Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いよいよ決勝
2006年10月22日 (日) | 編集 |
昨日のマドリッド準決勝…思いっきり見逃したぁ~…ごめんちゃい(- -)。いや見る気まんまんだったんですが、いまいち放送開始時間をちゃんとチェックしてなくて、昨日は一日昼間働いた後でやや疲れてたのか、ブログ書き終わったあと、はぁ~なんか疲れたなぁ…とごろんと横になったのが運のつき。起きたら…夜中2時だった…ぷっ。まぬけすぎ。ああ~改めて寝ぼすけの自分に蹴りを入れましたよ。おまけに他にも番組を見逃して録画し損ねた…ひとつは野球中継のせいなのであるが。野球中継のバカヤロー!昨日は厄日であった。でも今日こそは!ぜったいに!見逃しませんよ。試合開始時間22時27分。これでばっちり。


MUTUA MADRILENA MASTERS MADRID

準決勝

①Roger Federer(SUI) 6-4 6-0 ④David Nalbandian(ARG)

…。ま、まあ王者の勝ちあがりは十分予想されていたので、別に驚くことじゃありませんが…こんなにあっさりって…第2セットタコって、どういうことなんじゃい…おーいナル!どうしたんだあ~。う~む昨日ちょっと誉めすぎたかな。ここで誉めるとたいがい次でつまづくなあ。ゴンちゃんをあまり誉めすぎないほうがいいかな…(^^;)。

でも、試合内容はそこまであっさり、というわけでもなかったようですね。特に第1セットは、結構緊迫した場面もあったようです。

このゲームはロジェ君のバックハンドが要所でポイントになったようですね。最初の3ゲームはキープが続いた後、第4ゲームで均衡が破れました。王者のすばらしいバックハンドのウィナーでデュースに持ち込んでそのゲームブレイクに成功。しっかり試合を優位にすすめて、その後はショットを正確にコーナーに打ち分けてナルのエラーを誘っていきました。ナルもその後一度ブレイクバックして第8ゲームはピンチをしのいでキープして4-4に追いつきました。

このあたりまではまだ流れが5分5分だったんだろうけど、第9ゲームで再びロジェ君がバックハンドウィナーでサービスキープして先に5ゲームとして、先行してナルにいい形でプレッシャーをかけることができた。そして次のゲームで再びブレイクしてセット先取。これで次のセットも自分のサービスから始められる。う~む、試合運びが完璧…。

その第2セットも、ロジェ君はエースでゲームをしっかりキープして流れをしっかり自分のものにしたのに対し、逆にどつぼにはまってしまったナルはいらいらしてプレーも精彩を欠いたのか、サーブをキープすることさえままなりませんでした。

第2セットの完璧さは自分でも驚いたというロジェ君。「彼(ナル)によりプレッシャーをかけることができていた。3-0になったとき、ここが彼にとってラストチャンスだと思った。ここで彼のプレー内容が悪かったら、彼が勝利するチャンスはなくなるだろう。」と感じていたとのこと。自分だけでなく相手の心理もしっかり見据えている。なんか王者のいいところばっかりが目立ったゲームだったみたいですね。まさに、今、選手として脂の乗り切っている状態、そんな充実ぶりを感じます。

負けちゃったナルはあんまりがっくりして書く気がなくなっちゃったのか、ブログが更新されてませんね(笑)。まあでも、これでレースランキングも427ポイントで6位とか~な~り~浮上したし。まだパリが残ってるけど、上海がはっきり見えてきたかな。

⑩Fernando Gonzalez(CHI) 6-3 6-1 Tomas Berdych(CZE)

ゴンちゃんが勝ちました!QFで金星を挙げたベルディヒにこのストレート勝ち。ゴンちゃんが勝ったのはうれしいけど、ベルディヒの境遇を考えると、なんだかかわいそうだ…。

昨日の記事のコメントを見ていると、この日もベルディヒに対する観客の風当たりは相当強かったようですね。ゴンちゃんを応援しているというより、ただベルディヒを苦しめてるだけ、ていう感じだったのだろう。そういう環境で、さすがに力が出せ切れなかったのかなあ。ベルディヒはエラーを21出してしまいました。

