Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3人目のプレーヤー
2006年10月21日 (土) | 編集 |
MUTUA MADRILENA MASTERS MADRID

マドリッド大会、すんごいことになってますね。レースランキング上位10人のうち7人がベスト8に残れず敗退。んで残ったのが、王者ロジェ君と、ナダル君と、ナル(バンディアン)。う~ん。他のみんなは何やっとんじゃ~い!…て、みんな勝ちたいと思ってがんばってんだよね…ごみん。でもなあ、このマドリッドはポイントをあげて他の選手に差をつける絶好のチャンスだったのになあ。特にジェームスブレイクとマリオ君…うう。

そこへいくと、やはりナルはさすがだ。もちろんナルも早いラウンドでこけちゃうことはあるけれども、こういう大事なところになると、外さないね。しかも、マスターズカップ出場争いもかかった大事なマスターズシリーズ。マスターズシリーズは他のISの大会と違って、無条件にまるまるポイントが全部加算される。勝てば勝つほど点が伸びる。そういう重要なところできちんと決めてくる。上の2人とは成績に差もあるけども、やはりナルはこういうのを見ると、2人に次ぐ存在なのだと思う。

ジェームス君は、マスターズカップは第一目標じゃない、と大会前に言っていた。目標は、日々改善することでありひとつの大会にこだわるのは好きじゃない、と。それはもちろん正しい考えである。でも、そんなことは、言われなくともわかっている。そりゃそうだ。引退する日まで戦いは続いていくのであり、どんな大きな大会でもグランドスラムでも通過点に過ぎないということは、ここでも何度となく語ってきた。そんな当たり前のことをいちいちこの局面で言う必要はないのでは?目の前のひとつひとつの目標をクリアしていくことは、とても大切なことだ。今彼の目の前にある目標は、紛れもなくマスターズカップ出場だ。そういう今の状況で、プレッシャーを避けるためだったのかどうかは知らないが、ああいうことを言って欲しくはなかったなあ。「出場めざしてがんばる!」とがつんと言って欲しかったよなあ。ま、いいけど…。

そして、昨日ガオラ出演者を決める準々決勝が行われました。

Tomas Berdych(CZE) 6-3 7-6(6) ②Rafael Nadal(ESP)

あ~ぁ~負けちゃった~(T T)…。これ勝てばガオラで見れたのにね…ちょ~がっくり。またベルディヒに負けちゃいました。これで、去年のシンシナティから3連敗ですな。ん~どうやらこりゃ完全に天敵になっている。苦手意識があるのかなあ。

昨日のベルディヒは、まさに四面楚歌状態でのプレーでした。お客さんはもちろん自国のスター、ナダル君の応援で、ベルディヒがミスをするたびに喜び、試合が終了してベルディヒがコートを去るときはブーイングの嵐だったそうです。…相変わらずだな…マナーの悪さは…そりゃいかんだろ…せっかくがんばって金星を挙げたのにね。地元選手が負けて悔しい気持ちはわかるけども、それだけベルディヒがすばらしいプレーで勝利を挙げたのだから、彼を称える拍手で送り出して欲しかった。スポーツに勝ち負けはつきものです。でも私は日本ハムはしばらく食べません。

肝心の試合内容は、最初からベルディヒが主導権を握っていたようで、パワフルなグランドストロークでナダル君をベースラインに釘付けにしていた、とのこと。

「彼(ナダル)がベストの状態のときは、どこへでも走って行ってすばらしいショットを連発する。…でも、彼のそれ以外のプレースタイルは思いつかない」。

「それは僕が好きなプレースタイルだ。彼はベースライン後方から浅いボールしか打ってこない、だから僕はより前に出てボレーをすることもできるし、ステイバックして打つこともできる」。勝ったときは調子いいですなあ~。勝てば官軍、とはこのことですな。舌もなめらかです。…まあ結果が結果だけにしゃあない…。とにかく、ベルディヒはナダル君に相当なライバル意識を持ってるようですな。こいつにだけは負けたくない!ていう感じがありありと顔に出てる(笑)。それがまた観客のカンにさわったのかな。

