Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


栄冠は君に輝く
2006年06月12日 (月) | 編集 |
優勝おめでとう
そのキスはバラの香りより芳しく

Rafael Nadal

@Yahoo!sports


Roland Garros

最終日

②Rafael Nadal(ESP) 1-6 6-1 6-4 7-6(2) ①Roger Federer(SUI)

やったーナダル君優勝だ~!!!あーもうめっっちゃうれしい。うれしいよう(T T)。だってさ…最初あんなに劣勢でさ…よく逆転してくれたね…。んもう第1セット0-5になったときはどうなることかと思ったよ…。ロジェ君と対戦するときはいつも結構立ち上がりナダル君のペースになるような印象があったけども、今日は完全に王者ペースだったですね。第1ゲームの15-40のブレイクチャンスを逃したことで気落ちしたとは思わないけど、あれで一気に勢い、流れともロジェ君のほうに行ってしまった。ナダル君も終盤のほうはやや動きもショットの精度もよくなってストロークで粘れるようになってたけども。だから第1セット終わった段階では、とても勝てると思えなかった。

それが第2セットが逆に6-1って…ローマのときが最初の2セットがともにタイブレークで取り合うかなり白熱した展開だったので、あのときのような燃えたぎるような闘志のぶつかりあい、ていう感じでもなくなんか静かな2セットていう印象がありましたが。でも、最初のロジェ君のサービスゲームで40-0になってすんなりキープかと思いきや、判定のミスでやり直しになって、そのあとボレーミスが2本でて、まさかあそこでブレイクできるとは!あれで一気にまた流れを引き寄せることができました。

第3セットになるとナダル君のプレーがすごくよくなりましたね。あの第1セットはなんだったのだろう…フットワークや動きはいつもすばらしいけども、コース、ショットの強さ、変化、完全にロジェ君を押していた。あの世界王者のロジャー・フェデラーを相手にあそこまでやるなんて…ゲームをこなすごとにどんどん動きがよくなっていってましたね。フォアもいいけどバックでの切り返しがとてもよかったように思う。ロジェ君はいつもナダル君との試合ではエラーが多く計算されるけども、それはおそらく左ききとかボールの回転とかが他の選手と違うから難しいのかなあ。バックがシングルというのもあるのかもしれない。ていうか王者にあんなにミスをさせるということ自体がまず考えにくい。

でもさすがに第4セットの終盤はちょっと焦りましたね…ナダル君は精神力が強いとは言われているけど、ときどき弱い部分が顔を出す。でも仕方ないよね…優勝目前だものね…。そして5-4の土壇場でロジェ君が追いついちゃった!あちゃ~。なんかこういう展開は前にもあったような気がする…。でもさすが王者。簡単には勝たせてくれない。あそこの第10ゲームとられたことですごく気落ちしただろうに、よく気持ちを立て直して最後のゲームよくキープしてくれたと思います。それがタイブレークにつながった。私はあの第10ゲーム追いつかれて、また「あぁ負ける…」とまた弱気になってしまいました。

そして…またタイブレ…いやだな…タイブレ…でも、モンテカルロも、ローマも、最後はタイブレークで勝負が決まったんだよね。そして今日も同じになった。しかも今度はあまり劣勢になることなく優位に立って進めることができた。最後の決まったショットもちょっときわどい感じでアウトかと最初思った。最後の最後までひやひやさせてくれるよね…。

負けた後ロジェ君はローマのときと比べてすっきりした表情だったような印象がありました。ローマのときはんもうあとちょっとで勝てそうで負けたのでとてもがっくりしていたような感じだったけども、今日は、もちろん相当悔しいのは間違いないだろうけど、あのときよか握手のときもさばさばしていたような感じもしました。第4セットの5-4、30-30のあのロングラリーのポイントは見事でした。あれはあの試合一番のラリーだった。王者の意地を感じました。

