Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゆれ動く勝利の女神
2006年11月16日 (木) | 編集 |
歯をく~いし~ば~り~

Andy Roddick

@Yahoo!sports


一日おきにご報告しているマスターズカップ。毎日書いたほうがいいのは分かっているのですが、なかなか…(^^;)しかし、昨日書かなかったので今日はばっちりと。いよいよ2戦目です。今度は、勝った同士、負けた同士の対戦ということになりました。このあたりからだんだんRRの流れが形作られてきて、早い人は2戦目でSF進出を決めちゃったりもするものだけども。今日で勝ち抜けを決める人が表れるか否か。2戦目も、初戦に劣らず白熱した戦いになりました。

この2戦目の試合は、4試合中3試合がフルセットで、しかも、流れが途中から大きく変わってしまうものとなりました。勝利の女神はいつも気まぐれです。勝ち星ってまさに流れ星みたいなものだね。あっちへこっちへ移動してしまう。昨日、今日、その動くきっかけはどこにあったのか、それを探ってみたいと思いまし…たが…ちゃんと試合見てないのであまり探れてない(笑)。

Red Group

①Roger Federer(SUI) 4-6 7-6(8) 6-4 ⑤Andy Roddick(USA)

これは…帰ってきたとき、ちょうどファイナルセットが始まったところだったんだ~。だから1、2セット目の激闘のことは終わった後にネットで知ったのでした…。

アンディ第1セットとってるぅ~!ていうのがまず最初の感想だった(^^)。去年のウィンブルドンの決勝でも今年の全米の決勝でも見事にストレート負けしてしまっていましたが、この日はアンディ、またもやサーブ&ボレーが功を奏して第1セットは優位に進めていたようですね。第3ゲーム、ダブルフォルトでサービスゲームを失ってしまい、これが決定的となりアンディが先手をとりました。

それにしても、ロジェ君日曜に続いてまたもや第1セットを失うことになりました。先手必勝の王者らしくない。しかも2試合連続。調子あまりよくないのかなあ。もちろんプレー自体の素晴らしさはいつもどおりだけど、なんとなくこの2試合は王者の圧倒的な優位さがちょっと感じられない。手こずってる、というか。まあナル戦の最後のほうはあれだけども、ナルの自滅って感じだったし。。

しかし肝心なところでやはり王者の存在感というか、目に見えない大きな力が健在でした。アンディ…第2セットタイブレーク…マッチポイントあってしかもサーブだったのね…そこでとれなかった…あぁ~残念!前日のナダル君以上にくやぴいいいい~どん!どん!どん!(机をたたいて悔しがる)アンディのある意味一番よりどころのショットでポイントがとれなかった。これはちょっとさすがにアンディショックを受けているかな。

「ほんとうにわずかの差だった。あと自分の一番得意なショットーサーブを1回打つだけだということが、逆に難しくしてしまった」。

みんながロジェ君に勝てないわけがなんとなくわかった気がする。もちろん技術や実力もあるだろうけども、大きな要因は、精神的なもんだろう。おうじゃ~ロジャ~フェデラ~、という怪物がアンディをはじめ他の選手におも~~くのしかかっている。「いつでも倒すチャンスはある」とみんな勝気に言うけど、実際勝てそうな場面になると、びびってしまう。体がすくんでうまくいかない。そういう場面を何度見てきたことか。ロジェ君自身は別に威圧してるわけでもなんでもなくふつうにプレーしてるだけなのに、他の選手をそういう心理状態にさせてしまう王者ロジャーフェデラーという人物の存在の大きさを、まざまざと感じたよ。

「彼(アンディ)は最初の2セットほぼ完璧だった」。勝った王者も認めています。
「最後にたった1つサーブが足りなかっただけ。彼にとって運が悪かったと思う」。気の毒そうに語る勝者のロジェ君。それだけ、この日のアンディの内容が非常によかったということなんだろうね。同じ選手だけに、悔しさもわかるだろうし。最近の対戦では一番いいプレーだったと、語ってます。

アンディは実に、1stサーブで85%ポイントできました。そして昨日同様ネットに59回つめて35回ポイントとれたのでした。…それで勝てなかったのか…。ファイナルセットはちょろっと生でも見たけど、ストロークとか結構粘ってポイントしてた場面もあったような気がする。

