Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ファイナル進出者は
2006年09月09日 (土) | 編集 |
黒がテーマのナイスなウェアだね

Maria Sharapova

@Yahoo!sports


お~ごえもんが花火しておる。最近夏のギフトキャンペーンでまたおもちゃを大量にあげたので、新たな遊び道具を手に入れて、今までと違う動きもときどき見せてくれることと思いまする。

②Justine-Henin Hardenne(BEL) 4-6 6-4 6-0 ⑲Jelena Jankovic(SCG)

エナンが見事勝って、これでなんと今年すべてのグランドスラムで決勝進出!すごいすごい~。強いなあ。まさに男子のロジェ君状態。…あ、ロジェ君のほうはまだ決まったわけじゃないけど…。

いや~しかし、とても見ごたえのある試合でしたね!エナンにとって、厳しい厳しい試合でした。いやーほんとよく勝ったと思う。ほとんど負け寸前でした。第2セット4-2になったときはさすがに、いくらエナンでももうだめなのか~と思ってましたが。いやはや、あんなことが起こるなんてねえ…。

それまでは、試合の主導権は完全にヤンコビッチが握ってました。ストロークで積極的に攻め、長いラリーでもエナンより打ち勝っていたと思う。特に、要所要所でのバックのストレート。エナンのトレードマークを奪うヤンコビッチすばらしいストレートが、セットポイントなど重要なポイントで決まっていました。

エナンはとにかくサーブが悪すぎました。このあいだのデメンティエワじゃないけど、あんなにダブってたらそりゃあいくらストロークよくてもゲームはとれないよ、ね…。せっかくブレイク先にしたのに、すぐにブレイクバックされてしまいます。解説の丸山さんがおっしゃっていましたが、最初らへんのゲームで、2回つづけてダブて0-30になったことがありましたっけ。あのゲームはキープだったか破られたか覚えてないけど、序盤のあの2連続のダブルフォルトのイメージがずっとついて回ってしまっているのではないか、というお話がありました。なるほど…切り替えようと思っても、そういう悪いことに限ってなかなか忘れられないものだよね(笑)。やはり、そういう意味でも、立ち上がりというのは大切なんだなあと思う。

第2セットに入って流れが変わるかと思いきや、ヤンコビッチの勢いがどんどん増すばかりで。エナンは相変わらずダブリの山を築き、ヤンコビッチのほうはドロップショットも飛び出して、リターンダッシュもがんがん成功して、完全にノリにのってしまいました。お客さんも味方につけて、エナンを再びブレイクして4-2、そして自らのサービスゲームも40-30、これキープすれば5-2、もう勝利は目の前です。

…とここで事件(?)発生。1stサーブが微妙なフォルトになって、ヤンコビッチが審判とやりあってしまいました。チャレンジシステムになってからこういう抗議の場面は少なくなりましたね。怪しいと思えばすぐにチャレンジできるし。でもこのときのヤンコビッチはすぐにそうしませんでした。なんでかなあ?

そして審判と口論になって完全に集中をきらしてしまったヤンコビッチは、次の2ndサーブフォルト、そしてそのゲーム結局ブレイクされてしまいました。ここが、この試合のターニングポイントでしたね。

でもどうしてなのかなあ。今でも不思議だ。劣勢なのならともかく、リードしてて、自分のゲームポイント、有利な状況なのだから、抗議するような状況ではなかったはず。…ちょっと気が緩んだ、かな?。調子に乗っているときほど、慎重にならなくちゃいけない。世界2位のエナンにセットも奪い、2セット目もリードして、お客さんからも声援をもらって、すごく楽しそうにプレーしていた。その何もかもうまくいっている状態が、心の隙を作り出した、としか思えない。

そこへいくと、エナンはやはり年の功(?それほど年とってないよね、ごめん^^)というか、経験豊富というか。じっと我慢していたよね。どんなに攻められてもゲームをとられてもサーブをミスしても、じっと我慢してチャンスをうかがっていた。エナンの真の強さを見た気がします。そして我慢しつづけたエナンにやはり勝利の女神が微笑みました。その後のゲームも相変わらずダブりまくりでいまいちだったけども、ヤンコビッチが崩れてくれたおかげで、最後はふりきれましたね。

「今日は何もないところから挽回できた。決勝にいけて本当にラッキーだと思うわ」。

ヤンコビッチはがんばったけど、最後大きな課題を残しましたね。逃した魚は鯨だったと思います。あ、大きいっていう意味で。どう考えても勝っているはずのゲームを、ほんのちょっとの自分の不注意(あえてこう言う)で落とした。ベスト4という成績はもちろん立派なものだけど、内容的に完全に上回っていただけに、…なんともはや。

「集中を失ってしまった。でももうどうしようもないこと。失敗から学ぶしかない。まだ若いし、次は同じ間違いをしないようにしたいと思う」。


③Maria Sharapova(RUS) 6-0 4-6 6-0 ①Amelie Mauresmo(FRA)

この試合は…最初マリアちゃんが3-0か4-0になったところまでは見たのだが…その後…睡魔が…ぐぉーがぁーzzz…。エナン戦があまりにすごくて疲れてしまった…一応録画してあるので後で見ようかな。でももう明日の朝(日本時間)に決勝戦なんだよね~。

