Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


これが最後だ~
2006年11月19日 (日) | 編集 |
今年も夢をありがとう

Rafael Nadal

@Getty Image


ここではシングルスだけしか記述していませんが、マスターズカップはダブルスももちろん行われています。今日は準決勝、我らがミルミル&ビョークマン組が決勝進出~!やったあ。しかしすごい試合だったなあ。ダム/パエス組にオールタイブレーク…心臓に悪そうだ(--;)これのおかげでシングルスの開始時間が大幅にずれちゃったんだね。しかし勝ってよかった!うれしい~。そして決勝へ。相手は、ノウルズ/ネスターと、かなり強敵ですが、決勝にふさわしい好カードになりましたね。優勝めざしてがんばれミルミル&ビョークマン!いや~12月のガオラ放送が楽しみ。

そしてダブルスに続いて行われたシングルス準決勝、RRではフルセット続きでしたが意外にもここは両方ともストレートで勝負が決まりましたね。しかし内容はとても濃かった!さっそく振り返ってみましょう。

準決勝

①Roger Federer(SUI) 6-4 7-5 ②Rafael Nadal(ESP)

いやぁ~すばらしいですね。丸山薫さん風に言ってみました。ほんとに、いい試合だった!もっと長く見ていたい、フルセットに入ってほしい~と思っていましたので、それがちょい残念でしたが。

RRでは2試合で第1セットを奪われ、ルビ戦も先にブレイクされるといった、らしくない追いかけるパターンだったロジェ君ですが、この日はさすがに!相手がナダル君ということで、気合入ってましたねー。第1ポイントでエースを奪うと、それ以降も積極的に先手をとって、ナダル君の攻撃を見事に封じ込めていました。とにかくサービスがよかったですね。ナダル君はその王者の気迫に押されたか、いきなりサービスやぶられちゃう…あらら…あっという間に3-0…なんかウィンブルドンと同じような展開になってきた…。

第4ゲームもナダル君かなりピンチでしたが、あそこよくサービスゲームをキープしてくれました。あれで流れが一方的にならずに済んだ。そして苦しみながらキープしていくうちに、だんだんストローク合戦でも調子が出てくるようになって、第9ゲームでついに!ブレイクバック成功。あのゲームは、ロジェ君がサービス・フォー・ザ・セットだったのに、なんかへんでしたね。ダブルフォルトもあったし、簡単なボレーをミスしちゃったり…動揺してるのか!?あの王者が?…ナダル君ってすごいのかも…。たしかにロジェ君ちょっと表情カタかったような気がする。気のせいかもしれないけども。

しか~し。せっかくブレイクバックしたのに、次またやぶられちゃった…。ブレイクした後のキープって、ほんとに難しいね。でも、第1セットの序盤よりかはだんだんナダル君も調子が上がってきていたし、動きも良くなっていた。

第2セットは、これまたすごいラリーの連続!お互いコーナーに打ってお互いを振って振られて、シンジラレナ~イショットの連続。他の選手もそうだけども、ナダル君もやはりロジェ君のバックを徹底して狙ってましたね。ロジェ君が打つバックのスライスは右利きの選手には有効なんだろうけども、ナダル君は左ききだから、やはりそこから攻められることが多い。スライスだとボールがゆっくりだから、止まって打てちゃうしね。だから、ナダル君に対しては、ジェームス君みたいに早いタイミングでがんがん攻撃していくのが有効なんだろうか。ロジェ君結構バックはスライスより打っていたほうが多かったね。

でもロジェ君のウィナーってほんとキレイだね。ダウンザラインのウィナーが結構あったし、コートの外からラインの内側に入ってくるのとか、すごかった!ナダル君がネットにつめてきた横をすうっとストレートに抜いちゃう当たりも、敵ながらあっぱれという感じで。もちろん我らがナダル君のウィナーだって負けないくらいすばらしかった。やっぱフォアの逆クロス、あれが一番好き。

この試合一番盛り上がったのが第10ゲーム。ナダル君のサービスを王者がせめて、ついにマッチポイント~やばい!しかしなかなか決めきれない。ナダル君も追いついて、追い抜くけど、なかなかキープできない。王者も再びリードしてマッチポイント、また決められない。結局、3回のマッチポイントをしのいでなんとかやっとこさどっこらしょでナダル君キープ!ふぅううう~。ああ疲れる…久し振りだなあこの感覚(笑)。

そして王者が6-5で迎えた12ゲーム、なんとかタイブレークに持っていってくれと切に願っていましたが。最後は王者の目の覚めるようなスーパーウィナーで、今年を大いに沸かせた2大巨頭の対決は、終わりを告げました。