アンディ、しばらくこの敗戦の悔しさが忘れられないだろう、みたいなこと言ってますね(笑)。…ま、でも。まあしょうがない。チャンスがあって獲りきれなかったのだから。昨日のナダル君と一緒じゃ。でも、まだラウンドロビンだしね。これがグランドスラムの決勝とか準決勝とかだったらもう悔しすぎてどうにかなっちゃいそうだけど(笑)。内容よかったし、数ヶ月前よりずっと王者に近づいているのじゃないかな?来年の全豪あたりが楽しみです。まだまだ30敗までの道のりは遠い(ほんとにしそうだ…)。それに、楽しみは後にとっとくほうがいい、ていうしね…(くるしい)。

「勝てたのはラッキーだった」。…ロジェからこの言葉が発せられるのを何度も見るような気がする。追い詰めても追い詰めても捕まえられない、雲みたいなロジェ君のアンディ戦12回目の勝利でした。

④Ivan Ljubicic(CRO) 5-7 7-6(7) 7-5 ⑦David Nalbandian(ARG)

こちらも大熱戦になりました!これも途中で風呂に入ってたりして(^^;)全部はちゃんと見れてないんだけども。前の試合と同様、第1セット落としたほうが次のセットタイブレークとって逆転勝ち、ていう同じパターンになりましたね。

第1セットナルが7-5でとって、次の2セット目、ここも先にナルがブレイクしてルビチッチ劣勢に立たされました。ルビはエラーが多く、なかなか調子が出ず、敗色濃厚みたいなどよ~んとした雰囲気がただよってましたが、なんとか試合終了までに調子をつかむのに間に合いました。その後起死回生のブレイクバック成功!5-5に追いついてくれました。そしてタイブレーク、5-5の場面からどっちがポイントをとるのか見ててドキドキしてましたが、ルビが常にポイント先行して、リーチをかけると、一回のチャンスで決めてくれました。最後はルビらしいエースでしたね。

そして、第3セット。…寝てました…すいません(- -;)翌朝ネットつけたら、ルビが勝ってる~!やったあ。去年のRRでも一緒の組になってそのときはナルが勝ちましたが、今回はルビが雪辱果たしましたね。去年はボコボコにやられたからね、と、このSweet Revengeに、してやったりといった感じのルビチッチ。

人生最高の、とまではいかないにしても、かなりいい勝利だと、昨日の勝ちを喜んでいます。王者戦を残して2敗するわけにいかないもんね。ルビのああいう顔いっぱいの笑みって久しぶりに見た気がする…試合中もずっとむす~っとしてるんだもん。ちょっとこわい(^^;)。体調でも悪いのか?試合中表情を変えないのはルビの特徴ですが。でも笑顔はとってもいいですね。

というわけで、赤グループは意外にも(?)混戦になってます。なんと、2戦終わった段階でまだ誰もSF進出を決めていない、そして4人全員に勝ち抜けるチャンスがある、ということになっているようです。ロジェ君が2勝でリードしてて一見有利に見えるけども、もしルビがロジェ君に勝ってアンディがナルに勝つと2勝1敗が3人になるし。ナルが2敗で不利ではあるけども、アンディVSナルでナルが勝って、ロジェ君がルビに勝つと、1勝2敗が3人並ぶことになるのでこれまたどうなるかわからない。なんだかややこしいことになってますが、展開としてはこれ以上ないおもしろい状況(^^)。

Gold Group

⑧James Blake(USA) 2-6 6-4 7-5 ③Nikolay Davydenko(RUS)

だいたい平日は夜10時ごろ家に帰ってくるので、テレビつけたときは第1試合が終るか終わらないか、ていうことになっている。今日はちょっと遅くなって10時半ごろだったのだけども、もうそろそろ第1試合終わってるかな~と、テレビをつけたら…まだやってた!またもやファイナルセット突入してる~。今年はほんと熱戦続きですね。

えーと、見始めたのが、ファイナル4-3の場面だった。サービスキープが続いていましたね。ストローク合戦になっていたようだ。ジェームス君相変わらずハードヒットしてるなあ。ニコちゃんのストロークにおされてる部分もあったけど、サービスがよいようでした。エースをとる場面が結構ありましたね。