「こんなの見たことがない。夢みたいだ。テニスの観客とはいえない」。…夢というか、悪夢というべきか。

「僕はスタンドの人を誰ひとりとして怒らせたとは思ってないけど、僕がスペインでナダルに勝ったことが、間違いだったのかな」。

そんなことあるわけない。間違いなんて。そこまで彼は追い詰められていたのか。

そんなベルディヒの不調もあってか、ゴンちゃんは最初から2-0とリードして、第9ゲームでサービスブレイクを決めて第1セットをとり、2セット目も2、6ゲーム目でブレイクに成功して、終始試合を自分のペースにすることができました。

「運よくお客さんが僕の味方になってくれて、よかった」。…ははははっ、ゴンちゃん(^^)。多少ゆがんだ形ではありますが、一応自分の味方をしてくれるのは、悪い気はしないよね(笑)。しかも、これでマスターズシリーズ初の決勝進出。先週のViennaと連続での決勝ですね。成績が安定してるなあ。

しかし明日の決勝は、そんなうまいこといくとはとても思えん。まあお客さんの応援は平等だろうけど、なんせ相手の強さが…今日みたいな快適なプレーは、まず望めまい。

結構ゴンちゃんも王者を苦しめてるんだけどねー。トロントのときも、あと一歩だった。でも、そのあと一歩が、とてつもなく大きな一歩、なんだろうね…。春のクレーのときは惨敗したけども、トロントのときみたいないい戦いができるかどうか。

一方の王者ロジェ君は、記録への挑戦でもあります。昨日もお伝えしたように、この決勝に勝てば、史上初めて3年連続10大会優勝という快挙となります。んもうロジェ君には快挙がいっぱいありますね…でもいくら快挙がいっぱいあったって、もっともっと上を目指したい。それがプロ選手の本能というものでしょう。5セットマッチだからどうなるかわからない、と謙虚にいいながらも、確実に狙ってるでしょうなあ。

ゴンが王者に勝つにはどうしたらいいのだろうか?う~む…ゴンちゃんが勝つ姿が全くイメージできん…すまぬ…。

Federer beats Nalbandian to reach Madrid final(AP)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
マドリッド終了
>アイリーンさん

そういえば今回はロブレド君にフェレル君、モヤちん…地元勢があまり活躍できませんでしたね。やはり得意のクレーとは勝手が違うのでしょうか。

ベルディヒの目つきってそんなに悪いですかねー。まあ負かされたらそう思えるのかもしれませんが(^^;)。まあ今回はナダル君もいろいろありましたが、いろんなことを経験して人生の糧としていってもらえればと思います。やはり、人間関係というのはどこの世界でもネックになるところでしょうし。

王者は本当に強かったですね。足の怪我がやや心配ですが、マスターズカップをいい状態で迎えられるといいなと思います。
2006/10/23(月) 22:47:56 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
観客??
さっちさん、こんばんは。
無敵艦隊スペイン勢の不甲斐なさに投稿する機会を失っていました。
決勝戦を見ながらコメント投稿しています。

昨日のベルディヒは気の毒でした。。。
何もそんなに根に持たなくてもって言うくらい観客の態度が悪くて、いかに彼が強心臓の持ち主でも平常心で戦うことはできなかった様子でした。
ナダル君の態度もいけなかったですね。
いい子で通っていたラファですが、負けた相手に目つきが悪いだとか言わない方がいいです。
普段の彼のガッツポーズだって、相手を待たせて平気な所だっていけませんから。
いくらさっちさんがナダル君のファンでも今回はいただけないと思ってくれたことでしょう(日本人ですから(笑))
それに比べたら日本の観客は公平に観戦しますよね。

ナルちゃんは途中から何も通用しない状態になってしまって、昨日のフェデラーは強かったです。
ナルちゃんはブログに向かないみたいですね。

やっぱりフェデラー優勝しそうです。
プレーヤーの端くれとして、彼のテニスを生で見ると感動しました。
ファンかどうかは別問題ですが。
2006/10/23(月) 00:17:35 | URL | アイリーン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。