから、これでよかったのだ。へへ。

緑がホームチーム
紫がアウェーチーム、としてます。

R1.Lleyton Hewitt 7-6(5) 6-1 1-6 6-2 Guillermo Coria


う~んやっぱりコリアだめだったか。がく。まあ半分以上こうなることを予想してたらか特にショックではないけれど。しかしセット1つとったのね…ストレート負けも覚悟していたのだが。今日は露がひどくて試合開始が少々遅れたそうですな。

内容のほうも、予想に反して、最初はコリアのほうが押していたみたいね。第5ゲームで微妙~な判定もあってレイトンがサービスを先に落としちゃった。そして第7ゲームでも押せ押せのコリアがブレイクチャンスを4回もつかみますが、そこでレイトンが踏ん張ってなんとかキープ成功。ここを踏ん張ったのが後になってじわじわ効いてきます。

コリアは第9ゲームでなんとサービス・フォー・ザ・セット!信じられん!…いや、もちろん応援してるのは確かなのですが、まさかレイトン相手にそんなことがおきようとは。しかしなんとこの土壇場でダブルフォルトをきっかけにブレイクバックされちゃいます。あ~ぁ。そしてその瞬間、出ました、「カモ~ン!!!」。そして第1セットはタイブレークになりましたが、5-5からレイトンが勝負どころで素晴らしいプレーをみせて、とりました。

第2セットは第3ゲームコリアがキープしただけで(そのゲームも3回ブレイクピンチあり)、後は全部レイトンがもってっちゃった。こうなるともう2セットアップでレイトンがあっさり…て感じだけど、第3セットに入ると今度は逆にコリアが第3ゲームで先にブレイクして、第3セット同じようなスコアでとりかえしました。レイトンは少し骨休め、かな?

しかし骨休みも1セットで終わりにしとかないとね。第4セットはまたエンジンをかけ直したレイトンが第5ゲームでブレイクチャンスをものにすると、まさにファイア~って感じだったらしい(笑)。たしかにこうなって全身火だるま(?)になったレイトンはもう止められんでしょう。見事に第4セットつきはなして、オーストラリアに価値ある1勝をあげました。

…とまあ試合のほうもなかなか盛り上がったようだけども、それ以上に盛り上がったというか、燃え上がってしまったのが、例の、あれね。レイトンの「カモ~ン」攻撃とあの、手をこっち向けるあの手つきね、(うぅ表現しづらい)あれが以前はナルだったけど今度はコリアの勘に触ってしまったらしい。試合以上に別の部分で火花バチバチだったみたい。

「コートの外ではただの男だけど、コートの中ではあいつを殺してやりたくなる(←過激な表現ですいません)」とコリア。そ、そんな怖いこと…それだけチョ~ムカツク~!て感じだったようです。コリアが”abused”、つまり罵しられたとレイトンを非難すれば、レイトン側も、アルゼンチン側が先にジェスチャーをしてきたと反論。

レイトンの言い分。「僕は試合中にカモンと言うしそれが悪いことだとは思ってない。彼(コリアが)がけんかを吹っかけてきて、審判の目の前でサーフェスにいちゃもんをつけて、一日中文句ばかり言ってた。理由はよくわからないけど、きっと負けた腹いせに決まってるさ。」「ギレルモに対して悪態をついたりしたことは一回もないよ。自分のプレーに腹をたてていただけさ。正直に言えば、彼は傲慢だよ、今日負けたいいわけをありとあらゆることに求めようとしてる。僕から言わせれば、かわいそうな敗者だね」。

う~んこんな訳を書いたらレイトンがとんでもない悪者みたい…いかん。でも確かにコリア、君は負けたのだから、何も言ってはいけないと思うよ。コートの状態は確かに悪いだろうけど、それは相手も同じ条件なのだから。悪い条件の中でプレーしないといけない、なんてプロなら当然覚悟しとくべき。サーフェスに文句を言うときのテニス選手は一番情けないと思う。悔しかったら、ロジェ君みたいに、試合で、ぐぅの根も出ないくらいレイトンを叩きのめすしかないのだ。いろいろ言う前に、結果で、コート上ですべてを表現しなされ。

