Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今年の鉄人(ゾンビ)は
2007年01月21日 (日) | 編集 |
ゾンビナル
David Nalbandian

@Yahoo!sports


⑧David Nalbandian(ARG) 5-7 4-6 7-6(4) 6-4 6-1 Sebastien Grosjean(FRA)

メルボルンは土曜は雨模様だったようですね。予定されていた試合のいくつかが日曜に延期になったようです。そして、雨の影響か、すごく蒸し暑かったみたいですねー。今の日本にいると全然そんなのわかりませんが。まあ夏の蒸し暑さでは日本のほうが上でしょう。

毎日気候が厳しくて大変なこの大会。男子はセットが多いから特に大変です。よく5セットの試合を連続して勝ち抜いていく人、鉄人=マラソンマンが生まれますが、今年のマラソンマンこと鉄人の称号を受け取るのは、ナルことナルバンディアンになりそうです。

昨日午前中ちょこ~っと経過を見たとき、グロージャンの2セットアップになっていて、3セット目もグロージャンがリードしていて、あぁ今回はナルはここで負けてしまうのかしらん…なんて思ってましたが。後から結果みてびっくり!!さすがナル…奥が深い…。去年は2セットアップからの逆転負けを喫したナル、だから今度は2セットダウンでも逆転できる、とポジティブに考えられたのかも。しかも、1回戦もたしか2セットダウンからじゃなかったっけ…。去年のマスターズカップに続いてここでもゾンビナルが見れるとは。いやはや。

第3セットはやはりグロージャンにマッチポイントがあったそうです。それも3回も。4-5でサービスゲームで0-40、ひぇ~トリプルマッチポイント!それを切り抜けたのか…すごいゾンビぶりだ。マイケルの「スリラー」を聴きたくなってきた。ほんとスリルありすぎだよこりゃ…。
ナルのテーマ曲にしようかしらん(笑)。あの曲のPVに出てくるお化けがナルにかぶって見える…(^^)。

「とても難しかった。3つのマッチポイントをしのぐのは、簡単じゃないね」。そりゃそうだ。
「運もあったかな。いいプレーもあったけど。でも今日は、運がよかったね」。
「勝った、それが一番重要なことだ。これで4回戦をプレーできる、よかったよ」。

んまあ…たしかにそうではあるけども、これはちょっと危なすぎですよ(- -;)でも2度あることは3度ある、またゾンビぶりがみられるかもしれん。ナルと対戦する選手は、どんなにリードしててもこりゃ気が気じゃないね。しかしグロージャンがっかりしてるだろうなぁ…。

ナルは今年はチェンナイでいきなり初戦で下位選手に金星を献上してしまい、おまけに腱の炎症もあったようで、この全豪大丈夫かしらん?と思われましたが、見たところプレーにはあまり影響なさそうですね。やはり、グランドスラムになると、強い。ちょうどルビチッチと逆ですね…。



⑥Martina Hingis(SUI) 6-2 6-1 中村藍子(JPN)
(22)Vera Zvonareva(RUS) 6-1 6-2 ⑬Ana Ivanovic(SRB)


藍子ちゃん、日本人としてただ一人3回戦に進みましたが、やはりヒンギスは強かったか…。藍子ちゃんはセンターコートは初めてではなかったでしょうが、でもやはり、緊張するよね…立ち上がり少し硬くなっていたような気もしました。そこをすかさぐ突くヒンギス、さすがです。

でも全然歯が立たなかった、ていうほど一方的でもない感じだったけども。いいラリーもたくさんありました。決してヒンギスのショットに打ち負けていなかったし、ムーンボールやドロップショットなど、ヒンギスのお株を奪うような技もみせてくれました。ブレイクチャンスなどあと一歩!ていうところまでいっていたんだけどねー。でもそのあと一歩が、たいへんな一歩なんだよね…。

たしかにヒンギスはミルザほどパワーはないけども、やはりショットの使い方とか、タイミングのはずし方とか、うまいなあと思った。すごく考えてるなあ、と。前後の揺さぶりもネットプレーもうまかったし。プレーの幅の広さは、やっぱヒンギスが女子では一番ですね。

しかし、藍子ちゃんここまでよくがんばってくれました!なんかすんごいがんばった感じするのに、去年と同じ成績だからランキングのポイントアップはなしなのね…。まだ23歳ということで、これから、シードがつくくらいにぜひランキングをあげていってほしいと思います。お疲れ様でした!

