Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


優勝おめでとう
2006年07月24日 (月) | 編集 |
優勝おめでとう
かわいい

James Blake and Chipper

@Yahoo!sports


アメルスフルトではジョコビッチが初優勝しましたね!あれ優勝記念かな?もらったiPodを頭に載せてるのがおちゃめだな…19才らしい(^^)やっぱ十代選手はこうゆうあどけなさがかわいいね。20才過ぎたらそれも薄れてしまうものだ…(- -)。
そしてシュトゥットガルトでは、5セットの大接戦を制して、フェレル君が優勝!おめでとう~。アカスソにマッチポイントもあったようですが、フェレル君よく踏ん張りましたね!フェレル君もランキング10位前後をいったりきたりしてるけども、地味にがんばっているよね。ロブレド君にちょっと水をあけられているけども、まだまだ追いつくチャンスはある。これでスペイン勢が2週連続優勝ですね。

そして、アメリカのほうでもそれに優るとも劣らない大接戦になったようです。

RCA Championships

①James Blake(USA) 4-6 6-4 7-6(5) ②Andy Roddick(USA)

2人ともがんばった!とってもいい試合だったみたいですね。しかし最後はファイナルタイブレか…すごい接戦でしたが、最後に制したのは、やはり第1シードのジェームス君でしたか。やはりこのあたりは今の2人の状況が反映されてるということなのかな。アンディは17のエースで対抗しましたが、それでもあと一歩、及びませんでした。

第1セットはアンディが価値あるサービスブレイクをあげてものにしましたが、第2セットは逆にジェームス君が3-0とリード。アンディはこの大会ここまでずっとサービスを破られていませんでしたが、46ゲーム目にしてついにブレイクされてしまいました。それで緊張の糸が切れちゃったのか、同じセットでもう1回ブレイクされてしまいました。

ファイナルセットに入ると、アンディは楽にキープして、逆にジェームス君はブレイクピンチをしのいでなんとかやっとこさキープ、ていう感じだったとか。てことは多少アンディが押してたのかな。でもそのチャンスを決められないと、やっぱり流れは向こうにいってしまう。数々のピンチをしのいでタイブレークにもちこんだジェームス君がタイブレーク一気に逆襲をかけます。「とてもとれそうにない」ボールを何度も返していたそうです。まるで誰かさんみたいに…(笑)。今日はそのジェームス君のフットワークとスピードに軍配があがったようです。

「今まで戦った決勝戦でベストのひとつ」と言っているジェームス君。そういえばシドニーもファイナルタイブレで優勝決めたんだっけ。今まで接戦に弱いとか忍耐が足りないとか言われていましたが、3セットでは、強いんだよね…この粘りを5セットマッチでも、見せて欲しいな。トロフィーを持つ姿も、もうすっかりおなじみになりましたね(^^)。優勝おめでとう!

アンディが負けちゃったのは残念だけども、この大会は調子もあがってたみたいで、サービスもよかったし、兆候としてはよいのではないかな。「2004年のウィンブルドン以外で、ベストのプレーをして負けた唯一の試合だ」と言っているくらいだから。まだまだUSオープンシリーズはこれからだしね。しかしジェームス君がこれでアンディ戦6敗したあと2連勝。…なんかどんどん差を詰められていきそうな…。そしてタイトルもこれで今年だけで3つめかー。アンディも早くまたタイトルとってくれい。今週のLAにWCをもらって急遽出場が決まったみたいですね。連戦なのがちょっと気になりますが、健闘を祈ってます。 

「アンディと僕はアメリカテニスの復活を証明したいんだ」。でも、これ1試合でそれを言うのはまだ早い。やはり、あの2人が出場する大会で、それを証明しなくちゃね。でもそのための布石ともいえるこの大きな大会で、地元のファンの前でこうやってハイレベルな(見てないけどそう書いてあるからたぶん)決勝戦をみせてくれたことは、それが現実化する予感を抱かせてくれるものになったと思います。やっぱアメリカが元気じゃないと、おもろないし。

「僕らは自分たちのサーフェスでプレーしている、全米と残りのシーズンをうまくやっていきたい」。”I”じゃなくて”We”と言ってるところがジェームス君らしいね。これからもアメリカ選手みんなでUSオープンシリーズ盛り上げていって欲しいね。

関連記事
Blake beats Roddick to win RCA title(AP)
Blake fights back to beat Roddick(Reuter)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。