勝った瞬間、ロジェ君すんごい喜びかたでしたね(笑)。感情をおさえきれんかったんだろうなあ。それだけ、勝ちたかった相手。今年4回も続けて負けた。何度も優勝しているドバイのタイトルをさらわれた。ローマではマッチポイントがありながら、敗れた。そして完全グランドスラムの夢を、あと一歩で阻まれた。そんな今年前半、散々煮え湯を飲まされた相手に、最後、ストレートで勝利を収めることができました。これはさすがに感情を抑えるのは難しいだろうねえ。

ナダル君に対する数多くの敗戦から、王者は確実に学んでいました。「彼のプレーは、あまり見たことがないものだった。左ききで、あんなにスピンがかかる…大いなるチャレンジだった」。その困難な状況が、さらに王者を奮い立たせ、強くしている。そういうことかな。あちゃ~こりゃまずい。完全に踏み台にされてしまっておる。…こうやって、ティムやナルみたいにだんだん対戦成績が追い上げられていくのだろうか(- -;)。

「とってもいい気分だね。普段は決勝の後に感じる気分だよ」。決勝以外で勝ってあんなに喜ぶロジェ君は珍しい。
「ずっと待ってたんだ。僕を追ってくる一番手の選手にうち勝つときがくることを。そして、彼との今年最後の試合で、それができた」。

ナダル君、負けちゃってとっても残念ですが、とってもよかったと思います。ロジェ君を苦しめる場面もたくさんあったし、何より再三ピンチを脱出してくれた。久々に心臓にきたけども、これも幸せなことだよな…こうやって、最後までプレーしてくれたことだけでも、十分うれしい。

今シーズンは、前半よくて、後半ちょっと不調で、間に怪我もあって、なかなか大変なシーズンだったけど、ナンバー2というプレッシャーのかかる状況から見事にがんばってくれました。なんといってもクレーの無敗ぶり、よかったなああの頃は…あとウィンブルドンの決勝進出も、お見事でした。クレー以外のコートでも成長しつづけているのも感じられたし。最近は負けることも多くなってきたけど、もう負けても動揺しませんよわたくしは(笑)。ナダル君としては、これからレイトンやアンディが直面してきた大きな敵と戦わなくちゃいけない。もちろん1位にはなってないけど、トップ選手としてあらゆるプレッシャーと闘わなければならない。でも、今日の試合みてれば、きっとそれも乗り越えてくれるという気がしました。とにかくキミは怪我が多いから、この冬は大人しく家でじっとしておいてくれ。無茶をしないように…。2006年、おつかれさまでした♪

第2試合は続きで。


⑧James Blake(USA) 6-4 6-1 ⑦David Nalbandian(ARG)

こっちは勝った!これはうれしいなあ。実は前の試合が終わったあとやっぱり風呂入ろうかと思ったんだけど(笑)、なんかもたもたしているうちにジェームス君がいい感じだったので、結局最後までライブで見てしまいました。

今日のジェームス君は、攻めもすごかったけど、特に守りがすごくよかった!…昨日守備力がいまいちなんて書いたから…ごみん(^^;)。丸山さんもおっしゃっていたけども、普段は自分から攻めるタイプのジェームス君が、今日はナルに攻められてからのカウンターの攻撃がすばらしくよかった。コートの外に追い出されてからのカウンターとか、ナルのお株を奪うようなプレーぶり。パスもありましたね。

最初のほうは4-4になって結構緊迫したけども、ジェームス君がリターンでおしてましたね。それにしてもリターンエースが多かったな~いくつあったっけ…第2セットはもっと多かった気がする。2セット目に入っても気を抜くことなくナルを2ブレイクと、流れを完全につかんでいたから、1ブレイクバックされてもあわてなかった。

「ハードヒットするたびに、うまくいってくれと祈っていたよ」。それが今日は、すべて、うまくいった。

一方のナル。甥っ子さんが事故で亡くなってしまうという不幸に見舞われましたが、準決勝進出は、その子の力もあったのかなあという気がする。今日は、敗れましたが、アンディ戦は見事だったし、ディフェンディングチャンピオンの意地をみせてくれました。でも、ナルも、まだ今シーズンまだ終わってない。デ杯決勝ですねー。アルゼンチンは初めてかな。アウェーで厳しいけども、体調ととのえて、またがんばってほしい。とりあえず、個人の大会はこれで終了ということで、おつかれ!ナルがいつグランドスラムタイトルを獲るか、毎年楽しみにしてるけど、来年も楽しみにしてるよん。


というわけで。決勝は、フェデラーVSブレーク、か。う~ん全く予想できなかったっす。でも、大会始まる前から、このカードを予想していた人がいる。それは…ご存知、ブラッド・ギルバートさんです!ていうか、予想っていうより、そうなるといいね~、みたいな書き方なんだけども、フェデラーとブレークの決勝になってほしい、ていう風に書いている。う~む…さすがですギルバートさん。

こうなって振り返ってみると、やはり、月曜日のブレークVSナダル戦、あれが、RRのみならず、大会全体を大きく左右する一戦になりましたね。あれでジェームス君が勝利したことが、グループ1位につながり、SFでの王者との直接対決を避け、決勝進出できた。

