Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デ杯準決勝 ロシアVSアメリカ編
2006年09月23日 (土) | 編集 |
久方ぶりの更新でございます。う~ん、とうとう始まってしまった…本当は前日あたりに全体の展望を書いて、それから今日からいよいよ試合スタート!…といきたかったところなのであるが…昨日は気づいたら寝ていたzzz…。今日は、明日が休みなので多少夜更かししても大丈夫なので、がんばりまする。

もうはじまっちゃってますが、まずは準決勝をたたかうチームの紹介から。

ロシア

いままでの戦績

1回戦 対 オランダ

R1. Raemon Sluiter 7-6(2) 4-6 6-7(5) 6-7(5) Dmitry Tursunov
R2. Melle Van Gemerden 6-7(4) 5-7 4-6 Nikolay Davydenko
R3. R.Sluiter/J.Van Lottum 2-6 6-3 4-6 4-6 I.Andreev/M.Youzhney

2回戦(準々決勝) 対 フランス

R1. Richard Gasquet 6-7(4) 6-4 3-6 7-6(1) 1-6 Marat Safin
R2. Arnaud Clement 6-3 2-6 4-6 6-7(4) Nikolay Davydenko
R3. A.Clement/M.Llodra 6-3 6-3 6-7(3) 5-7 6-2 D.Tursunov/M.Youzhney
R4. Richard Gasquet 1-6 6-3 7-6(4) 3-6 5-7 Dmitry Tursunov

いやはや、強い強いロシア。しかも2戦ともアウェーでR5までいかずに勝っている。シングルスは全勝ですね。しかも消化試合のシングルスも全部勝ってます。フランス戦の勝利はちょっとびっくりだったなあ。フランスもチームとしてとても充実しているし、地元でクレーだし、まさかロシアが勝つとは思いませんでした。やはりガスケ君の2敗がイタい…うう。

最初のころはサフィンが不在だったけどアンドリエフ君もいたし、そして今アンドリエフ君が怪我でいないけどサフィンがいるし、それにナンバー1のニコちゃんは健在、ユーズニーは全米で絶好調で自信をつけているし、ツルちゃんはムードメーカーとしても重要な人物。いやはや、ロシアの層の厚さと充実ぶりはすばらしい。

そして一方、そんな超強敵ロシアに立ちはだかる、我らがアメリカチームの軌跡も追ってみましょう。


アメリカ

1回戦 対 ルーマニア

R1. Andy Roddick 7-6(2) 6-2 6-7(8) 2-6 4-6 Andrei Pavel
R2. James Blake 6-4 7-6(5) 6-2 Victor Hanescu
R3. B.Bryan/M.Bryan 6-2 0-0 ret. V.Hanescu/H.Tecau
R4. Andy Roddick 6-3 6-3 6-2 Razvan Sabau

2回戦(準々決勝) 対 チリ

R1. James Blake 7-6(5) 6-0 6-7(2) 4-6 8-10 Fernando Gonzalez
R2. Andy Roddick 6-3 7-6(5) 7-6(5) Nicolas Massu
R3. B.Bryan/M.Bryan 6-1 6-2 6-4 P.Capdeville/A.Garcia
R4. Andy Roddick 4-6 7-5 6-3 6-2 Fernando Gonzalez

一方こちらは、2戦ともホームでお客さんの声援を味方につけて勝ち上がってきました。最初のルーマニア戦でアンディが負けちゃったときはどうなることかと思いましたが。チリ戦はグラスで地元だったわりに意外に苦戦しましたね。やはりR1が大熱戦だった。ジェームス君は、惜しかったよなあ…ジェームス君はプロになって以来5セットフルセットマッチになって勝ったことが未だに一度もないらしい…。

しかしそこは頼れるブライアン兄弟ががっちり勝利をものにして、アンディ、ジェームス君ともお互いチームメイトの負けをカバーするチームワークの良さもみられています。今回はいよいよロシアという敵地に乗り込んでの戦いになりますが。私は当然アメリカ応援です。がんばれアンディ!がんばれジェームス!がんばれ兄弟!

