Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


全米オープン展望 女子編
2006年08月26日 (土) | 編集 |
いよいよですね!ていうか、気がついたらもう来週からか…最近月日の流れの速さをほんと感じます。こないだUSオープンシリーズが始まる、とかいってたのに、もう全米なんだものね。USオープンシリーズは、結局誰が制覇したのかな。男子はアンディがこのあいだのシンシナティの優勝をうけてシリーズも制覇したみたいですね。

その全米ですが、今回は女子では、おそらく出ていれば優勝候補の一番手を思われてたキムが、欠場となってしまいました。残念…怪我したのが左手首というのが非常~に気になります。モントリオールで負傷して、当初は2ヶ月くらいかかるということでしたが、最新情報によると、6週間くらいで復帰できるかもしれないとのこと。でも無理しなくていいよ。あせって中途半端にでてきてまた悪くしてもいけないし…これで全米も、そしてフェドカップも決勝もかなり絶望的なキム、しかも、2007年には引退するという話もあるし、キムを見るチャンスがますます減っていく…。

私は正直、今回の全米はキムとマリアちゃんの戦いになると思っていたので、とっても残念です。。ていうことは、あのAcura Classicの決勝は貴重なものになりましたね。あれの再現をニューヨークで見れると思っていたのだが…。

あと、キムのほかにはビーナスも欠場となりました。こちらも手首の調子が悪いようです。

最近はドローみながらの展望はしていなかったのだけども(だって1回戦で負けちゃうかもしれないし!)、今回は久しぶりにドローみながらつらつら語っていくことにします。

①モレスモブロック

例によって、1~4シード選手がいる4つのブロックにわけて書いてます。最初はモレスモのいる一番上のブロック。モレスモは最近どうなんでしょうか。ニューヘブンはリンゼイに負けてましたが…。ウィンブルドンで優勝してからはあまり音沙汰なかったけども、元気してたのかな。ニューヘブンでカムバックとか言ってるので、それまでずっと休んでたのかな。肩を痛めていたみたいですね。うーん。まだエンジンがかかっているとはいえなさそうだ…。ちなみにモレスモは年末のチャンピオンシップの出場が決まったみたいですね。今年は2つのGSで優勝したし、この全米でこけちゃったとしてもそこまでいろいろ言われないと思うし(笑)、プレッシャーはそこまでないんじゃないかなあ。

そのモレスモと4回戦でぶつかる位置にいるのが、セレナ。シンシナティで復帰していきなりベスト4、そしてロスでもベスト4進出と、なかなかいいスタートとなっているんじゃないでしょうか。地元の利と経験をいかして、どこまで勝ち進めるかな。でも、セレナにとっては、モレスモの前に、3回戦であたりそうなイバノビッチが大きな壁になりますかね。先週のモントリオール、雨で月曜日にずれちゃうという前代未聞の(?)決勝でヒンギスを破り優勝。初のティア1優勝という、彼女にとって最も大きな勝利のひとつとなりました。若さが仇になっちゃうこともある彼女だけども、その若さを武器にしてどこまでこの勢いをニューヨークで発揮できるか、楽しみですね。

ちなみにそのヒンギスもこのブロック。モレスモと一番離れたところにいます。しかしヒンギスは初戦が中国のPengと、なかなかやっかいな相手になりそうですね。そしてイバノビッチと2回戦で対戦する中村藍子選手がいます。藍ちゃんがんばって!中国より先には負けてほしくない(笑)。

ここのブロックは誰が出てくるかなあ。やはりモレスモが強いかなあ。私としてはイバノビッチあたりに勝ち上がってきてほしいところですが。あっもちろん藍子ちゃんもです。ローランギャロスの森上さんみたいにほんとに勝つ可能性も、ないとはいえないしね。

③シャラポワブロック

モレスモのブロックがんばりすぎた…ここからはさらっと。マリアちゃんはクライチェック妹との対戦。ちょっと楽しみですね。マリアちゃんが負けることはないでしょうが、初戦というのはどんなトップ選手でも緊張するものだというし、失うものはないであろうクライチェックがどういうプレーをしてマリアちゃんをどこまで苦しめることができるか、ちょっと注目。どうせWOWOWでも放送されるでしょうし。

