Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006年チャンピオンズレース終了
2006年11月24日 (金) | 編集 |
2006年のテニスシーズンも、デ杯の決勝を残すのみとなり、個人の大会はすべて終了。いやーこの1年、いろいろありましたね。そのあたりはまたゆっくり今年を振り返る機会もあろうかと思います。そして、マスターズカップも無事終了し、2006年のランキングも最終結果がでました。2006年のトップ10に輝いた今年10傑を、今年最後のランキング更新でお伝えしておきましょう。

INDESIT 2006 RACE 最終結果

1位 Roger Federer 1674p

今年もやっぱりこの人でした!王冠マークが一番よく似合うな…。王者ロジェ君、3年連続レース1位で終了しました。もう今年の数々の栄冠についてはいちいち触れなくても結構ですかね。獲得タイトルは、去年より一つ多い12つです。来年…もっと増えたりして?んで、今年の獲得賞金が、…8百まんどる???…今年だけだよね?単純に1ドル=100円と少なく計算しても、8億円プレーヤー…しかもこれ試合の賞金だけだもんね。他の収入を入れると、これのうん百倍くらいあるんじゃないかな?税金対策は彼ならばっちりかな。

どうしてこんなにうまいこといくのか、当の本人にもよくわからないようです。まあ確かに、もちろん勝ちたいと思って頑張ってるわけだけども、狙ってこんなに稼いでいるとは、思えない。「今日(TMC決勝)も、重要な場面で信じられないショットが打てた。どういうわけか、最後でいつもそういうことが起こるんだ。その秘訣がなんなのか、僕にもよくわからないんだ、ほんとなんだ」。

そして、何もかも手に入れた感のある王者が、今一番求めているもの。それは、「健康体であること」。たしかに、こればっかりは、お金では買えない、いつものCM風に言うところの「priceless」というものだしね。健康でいられると、気持ちに余裕が持てていろんなことに目を向けられるようになる、というようなことを語っている。去年は終盤で怪我をしてしまい苦しい戦いを強いられました。最終戦で負けてしまいました。だから余計に、今年、大きな怪我がなくシーズン終えられたことを、本当にうれしく思っているようだ。
「2006年は、僕自身や周りの友人みんなが、元気でいられたことが、一番重要なことだったと、思っている」。

2位 Rafael Nadal 894p

去年と同じくエントリーとレースともに2位フィニッシュ。1位とも3位とも差が大きいので(^^;)、しばらくはこの位置は動かないでしょうね。ナダル君の今年については、もう以前たっぷり語ってるしTMCの最中もいろいろ書いたので、ここでは割愛。

そして、今ごろはマジョルカ島に戻ってのんびりしているのだろう…と思いきや。なーんと韓国にいる!んでロジェ君とエキシビジョンなんかやってるじゃん!かかか韓国て…福岡から目と鼻の先じゃないか…東京より近いぞ…あぁ今すぐにでも福岡空港に行ってソウル行きの飛行機に飛び乗りたい~。しかしなんで日本じゃなくて韓国なのだ?まいいけど…どうせ東京に来たって見にはいけないしね…。

中国、韓国ときたからには、次は日本でしょ!来年のジャパンオープンあたりは、ぜひぜひロジェ君と一緒に来てほしいな。んで決勝でフェデラーVSナダルが有明で実現…考えただけで鼻血ブーですわ。そうなったら、仮病でも嘘八百でもなんでも動員して東京へ行くつもりである。

3位 Nikolay Davydenko 565p

去年ブレイクしたニコちゃん3号、今年もさらに順位を伸ばし、2大巨頭に次ぐ3位というすばらしい成績で今季終了。エントリーでも3位ですね。すばらしい~。 

「今年全般的にはとてもいいシーズンだったと思う。去年はトップ5で終了できて、今年はそれがトップ3になった。自分でも驚いてるよ」。

TMCのブレイク戦などではやや疲れてるのかな?という感じにもみえたニコちゃん。今年出場大会数が32と、トップ10選手の中でも群を抜いて多いわけだけども、このやり方を来年も変える気はないそうです。「多すぎたとは思わないよ。実際、もっとやれると思う、体調は大丈夫だからね」。たくさん試合にででも、それほどきつくないんだよ、とのこと。そのわけは…「みんなも知ってるとおり、僕は結構1回戦とか早いラウンドで負けるしね。早く負ければ、休めるし次に備えることもできるし」。…ふううん。ニコちゃんにとって、試合が真の意味で練習になっているんだね。だから、負けが多くてもあんまり気にしないんでしょうね。

