Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年10回目の栄冠おめでとう
2006年10月23日 (月) | 編集 |
優勝おめでとう
みんなではいチーズ

Roger Federer and ball persons


マドリッドはいつも女性モデルのボールパーソンが話題になりますが、今年は、半そでですね。やはりあのノースリーブはちょっと露出がねぇ…と年増のおばちゃん的いやみを感じていたので、今年の半そではちょっと好感。しかしやっぱりスカートが短い。ズボンにしろ!

あと気になったのが、ラインパーソンの服。とってもすてき!あれはラコステですね。いいよなあ~ラコステ。あの囚人服みたいなボーダーのシャツが、とってもかわいい。ローランギャロスのときもあれ着てましたっけ。特にあの水色のがよかった。あの水色と白のボーダーに、ベージュのパンツがとってもよく合っていて、見ていて、いい服だよなあ~、て試合中も気になって見てました。水色とベージュって、合うんだよね。赤もよかったけど、水色のがわたしは特に好きだなあ。赤とか青とか原色じゃなく、水色っていうのが、ね。こういうの見るとファッションの勉強になります。ああいうコーディネートしたいなあ。でもあんな水色と白のボーダーシャツ、持ってないよなあ…ラコステの服は、値段は張るけどそれだけデザインも生地もよいものが多いので、好きです。西通りのラコステにでもまた行ってみようかな。


MUTUA MADRILENA MASTERS MADRID

決勝

①Roger Federer(SUI) 7-5 6-1 6-0 ⑩Fernando Gonzalez(CHI)

ロジェ君今年10回目の優勝となりました。おめでとういや~今回も強かったね。別に私はロジェ君嫌いでもなんでもない、むしろ好きなんですが、こうもひとり勝ちが続くとさすがに他の選手にもがんばってもらいたいと、いつも相手選手にやや肩入れしてしまう傾向にあるのですが、そんな私のあまのじゃくをあざ笑うかのごとく、いつも強さを見せてくれますなあ~。今回も、1タコつきです。

今日はちゃんとテレビ見ました!(笑)。序盤はゴンちゃん調子よかったですねー。ショットの勢いもさることながら、緩急うまく使いこなして、ただ打つだけじゃない進化したゴンぞうぶりが今日もみられたと思います。結構最初からネットにも積極的に出ていましたね。ラリーおじちゃん(←ゴンのコーチ:最近この人もよくガオラに登場するようになりましたね)は、ゴンにネットプレーを取り入れたいというお考えだったと記憶していますが、それが表れている感じでした。

逆にロジェ君のほうは、最初ややミスが目立ちましたね。サーブもいまいち入りが悪くてダブリも結構あった。ショットでも、エラーがロジェ君のほうが多かった。第1セット途中までは、辻野さんのおっしゃっていた通り、ゴンちゃんペースの流れでしたね。

そしてゲームはキープキープで6-5まですすんで、タイブレークかな…と思われた第12ゲーム、ここでアクシデント発生。ロジェ君がボールを追いかけた拍子に右足を捻っちゃった!あちゃ~。だだだ大丈夫か?なんだか痛そうにしてましたね。しかし、この王者の負傷が、思わぬ展開を呼ぶことになる。

相手選手が怪我をしたときの心境というのは、どんなものなんだろうか。「お、これはチャンス」「あー痛そうだなあ、大丈夫なのか?」「わーい、ざまみろ(←それはない)」「カンケーないね(これもない)」「かわいそ…ボクが変わってあげたい(これもないかなあ)」…いろいろあるだろうけど、やりにくいということは確かだろう。怪我をしたところを攻め立てるっていうのもなんとなくやりにくいけども、そんな甘ちゃんなこと言ってたら勝てない、手段なんか選んどる場合か、プロは結果が全てじゃ!とばかりに心を鬼にして負傷した相手を振り回す…やりにくいだろうなあ~。

こういう状況で思い出すのは、柔道のロスオリンピック決勝、負傷した山下選手の相手のラシュワン(だったっけ?)は、決してその負傷したほうの足を攻めなかった。コーチは攻めろ攻めろと言っていたようだけども、彼のスポーツマンシップがそれを許さなかった。そしてラシュワンは敗れた。でも、金メダルよりもずっと価値あるものを彼は手に入れたと思う。こうやって柔道のことなどほとんど知らない人間の記憶にも残っているのだから。山下さんとラシュワンさんは、よき友人として今でも交流を続けているそうです。

閑話休題。ペースがくるってしまったのは、怪我をしたロジェ君ではなく相手のゴンちゃんのほうでした。いままでは自分のテニスに集中して無心で戦っていていい感じできていたのが、相手にトラブルが生じたことで、自分を見失ってしまった、というか。ちょっと相手を意識してしまうようになってしまいました。ゴンちゃんとしては、足が思うように動かないロジェ君を振り回す作戦に出たのが裏目に出てしまった。無理なショットでミスが出てしまい、第1セットの最後はちょっと自滅しちゃった感じもするなあ。

しかしインジャリータイムでテーピングをする王者ロジェ君にはやはり不安がつきまとう。今日は5セットマッチ、まだまだ先は長い。これから先どうするんだろう。状況によってはリタイアとかなったりしちゃわないだろうか…という心配をよそに。…あれれれ…なんか…あっさり終わっちゃいました…う~む。

ロジェ君はどのショットもすばらしいけども、今日もバックのストレートが印象に残りました。ゴンちゃんもさすがにロジェ君のバックを攻め立てていたけどもそれをよくしのいで、ストレートにウィナー!ていう場面が数多くありましたね。要所でネットにも出てゴンにプレッシャーをかけるのも忘れない。ストローク戦も、序盤はゴンペースだったのが、最後のほうはゴンちゃんがミスしてしまう場面が多くみられました。

