Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


完全燃焼して引退するためにやっておくべきこととは
2006年10月19日 (木) | 編集 |
MUTUA MADRILENA MASTERS MADRID

タイトルが長いな…気の利いた文句を思いつかなかったため…失礼。マドリッドも3日目に入って、今日で全ての選手が初戦を戦いますね。…いきなり予想が外れまくっている…おいおいジェームス君たら!初戦から負けんなよ(T T)ん~連戦で疲れちゃってたかな?まあファイナルタイブレではあるが…でも負けは負けだしね。あ~ぁ。ちょっと誉めるとこうだもんなあ…期待をかけている選手が負けるとかなりがっくりだなあ。マリオ君も、負けちゃった…相手が去年ベスト4入りしたジネプリだったから番狂わせというほどでもないけども、ん~マリオ君はTMCかなり厳しくなったかなあ…。そしてルビまで!負けちゃった~があああ~ん_|-|○…これが一番ショックかも…ううう。フルセットでマレイ君に敗れてしまいました…びええん。これでベスト4予想の2人が早くも消えてしまいました。あああもう~。全然予想当たらん。全米のときはあんなに冴えてたのに…あれはやはりまぐれであったか…。う~む。


TMC入り争いの真っ最中ということで、ATPや各種ニュースサイトでも、候補になりそうなレースランキングトップ20くらいの選手の話題が中心になっているけども、ここはちょっとせっかくなので、今日はそういうところとは違う流れで話をしてみることにします。

Tim Henman(GBR) 6-1 4-6 6-1 ⑭David Ferrer(ESP)

ティム、勝ちました!あ~これで少しは救われた。ティムは、最近調子いいみたいですね。東京でも決勝進出したし、最近あまり初戦で負けることが少なくなっているような気がします。今週も、1回戦勝ち、この2回戦も、シード選手で地元のフェレル相手に、フルセットだけども最終セットは6-1と結構圧倒してますね。

初戦よりは安定していなかったといいながらも、1セット目と3セット目はとてもいいプレーができていたようで、ティムのパターンでもあるネットプレーも功を奏していたようです。

このところの好調さに、引退という二文字もやや遠ざかっている様子のティム。「今は楽しんでプレーできているから、この調子を続けることができれば、辞めるまでまだまだたくさんゲームができそうだよ」。

このマドリッドでマスターズシリーズが開催されるのは今年が5回目だそうですが、ティムは5回ともすべて参加。そして今年は初めてトップ30位圏外での参加ということになりました。そういえば今年の出場はワイルドカードだったね。ストレートインできなかったけども、見事な活躍です。

世間はマスターズカップ争いで盛り上がっている中、そういうプレッシャーと無縁でいられることがいい方向に作用しているというのもあるようです。「とてもリラックスできている。失うものがないということを有利にしていきたい」。心身ともに、今はかなり好調のようです。

「テニスでは勢いというものが支配する。今はとてもすばらしいよ。これ以上ないっていうくらいね」。

次の3回戦では、第4シードのナルバンディアンとの対戦になります。がんばれティム!

⑩Fernando Gonzalez(CHI) 7-5 6-7(5) 6-4 Paradorn Srichaphan(THA)

第10シードのゴンちゃんは順当に初戦突破。順当、といってもかなりの接戦ですな。しかしこういう接戦を勝ちきることも、トップ選手には必要なことでもある。ゴンちゃんは、去年のTMCは欠場者続出で急遽召集されたんでしたっけ。「ぇえぇ俺がやるの?」ていう感じのノリだったのがおもしろかった。たしかにあの状況でまさか自分がプレーすることになるとは、思わなかったでしょうね。

ゴンちゃんも、ツアー優勝はいくつかあるけどマスターズシリーズの優勝はありませんね。力あるのになあ…なんか不思議な気がする。でも、新しいなんとかっていう名コーチ(もう名前忘れてる)と組んでがんばっているゴンちゃん、先週はアンディにも勝ってるし、調子は決して悪くないのではないかな。ゴンちゃんは、プレーも豪快だし、キャラクターもいいし、とくに最近好きになった選手のひとりです。ルビとジェームス君のかわりにゴンちゃん応援しようかな。

んで、そのゴンちゃんに惜しくも敗れたスリ坊。惜しかったね…スリ坊はこのように上位選手を苦しめるのだけども、勝利ということになるとなかなか厳しい。一時期のスランプから結構復調してきている感じもしますが。

そのスリ坊ですが、今年27才。いつのまにかもうベテランですね。アジアの星と言われてアジアのテニス界を今も牽引しつづける彼ですが、そろそろテニスのキャリアの終わりを見据えての戦いをしているようです。といっても、さすがにティムほど引退の二文字は近くはないだろうけども。

去年の末からフィジカルに力を入れてトレーニングしているらしいスリ坊は、以前の絶不調から徐々に復帰しつつあります。彼はとても熱心に練習するらしいので、プレー仲間から「ロッキー」と言われているんだとか。ロッキーって、スタローンのあの映画にちなんで、ていうことか?

