Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキング更新10/16付
2006年10月16日 (月) | 編集 |
年初めから不定期に(?)お送りしているこのランキングコーナー、最近結構放置していましたが、今こそ一番大切な時期なのに!?今書かなくていつ書くんじゃい、という気がしてきましたのでようやく再開。いよいよマスターズカップも目前に迫ってきて、トップ8争いが熾烈になってまいりました。というわけで、マスターズシリーズマドリッド開幕直前、このランキングを整理してみることにします。

1位 Roger Federer 1374p
2位 Rafael Nadal 829p


この2人はとりあえずもう選ばれてるからね、いいんです。王者ロジェ君は初来日を大いに満喫し、優勝して今年9回目のタイトルも獲得、そして一週間の休みをおいて今週から満を持してTMS獲りへ挑みます。スケジューリングもばっちりだなあ…。去年とおととしは怪我などでこの時期あまりプレーできていませんでしたが、今年は大きな怪我もなく、体調も万全のようで、マスターズカップへむけてこちらもひとつでも多く勝って弾みをつけたいところでしょう。

そして2位のナダル君ですが。苦手(?)のインドアシーズン、ストックホルムでは天敵ジェームスブレイクとの決勝での一騎打ちとなるかと思いきや、伏兵(?)なんと怪我から復帰のヨアキムに負けてしまいました。…ヨアキム…そんなところで化けなくたって(T T)…。うーむ。ナダル君は全米の後怪我はよくなったのかなあ。デ杯ではフィジカルにはあまり問題はなさそうだったけども。マドリッドといえば、去年悪夢のTMC&全豪欠場の引き金になったあのマドリッド…優勝したということよりそういうネガティブイメージしか私にはもはやない…今年は、大丈夫なんでしょうねえ!??今年またTMC欠場とかなったりしたら、まじでナダル君のファンやめそう…。プロフィールの写真を他の人に差し替える(うそです)。

3位 Ivan Ljubicic 478p

先週の3大会はいずれもTMC入りを争うトップ10プレーヤーが優勝、しかもそのうち2つは前年優勝者がタイトルをディフェンドするという強さが目立ちましたね。その一人が、ルビ。やったーウィーン2連覇!…といってもまあアンディが負けてしまったのでやや複雑なんだけども…でもこのところ優勝から遠ざかっていたルビチッチが強さを見せてくれたのはうれしい。TMC争いも3位をキープ、まだまだ決定ではないけどもかなり上海に近づいたんじゃないかな。今週のマドリッドは、去年の決勝での悔しい敗戦がよみがえります。個人的には、優勝はルビチッチでもいいなあと思っている。

4位 Andy Roddick 448p

アンディは、よく考えると今年ツアー1勝なんだよね。でもその1勝が、栄えあるマスターズシリーズのシンシナティ、そして全米での決勝進出、この2つだけで240ポイントある。これが大きい。だからこの位置にいる。何が言いたいかというと、優勝回数や勝ち数も大事だけども、より大きな大会でいかに重要なところで結果を出せるか、が大切なのだということをひしひしと感じる。もちろんどの大会だって大切には違いないんだけど。

しかしアンディ、先週のウィーンでは準決勝敗退。でもポイントは結構アップして4位をキープ。今年はなんとトップ10選手に一回も勝っていない…ていうかトップ10選手とあんまり当たってない…つまりそこまで勝ち進んでいないということか…うーん。アンディの対トップ10選手の戦績は、ロジェ君に1敗、、ジェームス君に2敗、そしておとといゴンちゃんに1敗。他の選手とは戦ってませんね。なんか意外な感じしますが。アンディもインドアは不得意ではないと思いますが、今週のマドリッド大会でトップ10相手に初勝利なりますか。

5位 Nikolay Davydenko 444p

ニコちゃんは、モスクワの大会で、サフィンとのロシア対決を制して優勝。こちらもランキングポイントを伸ばしてトップ5をキープ。このへんは強いなあ。決勝は、第2セットサフィンに取り返されて危なかったみたいだけど、最後振り切りましたね。