そして、ジェームス君の6-5になって最後第12ゲーム。いよいよ今年TMC初のファイナルタイブレか…?という雰囲気がただよってきましたが。ニコちゃんのミスなどあってジェームスブレイクが15-40とマッチポイント!おおお。しかし回り込んで打ったリターンがネット。ああ~。しかし次のポイントでまたサーブをたたいてこれがスーパーリターンエース!うひゃあ。こないだのナルみたい…このあたりはジェームズ君の真骨頂を見た気がする。リスクを背負って打ってでたことが最初は裏目に出てチャンスを逃したかに見えたけど、そこでひるまないで攻める姿勢を貫いて、2回目は表目がでた!順序が逆じゃなくてよかったね。

そして3回目のマッチポイントをゲットしたジェームス君のガッツポーズ、ナダル君みたいなガッツポーズでしたね(^^)。最後のポイントもニコちゃんのショットがサイドに切れて、万事休す。ジェームス君がなんとこれで2連勝、SF進出に大きく前進する勝利を挙げました。

時計の針をちょっと戻して振り返ると、序盤はほんとニコちゃんのペースだったようです。第2セットの中盤まではニコちゃんがずっとアドバンテージを握っていた。ジェームス君はサービスがいまいちで、コートをめいっぱい使うニコちゃんの力強いグランドストロークに翻弄され、なすすべがなかった。実に第2セット第1ゲームまで一度もサービスキープできなかった。うまくいかなくてイライラも募っていた。それが、途中からいつのまにか…どこで流れが変わったのだろう。

第5ゲームでピンチをしのいでキープできたとこら分岐点だったみたいですね。「ニコライにすごくいいプレーをされていたときでも、自分を保ち続けてふんばれた」。初戦のナダル戦、第2セット0-4から追いついて逆転できたことが、彼を支えていたんだろう。そして、ニコちゃんがちょっと精彩を欠いたわずかな隙をついて、そのあと立て続けにゲームをとって絶体絶命だった第2セットを奪って追いつくと、あとは先ほど書いたとおり。

一方のニコちゃん、途中までかなり優勢に立っていたはずなのに。トータルポイントはニコちゃんが94とジェームス君の91を3つも上回っていながらの敗戦。しかし、すでに気持ちは明後日のナダル戦に切り替えているようです。

「チャンスを逃したことを悔やむことでエネルギーを消費したくないからね」。今日の試合、力は出し尽くした、という充実感があるのかな。最後ジェームス君と握手するとき、うんうんとうなずいていたニコちゃんが印象的でした。

②Rafael Nadal(ESP) 7-6(2) 6-2 ⑥Tommy Robredo(ESP)

今日は勝った~!よかったあ~。わ~いナダル君TMC初勝利~絵文字出血大サービス。…大げさだな…だってんもう~全敗も覚悟していたから…勝った後の笑顔がかわいい♪あんな顔久し振りに見た。最近負けてばっかりだったもんね。

でも最初はロブレド君に先手をとられてしまいました。立ち上がり悪くはなかったように思うけど、ロブレド君の積極的なプレーにちょっと押されたのか、先にブレイクを許してしまいました。しかしその後すぐにブレイクバックできた。これが大きかったと思います。

このあたりでまた例のごとく風呂に入ってしまったので(^^;)、このあと見てないんだけども、どっちがセットとってるかな…と風呂上りにおそるおそる見てみると、ナダル君がタイブレークでセット先取!おお!第2セットはすごい打ち合いになってましたね。2人も拾う拾う、いつまでラリーが続くんだ、という感じで。クレーの試合見てるみたいだったな…。こうなると、やっぱりナダル君のほうにちょっと分があったかな。最後もほうはミスも少なくなっていたし。

ナダル君果敢にネットにもよくいっていたけども、結構ボレーネットにかける場面が多かったかな?ロブレド君のショットが厳しかったということもあるのかな。一方のロブレド君も後半積極的に前に出て行っていましたね。途中ロブレド君のブレイクバックのチャンスが15-40であったけども、あそこをナダル君よくしのぎました。ロブレド君がチャンスボールをミスってしまったのが、ナダル君を助けました。ナダル君今日は、フォアでウィナーを狙って攻撃的に打てた、と語っていますね。よかったよかった(^^)。