1日目の結果は続きを読む以降で。


1日目

R1. Marat Safin 6-4 6-3 7-6(5) Andy Roddick
R2. Mikhail Youzhney 7-5 1-6 6-1 7-5 James Blake

びえ~ん(T T)。もう2敗しちゃった~がーん。クレーだし、アウェーだし、厳しい戦いになるという予想はしていたが…はああ。アンディは全米準優勝でだいぶ調子は取り戻していたようにも思うけど、やっぱクレーだしなあ…。

私はたびたびロシアチームの監督さんのTarpischevさんの采配のすばらしさについて言及してきたけども、今回もやはり。なんと初日に、自国ナンバー1、トップ5選手のニコちゃん3号を差し置いて、2回のグランドスラムチャンピオンとはいえ現在74位のサフィンを持ってきました。ニコちゃんの心境やいかに。しかしこれはサフィンはプレッシャーかかるだろうなあという感じだけども、よくこの起用にこたえました。よかったね監督さん…内心ひやひやしてたんじゃなかろうか(笑)。

やはりクレーというサーフェスが影響してか、サフィンが終始主導権を持っていたようですね。常に先にアンディのサーブをブレイクしてセット先行して、常にアンディをリードしていました。

サフィンは身体的にも、そして精神的にも、とーっても充実していたみたいです。ただ1回、ちょっと危うい場面がありました。第3セット、サフィンは5-3でサービス・フォー・ザ・マッチだったそうですが…そこをアンディにブレイクされてしまいました(^^;)あらら。そしてタイブレークに。

しかしこの日のサフィンは落ち着いていましたね。そのタイブレも一時はアンディが5-2とリードしていたのに、そこからサフィンが5連続ポイント。これでアンディ万事休しました…。

そういえばサフィンはちょっと前、早くも引退について語ってましたね。その話はまたの機会にゆっくり記すとして、あと4年は続けるつもりらしい。その4年の大きな目標として、このデ杯での優勝を掲げている。2002年にもロシアを優勝に導いたサフィンですが、やはり個人の大会とは違う特別な思い入れがこのデ杯にはあるらしい。

そして今日の試合後も、なんか哲学めいたことを言ってます。

「若い頃はゲームについて理解できてないから、ただボールを強く打って走るばっかりで愚かなプレーをしてしまう。でも年とともにプレッシャーに直面する場を経験すると、いつ攻め込むべきかということがわかってくる。ときどきうまくいかないときもあるけれど」。

…それなら個人の大会のときもそれを実践しておくれ…。

そしてR2ですが。全米でシンデレラボーイとなったユーズニー、ここでもヒーローになってます。こちらもクレーはやや苦手のジェームス君相手に序盤はやや苦戦しながらも、第3、4セット連取でこちらもうれしい勝利。ジェームス君はリターンがあまりうまくいかなかったのと、サービスキープに苦しんだのが敗因のようです。第3セットは一度もキープできませんでした。

これでロシアは初日に王手という願ってもないスタートになりました。

「モスクワでプレーしてることが大きなプラスになっていると思う。」とユーズニーは語っていますが。それもあるけど、やっぱりクレーというサーフェスが一番の要因じゃないかなあ。ま、半分覚悟はしていたからいいけど…。

というわけで、これで明日のダブルスは絶対ブライアン兄弟が勝たなくてはならなくなった。これはさすがに勝てるだろう。兄弟。ここで負けたらダブルスナンバー1の名がすたるぜよ。まあもし勝ったとしても最終日で逆転できるとは思ってないけど、やっぱ2日で勝負が決まってしまうのはなんともさみしいしね…。はぁ~アメリカ優勝の道のりは、遠いね~。


Russia Enjoy Dream Start Over US(ATP)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
いよいよ今日決戦
>かわさん

やはりクレーはアメリカ勢はどうしても弱さが出てしまいますねー…おととしの決勝を思い出しました(- -;)いままではホームの利を生かして勝ってきただけに。
そういえばフランス戦もR1がサフィンでしたね。あそこでガスケ君にフルセットで勝って、勢いがついたんでしたっけ。んでガスケ君はあのシングルス2敗でその後の個人成績もちょっとうまくいかなくなっちゃったんですよねー…。R4はダビデンコ、サフィン、どっちが登場するのかな?今から楽しみです。
2006/09/24(日) 11:35:58 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
UPありがとうございます。
もう金曜の夜は一人祭り、Yahoo Tennis記事を読みながらニヤニヤしてしまいました。

ホーム&クレーということで、ロディックよりはサフィンのほうに分があったのかな。ロディックは全米と移動の疲れがあったのかも。しかし、"あの人は今"になりそうなギリギリのところで蘇る漢サフィン、(勝手に)惚れ直しました。
やはりトップバッターに指名されるのは、選手として監督に期待されている証拠なのでしょうか?フランス戦の時もサフィンはトップバッターだなんて。その頃は峡谷の岩肌をさ迷い歩いていた時期では?ダビデンコの心境は如何にと思いますが、そこはチーム勝利への団結ですね。
でも何気に、R5まで見てみたいですね。
2006/09/23(土) 15:55:57 | URL | かわ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。