う~ん。どう考えても、第1セット終盤のあのロジェ君の負傷が流れを変えたように思える。これって、いわゆる「けがの功名」てやつかね?ふつうは怪我したらしんどくなるはずなのに、その怪我さえも相手へのプレッシャーにしてしまう…王者おそるべし…。でももちろん足に不安を抱えながらのプレーはしんどかったでしょう。勝ちを決めた後も、ほっとしたというか、しんどかった~、ていう表情だったように心なしか感じました。

一方ゴンちゃん、最後のほうはやや力尽きてしまったけど、今回の決勝進出は見事でした。今日の決勝も、第1セット途中までは、よかったんだけどね…やっぱあのロジェ君の負傷がなあ。相手が怪我をしたときどう戦うか。ゴンちゃんにまた宿題がひとつできました。でも、あの豪快なショットはやっぱり健在でしたね!ばしばし打ちまくるあのフォアはスカっとして気持ちよかったです。あと、バックのスライスがとても効果的だったと思います。解説の辻野さんもおっしゃっていましたが。豪快なハードヒットを武器にするゴンちゃんだからこそ、あのバックのゆる~いスライスが生きてくる、そんな感じでしたね。今日はさすがに相手が王者だっただけに力の差が多少あったけども、今回は初の決勝進出ということで、これをひとつのステップにして、これからも、ラリーおじちゃんと一緒にまたがんばっていってほしいと思う。

そして表彰式。去年は試合が長引きすぎて放送されませんでしたが、今回はさくっと終わったので(^^;)、ちゃんと放送されましたね。

「去年とおととしの2年間は疲労と怪我で出場できなくて、今年戻ってきて優勝できた、これはボクのキャリアにとってすばらしい日になった」。

すがすがしい表情でシールドを受け取る王者ロジャー・フェデラー…なんか…ロジェ君って…かっこいい…って今ごろ気づいたんかい。う~む。今までは「強ぇ~」としか思っていませんでしたが、今日の王者は、なんつーか、その~、な感じ(←意味不明)要するにステキな男性を見たときに、「きゃ~かっこいい」ていうあの感じに見えちゃったわけですな。今の短めの髪型が私的に好きなんですわ。…いかんいかーん!これじゃあ次回のフェデラーVSナダル戦で邪念が入ってしまうではないか(- -)。忘れよう。でも、今日のロジェ君はとってもステキでしたよ。あ、ゴンちゃんもかわいかったです。かっこいい、ていうのとはちょっと違うけども…。

さ!というわけで。マドリッド終了して、あとは来週のスイス、センクト・ペテルブルグ、リヨンそしてさ来週のパリを残すのみとなりましたね。マスターズカップ争いは、序盤で大量にこけちゃってあまり盛り上がりませんでしたが、ティムやサフィンの奮闘あり、ナダル君VSベルディヒの場外乱闘(?)あり、相変わらずスペインはにぎやかですな。ちなみにこの会場では女子のWTAチャンピオンシップスが行われるそうですね。モレスモ出れるのかなあ。心配だ。

心配といえば、ロジェ君とゴンちゃんも、スイスの大会出られるのかなー。ナダル君はすでに欠場を発表してますね。アンディもリヨン欠場を発表している。パリにそなえて、ということなのかな。ロジェ君は今日の足が心配だなー。スイスは彼の地元だから出たい気持ちでいっぱいだろうが…去年も怪我で出れなかったし…でも足が…ゴンちゃんも、2週連続働きづめで、ここは休みたいとこだろうけど、スイスはディフェンディグチャンピオン、なんだよね、たしか。2人ともどうするのかなー。ま、とにかく2人ともおつかれさまでした。早く体調が回復することを、願ってます。

Federer wins 10th title of season in Madrid(AP) 
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
来週が楽しみ
>アイリーンさん

そうそうv-10←こんな感じで。ぴったりの絵文字がありました。短い髪が彼にはよく似合っていると思います。まあ成績がよくて強いというのが大きく影響してる…かな?(笑)。たしかにナダル君とは対照的ですね(^^)

ゴンちゃんはテニスが変わりましたね。王者相手だとなかなかうまくいかないけど、成績も上位で安定してきたし、来年また楽しみですね。っとその前にマスターズカップ出場できるかちょっと注目ですね。最近他の候補選手がちょっと元気ないだけに、一気に逆転、という可能性も十分あるのではないかと思います。

ルビとアンディが出場決めましたね。残りはあと4つ。来週はいよいよマスターズカップ出場選手が決まるということで、今からもうわくわくしてきました。どうなるのか、楽しみですねー。

2006/10/26(木) 02:52:35 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
さっちさん、こんばんは。

王者は風格があるというか余裕があるというか、ここぞっていうポイントは落としませんね。
一人で異次元に行ってしまったような強さを感じます。
さっちさん、まさかロジェ君の容姿にv-10ということ??
ナダル君とは正反対って感じですが、大人の魅力ですかね。
足首がちょっと心配です。
今年は怪我なく上海入りして欲しいのですが、バーゼルは出ているみたいですね。

ゴンも最近かっこよくなったと思います。
ドゥルコちゃん効果かな。
テニスも柔らかく上手くなってハードヒットが生きてる感じですね。

ナダル君も今回の件で、人間的に成長するでしょうね。
いつもいい子でいなくちゃいけないのは、大変ですよね。

サフィン君が調子が上がってきたので、得意なパリで活躍してくれることを祈っています。
2006/10/25(水) 00:43:13 | URL | アイリーン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。