その観客についてもベルディヒは言及してます。「みんながナダルに優勝して欲しいという気持ちは良く分かる。でもここはデ杯じゃない。」一般のトーナメントだけに、いくら地元とはいえ度を越えた一方的な声援に苦言を呈するベルディヒの気持ちは、当然よくわかる。誰だって勝ちたいと思ってやってるわけだ。好きな選手が負けたからって、相手にブーイングなど、自分勝手もいいとこだ。

そしてナダル君がこれに反論するかのように、観客に対して挑発的な態度をとった(見てないけど文面にそのようなことが書いてありました)ベルディヒを「bad parson」と表現してこういいます。「チェコでプレーするときは、逆の状況になる。でも僕は(観客の対応について)何も言わなかった」。

おいおい、お客さんに触発されてナダル君までなんだか物騒になってますね。場外乱闘?…まあレイトンVSコリアに比べりゃかわいいもんだけど…。でもちょっとナダル君らしくないね。何も言わないというのなら、それも言わなきゃいいのに。スペインの観客について言われたから擁護してるつもりなのかもしれないけど、第3者からみたら明らかに観客の態度が良くないと思いますがね。ナダル君は負けた後も相手を称えるフェアプレーの精神を持ち合わせていると思っているだけに、ちょっと残念な発言だ。トップ選手になってちょっと謙虚な気持ちが欠けてるのじゃないでしょうね?ま、そういうことはないと思いますが。去年の決勝でルビの孤独に耐える姿を、ナダル君はどんな風に見ていたのかな。忘れたとは言わせないよ。

まあでも、とにかく、今年はこれでマドリッドでは余計な怪我をする心配がなくなった(笑)。私はもうそれで十分だよ。あとはパリでまた大暴れしておくれ。マスターズカップ優勝予想ナダル君にしてんだから、フィジカルしっかり整えて、頼みますよ!

①Roger Federer(SUI) 6-3 7-6(4) Robby Ginepri(USA)

そんな苦しむナダル君を尻目に、王者は着々と勝ち星を積み重ねておりますな…すばらしい…やっぱライバルはいいすぎだよなー。ずいぶん差がある。だって、全然負けないもんね!今日も楽な試合じゃなかっただろうけど、前のソダーリング戦もかなり厳しい内容だった。ソダーリングも復調著しいですね。でもそんなソダーリングやジネプリにも、しっかり勝っている。

ロジェ君は今年9つの大会で優勝。今まで、少なくともオープン化して以降、3年連続で10大会以上優勝した選手はいないそうです。サンプラスも、アガシも、マッケンローも、なしえなかった。もしこの大会優勝すれば、ロジェ君が初のその偉業を達成することになる。ちなみにこのジネプリ戦の勝利で、今年80勝目をあげました。負けはナダル君に4敗と、こないだのマレイ君に1敗です。5敗しかしてない…去年は4敗だった…。

「すばらしい記録だよ」。なんにも言うことありませぬ。


④David Nalbandian(ARG) 6-4 6-7(6) 7-6(2) Marat Safin(RUS)

冒頭で誉めまくったナル、昨日のQFも、サフィン相手の厳しい試合を勝ちきりました!夜中だったか朝だったか忘れたけどちらっとスコア見たときは第2セットのナルのマッチポイントのところで、あーこれで決まっちゃうかなーと思っていたのだけども、まさかフルセットでタイブレークにまでもつれていたなんて。サフィンもよく粘りましたね。負けてしまったけど、決して悪い負け方じゃないし、トップ5の選手相手にここまでやるのだから、そろそろサフィンの神格化は近い…かな?