「調子がよくても悪くても、いつも楽しむことを心がけてる。笑顔を絶やさずにね。ロボットじゃないから。」
「(テニス)は僕の職業だし、とっても大事なものだけど、あくまでゲーム。楽しんでプレーしているよ」。

生活の糧として勝敗を含めて深刻に考えつつも、あくまでゲームとしてわきまえて楽しむことも忘れない。そのあたりの精神のバランスが、非常にうまくとれているという気がします。だからこそ、勝敗に左右されすぎずに、リードされてもあわてず、リードしていてもびびらず、シンプルな気持ちで戦えるし、それが、RRの逆転劇や今日の勝利につながっているのだと、思います。

一方の王者ですが、今日のナダル戦勝利でな~んか勢いついちゃったなあ~。明日のブレーク戦、どうかなあ。どう考えても、ロジェ君の優位がカタい…ま、でも、もうここまできたら、どっちが勝ってもいいさ。とにかく、いい内容を期待!今日のナダルくん以上の好プレーをジェームス君には見せてもらいたいものだ。やはりこのサーフェスではナダル君よりも王者を苦しめることができるのではなかろうか。今年も何回も対戦したこの2人、対戦成績は一方的だけど、結構内容では競ってるんだよね~。

明日は5セットマッチ。私は、ぜひともフルセットに突入してほしいと思っている。ジェームスブレイクは、5セットのフルセットでまだ勝ったことがない。今年も3回フルセットあったけど、全部負けてしまった。計9回5セットフルセットマッチを負けつづけきた。彼が5セットの壁を破るのは来年以降かと思っていたけども、まだ今年それを実現するチャンスがこうやってやってきた。もちろんそのためには王者から2セットとらなくちゃいけないわけだけども…それは至難の業だね…でも去年のナルみたいなこともあるし、可能性はゼロではない。フルセットになったときのジェームス君見てみたいなあ。そうなればいいなあ。

ロジェ君ごめんよ。いつも対戦相手ばっかり応援してしまう。明日も…やっぱりジェームスブレイク応援で。今日は守備が光っていたジェームス君だけど、もう明日の決勝は守りがどうとか言ってられんね。とにかく攻めるのじゃ!攻めて攻めて攻めまくれ!負けてもいいから、ミスってもいいから、どんどん攻めるのじゃ。それしか、王者に勝つ方法はないだろう。そして一番大切なのは、「必ず勝てると信じること」。以前インディアンウェルズSFで負けたナダル君が決勝で王者と対戦するジェームス君について言った言葉をここで引用しとこう。アンディとナダル君の仇をとってくれ!(なんだそりゃ)

関連記事
Classy Federer overpowers Nadal(BBC sport)
Quiet American making noise in Shanghai(AFP)
Federer, Blake reach Masters Cup final(AP)


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
来年に期待
>のびたさん

>目先の勝利を選ばないで、選手のキャリアを大切にして耐えた期間だったと思えば

まさに私もその通りだと思います!ずっとやってれば、うまくいかないときもありますものね。その期間を無駄にしないで次のステップにしてもらえれば、いいですよね。今年は芝でもだいぶ自信がついただろうし。ハードコートは芝よりは戦いやすいだろうから、来年はぜひアメリカで優勝して欲しいですね!
2006/11/21(火) 00:23:02 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
早く見たい!!
実は我が家はガオラと契約していないので、映像を見ることができません。
友人に録画をお願いしているのですが、
編集にがんばっているらしく、DVDが届くのは来週末かな。
さっちさんの解説読んでわくわくしています。とにかく早くラファの活躍ぶりを堪能したいです。
今年後半ラファは、よりアグレッシブなプレーができるようにいろんな改造をしていたのだと思います。
そんなときには、なかなか勝利につなげることができないことでしょう。
目先の勝利を選ばないで、選手のキャリアを大切にして耐えた期間だったと思えば、
今回の大会で少し芽吹いたのでは?
来年の更なる活躍が今から楽しみです!
2006/11/19(日) 23:26:51 | URL | のびた #T5DPT7Jo[ 編集]
アメリカ勢
>la merさん

今日はジェームス君は王者に完敗でしたね。どうやら王者はアメリカ人に30連勝くらいしてるそうです。2003年にアンディにトロントかどこかで負けて以来負け知らずだとか…これはいけませんね!アメリカ勢にもぜひとも一矢報いてもらいたいです。来年はクエリーくんとかも、楽しみですね。ポストアンディ(マレイ)みたいにがんばって欲しいと思います。
2006/11/19(日) 22:37:55 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
ナダル君残念でしたが凄かったですね。フェデラーがナダル君に勝ったときすごく気合い入れて喜んでいたように見えました。

ジェームズ決勝進出びっくりです!おめでとう!明日の決勝は良い試合が見られるといいです。
2006/11/19(日) 16:08:35 | URL | la mer #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。