ロジェ君は、大記録がかかっていた。みんなが期待していたし、本人ももちろん。何十年かぶりのチャンスだった。常にサンプラスと比較され、数字で比較されて、それは辛いものだっただろう。それが今日出てしまったのかな。ベストのプレーではなかったと、言っている。ナダル君がいいプレーをしたのはもちろんだけども、ロジェ君が第1セットの調子でいっていたら圧勝していたはずだ。やっぱり第2セット序盤、40-0からキープできなかった。あそこが鍵だったように思う。逆にナダル君は、どこか忘れたけど、0-40からキープに成功した。あれで自信を回復し、勢いを取り戻したのは、間違いない。少ないチャンスを確実に生かしたナダル君の、見事な勝利でした。

ロジェ君本人もチームもファンももちろん負けてすっごくがっくりしているだろう。でも…芝でまた活躍できるからいいじゃん…ナダル君なんてここしかないんだから…今はね。もちろんこれから先、必ず他のサーフェスでも強くなっていってくれるはずだけども。


しかしナダル君今大会本当に厳しい戦いでした。特に3回戦のマチュー戦…あれは4セットでタイブレークもなしで5時間って、あり得ない試合だよ…。今日の決勝よりあの3回戦のほうがきつかったんじゃないかなとさえ思える。4回戦のレイトン戦も厳しかった。おとといのルビ戦も、最後のタイブレークとられていたらどうなっていたかわからなかった。

他の選手は、みんなこう言う。「ナダルは倒せない相手ではない」。マチュー君が、ジョコビッチが、ルビが、ロジェ君が、みんなが「勝てる」と言う。そしてクレーの連勝記録が続いているナダル君本人は、「いつ負けてもおかしくない」と言う。みんなが彼に勝てると言い、当の本人は自分は負けると言う。そして結果は。…すべてナダル君が勝つ。そういうものだろうね。「勝てる」と「勝つ」とは、違う。

ということで。ナダル君は、去年のクレーシーズンの2300ポイントをなんと守りきった!もちろんバレンシアに今年は出なかったのでちょっと失った分もあるけども、大きなモンテカルロ、バルセロナ、ローマ、そしてローランギャロス、すべて2連覇達成。すごいね君…いくらファンの私でもここまで完璧にディフェンドできるなんて思わなかったよ…しかもそのうち3つが、決勝でロジェ君に勝っての優勝。信じられない。今年全豪を欠場した頃にはこんなこと全然考えられなかった…よくカムバックしてくれたよ…んもうなんもいうことない。

そして、ATPブログも無事に優勝という最高の形で終了です。これで3連続ブロガーが優勝してますね。あのブログ…実はまだあんまし読んでない(汗)…いや全然読んでないということはないのだが、いろいろ忙しくてあまりじっくりは読めてない。走り読み程度か。だから、これからじっっっくり、隅から隅まで穴が開くほど舐めるように読むことにするよ(笑)。ブログって、むずかしいね。

そういうわけで。シングルスは男女とも2連覇か…2人とも強い…エナンとナダル君は本当にクレーでは孤高の存在だ。スライディングの最高峰の技術を持っていて、このフィリップシャトリエに一番馴染んでいて、土の戦いを誰よりも知っていて、類まれな精神力を持っている。でもその精神の形成の過程はお互い対照的だ。ナダル君にとって精神の形成の一番大きな力は家族。神さまから授かった完璧なまでの大家族のあふれんばかりの愛があってこそ今の彼がある。そしてその家族を「完璧である必要はない」と言い切って、拒否したエナン。そしてご主人、コーチという新たな家族の形を見出した。選手ひとりひとり、いろんな背景がある。ここではわずかながらそういうことにも触れてきたけど、みんなに一貫しているのは、テニスへ懸ける情熱、ボールへの執着心、それはみんな同じだけ持っている。

しかし…男子はシングルスがナダル君でダブルスがミルミル&ビョークマン…私が一番すきな選手たちが優勝…このパターンがやっぱ一番うれしい…こんなに幸せでよいのだろうか…。一方女子のダブルスは、杉山さん&ハンチュコワ組は残念ながら決勝で敗れてしまいました。でも、準優勝だから、すばらしい結果だと思います。次のウィンブルドンでは、ぜひシングルスでの活躍も期待しています!