ちなみにこれはブロガー対決でした。先週のブロガーだったサフィンと、今週のブロガーのナル。ナルのブログは、短くて読みやすいです(笑)。ナルが泊まってるホテルは「a bit crazy」なんだそうな。ナルが泊まってる部屋は床が一面白くて、他の部屋では一面黒、という部屋もあるそうで、ナルは白い床でよかった、というようなことを言っている。「床が黒いと朝起きるのに苦労しそうだからね」。ジョークもなかなか冴えてます。

ナルは、特別私はファンというわけではありませんが、堅実なプレーぶりも好きだし、セクシーでかっこいいですね。そして、仏頂面してるときは恐い顔なのに、笑うととってもかわいい!まさに破顔一笑、ていう感じです。あのギャップはなかなかツボである…。

そういえば、この2人は12月のデ杯決勝でも顔をあわせるんだっけ。こりゃおもしろい決勝になりそうですね。今から楽しみ。

そしてナルは、再び王者ロジェ君に挑戦です。カモにしていたのはもはや過去の話、あんなにリードしていた対戦成績も並ばれてしまいました。しかしここで勝てば、またリードするチャンスです。ナルが王者にどういう挑戦をみせてくれるのか、今日は放送を楽しみにしたいと思います。

⑩Fernando Gonzalez(CHI) 7-5 5-7 7-5 Novak Djokovic(SCG)

そしてガオラ最後の切符を手にしたのは、またしてもゴンちゃん。ゴンちゃんガオラによく出るねえ。なんか準レギュラー化しているような気がしますが…。やはり名コーチの指導の成果かな。この日も、ジョコビッチに激しく責められましたが、最後振り切りましたね。ルビとアンディが負けてしまいましたが、そのブロックから出てきたゴンちゃんに、ぜひともがんばってもらいたい。


というわけで、今年のマドリッド、出演者は、ロジェ君、ナル、ゴンちゃん、ベルディヒ、ということになりました。予想は…全く的外れだった(^^;)…ロジェ君だけがかろうじて当たっていたが、まあ彼の勝ち上がりは予想というか予定というか、確定というか…。んで優勝予想は?とりあえず当てるのならロジャー・フェデラーといいたいところですが、あまりにも順当過ぎるので、今回はゴンちゃんを一押しで。ゴンがんばれ!とりあえず今日のベルディヒ戦に勝って、トロントの借りを王者に返してほしいな。あ、もちろんナルがくる可能性も否定はできませんが…。

David Nalbandian blog(ATP)
Nadal loses, Federer advances at Madrid(AP)

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ナダルVSベルディヒ
>ゴランさん

連続投稿どんどんOKです!これからもどうぞよろしく。

あんな風に思ったのが私だけだったら、と多少心配でしたが、同じように感じた方がいて安心しました(笑)。ナダル君はよっぽど悔しかったのでしょうね…。スペインではどういう風に報道されたんでしょうかねー。やっぱりアンディベルディヒ、ていう感じなんでしょうか。それだとちょっと残念ですね。

そこへいくと、日本のお客さんは、いいですよね!大人しすぎると言う人もいますが、やはりこういう点は日本人のよいところかな、と。手前みそかな?ウィンブルドンのイギリスのお客さんも、日本人と共通するものがありますね。

いよいよ今日は決勝戦!やっぱり王者が強いんでしょうかね~。ゴンのがんばりに期待します。

>asukamura2002さん

たしかに、ナダル君はまだ20才なんですよね…日本のプラプラした20才(いやしっかりした20才もたくさんいます)と比べたら、ずっとがんばってるしいい青年ですよね(…もう少年とは呼べない^^;)。これからも母親のように、いや姉のように見守っていきたいと思います(笑)。

王者VS貴男くんの試合はテレビで見ることができませんでしたが、日本人は決して相手にブーイングなどはしませんよね。まあ野球などではよくありますが…日本やイギリスは、観客の態度がいいなあといつも思います。

しっかし、ロジェ君はさすがですねえ。昨日のナル戦も快勝!今日の決勝も磐石そうですね。5セットマッチだけども、あんまり早く決まっちゃうとおもしろくないので(笑)ややゴンちゃんのがんばりにも期待したいと思います。

