Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第2回さっち杯ATPアウォード結果発表・その1
2006年12月26日 (火) | 編集 |
いよいよ今年もあと1週間ですか。学生さんは、冬休みですね。いいなああ。私は、29日まで仕事…とほほ。

ところで、2週間にわたって募集してきました第2回さっち杯ATPアウォード、締め切りすぎましたので、最終結果を発表したいと思います!おかげさまで、男性11名、女性14名、延べ25名のご参加をいただきました。投票ほんとうにありがとうございました。それではさっそく結果をひとつづつ見ていくことにしましょう。今回は男女別の表もつけてます。

ベストマッチ賞

男子 AMSローマ 決勝 Rafael Nadal 6-7(0) 7-6(5) 6-4 2-6 7-6(5) Roger Federer






予想通り、第1週目のトップを守り抜いて、AMSローマ決勝、が見事今年のベストマッチに輝きました!いろんな今年を振り返ろう企画みたいなのでも、やっぱりこの試合が一番と言っている人が多かったように思う。まあ他のいろんな要素を考えるとやはりRG決勝もありかなとも思いましたが、やはり試合の内容、緊迫感、両者の完成度の高さ、など純粋に「試合」として考えた場合、ローマのほうが、やっぱよかったかな。。あと、アガシの最後の勝利となった試合も、人気を集めました。2人とも最後まで戦いぬいた姿は、感動的だったよねえ~。そしてそして、私いちおしのローランギャロス3回戦、大健闘の第2位!うれしい~。ちなみにこのカードに入れてるのは女性ばっかりですね。

コメント
(ナダルVSマチュー)
・格下(ゴメンナサイね)のマチューが、自分を鼓舞する姿が印象的でした。(かわさん)
・マチュー君の挑戦とそれを受けるナダル君のがっぷり4つの戦いにしびれました…ていうか怖かった~気迫がすごすぎ。(さっち)
(フェデラーVS鈴木)
・鈴木選手のガッツポーズかっこよかったす~ (katoさん)


女子 ウィンブルドン 決勝 Amelie Mauresmo 2-6 6-3 6-4 Justine Henin-Hardenne






こちらはほぼ圧倒的に、モレスモとエナンのウィン決勝。全豪の決勝が伏線にあったし、ここでモレスモが最後のマッチポイントの瞬間を経験できて、本当によかったと思います。男女とも同じような傾向ですね。

コメント
(モレスモVSエナン)
・スピードとパワー全盛の時代だからこそ地味な2人の(失礼!)の渋い対戦に一票。(かわさん)
・一気にモレスモファンになりました。いい笑顔~(katoさん)



番狂わせ賞

AMSシンシナティ 2回戦 Andy Murray 7-5 6-4 Roger Federer






結構票が割れましたが、やはり王者を破ったというのは大きかったか。どんなに負けそうでも絶対負けなかった王者なわけだから、まあ状況はあれだったけども(トロントの直後で疲れていた)、勝ったという事実は絶大だし、自信になるでしょうね。勝利をものにしたマレイ君が見事今年の大殊勲賞となりました。男性、女性ともに安定した支持を獲得しています。

コメント
(マレイdef.フェデラー)
・一生自慢ものの勝利! (かわさん)
(ユーズニーdef.ナダル)
・フェデラーファンとしてはありがたかったです。(katoさん)
(マレイdef.ロディック)
・これで完全にアンディの称号はマレイのものになってしまうのか。。。。(さっち)



リベンジ賞

WTA チャンピオンシップ 決勝 Justine Henin-Hardenne 6-4 6-3 Amelie Mauresmo






ベストマッチがモレスモ優勝の一戦ならば、それを最後でリベンジして最終戦優勝決めたエナンが今度はリベンジ賞獲得!そしてNo.1奪回のおまけつき。エナンは今年は悪いこととよいことと波乱万丈だったけど、最後いい形でしめくくれてよかったね。小さいからだで頑張るエナンは大好きだよ。でも次はモレスモの奮起も期待。そのほかは、やはりウィン決勝はフェデラーファンからの票を多数いただきました(笑)。今度はナダル君が王者にリベンジしてほしいなあ。リベンジしなきゃいけない人が増えてきましたのう。。

コメント
(エナンdef.モレスモ)
・今年はこの二人の年だった、かな? (katoさん)
(フェレロdef.ナダル)
・フェレロ~・(ノд`)・。(かわさん)
(チェラdef.ヒューイット)
・まさか全豪でリベンジするとは思わなかった。前の年のつばを吐いたのはよくない行為だったけど、1年経って蘇ったチェラの見事な金星にはびっくり。人間の執念ってこわいっす。(さっち)