世間の人はロジェ君の記録達成を見たかったんでしょうが、私は純粋にナダル君が大好きなので、この結果が純粋にとってもうれしいです。しかも、ナンバー1のロジェ君をグランドスラムの決勝で破る、ていうのがまた感慨深い。たしかにロジェ君のプレーはすばらしい。しかし、ナダル君だってすばらしい選手だ。前にも言った。ロジェ君はクレーで進化していた。でも、ナダル君だって、同じくらい進化しているのだ。そんな簡単に土のコートを譲るわけにはいかない。もちろん、他のサーフェスではロジェ君のほうが断然強いでしょう…芝とか。

そう。展望のときにたんまり書いた。ナダルよりと批判されたあの展望さ(笑)。私はとことんナダル寄りなのであしからず。文句あっか。ナダル君にとってはこの先が大切だ。エナン同様、去年の二の舞には絶対なって欲しくない。芝で頑張ってほしい。もちろんそんないい結果を最初から期待はしていない。厳しい戦いが待っているだろう。それでも、少しずつ、一歩ずつ、3歩すすんで2歩さがるでいいから、ゆっくりとでも前進していって欲しい。そのために、1年1年無駄にしないで頑張って欲しい。

さっそく今日からクイーンズが始まるけれども。私が芝で応援しているのは、アンディ、ティム、マリオ君、ガスケ君、ナダル君、レイトン、ミルミル(ミルニー)…他にもいそうだがまとりあえずはそんなとこか…。あっジェームスブレイクを忘れとった。彼も応援してますよ!アンディは怪我治ったかな…げっティムクイーンズいきなりアガシ戦??そんなぁ。やはりアンディとティムは重点的に応援している。特にアンディ…ナダル君だってロジェ君を決勝で破った。次は君の番だ。もう2回も決勝で負けてんだから、そろそろ…アンディもがんばっておくれ。

この15日間、毎日こうやって更新するのはなかなかしんどいときもあった。特に第2週のはじめらへんはもうきつくて「今日やめようかなあ」と何度も思いましたが、いろんな方の支えがあってなんとか毎日更新できました。期間中はアクセスも増えまして、大変ありがとうございました。




今日の1曲

「Kiss From A Rose」 Seal

映画のバットマン・フォーエバーの主題歌かなにかになったSealの代表曲。なんとこの曲でグラミーのRecord of the yearを受賞している。たしかにすごくいい曲です。

大会始まる前から、ナダル君が優勝したらこの曲を使おうと決めていた。そして毎日聴いていた。そして本当にこうやって使うことになるとは…うれしさをしみじみかみしめている。本当は、カップに「チュ~」て甘いキスをしてる写真が欲しかったのだけども、噛んでるやつしかない!まったく…まあいい。そういうわけでキスしてるのに近いあれにしたというわけだ。去年の味と比べてどうだったのかな。

”Baby,
I might compare you to a kiss from a rose on the gray.
Ooh,
The more I get of you
Stranger it feels, yeah.
And now that your rose is in bloom,
A light hits the gloom on the gray.

