Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Road To Shanhaiおりかえし
2006年06月17日 (土) | 編集 |
本当はしばらく更新しないでおこうと思いましたが、あまりに記事を書かないとごえもんが餓死してしまうので(彼はこの記事をごはんにして食べている)、何か書かないといけないと思いたって、とりあえずランキング更新をしておくことにした。クレーシーズンが終了して、上海レースもちょうど折り返し、といったところなのかな。だんだん上位の顔ぶれが固まってきた感もあるけど、まだまだ先は長い。11月に上海へいくべく、まだまだ戦いは続きます。

6月12日付

1位 Roger Federer 772p
2位 Rafael Nadal 584p
[POINT GAINER]
3位 Ivan Ljubicic 348p
4位 David Nalbandian 340p
5位 Nikolay Davydenko 275p
6位 Tommy Robredo 249p
7位 Mario Ancic 234p
8位 Radek Stepanek 218p
9位 James Blake 216p
10位 Marcos Baghdatis 210p


上の2人が決勝進出ってことでだんだんまた去年と同じような様相になってきましたね。ていうか春のクレーシーズンは大きな大会はほとんどこの2人の決勝だったから当然といえば当然なのではあるが。ナダル君は1月の出遅れを得意のクレーシーズンで見事に挽回しましたね。でも本当に大切なのはここから先なんだよね…。ぜひとも今年も上海にいけるように、がんばっておくれ。そして今年こそは!絶対にプレーして欲しいぞ!じゃないとまた欠場とかなったらもうショックで寝込みそうだ。

クイーンズはリタイアという残念な結果でしたが、でも芝でよくがんばってくれていると思います。だいたいフィッシュ戦で負けるかと思ってた…それが2つも勝てたし。でもやはり、タフなクレーでの連戦の後でやはり体が悲鳴を上げてしまいました。でもさー。あの肩の負傷がローランギャロスの決勝とかで起こらなくてほんとよかった…(^^;)あるいはウィンブルドンの試合とかじゃなくて、痛めたタイミングが前哨戦だったのが不幸中の幸いでした。やめたのは賢い選択だったと思います。怪我がどういう状態なのかよくわかりませんが、おそらく疲れからくるもので深刻なものではないことを願っています。早く回復してウィンブルドンでまた元気な姿を見せてくれることを、祈ってるよ。…てか出場できるのか??

そのほかルビ、ナル、ニコちゃんも順当にポイントを伸ばしてます。特筆すべきはマリオ君とジェームス君。2人とも初TMCめざしてがんばっておくれ!特にジェームス君はこれから得意のハードコートシーズンが控えているし、か~な~り~期待してよいのではないかな?怪我に気をつけて、ぜひぜひアジアに来て欲しい。日本とかに来ないかなー。来ないかなやっぱ…ジェームス君見たいなあ。ジェームス君が日本に来るんなら有明行こうかな。マリオ君は今年も来てくれるよね?

そのほか注目

15位(←22位) Gaston Gaudio 142p
19位(←26位) Gael Monfils 129p


RGはベスト8にあと1歩でしたが、ともにランキングを上げました。モンフィス君もクイーンズはナダル君と同じ日にこちらは背中を痛めて欠場になってしまいました。せっかく前日にルビに勝てたのにね…モンフィス君もクレーシーズンがんばっていたからなあ。やはり20才そこそこだとまた体が十分に完成されてないからどうしてもこういうとこでつけが回ってきてしまう。そういうのを乗り越えて、たくましくなっておくれ。モンフィス君は来週の大会も欠場だそうです。ウィンブルドンは大丈夫?

26位(←38位) Tomas Berdych 107p
28位(←39位) Lleyton Hewitt 105p


こちらもRGベスト16組。ランキングも大きくあがりました。レイトンはこれからが得意のシーズンだからまだまだこれからもっと上がるでしょう。クイーンズでは痛みと悔しさで顔をしかめているナダル君に何やら優しい言葉をかけていたようである。なんか最近レイトンがどんどんいい人に見えてきた…(^^)。あの2人ってよく寄り添ってますね。去年の全豪の試合の後異常にくっついて握手していたのが非常に記憶に残っている(笑)。

