Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シンシナティーはじまりました
2006年08月15日 (火) | 編集 |
い、いかん…すっかりさぼりぐせがついてしまった(汗)気が付いたらもうUSオープンシリーズも終盤。ううう~だめだぁ~前みたいに書けないべ~なぜだぁ~。でもそろそろ本腰入れて書かないとこのブログ自体の存在が危ういかも(笑)。

とまあさすがにこう更新頻度が少ないと危機感が出てきたので、今週はまじめに(?)頑張ってみることにしました。といっても、最近のこの閑古鳥ですっかり読者も減ってしまったと思われるので、初心に返って新たな気分で心機一転やってまいりたいと思う所存ですので、どうぞよろしくおねがいします。

今週のマスターズシリーズは、ATPがおもしろい企画をやっていますね。Pennがスポンサーになって、63試合すべての勝敗予想するっていう例のあれです。私も月曜になってぎりちょんで参加しました。なので今回はその予想結果も交えながらお送りしていく次第。ということは、全部の試合の結果を書くことになる…大丈夫かな…

とりあえず、予想した人をあるいはで指し示してます。

Western & Southern Financial Group Masters

1回戦

③David Nalbandian(ARG) 6-0 6-4 Rik De Voest(RSA)
⑩David Ferrer(ESP) 6-3 6-1 Carlos Moya(ESP)


2人のダビド君はともに1回戦順当に勝ちあがりましたね。予想が当たってうれしいわ。ナルの相手の選手は初めて聞く名前だなあ。南アフリカの選手のようである。南アフリカっていえばムーディーとかこのあいだインディアナポリスで活躍した大統領の家(ホワイトハウス)君くらいしか思いつかないが…南アではテニスの大会が開催されないから、彼らはWCをもらう機会も少なく、ランキングをあげることも容易ではない。南アの関係者はそんな自国の選手のハングリー精神を誇りにしているということであるが…。そんな中予選勝ちあがってきたDe Voestくん見事なエントリーでした。こんなトップ選手とやる機会はめったになかろうから、いい経験になったでしょうね。

スペイン対決はランキングどおりの結果となりました。フェレル君ハードコートでもなかなかいい成績上げてるから、ちょっと期待したいですね。でもフェレル君2回戦もまたスペイン対決となりました。

Juan Ignacio Chela(ARG) 6-4 2-6 6-2 ⑤Nikolay Davydenko(RUS)
⑧Marcos Baghdatis(CYP) 7-6(3) 7-6(3) Thomas Johansson(SWE)


こちらは2人とも予想が外れてしまいました。トーマスいつのまにかシードが外れている…(悲)眼の具合はどうなのかなあ。2つともタイブレーク、惜しかった。ニコちゃん3号はトロントに続く初戦敗退となってしまいました。そろそろニコちゃんのブログも読んでみたいところであります。

⑥James Blake(USA) 6-4 6-4 Fabrice Santoro(FRA)
⑮Robby Ginepri(USA) 1-6 6-3 6-4 Paul-Henri Mathieu(FRA)
⑯Dominik Hrbaty(SVK) 6-4 6-3 Paul Goldstein(USA)
Mardy Fish(USA) 6-1 6-3 Nicolas Mahut(FRA)
Vincent Spadea(USA) 6-4 6-3 Andreas Seppi(ITA)


アメリカ選手をまとめて。あぁフィッシュを選んどきゃよかった…このカードは迷ったんだよなあー。ニコちゃん7号(Mahut)もRCAでは健闘してたので。やはり地元は強い。あとはだいたい順当ですな。ジェームス君はトロントではまさかの2回戦敗退でしたが、相手がガスケ君だったので、特に番狂わせという感じはないね。ガスケ君のトロント決勝のプレーをみれば、納得、という気もする。とにかくガスケ君のバックハンドのすごさに衝撃を受けていたようである。今回もマジシャン(?)サントロ師匠でちょっと心配でしたが勝っていたのでちょっと一安心。実は今回ジェームス君はかなり上まで勝ちあがると予想しているので、ぜひぜひがんばってくれい。