You remain,
My power, my pleasure, my pain.
Baby, to me you're like a growing addiction that I can't deny
Won't you tell me is that healthy, baby

(君は暗がりの夜明けに咲く一輪のバラからのキスのようだよ
ふれればふれるほど 不思議な人だ
そして君のバラは満開で 夜明けに浮かぶその一輪のバラに光が差し込んで明るく照らすんだ

君は、僕の力、僕の喜び、そして僕の痛み
僕はもう君のとりこになっていくのを抑えられない
こんな僕は正常だと言ってくれるよね)”

聴く(オリジナルバージョン)
聴く(バットマンのサントラバージョン)

*訳が違ってたらすいません



スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
大記録のプレッシャー
>ナダルのファンさん

ナダル君はいつも負けることを前提にして戦っていると思います。それは最初から勝負を諦めているというとかそういう意味ではなく、勝利を目ざしつつも負ける覚悟も十分できているという意味です。インタビューでもそれがよく表れています。だから挑戦者のような感じでプレーできるし、誰にも負けずに連勝を続けられるのだと思います。

でも2人とも最初固かったですね、たしかに。やはり大記録へのプレッシャーというのは予想以上のものなのだと思います。特にロジェ君のほうは、30年以上ぶりの記録だから、周りの期待もあるけど自分自身にプレッシャーをかけてしまったところもあるのではないかと思います。そして第1セットあまりにうまくいったので返って調子が狂ってしまったのか、いよいよ大記録が現実味を帯びてきてそれがまたプレッシャーになったのか…。第1セットが競り合っていたらまた違った展開になっていたかもしれませんね。
2006/06/16(金) 07:29:34 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
ナダル強いな~ナダルはクレーで一番強い選手なのにどの試合もまるで挑戦者みたく全力でプレーするから強いんだと思った。ほんとにすごい。
逆に今回のフェデラーにはがっかりしました。なんか集中力が欠けてたような、第二セットはいったいなにをしていたのか、、連敗してる相手なのに一つセットを取ったからって、たたみ掛けずにスローダウンするとは、、、もう3セット目を取られた辺りで負けを覚悟しました。
これではハードでもナダルが勝つとおもいます。
2006/06/15(木) 14:28:06 | URL | ナダルのファン #-[ 編集]
今後も
>かわさん

私も周りになかなかテニスファンがいないんですよ~。インターネットはいろんな人とこうやって語れるのがいいですね。これからもいろいろ語り合いましょう!
2006/06/15(木) 07:53:07 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
こちらこそ多謝!
大会期間中、テニス観戦ファンが周囲にいない(泣)私としては、すてきなブログに出会えてラッキーでした。
また、楽しみにしております。
2006/06/14(水) 17:45:30 | URL | かわ #-[ 編集]
感謝
>la merさん

ご指摘ありがとうございました!やはり…なんかへんだなあと思ってたんですよ。墓場って…?そういうことでしたか。歌詞は海外の歌詞検索サイトで見つけました。でも結構間違いもあるようですね(笑)。やはりこういうのはネイティブの人じゃないとなかなか訳はむずいですねえ。何かこれからも気が付いたことがありましたらご遠慮なく教えてください。

YouTubeは本当に便利なサイトですね。日本の歌手のPVなどはなかなかみれないのであそこ重宝してます。でも著作権などでかなり問題になっているようではありますが…。

>かわさん

ナダル君はまだ対戦していないビッグネームが数人いますが、サフィンがその一人ですね。全仏で同じブロックに入ったので当たるかと思ってましたが…。楽しみな感じもするけど、サフィン強そうなので恐い気も…(汗)ハードコートなどではサフィンが強そう…とにかくサフィンには早くシードがつくところまで上がってもらいたいです。サフィンの両手バックハンドはキレイで好きです。

大会期間中はコメントをたくさんいただいてほんとにありがとうございました。こうやって新たな人とのつながりができたことだけでもやっているかいがあるというものです。しばらく休みますがまたそのうち復帰しますので、その際はまたよろしくおねがいします。

>アイリーンさん

たしかにローランギャロスのタイトルはクレーコーターにあげたいという気がしますね。ブルゲラ…なつかしい(^^)私も覚えてます。そしてナダル君がクレーNo.1であることを証明してくれて、本当にうれしいです。たしかにショットの緩急の差が去年よりも増したような気がしますね。でもこれからもクレーにこだわらずに他のサーフェスでもがんばってもらいたいです。