と、いうわけで。こっちの金グループは、なんとジェームス君が2勝、で早くもSF進出を決めました!2勝という意味ではロジェ君と同じだけども、明後日ナダル君とニコちゃんが1勝同士で直接対決だからね。そしてロブレド君は逆にRR敗退が決まってしまいました。

しかし、わからんもんだよねえ。この大会に出場するのさえ危うかった8番目のプレーヤー、ジェームスブレイクが、8人中で一番早く勝ち抜けるなんて。王者ロジェ君でさえまだSF決めてないというのに。(まあ状況はかなり有利ではありますが…)。予想って、むずかしいね~ははは。

「ここには失うものは何もないという気持ちでやってきた。そして、トッププレーヤーの一員であるということを示したかった。」

ぎりぎりで最後に出場を決めた彼としては、勝敗のこと以前に、このエリート大会に出場するにふさわしいプレーをしたい、認められたいという気持ちは多分にあったでしょう。それが、こういう最高の形となって表れた。
「信じられないことを経験させてもらってるよ…こんなこと考えてもみなかった。今のこの状況が…まだまだ続くといいね」。まさに、シンジラレナ~イ(笑)。あのセリフをこのジェームスに言わせてみたいものだ。ヒルマンさん教えてあげてください。

そして!SFの残り1つの椅子をめぐって、いよいよ、ナダル君とニコちゃんが激突する日が近づいてきましたね。文字通り、SF進出をかけてのガチンコ勝負になりました。しかもこれが初顔あわせ。これはか~な~り~楽しみですねえ。このナダル戦について、ニコちゃんは、ジェームス君がみせた対ナダル戦を参考にしたいと語っている。

「ナダルに対してはブレイクみたいなプレーをしなくちゃね」。とにかく早いタイミングで攻撃していきたい、と。う~む…こりゃまずい。クレーならともかく、このサーフェスだとナダル君厳しいかもな…2人ともストロークプレーヤーだけど、タイプはずいぶん違いますね。この前書いたように、ニコちゃんのキレのあるショットの力VSナダル君の足と読みと変化でのゆさぶり、という図式になりそう。ニコちゃんのショットと、ナダル君の足と、どっちが勝つか。当然勝つのはラファじゃ!といいたいところですがそうも言い切れないのがくるしい…しかし今日勝てたことで、自信を取り戻して、明後日は思い切り戦ってほしい。がんばれラファ!Vamo~s!

関連記事
Roddick gets close, but not close enough, to beating Federer(AP)
Ljubicic fights back(eurosport)
Blake beats Davydenko at Masters Cup(AP)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
SFわくわく
>ゴランさん

ナダル君やりましたよ!うれしいですねえ。初戦でジェームス君にストレート負けしたときはどうなることかと思いましたが…でも怪我してるみたいなのでそれがちょっと心配です。

今回はナダル君はおそらくロジェ君には勝てないような気がします…アンディがあんなに追い詰めても負けない王者…強すぎますって…。しかし、サーフェスはたしかにさほど速くないようなので、それもナダル君の2勝に貢献したんですかね。明日は、あまり勝利を期待しないで、ややお気楽に、でも一生懸命応援したいと思います。

イバニセビッチの発言…最新の本記事に詳しいこと書いてます。クロアチア人って言うことが過激ですね…ルビチッチが見事に受け継いでます(^^;)。

>のびたさん

足の調子が気になりますねー。ロジェ君相手だと100%でも厳しいのに…来年に響かない怪我であることを祈ってます。明日もプレーが見られるのが、うれしいですね!精一杯応援しましょう!
2006/11/18(土) 03:21:20 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
やりましたね2
うれしい勝利でした!
2006年のイチバンよいゲームだったとナダルは語っていたようですね。
(映像を見て勝利に酔いしれたかったなぁ・・・)
足の状態が気にかかりますが、明日はフェデラーとのゲームを楽しんで欲しいです。
プロなんだから、そういう気分じゃないでしょうけどね。
2006/11/18(土) 02:17:20 | URL | のびた #T5DPT7Jo[ 編集]
やりましたね!
ナダルやりましたね!
トータルポイントで負けていながら勝つ、彼らしい本当にいやらしい(スイマセン)勝ち方ですね。
ダビデンコ、勝てる試合だっただけに相当悔しいでしょうね。
ラウンド・ロビン3試合、全部トータルポイント勝っていたのに、1勝2敗。ストロークの威力は完全にトップクラスと言えますが、テニスはそれだけではないもの(肝心なところでの力)があるんでしょうね。
去年もボールの威力はすごかったけど、ナルバンディアンの組み立てに完全にころっていってしまうところがありますからね。
ただ、この1年の彼の成長を考えると、来年は本当に楽しみだなと思います。
経験を糧にして強くなって欲しいです。