6位 James Blake 410p

そして、ルビに続いて、前年度のタイトルを守って優勝したのがジェームス君。こないだバンコクで優勝したばっかりだと思ったらまたまた優勝。今年はこれでタイトルの数は5つ。タイトルの数ではナダル君に並びましたね。しかし優勝した大会の規模やポイントの数で向こうが大きく上回っているため、この差になっている。さっきのアンディのところの話とかぶるけども、優勝回数が同じでも、このように重要な大会でいかにポイントを稼ぐかで成績は大きく違ってくる。だから勝敗の数や優勝回数の数だけが必ずしも重要なわけではない。…ってまあポイントのことばっかりちまちま言っても仕方ないのだけども。まあそういう見方もあるってことで。

まあ確かに今回の優勝でポイントアップの幅は小さかったけども、むしろ、私は今回のストックホルムの優勝はジェームス君にとって、ポイントうんぬんを超えた大きな意味があると思う。それはやはり、タイトルをディフェンドしたということだろう。今までの優勝はいずれも初優勝だった。しかしこのストックホルムは、前年優勝してその翌年にタイトルをディフェンドするという、今までの優勝とは全く違った意味合いをもつ。これはジェームス君にとっておそらく初めての栄冠なのではないかな?(違ったらすいません)。しかも地元のアメリカではなく、異国のスウェーデンでのこの大会を連覇するということは、とても大きなことだと思う。1回優勝するのだけでも大変なこと。それを翌年も同じく優勝するということは、その1年間トップの力を維持していなければいけないということであり、フィジカル、技術、メンタル、あらゆる点でタフでなければならない。それをやってのけたということで、ジェームス君もまたひとつトッププレーヤーとしての階段を着実に登りつつあると言えますな。

正直、私は今年は連覇は無理じゃないかと思っていた。ナダル君の参加もあったし、地元スウェーデンも力のある選手がたくさんいる。そんな中また優勝はちと厳しいのではないかと…しかし、ナダル君の敗退という要素はあったにしても、途中ソダーリング戦やロクス戦などの厳しい試合を乗り越えて、決勝では、バンコクではフルセットにもつれたじゃこ君(ニミネン)にストレート勝ち。またひとまわり力強くなっているような気がする。

しかしまあそういうことを考えてみると、グランドスラムをあんなにいくつも2連覇も3連覇している王者はやはりすごいというか…なんか別次元の人というか…う~む。ナダル君も、ローランギャロスやマスターズシリーズなどいくつも連覇してますね。やはり2人ともすごい選手だなあ。ジェームス君も今回の連覇で、2人にちょっとずつでも近づいていっている…といったら言い過ぎかな?でもそうあってほしいと思います。

7位 Tommy Robredo 395p
8位 David Nalbandian 382p
9位 Marcos Baghdatis 371p
10位 Mario Ancic 348p


その他の4人まとめて。ここらへんは今までのところやや成績が思うように出せないでいる感じもしないでもないですが。ナルは前年マスターズカップ優勝者として今年は絶対参加したいところだよね。しかしポイントはいまいち伸び悩んでいます。今週のマドリッドと来週のパリでよっぽどがんばらないと結構きびしいぞ。

マルちゃんは、最近怪我をしてしまってここのところちょっと出遅れてしまっています。そういえばジャパンオープンも欠場しましたっけ。んで先週はウィーンで復帰しましたが、2回戦でコウベックによもやの逆転負け。第1セットは6-1でとって、ベスト8は確実かとも思われましたが、その後第2セット動きが悪くなってしまって、地元のコウベックをよみがえらせてしまいました。2セット目は4-4でブレイクポイントもいっぱいあったのに、とりきれませんでした。やっぱし、チャンスをものにできないとね…こないだのソフトバンクみたいに…ううっ。まあそれはよいとして。怪我のほうは大丈夫なのかな?

そういえば、マルちゃんのところに最近All England Clubから「The Last 8 Club」の正式会員通知(?)みたいなのが届いたそうな。あれって、…松岡修造っちも入ってる、てことよね?そのクラブは会合とか集まりというのは、開催されたりするんだろうか。

マリオ君は、ジャパンオープンでベスト8に入りましたが、こちらもやや点が伸び悩んでいます。がんばれマリオ!私はクロアチアブラザーズとアメリカのアンディとジェームス君のマスターズカップ入りを心から願ってます。

そのほか注目


28位(←34位) Robin Soderling 177p
38位(←44位) Dominik Hrbaty 162p


ストックホルムとウィーンでともに準決勝進出し、ランキングを6つ伸ばしました。ソダーリングは、今年復調してきましたね。去年初めごろ優勝したりして注目していましたがその後怪我で戦列を離れていましたが、今年また活躍してきています。ローランギャロスの1回戦ではショットの強さがなかなか目についていましたが、あの長身とショットの速さはインドアでは強そうだなあ。ドミニクは、去年の今ごろはデ杯で大忙しだったね。