この2週間本当にありがとうございました。いろいろしんどいときもありましたが、特にアイリーンさんの励ましがあったからこそつづけられたのだと思います。コメントはあってもなくてもよいのですが、やっぱりあるととても励みになるし力になります。本当にいくら感謝してもしきれません。しばらく休養するので更新がストップすると思いますが、やめるわけではありませんので(笑)心配なさらないでください。そのうち必ず復帰しますので。ちょっと生活が崩壊しつつある…(笑)。


2006/06/14(水) 06:08:33 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
おめでとう♪
さっちさん、遅くなりましたがナダル君の優勝おめでとうございます。
私の好きな選手が前半で消えてしまったため、エネルギーを使いすぎてWOWOW見るのが精一杯でコメントしに来れませんでした。。。

それにしてもラファの精神力って凄い!
普通はロジャーの1セット目のプレーに“こりゃダメだ!”って諦めても不思議じゃないのに、粘る粘る。
拾われるんじゃないかっていうプレッシャーを与え続けたんですね。
それに、決めのショットの勢いが昨年よりもアップしましたね。

個人的にブルゲラが優勝したあたりから(古い?)私にとっての全仏は『スペイン・南米系のチャンピオン』っていうイメージがあるので、ラファがそれを守ってくれてホッとしています。
さっちさんの方がお疲れでしょうが、2週間楽しかったです。
ゆっくり休んでくださいね~
2006/06/13(火) 13:17:23 | URL | アイリーン #-[ 編集]
教えていただき
さっちさん、ありがとうございます。
ってことは、あんな鍛え抜かれた体をしているのに怪我が多いんですね。怪我が多いからこそ鍛えてるのでしょうか。
ともかく、ナダルがやっと魅力的な選手であることを認知できましたので(遅い?)、これから注目してみます。でも私、サフィン党なんですけど(笑) 願わくば、全豪か全米でサフィンvsナダル戦が実現してほしいです!

PS:『青が散る』、青春のほろ苦さにホロっときますよ。
2006/06/13(火) 10:04:22 | URL | かわ #-[ 編集]
Sealの歌詞
あ、2つ言い忘れてました。

まずはSealのビデオリンクありがとうございます。YouTubeっていろいろとあるんですね~。

それと歌詞ですが、私CD持ってるんですが、一部分微妙に違うのです。「On the grave」(墓場)ではなく、「On the grey」で日本語では「夜明け」と訳されています。

ちょっと気になったのでお伝えしました。おせっかいでしたらすみません。
2006/06/13(火) 07:03:27 | URL | la mer #-[ 編集]
今度はアンディ
>la merさん

お久しぶりです。いえいえいいんですよ。世界的には絶対的にロジェ君応援のほうが多いのは間違いありませんし(笑)。ナダル君なんとか優勝できましたが…グラスは期待しているとは書きましたがかなり厳しいと思います。土とは条件が全然違いますもんね…でもとりあえずなんとか活路を見出してくれればいいなと。芝でアンディと対戦なんていう状況になったら最高なんですけどね…(アンディのとこまで勝ち進むのが大変)。でもそういうことを考えると両方で強いロジェ君はやはりすごいと改めて思います。

でも芝はやっぱしアンディにもかなり期待をかけてますよ~。怪我はもう大丈夫なんですかねえ。クイーンズも気になりますが、とにかく私はアンディがウィンブルドンでボトムハーフに入ってくれることをただひたすら祈ってます(笑)…第2シードになれば言うことないんですけど…。

Sealがこの曲でグラミーで賞をとったときは本当にびっくりしました。誰も予想していなかったような気がします。ほんといい曲ですよねー。おおライブですか~。生で聴くとまたよさそうですね。うらやましい~。
2006/06/13(火) 06:10:01 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
Seal
さっちさん、
ナダル君優勝おめでとうございます。