>villaさん

こちらこそご無沙汰です。ナダル君は直接ベルディヒにそんなこと言ったんですか…ベルディヒなんかかわいそうですね…。たしかにあまり人好きのするキャラではなさそうですが、プレーとか見てると豪快かつ繊細な感じが私もわりと好きです。ナダル君に何度も勝つところはあんまり好きじゃありませんが…(^^;)

ナダル君は、ストックホルムでも負けちゃったし、最近あまりいい成績が上げられてないからやや焦りもあるんでしょうね。クレーシーズンの無敗ぶりとはちと違いますが、やはり彼の今の力からしたら妥当なとこなのかなあという気もします。まだまだ成長過程だし、あまり結果を焦らず長い目でみてがんばっていって欲しいと思います。とにかく今年はちゃんと上海でプレーしてくれ!と思うばかりです…。

2006/10/22(日) 12:33:22 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]

お久しぶりです、ローマのとき以来ですね。

ところで、昨日のgaoraでNadal vs. Berdych 途中から放送してましたね。
海外のサイトなどからいろいろあったらしいことは知っていましたが、試合後Nadalが握手をしながら'You are very bad'と言うがはっきり聞こえました。Berdychが驚いたようにNadalを見てましたよね。
負けたときは相手をいつもたたえるのに、なんかいつもの謙虚なNadalと違って驚きました。
Berdychが観客に対して取った態度についての発言らしいのですが、おめでとうではなく'You are very bad'って言われるのはなんかBerdychかわいそうって思ってしまいました。
(私、結構好きなんですよね、Berdych)
それにゴランさんの言われるように、マドリッドの観客のBerdychへの対応はひどかったですね。
見ていられませんでした。

Nadal最近、負けているから、余裕がないのかもしれないですけど、残念だし、心配です…

Blog更新大変でしょうが、さっちさんのペースでこれからもがんばって下さいね。
2006/10/22(日) 11:03:48 | URL | villa #-[ 編集]
マドリッドの観客
いやぁ~、確かに昨日のベルディヒ、気の毒でしたね。まあ、前の日の事があるから覚悟はしていたでしょうが…。

ナダルはきっと身内意識が強いんじゃないかな。だからマドリッドの観客を侮辱されたと思って我慢ならなかったのかも。個人的にベルディヒがそんなに特別な事をしたようには感じませんが、スペインでは別の意味があるのかもしれませんね。ベルディヒも人の子なようにナダルも人の子。腹が立って思わず口走ってしまう事もあるんだと思います。特にスペイン語だと口が滑らかなようで(笑)、思わず本音がでるんでしょう。なんといってもまだ二十歳ですもの。。変わらず謙虚でいい青年だと思いますよ。
ただおかしかったのが、
「彼は試合中、いつも僕をひどい、意地の悪い目で見るんだ。」
ってところ。私の見る限りベルディヒはいつもあんな感じだし、ナダルだって決して相手を優しい目で見てる訳じゃあないような(笑)。

国民性といってしまえばそれまでですが、ホントに日本の観客は優しいですよね~。AIGのRoger-鈴木戦を思い、日本が少し誇らしく感じました。

マドリッドのホテルは確かフロア毎にデザイナーが違って本当に斬新なんですよ。HP見ましたが、私なら普通のホテルの方がいいな~(笑)。
2006/10/22(日) 11:01:39 | URL | asukamura2002 #-[ 編集]
マドリッドの観客について
連続投稿で申し訳ありません。

私もナダルの発言に??と思いました。
まさかと思ってニュース読み直したのですが、バッドパーソンとアはべルディッヒに対してのものですよね。
彼らしくないというところを感じました。

それにしても、今日のマドリッドのベルディッヒへの観客はひどかったですね。
解説でも言ってましたが、ベルのファーストサーブのダブルフォルトで大歓声。
昨日ナダルがやられたことがよっぽどくやしかったんでしょうか。

以前、サフィンもスペインの観客の態度のことを悪く言っていましたが、かなりよくないみたいですね。
去年のルビも本当にかわいそうでした。

それを思うと、日本のみんなは優しいですね。
決してそこまでは行きませんからね。

2006/10/22(日) 00:26:37 | URL | ゴラン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。