だからってレイトンにもちょっといいたいことはある。こうやっていろんな選手が君に対して不快感をあらわにしているということは、やっぱり君の行動にも何かしら問題はあるんじゃないのかねぇ?そりゃあもちろんルールに反したことはやってないだろうし、カモンが悪いとは思わないけど、やっぱりどこか、相手への敬意が足りない部分があるのではないかな。一人だけじゃなく複数の人が君への不満をあらわにしているということがそれを証明していると思う。それは、カモンがどうとかいう問題ではなく、ひとつひとつの言葉、それを出すタイミング、微妙な視線の動き、ポイント間のちょっとした行動、そういう目に見えない部分がちょっとずつ重なって、総合的に相手をいらつかせているのではないだろうか。普段どういう心境でプレーしているかということが、何気ない仕草として本人も意識してないところでちょっとした行動に現れるからね。んで人というのはそういうとこを見逃さないものだ。

ルールを守ってさえいれば、何をやってもかまわない、というのはちと子供じみてると思う。あんまり比較したらかわいそうだけど、ほぼ同じ年のロジェ君と比べてプレー以上にそういう振る舞いでまだまだ君は王者に負けてる部分がかなりあると思うよ。勝ちにこだわるのは大切だが、勝つためなら何をやっても許されるという考えはやめたまへ。それに、レイトンの「カモ~ン!」と同じくらい強烈に「バモ~ス!」と叫ぶナダル君や、あんなに試合中ラケットをめちゃめちゃに壊すほど感情をあらわにするサフィンが他の選手からほとんどといっていいほど悪く言われることがないことを考えると、やはり、2人は共に持っている何かがレイトンには足りないのだと思わずにはいられないよ。

あーあ、私結構レイトン好きなんだけどなぁ。少なくともプレースタイルは一番好きかも。それはコリアも同様。だからこゆことでレイトンのイメージが悪くなるのが残念でたまらんし、プレースタイルがお気に入りの2人がプレー以外のこういうつまらないことで醜い争いをするのがもうがっくり。コリアもレイトンも、もーいい加減にしてよって感じね。もうちょっと大人になりなされ。純粋に試合で楽しませてくれよ。こんなことで争ったりしてさ。ま23、4の坊ちゃんにそんな急に大人になれって言っても無理か。むしろ19歳のガスケ&ナダルコンビのほうがずーっと大人に見えるぞ。もーあんまりこんなんだとますます19才のほうに肩入れしちゃうぞ。まったく。

あぅ~初回からまたこんな文句たらたらの内容になってしまったよ…んもうだからこのカードは興味がないと言ったのだ!んで文句ついでにもうひとつ。(もうやけになってる)。R2のアーサーズVSナルは途中で中断!しかもその理由が「露」だとさ!だいたい真冬に芝でやること自体がおかしい。こゆこと想定できなかったのかしらん。しかもここは天然ではなくハードコートの上に芝を植えたっていう「えせ」グラスコート。んで他の3つの北半球は真夏なのに全部インドア。んでここは真冬なのに1つだけアウトドア。なんか変なの~!

まあネガティブなことばっかり書きましたが、個人的にはコリアVSレイトンで火がついた両チームの火花バチバチドロ沼騒動、ナルVSレイトンでさらにヒートアップしてますます面白い展開に(ゲームじゃなくてそっちがかよ…)なりそう。若貴ドロ沼騒動がひと段落ついたと思ったらすかさず新たなバトルが出てくるもんですな。というわけで、ぜひもつれて第3日目まで突入して欲しいと切に願っている。それくらいしかもうここは楽しみがないよ…。


関連記事
Hewitt gives Aussies 1-0 lead(ATP official)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
泥沼状態
コメントありがとうございます!翌日になって、さらに過激になってるようですね、AUS VS ARG。なんだかもう止められないって感じです。こうなったら行き着くとこまで行ってくれ…ていう気も(笑)。

あと、ちょっと細かくてすいませんが、正確には「バーモス」ではなく「バモース」かと…すいません(笑)。もっと正確にいうと、「バモス」。スペイン語の「VAMOS」は英語でいう「C'MON」に相当するものなのだと思います。ナダル君に限らずスペインやアルゼンチンの選手はよく叫んでます。そういえばVAMOSっていう名前の日本車がありますね。
2005/07/16(土) 21:50:20 | URL | さっち #-[ 編集]
こんにちは。ヒューイットとコリアの泥沼戦は怖いものがありましたね・・・。私も、二人とももっと大人になったらいいのに・・・と思いました。でも、観戦してる立場の人間としては、選手が闘志をボーボー燃やしている方が、見てて楽しいかも??なんて思ったりしてます。明日のナルとヒューイットのシングルの試合ではどうなるかな・・・?
ところで。ナダル、「バーモス!」って叫んでるんですね!知らなかった!!「何て叫んでるんだろう・・・?」と疑問に思ってたんです。私も19歳コンビに肩入れしています(笑)
2005/07/16(土) 16:11:50 | URL | kyoka #4A6q7cVk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。