ただ、さっちさんの目の前で言うのもあれですが、正直フェデラー寄りで応援していました(苦笑)

でもナダル君、凄いですね。ありきたりなことしか言えませんが(苦笑)とはいえあの強さから私はエネルギーをいただきました(笑)最後のドライブボレーでの締めくくりにちょっとシビレましたよ。次は芝ですが、案外行けるんでは?でもアンディにはお手柔らかにお願いしますね(ははは)

さて、さっちさん!
私Seal大好きなんです。大会始まる前からこの曲を使おうと決めていたんですね。私は最初のアルバムの曲「Crazy」からずっとSealのファンでして、数年前に本人のライブを観にいってきました。

おっと長くなってしまいました。
2006/06/13(火) 01:02:41 | URL | la mer #-[ 編集]
RG決勝
>kyokaさん

お久しぶりです!最近あまりkyokaさんのところにも遊びにいけなくてすいません。

ガスケ君の2回戦WOWOWで見ましたが、ガスケ君とってもいいプレーしてました!ナルと互角の戦いでした。本文にも書きましたが、いつの日かフィリップシャトリエでナダル君とガスケ君の決勝戦をぜひ見たいと思います。

そうそう、錦織くんのことは、WOWOWのスタジオでもその話が出ていて、実際練習風景もちらっと写ってました。あれはATPのディレクターから錦織くんに「ナダルと打ってみない?」とお声がかかったそうです。なぜ錦織くんが選ばれたのかはわかりませんが。そして錦織くんが男子決勝の日にスタジオ出演してて「ナダルのボールは重かった」と言ってました。日本人選手を選んでくれて、なぜだかとてもうれしいです。

クイーンズ…どうでしょうかね…グラスはプレッシャーが全然ないので体力的にはしんどいけどのびのび出来そうな感じもしますが。もちろん期待はしてますがやはりクレーとは違って比較的楽な気分で応援できます…。

>かわさん

第1セットも第2セットもなんだかあっさり終わってしまった感じで、拍子抜けという感じでしたね、たしかに。ナダル君はほんとによく拾いますよね。そしてそれがよくもまああんなところに次々に入る(笑)あれやっぱ狙ってるんでしょうねー…まぐれにしては多すぎますしね…。でも体を酷使するスタイルで去年もそれで体を壊してしまったので、やはり心配は尽きません。

宮本輝さんのその本、おもしろそうですね。私はそういうのを見るとすぐ読みたくなってしまうので、さっそく本屋さんでチェックしてみることにします。

ナダル君は、おととし(18才)は足を疲労骨折してしまってローランギャロスはもちろんクレーシーズンはほぼ棒に振ってほとんどプレーしてませんでした。ネットを飛び越えようとして転んで骨折したという話もありますが…。なので去年はほとんど失うポイントがなくてあの大活躍で一気にブレイクしました。3年前の年(17才)は、肘の怪我でローランギャロスに出られませんでした。でもその後復帰したウィンブルドンでジュニアではなく本チャンの男子シングルに出て3回戦まですすんでます。ローランギャロスはたぶんジュニアも出てないんじゃないかな…よく覚えてませんが。なので初出場で初優勝という珍しいことになってます。ジュニアでの実績はさほどないようですが、早くからジュニアを飛び越えてツアーレベルでプレーしていたようですね。15才でツアーレベルの試合初勝利をしています。

>りょうこさん

たしかに昨日はローマのときほどの接戦ではありませんでしたね。でも第4セット5-5にされたときかなりやばい雰囲気で恐かったです。4セットで終わってくれて本当によかったです。
ロジェ君は大記録の期待とプレッシャーでやっぱり相当きつかったと思います。そんな中ああやって決勝まで勝ち進んだのはやはりさすがだと思いました。