「これが僕のツアーの戦い方なんだ」と言いきるニコちゃん。「全員にとっていい方法とはいえないだろうけどね。でも、僕にとっては、いい方法だよ。今こんなにうまくいってるのに変える必要ないよね」。

ついに3位にまで上り詰めたニコちゃん。「でも、だからといってこれ以上上にはいけない、とは限らないよね」。
そのニコちゃんのめざす上とは。そう、グランドスラム。来年は狙っていくようですよ。まあ3位だから、そりゃ当然だよね。
「来年はいいテニスをして、グランドスラムやマスターズシリーズの決勝とかでフェデラーやナダルに挑戦していきたいと思う」。

年齢も25才と、アスリートとして身体的にも精神的にも最も脂が乗り切ってきている時期といえます。こりゃ来年のニコちゃんはますます楽しみ。

しかしニコちゃんには、デ杯決勝という大仕事が残ってますねー。アメリカ戦では自国No.1ながら補欠にまわり、チームは勝利したけども、次こそは、と意気揚々といったところでしょう。メンバーはアメリカ戦と同じサフィン、ユーズニー、ツルちゃんとの4人体制のようです。層が厚いよなあ。怪我で休んでいるアンドリエフ君がいなくてこのメンツなんだら。ロシアすごいわ。

4位 James Blake 506p

やっぱりエントリーも4位になってますね。やったぁ~これはうれしい~!なぜそんなに嬉しいかというと…これで全豪ではナダル君と少なくとも準決勝でしかあたらないと保証されたからである…ふっふっふっ。…まあ2人ともそこまで勝ちあがれるかという問題もあるけど…。やはり、4位と、5位の差は、とても大きいね。

そして再三言われているように、ジェームス君はアンディを抜いてアメリカNo.1でフィニッシュ。まあそれはいいことではあると思うけども、いくらアメリカでNo.1とか言ったって、外の世界に目を向ければさらにつぉい人がいて完膚なきまでにやられたわけだから、そんな井の中の蛙的なことで喜んでても仕方ない。こないだおめでとうと書いたけど、ありゃ取り消し。アメリカ人で何位だろうと関係ない。「打倒ロジャーフェデラー」…目標は高く。あっでもナダル君にはもう勝たないでおくれ~。

5位 Ivan Ljubicic 499p

ルビも去年大ブレイクして、今年もこの位置をキープしてくれました!得意のインドアシーズンもだけど、今年は特にクレーでの活躍が光ったよね。ローランギャロスで準決勝進出だもん。もっとも、ルビはクレーが苦手だとは一度も思ったことがないらしいけども。

そして、ルビチッチは、今年のサービスエース本数堂々の第1位!929本ものエースを今年だけで打ちました。サービスエースっていうと、アンディやカルロビッチがすぐに思い浮かぶけども、2位のアンディに200本以上の差をつけてるのにはびっくり。…アンディ不調だったしなあ…。ちなみにカルロビッチは647本で5位ですが、その上にマリオ君とロジェ君がいるのね。これもちょっとびっくりです。

6位 Andy Roddick 483p

アンディは久々にかな?トップ5圏外でシーズン終了。今年は獲得タイトルがTMSシンシナティ1つのみと、年間タイトルが最も少ない年になってしまいました。ガオラもあんまり出演してなかったし。決勝とか準決勝とかにもあんまりすすんでない、かな…。

アンディの今の目標は、ウィンブルドンとデビスカップ、だそうですね。…TMCの合間にあってたvignetteで言ってたんだけど…あれからだいぶ経ってるけど、おそらくそれは変わってないのじゃないかな?来年こそは、ロジェ君を倒してウィンブルドン優勝だー!

7位 Tommy Robredo 475p
8位 David Nalbandian 459p
9位 Mario Ancic 412p
10位 Fernando Gonzalez 403p


6位まで書いて疲れちゃいました…すんません。残りは一気に。ロブレド君は最後の最後で意地の勝利、これでまたひとつ順位を上げて7位でシーズン終了となりましたね。ナルは、デ杯決勝がありますので、またそのときに(ひでえ)。9位のマリオ君、上海に来てましたねー。今年は去年と違って誰ひとり欠場しなかったね…来年こそは、8位以内に入ってぜひとも上海でプレーしておくれ!ゴンちゃんもね(それだけかよ)。

