Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


インタビューてんこもり
2005年06月30日 (木) | 編集 |
ヴィーナス・ウィリアムス   QF def. メアリー・ピアース

Q:試合が終わったときはとっても嬉しそうだったね。何か特別な理由でもあったの?

ビーナス:厳しいタイブレークだったわ。ハードヒットしたしいいボールもたくさん打った。ムーンボールをただ打ってたっていうのとは違う。彼女も(ピアース)、どこからともなくすごいウィナーを打ってきたし。彼女はプレーのレベルを上げていたわ。5回セットポイントを握られた後だから、素晴らしい勝ちだと思う。

Q:試合であんなに喜んだのはいつが最後だった?

ビーナス:昨日のミックスダブルスよ(笑)。とてもハッピーだったわ。たくさんリターンを返さなきゃならないから、本当にミックスをやるのは私にとってはいいことだと思う。昨日はほんとにタフな試合だったわ。すごくがんばって戦ったから、これを続けていかなきゃ、って思ったわ。でも今日の準備はちゃんとできていたけどね。

だから、これは間違いなく神様のお恵みね。


Q:さっき、毎試合ごとにレベルが上がってるっていう話がでたけど、あんなにタフな試合をした後では、まだ戦う余力は残ってる?

ビーナス:ええ、もちろん。

Q:すべてをだしきってはいないと?

ビーナス:フフ、どうしてそんなこと言うのかしら。

Q:今日の試合はタフだったでしょ。

ビーナス:私はプロよ、だからどんなに試合数が多くても準備しとかきゃいけない。ごく普通のことよ。

Q:君のお父さんは、君がもう1回ランキング1位になれると思っているようだし、ウィンブルドンも勝てると思っているようだよ。それに同意する?

ビーナス:すべてそのとき次第よ。まだあと数試合残ってるし、あまり先走りたくはないわ。1位になるのはとても大変よ。それに優勝賞金100万ドルの大会で勝つような選手でもないし。わからないわ。


ロジャー・フェデラー   QF  def.  フェルナンド・ゴンザレス

Q:最後にヒューイットが君に勝ったのはあのデ杯だったね。

ロジェ君:覚えてないなぁ(笑)。

Q:あの試合、あのとき起こったことが君のそれ以降のレイトンと対戦する際のひとつの要素になっているような気がするんだけど。二度とああいうことが起こらないように君自身が奮闘しているのかい?

ロジェ君:あの試合は…あれはある意味僕にとって大きな自信になった。なぜかというと、それまで何回も彼に負けていたからね。(あのときは)本当に3セットで勝てそうな感じだった。そんな気持ちはそれまで彼に対して持てなかったからね。2セットアップになって、ブレイクして、サービング・フォー・ザ・マッチになって、僕は本当に信じられないくらいいいプレーができていたよ。それから彼が逆襲してきて、ああいうことになったんだけど。

でもあの試合は、もちろんつらかったけど、ある意味ではレイトン相手でも3セット、それ以上彼についていけるっていう自信を僕は得ることができた。だからそれから僕が勝てるようになったのかな。


Q:君は攻撃と同じくらい防御もすばらしいよね。それはこの1ヶ月で一番よくなった点なんじゃない?他の選手にとってはまだ君が改善しつづけているっていうのはあまり聞きたくないことかも知れないけど。

ロジェ君:そうだね、今日はコーナーにたくさん攻めることができたよ。いろいろ考えなきゃならなかった。本当にうまくいったと思ったよ。スライスが、思い通りにうまくいったね。

でも、守りも同じくらい大切だといつも思っているよ。今日みたいに、いつも攻撃してばかりしなくていいし、2通りの戦い方ができる。それがいいことだといつも思うよ。今日もそれを証明できたと思うし。


Q:シードに関していろいろもめたけど、誰が2番目にシードされるべきだと思う?

ロジェ君:お~、きつい質問だね。それがここでのやり方だからね。こういう方法をとるのはこのトーナメントだけしかないし。でも僕には理解できるよ。ここはウィンブルドンだ。すべての歴史はここから始まったんだから、大会が決めることはすべて理解できることだと思うよ。

レイトンが準決勝で僕とあたって、アンディが決勝にいったら、もちろんまたいろいろ議論されるかもしれないけど、でもアンディのこの2年間の成績を考えれば、彼は第2シードに値するよ。でももちろんレイトンだってそうだよ、だって彼はランキング2位なんだから。

難しい問題だよ。彼らがこのことで気分を害さないでいてくれることを願っているよ。特にレイトンがね、もちろん。そのことが次の僕らの試合に影響することはないだろうけどね。



アンディ・ロディック  QF  def. セバスチャン・グロージャン

Q:さっきロジャー(フェデラー)は君のことを一番リスペクトしている、ていうようなことを言ってたよ。君は彼のプレーや人間性についてどういうとこを一番尊敬してる?

アンディ:彼のプレーそのものが尊敬に値するよ。おそらくいままでラケットを持った人間の中で一番才能あふれた人じゃないかな。その繰り出すショットや、完璧なプレーぶりがね。

でも、彼はコートの外でもすばらしいんだ。素晴らしい王者は今までもたくさんいるけど、彼は本当にカッコイイ奴なんだ。ロッカーや他の場所でも高飛車なところや威圧的なところが全然ない。まるで接客係か食べ物を運んでくる人みたいに、「please」「thank you」て言うんだよ。だから彼はあんなにリスペクトされていてみんなに愛されてるんだと思う。あんなに成功しているのに、それに敵意をもたれることが全くないんだ。


Q:君には根本的に馬が合わない選手がいるよね。そういう選手と対戦するのは、やりやすい?やりにくい?よりいいプレーができるようになるかな、それとも複雑な気持ちになるのかな…

アンディ:君は個人に対する印象を第一印象で決め付けてない?友達であろうと、好きだろうと、コートに出ればそんなこと影響しないよ。ただ一人だけ、マーディー(フィッシュ)とやるときだけはちょっと別だけどね。僕らはお互い知りすぎてるほどよく知っているし、一緒に育ってきたから。

でもそれは別として、コートにたったら、同じ場所に友達なんかいないんだ。試合が終われば、お互いをさらけ出して仲良くなれるだろうけど、試合中は、お互い相手を倒そうと思ってるのさ。


Q:ここまで勝ち進んでほっとしている、と言ってたね。準決勝の有力選手といわれて期待されるのは、リラックスできることかい?これからの2試合も戦いやすくなる?

アンディ:うん、それはいえるね。この大会には強い意気込みで臨んできたんだ、みんなもわかってるとおり。僕がまだいいプレーヤーであることを証明したかった。まだ僕は終わってなんかいない。まだ22歳なんだ。まだまだ向上心はあるし、基本的に4つのうち3つのグランドスラムでは基本的に優勝をめざして挑戦してるんだ。もう少しリスペクトされてもいいんじゃないかと思うよ。

Q:そのことを周りの人と同様自分に対しても証明しないといけなかった?

アンディ:ん~、いや。自分ではいい選手だってわかってるから。でも、さっき言ったように、大きな結果が必要だった。一番いやなのは、クレーコートシーズンで苦しむことなんだ。そしていつかいいプレーができてサーフェスに自信がもてるようになったら、そのときは…そんなことはなくなるだろうね、正しい方向に向かってれば。

Wimbledon.org
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。