Nicolas Almagro(ESP) 6-3 6-3 Albert Martin(ESP)
Dmitry Tursunov(RUS) 4-6 6-4 6-3 Sebastien Grosjean(FRA)
Juan Carlos Ferrero(ESP) 6-6 ret. Jonas Bjorkman(SWE)
Florent Serra(FRA) 6-3 6-3 Julien Benneteau(FRA)


ニコちゃん5号はクレーコートスペシャリストというイメージが強いけども、彼のハードヒットするプレースタイルを考えるとハードでも結構いけそう。フェレル君みたいなイメージがある。そのフェレル君と2回戦を戦うことになりました。元気ハツラツゥのニコちゃんがどこまで頑張ってくれるか、ちょい楽しみですね。

ツルスノフはグロージャンとの接戦を制しました。ブログですっかり有名になったツルちゃんだけども、先日はグロージャンがブログ書いてましたね。…読んでない…あとで読もうっと。ビョークマンは背中の痛みを訴えて途中リタイアとなってしまいました。ダブルスはどうするのかな?

こちらはフランス対決、すでに今年ツアー1勝をあげているセラが勝利。セラが今年しょっぱなの大会で優勝したことを覚えている人はどれくらいいるだろうか…。

Hyung-Taik Lee(KOR) 6-4 6-4 Alnaud Clement(FRA)
Kristof Vliegen(BEL) 7-6(7) 7-6(3) Marc Gicquel(FRA)
Davide Sanguinetti(ITA) 6-3 6-7(4) 6-3 Robin Vik(CZE)


予選あがりの選手も頑張ってます。韓国のリーさんはワシントン優勝で波に乗っているかと思われたクレメンにストレート勝ち。これは予想できなかったな…クレメンはワシントンでは準決勝でサフィンに勝ち、決勝ではマレイ君を破っての優勝。マレイ君は手にまめが出来て苦しんでたみたいですね。何事も経験じゃ…。でもマレイくん、ギルバートさんがコーチについてから結構調子いいみたいですね。トロントのガスケ君との試合も見ましたよ。ちょっと大舞台の波に飲まれてしまったかな?でも2セット目は結構いいプレーも出ていたし。負けん気の強さがそのまま顔に出るところがマレイ君らしいね。あ、明日登場なのにマレイ話に花が咲いてしまった…明日ティムとの(うぅ)対戦ですね。クレメンはワシントンで今季ツアー2勝目をあげました。ようやくクレメンがこうやって予選を戦わなくてよくなったのがうれしい。(負けたけど)

ししししまった!サンギネおじちゃんを入れるの忘れてた(汗)こんなに頑張って勝ってるのに…ごめーん。しかもちゃんと予想もしてるのに。復帰直後でカンが鈍っているということで許してもらおう。いそいで追加更新。ラッキールーザーで入ってきたビクに苦しみながらも1回戦突破です。ビクは誰の代わりに入ったのかというと…コリア。コリア!あぁ~コリア~キミは今どうしているのかい?体調くずして長期休養してウィンブルドン終了後復帰しているのをちらと見かけた…1回戦負けてたな…また休養してるのかな…やっぱ背中?肩?うう~コリアああ。激しく気になる。

同じく予選から勝ちあがったGicquelは、Vliegen(相変わらず読み方がわからない)に敗れてしまいました。ベルギーといえばロクス兄弟とサビエル君の印象が強いけども、最近はこのVliegenがおなじみになってきましたね。


と、いうわけで。初日の予想結果は、10勝6敗。んーまずまず、かな。こんなもんでしょう。こんな感じで明日も予想結果を交えながら。明日はいよいよ、王者ロジェ君やナダル君に、アンディも久々に登場!明日はちょっとネタも交えながらお送りする予定。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。