マリアちゃんが4回戦であたる位置にピアースがいますね。ローランギャロス、ウィンブルドンと欠場してやはりフィジカルが心配なピアースですが、去年すばらしい強さをみせてくれたこの全米にピアースが戻ってきます。ピアースはマリアちゃんにこの大会で勝ったこともあるし、マリアちゃんとしては少しげんが悪い相手と言えなくもない、かな。

ゴロビンちゃんVSハークルロードのかわい子ちゃん対決(古っ)もありますが、やはりここは順当にペトロワVSマリアとなって、マリアちゃんが順当にベスト4にくると予想します。

④デメンティエワブロック

いつのまにかデメが第4シードになってる…あっそうか。キムが欠場で繰り上がったのと、こないだで優勝してましたもんね。あれで順位が上がったのか。でもあの優勝は…マリアちゃんは先週からの連戦で疲れてたし、他にあまり強い選手いなかったし、デメはあれで優勝して全米優勝する気まんまんのようだけども、あの優勝だけでデメが一気に候補、とは思えんなあ…でも、2回決勝進出してるし、力がないわけではない、よね、もちろん。

そのデメと順当に勝ち上がって対戦したいクジーは、一番離れたところにいます。そういえば一昨年のチャンプだったね、クジー。クジーは4回戦まではすんなりいけそうだけども、4回戦で、ローランギャロスの再戦か?ニコちゃん6号(バイディソワ)がいますね。ニコちゃんはローランギャロス惜しかったよなあ…あれコーチングが許可されてたらニコちゃん勝ってただろうな(笑)。でも私はクジーがすき。でも次対戦したらニコちゃんが勝ちそうだ。さすがに同じ失敗を二度は繰り返さないだろうし。

あと同じロシア勢で最近調子のいいズボナレワとか、キリちゃんとか、ロシア勢がここは多いですね。あとグローネフェルドなどもいます。ん~、ここは、デメVSバイディソワ、という感じかな。でもデメも期待するとこけちゃうしなあ。わからぬ。

②エナンブロック

キムが欠場により、繰り上がってエナンが第2シードとなりました。エナンは今週のニューヘブン順調に勝ち上がってますね。準決勝も、ローランギャロスの決勝でもあたったクジーにしっかりストレート勝ち。そして決勝は久々登場のリンゼイとの対戦となった。そしてそのリンゼイも、このブロックに入っています。

いやーリンゼイ、正直去年優勝したこの大会、今年はだめかなあと思っていましたが。なんせトップ10のうち7人が出場というハイレベルな大会になっている。そこでナンバー1のモレスモに勝って、昨日の準決勝もストーサーに、2つのタイブレークという厳しい内容を制して決勝進出。いよいよリンゼイが戻ってきた、と言っていいかな?これはエナンも戦々恐々といったところでしょう。エナンとしては、全米開催前にここでしっかり勝っておきたいところでしょうが。

エナンと2回戦であたる位置にモリックがいますね。今205位か…ストレートインまでまだあるな…でもとりあえずモリックは今回WCを得ての出場です。よかったねモリック!2回戦でエナンていうのが非常に心苦しいが…とりあえず1回戦がんばっておくれ。

あと、杉山さんと浅越さん。森上さんがともにこのブロックに入ってしまいました。そしてミルザや中国のYuan、などアジア選手が多いブロックとなっています。

ここはやはりエナンが頭ひとつ抜けている気がします。リンゼイが絶好調でエナンとあたると、おもしろい展開になるかもしれませんが。


というわけで、私の予想としては、
ベスト4…イバノビッチ(ローランギャロスのバイディソワみたいな存在になる)、
シャラポワ(またしてもペトロワのGSの夢を打ち砕く)
デメンティエワ(強打で押し捲るニコちゃんに粘り勝ち)、
エナン(リンゼイとのフルセットマッチを制してベスト4)

んでファイナリストは、
シャラポワ(イバノビッチがここでもRGのバイディソワみたいにリードしていてのびびり負けで命拾い)
デメンティエワ(エナンがリンゼイとの試合で疲労困憊)

そして、優勝は!
マリア・シャラポワ(2度あることは3度ある、デメはまたしても決勝で涙をのむ)

…あくまでフィクションですが、実在の人物・事柄と全く無関係でない可能性もあります…。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。