43位(←52位) Marat Safin 153p

先週はブログ担当だったサフィン、ブロガーのたまにあるジンクスで優勝しちゃうかと思いましたが、惜しくも準優勝。しかし決勝進出は…今年初めて、かな?違ってたらすいません。

そのサフィンの先週のブログ…超おもしろ!読んでてかなり爆笑する場面がたくさんありましたね。初日からいきなり他の人に書いてもらってると暴露してたし。でもあのノリはいかにもサフィンぽいから、結構自分で書いてたんじゃないかと思いましたが、どうなんでしょ。

その中でこういうのがありましたね。「あんまりおなかがすいて舌を噛み切って出血して死にそうだったけども、周りの人のおかげで手術せずに済んでコートにいくことができた」…(笑)それは、ギャグなのか?よくわからないが、でもなんかおもろい。というわけでネタとして頂戴して明日からの日常会話で使ってみることにしよう。ウケる自信はない。

他にもおもろい話がいっぱいあったので、今後の記事でもネタとしてちょこちょこ使わせてもらうことにします(笑)。

78位(←85位) Stefan Koubek 73p
91位(←98位) Oliver Marach 55p


オーストリアの2選手が地元の大会で活躍してランキングをあげました。さきほども書きました、ウィーンでマルちゃん(バグダティス)を破る番狂わせを演じたコウベックはウィーンでベスト8入り。コウベックのファーストネームは、ステファン。エドバーグと同じ名前かあ。ステファンって、アメリカ人っぽい名前みたいに聞こえるけども、ヨーロッパ系の名前なのかな。オリビエってロクス君と同じ名前ですね。オリビアっていうと女性の名前ぽいけど、オリビエになると男性的になるのかな。このあたりは東洋人の私にはよくわからないが。日本でも、「かおる」さんとか、「ゆうき」さんとか、男性でも女性でも通用する名前ってありますしね。

[RANKING GAINER]139位(←201位)Joachim Johansson 21p

ぎょえ~、ヨアキムってこんなに下だったの??139位っていうのにもびっくりだけども、それが162ポイントアップってのがまたびっくり。もちろん今週一番のアップ率です。201位の選手に2位のナダル君負けたのか…(T T)。そりゃあヨアキムが「キャリア最大の勝利」というのも分かる気がするなあ。でも私が思うに、ヨアキムのキャリア最大の勝利といえば、なんつってもやっぱ2004年の全米の準々決勝のアンディ戦勝利のほうがデカいと思いますがね…あれも超ショックだった…ヨアキムは私がすきな選手をことごとくやっつけてくれますな…。


というわけで、今週からはいよいよ最後の正念場、マスターズシリーズが新たに始まりますね。久々にガオラの放送も週末に控えていますし、この大会は注目ですな。なんといってもマスターズカップを争う上位選手の動きが気になります。そこに立ちはだかる王者ロジェ君、またしても優勝をさらっていってしまうのでしょうか。そしてナダル君はどうなのかな…他の上位選手のポイント争いを尻目に上位2人が決勝をまた占領しちゃうのか、それとも誰かが大番狂わせをあげるのか。私の予想は…ちっとも当たらないから予想するのはあまり気がすすまないが…とりあえず、準決勝は、希望もこめて、フェデラーVSブレーク、ルビチッチVSナダル、てことで。ルビのところはアンディでもいいなあ。んで決勝は、ついにやっとフェデラーに土をつけたジェームス君とルビチッチが決勝激突してどっちが勝ってもマスターズシリーズ初優勝~!なんつー筋書きがいいがなあ。こう書くとたいがいこうはならないのであるが…まあロジェ君に誰かが勝つこと事態かなり非現実的なので、もういいよ、やけになっている。とりあえずなんでも書いとこ。もちろんナダル君が勝ってくれてもうれしいけども、もうTMC出場決めてるし、結果よりとにかく怪我しないで元気でいてくれたらいいよ(T T)。週末ガオラに誰が登場するのか、楽しみですね。今週はマドリッドを少し詳しく追っかけていくことにします。

Baghdatis suffers a bad night in Vienna(Cyprus Mail 2006)
Marat Safin Blog(ATP)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。