コーチでもある兄のTanakornといつもテニスコートで、かごいっぱいのボールを打ち、厳しいトレーニングを行っているそうです。今年の春は、クレーシーズンに備えて、より早くヨーロッパで準備していたとか。

「続くかぎりは、楽しんでやるつもりだよ」。誰にともなくつぶやくスリ坊。「永遠にはつづけられないからね」。

去年年末には頭を丸めてお坊さん(?)として修業もし、瞑想に精通することで新たな境地に達している感もあるスリシャパン。もう一花、咲かせておくれ。

Marat Safin(RUS) 6-4 6-3 ⑨Marcos Baghdatis(CYP)

最後はサフィン。またまたシードダウン、こちらもマスターズカップ争いのど真ん中にいるマルちゃんを、ストレートで下しました。先週のモスクワでも調子よかったし、サフィンが徐々に復調しつつある…と、あんまり期待するとあとが恐いでほどほどにしとこう(^^;)

こないだデ杯のときもちらっと書いたけども、サフィンは、自身のテニスキャリアをあと4年で決着をつけたいと考えているようです。今はモスクワでの活躍などもあって少し上昇してるけども、一時は100位以下にランキングも落ちてしまい、今も好不調の波が激しいサフィン。今まで何度となく怪我に苦しんできた彼は、30才以降も自分が現役でやっていくというイメージがわかないといいます。だから、20代までという意味で4年という数字になってるのかな。

「あと4年はやる」。デ杯準決勝の前にそう語っていました。

「今まで(プロとして)8年やってきた。そして4年プラスして12年。それで十分だよ」。あっさり言いますね。もちろん4年たって続けたいと思えばそうするけども、たぶんそれはないよ、と。そして違うことに目を向けたい、と。

だからこそ、これからの4年間がんばりたい、とも語っています。目標は、デビスカップで優勝すること。今年はその大きなチャンスですね。

2005年全豪優勝した後は、あまりぱっとした成績をあげられず、そのうちに怪我をしてしまって今年の中盤まで半年近く全くプレーできなかった。復帰以降もいまひとつ満足な結果を出せていないし精彩を欠いている。どん底とは言わないまでも、2006年は決していいシーズンとはいえないということは、本人が一番よくわかっています。

キムほどの明確な引退宣言というわけではないでしょうが、結構それに近いものがありますね。引退という言葉はできるだけ考えたくない、続くかぎりやっていく、という理念の人もいれば、終わりをある程度設定してそれに向かって、という考え方もあるんですね。

まあでも、引退する、て言って、やっぱり現役復帰、という可能性もある。ティムとかアガシとか見てると、辞めるのはいざとなるとやっぱり抵抗が強いだろうし。サフィンも、30才になって、やっぱ続ける~とか…言わないかなあ。ラッパー引退宣言したJay-Zも予想通り復帰するみたいだし、…ラッパーと一緒にしちゃさすがにまずいか…でもフェレイラは、引退した後なんか復帰してますね。でもサフィンはきっぱり辞めそうな気がするなあ。

でもサフィンがテニスやめたら何するんだろう。やっぱ事業とかするのかなあ。解説者っていうのもサフィンぽくない…誰かのコーチ?ん~もっとイメージわかないな…ま、先のことはとりあえずおいといて。4年の間に、グランドスラムをもう1つでも2つでも、獲ることができますかサフィン。やっぱこのまま終わって欲しくは、ないよな…スリ坊同様、やめる前にどこかでもう一花、二花、咲かせてほしい。去年の全豪みたいな日が、いつか必ずくるのを、待ってるよ。

Relaxed Henman determined to enjoy late-season revival(Reuter)
Paradorn keeps the faith(Court Coverage)
Safin sets exit date(Sportal)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
>ゴランさん

最近どうも更新がマスターズシリーズとグランドスラムだけになってしまってますね(あとデ杯…)。他の大会も気になるところなんですが、なにせ時間がなくて。でもテニスニュースはいつも見てるんですけどね。去年は自分でもすごいがんばってたなあと妙に感慨深いです(笑)。これからは、一球入魂ならぬ一記事入魂の精神で、少ないながらも内容の濃いものを目指してがんばっていきたいと思います(^^)。

2006/10/22(日) 15:35:20 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
お疲れさまです
こんばんわ。

最近更新が少なくなっていたのでお疲れ様なのかなと思っていましたが、やはりそうでしたか(笑)。
ブログを毎日更新するのはパワーがいりますもんね、自分はめんどくさがりなのでできません。
TMSや4大大会だけでも十分ですよ。
いつもデビスカップまで更新してくれているのは、本当にうれしいですけど。

更新の量は少なくてもこれからも続けて欲しいなって思っています。
おっとベルディッヒ戦が見れるようなので、今から見ます!
ベルディッヒ、フォアハンドいいっすね!