立ち上がりからマリアちゃんが絶好調でしたねー。モレスモはずいぶんフレームショットや打ち損じが多かったですね。風のせいかプレースメントがよくなかった。やっぱバックが片手だったからかな。そういえばロジェ君などもフレームショットよくしますね。でも同じ片手バックでもエナンはあまりないような気がする。

やはりマリアちゃんのショットは力強く、モレスモの変化を封じ込める強さがありましたかね。第1セットはわずか10ポイントしか失わずあっさり先取。

しかし第2セットはモレスモが踏ん張ってセットとりかえし、ファイナルセットへ。

「まだ終わったわけじゃない」と気持ちを切り替えて臨んだファイナルセット、これまた1ゲームも失わずに6ゲーム連取。なんか出入りの激しい試合だなあ。やはり、立ち上がり立て続けにゲームがとれてモレスモに強いシャラポワのイメージを植えつけることができたのがよかったのじゃないかと、マリアちゃん自身は分析している。

しかしモレスモ2タコ…準決勝で2タコ食らっちゃうのはオープン化されて初めての出来事らしい…どこか体の具合でも悪いのか?

「少し疲れがあるけど、特別なことはなにもない」。
「今日の違いは、彼女(シャラポワ)がミスをしなかったことと、私がミスが多かったことだと思う」。

2セット目をとれた後もあまりいい感触が得られていなかったということです。やはり立ち上がりの出来の悪さが最後まで響いてしまったというところかな。マリアちゃん相手にそれは許されないことです。

そのマリアちゃんは、これで、ようやく、やっと!準決勝の壁を破ることができました。おととしのウィンブルドン以来、全仏以外の全ての大会で準決勝敗退を繰り返してきましたが、ようやく、だね。モレスモに初めて勝てたのもあるけど、やはり決勝進出というのがうれしかろうね。

そういえばマリアちゃんは今日はデーゲームで服装がまた違っていましたね。この日のもなかなかよい。いつものファンタジー系(?)のより今回みたいなシックな感じのウェアがいいなあ。でもやはり全部黒だともっといいかな。んでサンバイザーもしないほうが好き。今日は昼でまぶしかったからしょうがないんだけど。こないだのナイトセッションのゴロビン戦の格好がとてもかわいかった。ひとつ結びも美しい人がやると絵になる…ひとつ結びって結構難しいんだよね。結びかたをキレイにやらないとすっごいもさく見えちゃうし。でもああいう美しい人は無造作に結んでてもサマになる…いーなーいーなー~。清楚でお嬢様っぽくみえますよね。いーよなー。

…閑話休題。というわけで。マリア優勝予想がまだ生きてますな(笑)。どっちかというとエナンのほうがすきなんだけど…決勝はどうなるかなあ。私はエナン次第という気がする。マリアちゃんはいつものごとくがんがん打ってくるでしょう。エナンがこのデコターフでどうそれに対処するのか。

とりあえず今日のヤンコビッチ戦みたいな調子だったらまず勝てない。マリアちゃんは歳はヤンコビッチより下だけども、経験も豊かで力強く、精神的にもずっと強い。メンタルで崩れるということはなかなかなかろう。そのへんはエナンも同じだけども。

エナンのフィジカルが気になるなあ。今日の接戦が影響してないといいけど…。エナンは小柄だしやはり体力という不安がいつもある。全豪のときも、準決勝のマリア戦すごく充実してて、決勝があれだったからな…。もしフィジカルも調子もリンゼイ戦くらい充実していたら、やはりエナンが強いと思う。でもエナンがちょっとでも調子が落ちると、マリアちゃんがものにしそうな感じもする。

いずれにしても、第1シードを破った第3シードと第2シードの対戦ということで、やはり4大大会の最後を飾るにふさわしい最高峰の試合となりましたね。これは楽しみである。明日は朝なのでちゃんと起きてみるぞ!…あ…男子の準決勝が夜中にある…耐えられるかな…心配だ…。

Sharapova, Henin-Hardenne win, meet in Open final; Men play semis(AP)
UPDATE 3-Open-Sharapova stuns Mauresmo to reach final(Reuter)

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
マリア強し
>アイリーンさん

マリアちゃん強かったですねー。エナンはそんなに悪くなかったような気もしますが、やはりショットの力がマリアちゃんのほうがちょっとありましたかね…。エナンが1stサーブ失敗するたびにダブらないかとドキドキしてましたが、今日はそこまでサーブ悪くなくてほっとしました。

そしていよいよ男子決勝がもうすぐですね!早朝というのがちょっと気になりますが(最後まで見れるかな)、アンディの健闘を大いに!期待してます(^^)。
2006/09/10(日) 13:57:26 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
早いもので
さっちさん、こんばんは。
私も昨日は睡魔に襲われてシャラポア対モレスモは見ていません。
今回は一番好調なのはシャラポアだと思っていたけど、モレスモ相手に6-0を2セットも取っちゃったんですね。
体つきがよりアスリートらしくなりましたよね。

反対にエナンは不安要素がいっぱいですね。
精神的には波がないと思っていたのに、ダブルフォルトを量産して自信なさげな表情を浮かべていましたね。
最後の締めはさすがエナンでしたけど。

早いものでもう決勝戦ですね。
個人的にはサフィンファンとして、サフィーナ組が残っているのが嬉しいです。
2006/09/09(土) 22:36:09 | URL | アイリーン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。