そのヒンギスの去年の劇的なカムバックのときに1回戦の相手だったズボナレワ。あのときはかなり一方的にやられてたな…そのズボナレワですが、今年もしヒンギスと当たったらどうかなあ。ドロー的に当たる可能性は少ないけども。今年は、4回戦進出と、ずいぶん成績が上回りました。あーイバノビッチ、負けちゃった。イバノビッチは一昨年全仏でベスト8入りしたけども、その後はグランドスラムではあまりブレイクできていない。年下のバイディソワや同国のヤンコビッチに先にGSベスト4を決められてしまいました。イバノビッチも負けずに、次の全仏こそは、ブレイクを期待してます。

ところで、David Taylorという人が今のイバノビッチのコーチですが、このTaylorさんは、かつて90年代後半に、ヒンギスのコーチングスタッフに加わっていたそうです。90年代後半っていうと、んもうヒンギスが女王として君臨していたとき、ですね。Taylerさんはそのヒンギスと、今自分が関わっているイバノビッチにメンタルの強さで共通するものがある、としています。

「あのころ、マルチナがNo.1としてのプレッシャーにうまく対処しているのをそばで見ていたことが、今の僕のほかの選手へのプレッシャーの対処の仕方の指導に役立っているんだ」。

選手はコーチによって育てられるけど、コーチもまた、選手によって、育てられる、ということですな。

⑤James Blake(USA) 7-6(7) 7-5 6-2 Robby Ginepri(USA)
⑩Fernando Gonzalez(CHI) 6-2 6-2 5-7 6-4 ⑲Lleyton Hewitt(AUS)


アメリカ対決は、ジェームス君が勝ちました。やっぱアメリカNo.1だし、簡単には負けられないよね。1回戦のモヤ戦同様、競った第1セットを獲れて勢いにのったのかな。なかなか勝負どころに強いようですね。いやー私はジェームスブレイクにぜひフルセットの試合をやってほしいんだよなあ。まだキャリアで1回も5セットフルセットになったときに勝ったことがないらしいから。ナルなんかもう何回フルセットで勝ってるかしらん。

あーだんだんナダル君とジェームス君の距離が近づいていく…。と思ったら。あら。もうあとお互い1回づつ勝てば対決じゃん。あぁぁ…対決して欲しいような、欲しくないような…でもそのまえにまず4回戦です。2人ともかなり厳しい相手です。どっちか、あるいは両方が負ければ、対決せずにすむ…弱気すぎ。

ジェームスブレイクの次なる相手は、ゴンちゃん!あぁ…レイトン負けてしまいました。今日はゴンちゃんだから厳しいなあと思ってたんだけども。昨日は用事でずっと出かけたので試合見れませんでしたが。2セットとられて、3セット目取り返して、1回戦の再現なるかというとこだったんだろうけど…やはりゴンちゃんはトップ選手、そんなに甘くはなかったか。これで男女とも地元オーストラリア勢は姿を消してしまいました。

でもレイトン、1回戦ですでに負けそうだったのに、あの大逆転はさすがという感じでした。やはりいろんな人が言うように、レイトンはもっとたくさん試合に出たほうがいいんじゃないかなあ。家族のこともあろうけど、最近試合に出なさすぎのような気がする。まあニコちゃん(ダビデンコ)みたいに出過ぎるのも問題だけども。もっとレイトンの活躍する姿を見たいぞ。今年は2月のアメリカシリーズ出てくれるのかなあ。

ということは、4回戦はブレイクVSゴン!!いやーこれは…すごい打ち合いになりそうだ(^^;)びしばし迫力あるショットの応酬…あぁ見たい!この試合見たい~!ナダルくんの試合は見るのが怖いけども、このブレイクゴン戦は純粋にすごく楽しめそうだ。

ゴンとジェームス君は…3勝3敗か…あ!去年のデ杯があった。あのすんごい大熱戦。あのときはゴンちゃんが2セットダウンからファイナル10-8で勝ったんだよねー。ジェームスブレイクの5フルセット連敗記録を更新した試合でした。あれみたいなすごい試合になるんだろうか…。あぁこれ絶対放送してほしいなあ。百歩譲ってアナログの省略バージョンでもいいので、たのんます!