それでは、失礼します。
2006/10/21(土) 21:53:31 | URL | ゴラン #-[ 編集]
残念です~(T T)
>ゴランさん

こんにちは!最近更新が途切れがちですいません(^^;)私もすっかり馬力がなくなってきました…。

そうなんですよ~(T T)ガオラ目前でナダル君がいなくなってしまいました。ベルディヒには今度こそ勝ってくれると思ったんですけどねぇ…これで3連敗ですか。去年のスウェーデンでの勝利がすっかりかすんでしまいました。までも、とにかく怪我さえしないで無事にマスターズカップでプレーしてくれればよいです(^^;)

そこへいくと、王者はやっぱりさすがですね、ほんと。ソダーリング戦も厳しい試合だったようですが、結局勝っちゃうんですよね、いつも。勝利の神様がひいきしてるとしか思えないです(いやそんなことない)。このまままた優勝しちゃいますかねえ?
ウィンブルドン以降、2大巨頭の決勝対決はなかなか実現しませんね。

そうそう、ゴンちゃんはここまではいつもくるんですよね…でも今回は、決勝進出のチャンスですね!今回は補欠でなく順当に選ばれる可能性もでてきましたね。私は今回のTMCは、マリオ君とジェームス君に出てほしいと思ってます。でもマリオ君はちょっと厳しいですね…そのかわり(といってはなんですが)ゴンちゃんが出てくれるとうれしいです(^^)。

2006/10/21(土) 18:50:26 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
残念!
ご無沙汰しております。

ナダル、残念ながら負けちゃいましたね。
ナダルVSベルディッヒ、放送で見たかったです。
ベルディッヒは同世代ということもあって、ナダルに対する苦手意識がないようですね。
確かにあのサーブはすごいですから、インドアでは脅威だったんでしょうね。
マドリッドという完全なアウエイでよく勝ったなと思います。
スペインの観客はパルチザンと書かれていましたが、相当嫌だったんでしょうね。

サフィンは解説をさせたら面白そうですね。
他の選手とも仲がいいし、いろいろ話を引き出せるのではないでしょうか。
残念ながらナルに負けてしまいましたが、いい感じに徐々に戻ってきてますね。
ナルはこれでTMCほぼ安泰になってきましたね。
去年の決勝は消化不良な試合だったので、今回こそはちゃんと雌雄を決して欲しいです。

王者はさすがですね。
確か持ってないTMSはモンテカルロ、ローマ、マドリッド、パリの4つですから、今回取ると全部獲得が見えてきますね。
(そんな選手いませんよね)
パリも何もなければ取れそうな感じですし、
課題はクレーの2つでしょうか。
クレー選手の寿命は短いことを考えるとナダルが衰えるのか、それとも次世代のクレーキングが壁になるんでしょうか、楽しみですね。

ゴンチャンは大抵、ここまでは来るんですよね(ここから先が・・・)。
ジョコビッチを始めとする若手はなかなかこの壁が越えられないんでしょうね。
ノバク・ジョコビッチって確か、ジリ・ノバクもいたので、姓にも名にもノバクってなるんですね。
どうでもいい話でした。
ゴンちゃんはTMCわずかながら見えてきましたね。

さっちさんは誰に出て欲しいですか?
自分としては、バグやマリオに出てほしいですが、厳しくなってきて残念です。

2006/10/21(土) 10:13:35 | URL | ゴラン #-[ 編集]
サフィンに期待
>かわさん

サフィンもティムも最近調子いいですねー。特にサフィンは、がんばってほしいですね~。ジェームスブレイクも負けてしまったし、本当に準決勝に行って王者と対戦するかも?やはりついつい期待してしまいますね。

ネットプレーヤーは本当にまさに骨董品ていう感じですねえ…ストロークの打ち合いはそれはそれで面白いですが、ネットプレー独特の美しさは、見ていてとっても気持ちいいです。王者もネットプレーうまいけどもネットプレーヤーという感じでもないですしね…。

スリ坊は選手からの人望も厚いようで、まじめだし、素敵ですよね~。今年のオフシーズンはさすがに修行はしないでしょうね(笑)。
2006/10/19(木) 20:42:06 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
豪華ですね
サフィンへの愛ある檄、ありがとうございます。マドリッドのこれ、豪華メンバーが揃ってますね。個人的に美味しすぎる面子ばかり(笑)

サフィンにはこのまま準決勝まで進んでもらって、王者との死闘再演!と願いとこなんですが、願ったところで・・・なサフィンなんで~(爆)
私もヘンマンの頑張り、嬉しいです。若い世代がどんどん出てきて、今や骨董品的なプレースタイルに見えますが、それでもそれでも前に出る姿は哀愁ある勇気に「うるッ」ときます。
スリ=ランボー、ちょっと笑えます。あの筋肉のつき方、ナダルなんかとは別の質感に見えます。アジア人が鍛えるとこうなります、っぽい筋が張った感じでしょうかね。
2006/10/19(木) 18:00:31 | URL | かわ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。