Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


リシャール、イッチャール!…orz デ杯一日目 RUS VS FRA
2005年07月16日 (土) | 編集 |
ナダルの真似してみたんだけど

Richard Gasquet

@getty Images

おー。朝起きてみたらぞくぞくと結果が出ておりますな。まずは時差順に、ここのカードから。シングルス、…ニコ&アンドリエフ、とは意外でしたな。ユーズニーのほうが調子よさそうだったんだけど。やっぱりニコちゃんの実績にロシアは望みを託しました。やはり冴えてます、ロシア監督さん。

R1. Richard Gasquet 6-4 6-3 7-6(1) Igor Andreev

おーガスケ君やりましたね!ストレートで快心の勝利です。デ杯公式HPに、「105年のデビスカップの歴史の中で最も衝撃的なデビューの1つを果たした」と書いてあったから、こりゃ見た人からしたら相当素晴らしい出来だったのでしょう。

デ杯での経験はずいぶんと先輩格のはずだったアンドリエフ君でしたが、立ち上がりミスが出てしまったのはそのアンドリエフ君のほうでした。いきなりオープニングゲームでサービスゲームを落としてしまいます。お客さんの応援で逆に固くなってしまったのかしらん。また大事な初戦に抜擢されてやや力が入りすぎてしまったのかもしれないね。逆に、ガスケ君は序盤全くミスがなく最高のスタートをきります。ブレイクの数でこそ並んでいましたが、ベースラインから自由自在にショットを決め、チャンスボールを確実にフォアで叩いて自分のプレーを展開していたのはガスケ君のほうでした。そして第10ゲームでついに2つめのブレイクを果たして第1セットガスケ君が先取。

第2セットに入ってもガスケ君が先にブレイクに成功、ますます勢いづきます。自慢のフォア、バックとパンチ力のあるストロークがさえ渡っていた上、ドロップショットが非常によく決まっていたそうです。第2セットも同じ流れでガスケ君。

こうなるとガスケ君の楽勝ペースでしたが、第3セットに思わぬ壁が待っていました。「10日前からこの試合に懸けていた」というガスケ君。夢にまでみたデビスカップ出場、しかもエースとして初戦のシングルスに登場、思うところは多々あったことでしょう。その思いの強さが裏目に出てしまいます。第3セット、ガスケ君が3-1とリードしたところで、なんと右手に痙攣がきてしまいます。スマッシュをした後ラケットを取り落としてしまったほど。治療を受けてなんとか4-2としますが、その隙をアンドリエフ君が見逃すはずはありません。

そこからアンドリエフ君がブレイクバック、このセットをタイブレークに持ち込みます。しかしアンドリエフ君の反撃もここまででした。最後は自力にまさるガスケ君がタイブレークも圧勝して、なんとかストレートで振り切りました。

「もう10日も前から今日のことをずっと考えていた。本当にプレーしたくてたまらなかった。だからこういうことは起こり得ることだと思う。これはローランギャロスのときみたいな疲れからくるものではなくて、ストレス性のものだと思う。でもいずれにしても、勝ててよかったし、内容的にもパーフェクトだったね。」ストレス性…うぅぅ…去年のRGのコリアを思い出す…まさにあれと同じタイプの痙攣だったらしい。うーん。思い入れが強いというのは結構危険なのね。しかしやはりガスケ君、君はただ者じゃありませんな!この緊張するデ杯初日シングルスで見事に!実力を存分に出し切りました。「他にどうすればいいかわからなかったよ。彼は本当に安定していたし、良すぎるほど良かったよ。」とアンドリエフ君。完敗という感じでした。


R2. Nikolay Davydenko 7-5 6-2 7-5 Paul-Henri Mathieu

ロシアの監督さんは1回戦同様ここでもその手腕を発揮しましたね。体調に不安のあるニコちゃん3号をシングルスに選び、それが実を結びました。1回戦はプレーさえしていませんでしたが、ニコちゃん、サフィンがいない今大会ロシアNo.1として見事重責を果たしましたよ。