関連記事
Davydenko: Best yet to come(China Daily)
Federer at a loss to know why he keeps winning(The Telegraph)
Blake’s Breakthrough Year Ends With Loss to Federer(New York Times)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
早く全豪こないかな
>ゴランさん

ロジェ君の発言は、なんか一番実感がこもっているなあと思いました。No.1として体調が悪くても出ないといけないときもあるし、今年のシンシナティなども疲れた体で出て負けてしまってなんだかかわいそうでした。でも一年通して見てみるとやはりスケジューリングはさすがなあと思うところもあり、そこも王者たる所以なのかなという気がします。

ニコちゃんの発言っておもろいですね。それに予言も結構的確だし(^^)。ローランギャロスの決勝は、サーフェスがローマほど速くないからナダル君が勝つだろう、と冷静に分析していましたしね…。来年は新婚さんとしてルビみたいにまたパワーアップしてくれそうですね。

…あ、ベルディヒがいましたね(^^;)…やばいなあ。あのナダル君への闘志を王者にちっと向けてほしいんですがね…。私の理想の全豪のドローは、トップハーフにジェームス君が配置されて、ベルディヒがフェデラーブロックに入る、というものですが…そんなうまくいくかいな…ナダル君にはまだまだ超えなければいけない壁がたくさんありますねえ…。

今年のATPプレーオブザイヤーもなかなかおもしろいですね。私はスリシャパンの開脚ショットを推したいです。

>のびたさん

アンディまでは書かなくては!と意地で書きました(笑)。来年はもっと上にいってくれることを期待して…。

マルちゃんは、TMC出場争いをしていましたが、終盤怪我で脱落してしまいましたね。しかし、全豪はマルちゃんにとって思い出の大会だし、またあそこで奮起してくれると期待してます!

そうそう、ナダル君はみんなから標的にされるから辛いっすよねぇ…それに打ち勝ってこそのNo.2だと思うので、がんばってほしいです!
2006/11/25(土) 18:55:19 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
楽しかったなぁ
アンディ・ロディック
6位って、ぎりぎりだったね!
さっちさんにちゃんとコメントを書いてもらえてよかった(笑)
今年後半、コーチの影響でいい感じになったから、来年はもっとがんばって欲しいです♪

マルコス・バグダディス
あ~、さっちさんのコメントをもらえる位置にいない(涙)
怪我、治ってきたかしら?
来年もあの屈託のない笑顔を見たいです。

ラファ
ゴランさんのいうライバル二人に、ガンを飛ばすことなくテニスで打ち勝って欲しいです!
サーブを強化しているようですし、きっとできるよね。
来年はたぶん、自分より若い選手がどんどん出てくるでしょうから、
アグレッシブに、品位を持ってがんばってくれることを期待します!!
2006/11/24(金) 23:22:44 | URL | のびた #T5DPT7Jo[ 編集]
こんにちわ。

「2006年は、僕自身や周りの友人みんなが、元気でいられたことが、一番重要なことだったと、思っている」。
なんと大人!なコメントなんでしょう。
当たり前すぎてあまり取り上げられないんでしょうが、すごくいい言葉だなと思います。

ナダルVSフェデラーが有明なら・・・
「仮病でも嘘八百でもなんでも」って確かにそうですね!
行かなきゃダメでしょう!(笑)

「これが僕のツアーの戦い方なんだ」
ダビデンコはそうらしいですね。
自分もテレビで目を疑ったのですが、練習嫌いだとか。
あのマシンガンショットは苦しい練習のたまものと思っていたのですが、あれは試合でのフィーリングで身に着けたんですね。
ただ、自分も素人プレイヤーなんですが、試合に確かにいっぱい出ると勉強になりますよ。
あそこまで出るとどうなのかってのはありますが。

「全豪ではナダル君と少なくとも準決勝でしかあたらないと保証されたからである…ふっふっふっ」
さっちさん!確かにブレークは外れましたが、天敵を1人忘れていますよ、ベルディッヒ!
彼はナダルと同級生だからナダルからオーラは感じないそうですよ。
背も高いのでナダル君のスピンも苦にならないだろうし、かなりヤバイです。

あとはヒューイットもライバルでしょうか。
ランクは下がっていますけど、全豪でナダルの壁となっていますからね。

ところで今ATPでプレーオブザイヤーやっていますね。
去年はインディアンウエルズのヒューVSフェデラーのラリーでしたね。
観客とハイタッチする、気合の入ったヒューの活躍、来年こそはみたいですね。
2006/11/24(金) 20:16:12 | URL | ゴラン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。