次はナダルVS王様ですね。
いやー来てしまいましたね、準決勝であたるといえば去年のRG以来でしょうか。
あれからナダルの全てとライバル関係が始まりましたよね。
このコートは遅いようですので、ナダルにも少しチャンスがあるような気がします。
ただ、フェデラーは確実にうまくなっています。
(皆が相手にならないので分かりにくいですが)
楽しみですねー

ブレーキVSナルも楽しみだし、明日はドキドキです(決勝以上かも)。

ところでイバニセヴィッチ何か言っていたんですか?
最近とんと話を聞かないので、気になりますのでよければ教えてください。

2006/11/17(金) 23:10:02 | URL | ゴラン #-[ 編集]
RR最終日
>ゴランさん

ナル、準決勝進出決めちゃいましたねー。2敗したときはもうだめかと思ってましたが。びっくりです。やはり、ナルって奥が深い…どうやらお身内にご不幸があったようですね。

しかしそれにしても…アンディ~残念。王者戦がすばらしかっただけに、昨日の負けは残念です。第2セットタイブレークでもしとっていたらセット率で準決勝進出はどうなってたんですかね。(検証してない)まあしかしもう決まったことだし、今さら考えても仕方ないですし…あぁかえすがえすもあの王者戦のマッチポイントが…(やっぱ私もしばらく忘れられなさそう)

ナダル君は、昨日は序盤こそちょっと競りましたが、だんだん力の差を出してくれたので、台2セットは結構安心して見れました(^^)。確かにゴランさんのおっしゃるとおり、ロブレド君のほかの選手との試合を見てると、ナダル君みたいだ…て思うことが多々あります。コートの端から端までよく走ってますしね。キャラは全然違いますが。私は…ん~たしかにあまり特徴がなく印象がないかな…好きでもキライでもないです。もちろんマリオ君やゴンちゃんのほうが好きではありますが、ロブレド君は突然すっごく強くなるときがあるのでそこがおもしろいというか、なんというか(全仏のサフィン戦とか)。まあイバニセビッチにいろいろ言われたりしてかわいそうな感じもしますが、補欠でもなんでもなくちゃんと選ばれてるのだから、自信もって最後戦ってくれればいいなと思います。


つるつるVSぼさぼさ、ウケました(笑)。まさしく。月曜日の初戦もそういえばそういう対決になってましたっけ。あのときはつるつる軍団が2勝しましたが、今回はどうでしょうか。
2006/11/17(金) 20:25:24 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
明日!
こんばんわ。

ナルやりましたね!全米のマッチポイントのリベンジですね。
死のグループの中で最後にゾンビのように生き延びましたね。
今日はロディック、無茶なネットプレーが多かったようで、よく抜かれていましたね。
結局ネットプレーは諸刃の剣なんですね。
王者はもう何もいうことないです。

昨日のロブレドの試合は退屈でしたね。
マスターズの前から思っていたのですが、ロブレドはナダルを右利きにして全てを小さくしたようなプレーなので、ナダルに勝てる要素がないんですよね・・・
光るものがないというか・・・トップ選手に通用する武器がない・・・
その点、ベルディッヒ、アンチッチ、ハース、ゴンザレスといった面々はそれなりの武器を持っているので、出て盛り上げて欲しかったんですけどね(ロブレドには申し訳ないですが)。
さっちさんの感想はどうでしょうか?
(安心して見れたのでは)

明日はツルツルVSボサボサですね。
これは面白くなりそうですね。
高射砲VS返球マシーン!
滑る頭じゃなかったボールと跳ねるボール!
対照的な二人ですね。
どっちも頑張って欲しいなって思います。
王者VSナダルorツルツル?
ナダル戦を見たいけど、ツルツルにも頑張って欲しい!複雑な気持ちです。

ところで準決勝のナルVSブレークって初対戦なんですね。
これも楽しみですね。

2006/11/17(金) 00:45:47 | URL | ゴラン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。