Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメリカ対決
2006年07月23日 (日) | 編集 |
今日は土用の丑の日ですねー。みなさんうなぎ食べました?そういえば去年の土用の丑の日もちょうどこの大会があってるときで、デントが暑さで体調壊して棄権しちゃったときに、「うなぎを食べさせてあげたい」とかなんとか書いたような。ブログ書いて日が重なってくると、一年たって同じ状況がめぐってきたときに、こうやって昔書いたことをふと思い出すことがときどきある。インディアナポリスは暑いのかな?上半身裸で観戦しているファンの写真をどこかで見ましたが。ちなみに今年は土用の丑の日は2回あって、今日7月23日と、8月4日も丑の日だそうです。

RCA Championships

準決勝

②Andy Roddick(USA) 7-5 6-2 ④Robby Ginepri(USA)

アメリカ対決となったこのSF第一戦、アンディまたしてもリベンジ成功。去年QFで敗れた相手、ジネプリに見事雪辱を果たしました。

今日はとにかくサーブが絶好調だったようです。1stでは80%ポイントをとり、2ndでも16の12。つまりサービスゲームはほとんど磐石だったということで。いやー久々に強いアンディを見た気がする。

そして試合のほうはキープキープできた第1セット第12ゲーム、この最後のところでアンディがジネプリのサービスブレイクに成功!やっぱアンディのサービスゲームに隙がなかったからジネプリは自分のサービスゲームでプレッシャーかかっていたのかな。しかもタイブレーク前の最後のゲーム、だもんね。このあたりはやはり先にサービスする側の強みもあったかもね。

第2セットに入るとますますアンディに流れがいって、先にブレイクに成功するとそのまま逃げ切りました。

「今まででベストの試合ができた」とまで言っているアンディ…おいおい…これでベストだなんて言ってもらっちゃ困るんですけど(^^)まあいいかあ。それだけ絶好調!ていうことなのかな。

「今まで見た中で一番いいサーブをしていたよ。すばらしい内容だった」。敗者のジネプリはアンディをこうたたえていました。まあサーブっていえばアンディの最大の武器だからそれが良くって当然なのではあるが…それ以上に最近はいろいろ悪いことが重なってて、これが本来のアンディの姿なのだけどもすごく調子いいように思えてしまう。今日はサーブにやや変化もつけていたみたいですね。それも功を奏していたようです。

①James Blake(USA) 6-3 2-6 6-1 ⑨Xavier Malisse(BEL)

そして、こちらもやっぱり勝ち上がりました、ジェームス君。この大会、結構厳しそうなドローだったのに、近くのシード選手が次々に負けてしまって、これが初めてのシード選手との対戦となりました。でも、ノーシード選手でも内容はかなり厳しいものばかりでしたが。今日も、1セットとられて追いつかれる展開でしたが、最後は強かった。最初の3ゲーム連取して、1ゲーム与えた後また3ゲーム連取して試合を決めました。

とくに、ファイナルセットのスタートダッシュがよかったですね、ジェームス君。「彼(サビエル君)にリードを許したら、勢いづかれてチャンスをあまりくれないからね」。自分でもそれを心がけていたそうです。サビエル君がファイナルセットの序盤1stの入りがあまりよくなかったのが、ポイントだったとか。だから2ndで攻めることができた。そして序盤の攻勢がうまくいって自分のほうに流れを作ることができた。

ファイナルセットに入ったとき、もちろん両者ともいいスタートがきりたいと思っているはずだ。サビエル君だってもちろんそう思っていただろうし、しかも2ndセット取り返して勢いはサビエル君のほうにあったと言ってもおかしくない。「こうやりたい」と思ってもなかなか思うとおりにはいかないもんだよね。ジェームス君見事な試合運びを見せてくれました。

で。ということは。

大会開幕前、ジェームス君とアンディの1、2対決が見たいなーって書いたのだが、本当にそうなるとは。うれしい展開だわ♪1、2対決といえば今年は何回も見てきたけども(笑)、今度はアメリカ版1、2対決ですね。
ジェームス君はアンディに大きく負け越しているけど、やはり先月クイーンズで勝利できたのが大きな自信になっているようです。

「苦しい状況になったとき、彼(アンディ)に勝ったという事実が助けてくれる」。

しかも、アンディが誰よりも(いや1人除いて)強い芝で、だもんね…そりゃあ大きな自信になるだろうて。まさかクイーンズでアンディが誰かに負けるとは思わなかったよ…あれはちょっとびっくりした。でもそれだけジェームス君がほんとに強くなったということだよね。アンディの不調もあったのだろうけども…。そして今度はハードでの対決。

「僕が一番気にしているのは、アンディのサーブだ。まだ今週1回も破られてないし。チャンスが来たら、確実にものにしたいね」。

ジェームス君が言っているように、鍵はやはりアンディのサーブの出来になりそうですね。まだ今週1セットも落としてないアンディ、サーブが今日みたいに調子よく決まれば、いくら強いジェームス君でもそんなに簡単には崩せない。そして自分のサービスゲームでプレッシャーがかかってしまう。逆に、サービスをうまく処理してストローク戦にもちこめば、やはり今はジェームス君のほうが強いのではないかと思う。

ん~どんな試合になるのか、楽しみだなあ。暑さは大丈夫かな?去年は決勝戦でデントがリタイアしてしまったので、今年は2人とも最後まで戦えると、いいよね。あーアンディやジェームス君にもうなぎを食べさせてやりたいよ…。(アメリカ人はうなぎはあまり好きそうではないが)とりあえず私はどっちも大好きなので、とてもうれしい決勝戦になりました。2人とも、がんばれ~

関連記事
Roddick, Blake to meet for RCA Championships title(AP)
Blake, Roddick set up title duel(Reuter)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。