Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デ杯2日目 RUS VS FRA
2005年07月17日 (日) | 編集 |
クレメンなんか雰囲気変わったね

Arnaud Clement and Michael Llodra

@daviscup.com


わ~寝坊してしまった。起きたらもう○時を過ぎていた…というわけで今日はゆっくり更新。ま今日はダブルス1こだけだから多少は楽かと。

R3 Arnaud Clement/Michael Llodra 7-5 6-4 6-7(3) 6-2 Igor Andreev/Mikhail Youzhny

ついこの間引退したウッドブリッジが言っていました。ダブルスで大事なことは、「いいポジションにいること」、そして、「誰と組むのかということ」。…その言葉を思い出させるような内容となりました。

ロシアは結局最終日に登場予定の、怪我をしているニコちゃんではなくユーズニーを選択しましたね。いままではその采配がズバリ的中していたロシア監督さんでしたが、今日はそれがちょっと裏目に出てしまったかな。ユーズニー&アンドリエフは初コンビ。一方フランスは、これで25回目のコンビというクレメン&ロドラ。ロドラはサントロとも組んでいままで素晴らしいスペシャリストぶりを発揮しています。その経験の差が如実に出てしまいました。

第1セット第2ゲーム、アンドリエフ君は大変いいサーブを打ちましたが、その後すぐ前に詰めてきませんでした。そしてクレメンがこれまたいいリターンを返してアンドリエフ君が処理しきれずポイントを失ってしまいます。そのゲームは結局ロシアがキープには成功しましたが、フランス側はここで確かな手応えを早くもつかんだようです。

実際試合通じて、アンドリエフ君はネットに出るタイミングが何度もあったのにステイバックしていた場面がいくつかあったそうです。そしてそのロシアの動きを見逃さなかったフランスペアは、アンドリエフ君にボールを集めてポイントを得ることに成功します。第1セットも終盤の大事な第12ゲーム、ここでユーズニーのサーブが不調で1stサーブがなかなか入りません。そしてフランスペアはアンドリエフ君を集中攻撃、ミスをさそい44分で第1セットフランスが先取。

フランスペアは技術的にもビジュアル的にも(おそろいのウェア)で息もぴったり、ロシアペアを圧倒していたそうです。ユーズニーもいいリターンを返して挽回になりそうなチャンスも数多くあったそうですが、今ひとつ攻撃しきれない部分があったようで、だんだん自信を失いつつありました。そして第2セットは第10ゲームでついにフランスがサービスブレイクに成功しこれで2セットアップ。

第3セットはタイブレークになりましたが、ここでロシアも意地をみせます。ホームなのだからがんばらないとね。ロドラのダブルフォルトなどもあって、優位に進めたロシアペア、最後はアンドリエフ君の鋭いウィナーが決まって、ようやくロシアがこれで反撃開始。

…かと思ったけど、第4セット、序盤でまたユーズニーがサービスを落としてしまいます。今日はユーズニーちょっとサーブの調子が悪かったのかしらん。結局、自力で上回るフランスがその後も確実にポイントを重ねて前評判とおりの力をみせて勝ちました。

ロドラはサントーロとのペアが有名でデ杯でも何度もこのコンビで活躍、マスターズカップ(ダブルス)にも出場しています。ダブルススペシャリストとの確固たる地位を築いたロドラ、今度も友人のロドラと素晴らしいプレーを見せてくれました。「僕ら一緒にプレーするのが楽しいんだ。でも今日のプレーでさらに自信を持てたよ。」「今年何度も一緒にプレーしていたから、それが今日は助けになったかな。」

ユーズニーは、試合の鍵はフランスチームのサーブだった、と分析しています。「大きなポイントで彼らは確実に1stサーブを入れてきた。それで僕らはうまくいかなくなってしまった。」

これでフランス2-1。う~む戦前の予想通りになった。やっぱり明日のシングルス勝負になりましたね。まどこのカードでもそうなっているんだけども)。明日はアンドリエフ君の代わりにユーズニーが来るかもしれないとのこと。今日はユーズニーのほうがいいプレーをしていたそうです。ということは、2002年の決勝の再現もあるかもよ。ユーズニーは最後R5で登場してロシアに大きな勝利をもたらした。しかもそのときも相手はフランス…しかもそのときもマシュ~だった!!フランスはなんか不吉な予感が…ロシアとしては2匹目のどじょうを狙いたいとこかもしれませんね。

しかし、とにもかくにもこれでフランスが王手をかけてしまったので、ロシアのシナリオが現実化するにはまずR4を勝たなければ話になりません。そのR4はニコちゃんVSガスケ君。こりゃ大一番になりそうだ!昨日の感じだとガスケ君が強いかなぁ…しかしニコちゃんだってローランギャロスベスト4。決勝にもあと1歩でした。経験という意味ではニコちゃんが上かも。う~むしかしコートに出ればそんなこと関係なくなるしな…。う~こうなるとニコちゃんの怪我が痛いね。ベストの状態で戦わせてやりたいよ。ガスケ君はR1のときよりさらにプレッシャーがかかることでしょう。この重圧にうまく対処しきれば、ガスケ君が勝ちそうな気がするが…わからん。こりゃ大一番になりそうですな!楽しみ~。

関連記事
Superior teamwork gives France 2-1 lead(daviscup.com)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。