⑧Patty Schnyder(SUI) 6-3 6-2 6-0 Alicia Molik(AUS)

ああっ、モリック、負けてしまった…。1セット目はとれたのになあ。さすがシュニーダー、強いですね。しかし周りはほとんどモリック応援でやりにくかっただろうなあ。あぁモリック…残念!モリック、でもまだまだ復活劇は始まったばかり。これから先を、期待してます!


②Rafael Nadal(ESP) 6-2 6-2 6-2 (31)Stanislas Wawrinka(SUI)
⑮Andy Murray(GBR) 6-3 6-2 6-4 Juan Ignacio Chela(ARG)


記念すべきスタン君とナダル君の初対戦。2月にスペインVSスイスのデ杯があるから、これはデ杯前哨戦、といったところですな。そして、結果は、ナダル君が圧勝ですねー。あーどんな試合だったのだろう。外出せねばならなかったので結局試合は見られなかったが。

「今日は、とてもよかった。フォアも、サーブも、バックも」。
相当出来がよかったみたいですね。スタン君と相性が合うのかなあ。しかし、比較的楽に勝ててよかったねー。1、2回戦があんなに厳しい試合だったから(特に2回戦のコールシュライバーはやばかった…)、あんなのばっかりじゃ精神的に2週間持たないよね。それに今日の勝ち方で自信もついたろうし。

といってもまあ相手がスタン君なので私はなんとなく素直に喜べないんだけども(^^;)今回は残念でしたが、さすがに初めてのセンターコートで…いや、去年ナルに負けたときはセンターコートだったかな?何回目でも緊張するもんだよねえ。でも、今回初めてシードもついたし、去年の2回戦より進むことができました。今日は試合は見ることができなかったけど、またそのうちきっと見ることができるだろう。その日を心待ちにしているよ!おつかれさま!

ところで、ナダル君はこの全豪、ここまで3戦ぜんぶ屋根を閉じた状態で行っています。
「僕は雨男なんだ」。
マヨルカでもしょっちゅう自分がいると雨が降るとのこと。もっとも、1回戦のケンドリック戦は雨ではなく暑さのために屋根が閉じられたのでありましたが。

あの屋根って。開閉するのにどのくらい電気代かかるんだろうなー。昨日のアンディ戦で閉じてるのを見ながら思いました。福岡ドーム(現ヤフードーム)では、一回開けるのに100万~200万かかるらしい。閉まるのもそんなに極端に違う数字じゃないでしょう。だから、ちょっと曇ると最初から開けないようにしとくんだとさ(笑)。
やっぱロッドレーバーアリーナも同じくらいかかるのかな?もっとかな?開く距離というか、面積はそれほど広くなさそうだが。でも、福岡ドームより、ロッド・レーバーアリーナは、大きいよね…どうかな?ドームは行ったことあるけどメルボルンはないので、わかりません。

はあ~。これでこれからは心置きなくナダル君を応援できる(笑)。その相手は…。げっ、きた、マレイ君。チェラにはちょうど去年のこの全豪で1回戦で対戦して、チェラが勝ちました。あのときはレイトンにも勝ったんだっけな…マレイ君はしかし、あれから1年間の間に、いろいろなことが変化しましたね。新しいコーチがつき、ツアー初優勝して、王者ロジェ君を破り、そして、トップ10にあと一息。2006年は彼にとってすごく充実したものになったのではなかろうか。

そして2007年さらなる飛躍を誓うマレイ君とナダル君が対戦なんて~。ひいいい。私は、ナダル君が負けるとしたらこのマレイ戦なのではないかと思っているのだ…(だから予想からはずした)あぁぁこわいこわい。スタン君のときとは違ってこれは絶対にナダル君に勝ってほしいので、とても心臓に悪い応援になりそうです(- -;)。これはおそらくまず間違いなくナイトで組まれるでしょうねー。しかし月曜の夜だからきっと生では見れないな…録画しとこうか、すまいか、悩むところである…。

Ivanovic survives opener(The Courier Mail)
Nadal, Sharapova advance at Aussie Open(AP)
Tennis: Nalbandian in Australian Open fitness race(Turkishpress.com)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。