新人賞

男子 Novak Djokovic






おお~ジョコビッチが圧倒的な得票で去年はマレイ君に持っていかれたこの賞を獲得です!若いし今年ぐんぐん伸びていたしね。発言が強気なところも若者らしい。んで顔が童顔でなかなかかわいいんだよね。日本では上位に進出しないとなかなか映像みられないけど、来年はガオラデビューもありかな?他の選手は、デルポトロなどは活躍次第では来年のノミネートもありえますので、頑張ってほしいっす。

コメント
(ジョコビッチ)
・体育会系に見えないですね。(かわさん)
(デルポトロ)
・AIGで、初めて知りましたが。(katoさん)
(アルマグロ)
・マンガに出てきそうなキャラが気に入った(さっち)


女子 Nicole Vaidisova
Jelena Jankovic







こちらはかなりの激戦でしたね~。きれいに票がわかれている。しかし、バイディソワとヤンコビッチ、ともに今年初のGSベスト4進出を果たした2人が賞を分け合う形になりました。ちなみに年はバイディソワが17才、ヤンコビッチが19才ですね。ニコちゃんは、男性陣からの熱い支持を受けての受賞となりました。一方のヤンコビッチは同性からの支持が多かったですね。う~む…このへんは性差があらわれていておもしろい。

コメント
(サフィーナ)
・やっぱり兄妹似てます!(かわさん)
(チェクベタゼ)
・ラストネームがタイピングするのが面倒だなあ~。アンナって言うとなんかあの人っぽいしなあ。何かよいニックネームはないかしらん(さっち)



うなぎのぼり賞

James Blake






迫りくる猛獣を抑えて、ジェームスブレイクが見事受賞です。いやー今年も活躍しましたねー。2年連続こんなに活躍するっていうのがすばらしいね。イケメンでかっこいいからジェームス君好きだな。(いやもちろんプレーもスキなんですけど)でも来年は、また大変だよ。アンディとまた切磋琢磨してがんばっていってほしい。あとちょっとで受賞を逃したマルちゃんですが、なんと女性からの支持が多い!一方のジェームス君はどちらかというと男性の支持が多いですね。やはり。珍獣軍団は女性にモテモテなのだ。

コメント
(バグダティス)
・憎めないところ、あの風貌なのに若くて先が長いところかな。(かわさん)
(マレイ)
・次世代?な人々の中でも脅威なお方。(katoさん)
(ブレイク)
・ジェームス君かっこいいよ!ところでお願いだからとにかく1回ナダル君に負けてください。(さっち)



カムバック賞

Martina Hingis






こちらは、やはり!ヒンギスが堂々の受賞です!これはもう…という感じですね。さすがに以前ほど優勝優勝っていうわけにはいかないけど、とにかく第一線に戻ってきてくれたことが、嬉しいです。彼女もやはり勝負師なのですね~。そのほか、サフィンにも多くの支持が集まりました。女性からの支持が多いマラト君でしたが、ヒンギスが相手とはちょっと厳しかったです。

コメント
(ヒンギス)
・見事です。(katoさん)
(サフィン)
・もちろんヒンギスですが、贔屓なもんで(笑) (かわさん)
・どこの世界でも、お祭り男っているんですよねぇ!(smashさん)
(フィリポーシス)
・カムバックしきってないけど・・・。(manabuさん)
(フィッシュ)
・左手首にずいぶん悩まされていたので、今年ようやく戻ってきてくれて嬉しいです。来年もたくさん活躍してアメリカテニス界を盛り上げてほしいです。(さっち)



ハプニング賞

全豪準々決勝、キーファーがグロージャンにラケットを投げつける






これもまあ予想通りですな。ていうか、この賞は誰に上げるのだろうか…キーファーに?ん~あやつに賞をあげたくはないが…じゃあこの大ハプニングにもめげずがんばったグロージャンに?それもなんか変だなあ…う~む。男女別に見ると、ナダル君には女性から多くの票が集まってますね。

コメント
(ウィンブルドンの全裸男)
・選手のコメントが面白いですよね。 (katoさん)
(ナダルのバナナ詰まらせ)
・私もたまにご飯とか空腹のときに一気に食べて…うぐぐぐ!てなるときがあります。気をつけます。(さっち)



ニュース賞

アガシ、ナブラチロワと大御所が引退






ビデオ判定導入という大きな出来事があったこの2006年ですが、それ以上に大きな出来事だったのが、アガシの引退。そしてときを同じくしてナブラチロワもダブルス引退。歴史に名を刻んだ偉大な人物の最後という時代の節目を感じさせましたね。

コメント
(アガシ、ナブラチロワ引退)
・小幅内股早歩きでコートを移動する忘れられません。 (かわさん)
・あと10年くらいたてば、子供の応援に来ているアガシやグラフの姿が見られるかも?! (smashさん)



…思った以上にボリュームが多くなってしまったので2つに分けることにします。続きはまた次のエントリーでお送りします。 

to be continued~
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。