そうそう、サッカーとか野球だとチームスポーツだし、仲間とわいわい、ていう雰囲気があるんですけど、テニスみたいな個人競技なんだか全部一人にのしかかる感じで、ストイックな雰囲気がしてしまって見ててもすごく疲れますね。でもわが道をいくタイプの人はやはり個人競技が好きのようです。ナダル君なんかまさにそうだ…(笑)。あのコートでのマイペースぶりは絶対B型っぽい気がしますが、血液型は何型なんでしょうね。

クレーが終わって今度は芝だからちょっと気楽に見れますね。でももちろん期待はしてますよ。やはり芝でも勝てるようになって欲しいので。ボルグが言ってくれた「ウィンブルドン優勝できるといいね」という言葉が現実になる日がいつかきっと必ずやってきますよ!
2006/06/12(月) 22:42:51 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
2連覇達成だね!
優勝おめでとう!

全仏2連覇は今年の一大願望だったので、それが達成されて本当に嬉しいです。
ロジャー君も大きな記録達成のための大事な一番で相当なプレッシャーあったと思うので、お疲れ様!って言ってあげたい。
ローマのような見ていて胃がきりきりするような接戦になると予想してたのですが、2セット以降は意外な展開でした。
ホント、テニスは1人が優勝してあとは全部敗者になるコワイスポーツだ~。
サッカーみたいに「負けちゃったぜ」「ゲー」とか言いいあえる相手もいないし。
なんか話がそれちゃいましたが、今年もクレーの頂点に立った事で芝のシーズンも多少負けても許せる!?観戦できそうです。^^
2006/06/12(月) 17:43:36 | URL | りょうこ #-[ 編集]
もう少し
フェデラーが粘ると思ったのに・・・、あの第1セットで気が抜けちゃったかな。。。 
実はナダルには"赤土に強い若者"くらいなイメージしかありませんでした。でも今回見ていて分かりました!こんな選手と当たりたくない(泣)モードに入ります。取るわ取るわ、拾うわ拾うわ、カウンターすごいわすごいわ、で相手にしてみれば「勘弁してよ~トホホ」な気分になりますよ。だってナダルだけ異種格闘技ですからッ!(←いい意味で)
決勝を見ていて、ふと宮本輝の『青が散る』に書かれていた"王道と覇道のテニス"を思い出しました。基本に忠実で美しいテニス=王道はフェデラー、見た目がどうあれ試合にめっぽう強いテニス=覇道はナダル、なのかなと。でも赤土に限れば、ナダルは王道もプラスされるんです。「基本に忠実(最強のディフェンス)で試合にめっぽう強い(強靭な肉体と精神力)テニス」となると、やっぱりナダルが勝っちゃいますね。
だからフェデラーは全仏では美しくなてもいいんです。ドロドロになって鬼気迫るフェデラーになってこそ優勝が見えてくるんじゃないかな・・・、と素人ながら思います。勿論、芝生は美しいフェデラーがあってこそ強いんですけどね。
さっちさんに質問なんですが、去年全仏初出場初優勝のナダル、それまでどこに潜伏してたんですか?ジュニアで活躍していたのでしょうか?初歩的な質問ですみません。
2006/06/12(月) 17:19:56 | URL | かわ #-[ 編集]
優勝おめでとう!
さっちさん、こんにちは。

ナダル君優勝おめでとうございます~~v-237
嬉しいです。
これからすぐに、クイーンズでシングルスとダブルスに出るそうですが、体調のほうに気をつけてほしいですね。

私はWOWOWじゃなくて、テレビ東京系列のチャンネルで試合を見ていたので(WOWOW加入してないので…涙)第2セットがカットされていたものを見ていたのですが、さっちさんの解説を読んで、納得しました。

ナダル君のブログ、ちょっとだけ読んだんですが、錦織君と練習した、って書いてあってびっくりしました。日本選手にもこれからもっとがんばってほしいですね。

また遊びに来ます。
2006/06/12(月) 14:19:50 | URL | kyoka #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。