序盤は拮抗した展開でしたが、第1セット、先にチャンスをつかんだのはマシュ~のほうでした。先にサービスをキープして5-4で第10ゲーム、ここで2つセットポイントがきた!15-40だったのかな。しかしそこでニコちゃんが踏ん張ります。最初はマシュ~はバックハンドをネットにひっかけ、んで次もまた同じとこにミスをしてしまいブレイクできません。

「あそこは、作戦勝ちだったよ」としてやったりのニコちゃん。「ベースラインから安定したストロークを展開して彼にミスをさせようと思った。唯一うまくいかなかったのは第3セット目だったけど、そこからまたゲームプランを立て直して3セットで勝つことができた。」う~ん、クレー巧者らしい作戦ですな。

その第3セット、ニコちゃんは5-2で40-15と一気にマッチポイントを迎えますが、それをとりきれません。逆にマシュ~にそこから2連続ブレイクを許して5-5で並ばれてしまいます。ありゃ、どうしたニコちゃん。やはり怪我が響いているのか…。実際第3セットには痙攣がきていた足に治療を受ける場面もあったそうです。

マシュ~@デ杯といえば、去年の準決勝、モヤちん相手に5セットでの劇的な勝利、それから今年1回戦での大活躍も記憶に新しい。デ杯では3連勝中、ロシアとしたらちょっといや~な相手だったでしょう。またあのモヤちん相手の大逆転が…しかしニコちゃん今回はそれを許しませんでしたね。第11ゲームで先にサービスブレイクして6-5とすると、最後は自分のサーブをきっちり決めて、ロシアに価値ある、んもう本当に重要な1勝目をプレゼントしました。

そしてニコちゃんにはお客さんというもうひとつの大きな味方がありました。その中には恒例のエリツィン元大統領の姿もあったそうです。この人のテニス好きはもう超有名な話。ロシアでテニスがこんなにも盛んになったのはこの人の功績が大きいとロシアの人は口を揃えて言います。その恩人の目の前ですばらしいプレーをしました、ニコちゃん。

というわけで、予想通り1-1になりました。こりゃ明日以降がさらに面白いことになりそう。大きな鍵と思われるダブルスですが、フランスはロドラ&クレメンで決まりでしょう。問題はロシア側。一応エントリーではユーズニー&アンドリエフとなっているけど、これは直前までいくらでも変更がきくので、全くわからん。ユーズニーのところにニコちゃんがくる可能性も大と、フランス側は読んでいます。普段のツアーでもニコちゃん&アンドリエフがよく組んで出場してるしね。コンビとしてはこの2人のほうがたしかに経験があるでしょう。しかし、ニコちゃんはシングルスで痛めている手首がまたちょっと不安な事態に。しかもダブルスではネットプレーが多くなるからさらに手首に負担がかかる。

ダブルスで手首をさらに酷使すると最終日のシングルスに影響が…それはちょっと困る…しかしできればダブルスをとって先に王手をかけたい…しかし…うーロシアは迷うところです。状況としては使うコマがはっきりしているフランスのほうがやや有利なのかしらん。しかしガスケ君も手首の問題もあるし、最終日はニコちゃんとの対決が予想されるから、今日みたいにはいかないだろうし。ん~やっぱりもつれそうだ!勝負の鍵を握るのは、ロシア監督のTarpischevさん、という感じかしらん。


関連記事
Gasquet sparkles on debut to put France ahead(Daviscup.com)

Davydenko cancels out France's lead(Daviscup.com)
Davydenko brings Russia level(eurosport)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
もちろん
こちらこそはじめまして!ようこそお越しくださいました。リンク&トラバ大いに大歓迎です!ぜひぜひお寄せください。私もぜひトラバさせていただきたいと思います。

しかしナダル君に負けずにガスケ君もファンが増えてますね。かわいいもんなぁ…。
2005/07/21(木) 08:09:50 | URL | さっち #-[ 編集]
はじめまして
テニス観戦初心者でガスケファンのmpと申します。
テニスとは関係ないブログをしてたのですが
ここのところ何かとガスケを話題にすることも多く・・大変参考にさせていただいてます。
特にこのガスケの記事とっても大好きです。わかりやすくて楽しくて。ということでリンク&トラバさせていただいてよろしーでしょうか?
2005/07/20(水) 23:41:44 | URL | mp #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。