レイトンはツアーで親しい友人はと聞かれてティムと答えていましたが、ナダル君とも結構ウマが合いそうな気がするんだけどなー。それは私の欲目か…。いろんな意味で似たもの同士、ていうか。精神力が強いとか、情熱あふれるガッツポーズとか、どんなボールにもよく食らいついていくとか、他の選手からいろいろ言われたりとか。まあ出る杭は打たれるの理論で最近ナダル君に対する風当たりが強いけども、レイトンなんて、他の選手はもちろんメディアからも地元からもいろいろ言われるのに、びくともしない。いや内心はびくとはしてるのかもしれないが、表に出さない。ああいうとこ好きだなー。ぜひナダル君にもああいうふうになって欲しい。レイトンみたいに、コートの中でも外でも強い人になって欲しい。もちろん改善すべきところは真摯に受け止めるべきではあるが、私が見るところ半分以上は勝ち続けている人に対するやっかみである。あっでもあのヘンな手の形のガッツポーズは真似しないでいいけども…(笑)。

そんなレイトンはクイーンズではティムとの準決勝ですね。ティムやっとツルベエに勝てた!いやーこれはうれしい。最近調子いいみたいですね。ウィンブルドン楽しみだなあ~♪

30位(←59位) Julien Benneteau 104p
44位(←65位)Ruben Ramirez Hidalgo 80p


誰も予想しなかったベスト8入りで一躍ヒーローになったベネトウ、うれしいトップ50入りです。エントリーランキングも55位と大きく上がりました。そしてRuben Ramirezも、同国のフェレル君を破る活躍でベスト16入り。こちらも大きくランクアップしました。

32位(←65位) Novak Djokovic 100p[RANKING GAINER]

そして、今回のRANKING GAINER獲得はこの人!グランドスラム初のベスト8入りを決めた19才ジョコビッチです。最後はリタイアという残念な結果でしたが、ゴンちゃんとハース、そして地元のモンフィス君を破ったあの勝利はやはりベスト8に十分値する。彼も上の2人と同様まだ体が十分成熟しきっていないから怪我がどうしても多くなるね…。このあたりの世代の選手にとっては、マレイ君もそうだけども、技術とともに体づくりという大きな課題がある。アガシやビョークマンみたいに長く戦える体づくりができるかどうかは、この時期の体調管理が非常に大切なのではないだろうか。無理をしてはいけないけども、成長期の今にしっかり鍛えておくことも必要だ。とても難しいと思うけども、いいトレーナーやスタッフをつけて、しっかり精進して欲しいと思う。

スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
グラスシーズン真っ盛り
>momoさん

やっぱしそうでしたか。たしかに顔は全然似てませんが(髪の色から全然違う)共通点がたくさんありますね。全豪のときのあの寄り添った写真はなんか忘れられませんよね(笑)。しかもウェアも似たような柄で。あのときはレイトンはまだナイキだったかな…最初はレイトンがヨネックスのウェア着るのに違和感ありましたが、最近見慣れてすっかり定着しましたね。

レイトンは昨日ティムに競り勝って今日はジェームス君との決勝ですね。ジェームス君も好きなのだけども久々のレイトンのタイトル獲得を見たい気もします。

>りょうこさん

マルちゃん(バグダティス)はやっぱり全豪の140ポイントがかなり大きいですね。でもそれ以降あまり上澄みできていないような気もしますが…最近ウィルス疾患に苦しんだりちょっと調子を落としているのが気になります。

ロブレド君は2、3年前からじわじわ上がってついにエントリーでもトップ10に入りましたね。スペイン内でもいつのまにかフェレル君を抜いてNo.2になっている。ずいぶん前からトップ10を目標にしていると言っていたので、とても気力体力とも充実しているでしょう。やはりハンブルグ優勝が大きな弾みになっていると思います。ロブレド君はこれまでもクレーだけでなくハードコートも結構いい戦いをしていたから、夏のアメリカシリーズはちょっと注目ですね。
2006/06/18(日) 11:15:36 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
バクダディスが10位にいるんですね~。バルセロナ戦決勝から注目しているトミー・ロブレドも6位!!彼のブログで10位に入ったのに驚いていた記事が載っていたので、今はもっとびっくりでしょうね。

ナダル君は2位。
調子を整えて次のトーナメントで頑張って欲しいです。体が資本!
2006/06/18(日) 09:43:39 | URL | りょうこ #-[ 編集]
ナダル、残念でしたね。
でも私もあれは疲労からくるもので、たぶん深刻なものではないと思います。
あれだけハードな試合が続けば無理ないですよね。

レイトンファンの私から見ても、あの二人は何となく似たものを感じます。見た目は正反対だけど(笑)
そして去年の全豪。やっぱりアレ、異常にくっついてますよね!私も(君達、な、何でそんなに?)と印象に残ってました。長時間の試合の後で、二人とも汗だくだろうに・・・
2006/06/18(日) 02:30:54 | URL | momo #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。