Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


波乱の日曜日
2007年01月22日 (月) | 編集 |
早すぎる別れ③

Amelie Mauresmo

@Yahoo!sports


昨日は日曜日で休みだったので、一日中テニス見てました♪あぁ毎日こんなだったらいいのに~。
しかし昨日は波乱が多い日でした。特に女子。順当に上位シードが勝った試合のほうが少なかったんじゃないかな。いよいよ今日から2週目に入ってきて、上位陣同士の対決で見ごたえある試合が増えそうですね。

Lucie Safarova(CZE) 6-4 6-3 ②Amelie Mauresmo(FRA)

まずはモレスモ。ああっ、負けた…。去年グランドスラム初優勝を決めたこの全豪で、連覇を目指していたモレスモ。マリアちゃんやキムと別ドローになってこりゃ有利になったと思っていましたが…伏兵が思わぬところにいました…。

サファロバって左打ちなんですねー。女子で左打ちって結構めずらしいような気がする…。それはともかく。
「何が起こるかわからないし、最初はナーバスになってしまった」というサファロバ。センターコートもだしモレスモとの対戦も初めてだったとのこと。立ち上がりはやはり硬くなってしまいました。モレスモがブレクアップして4-1となって、今日も順調ですかな、と思っていたんだが…。なんであそこからああいう展開になったんだろ?そこからなんとサファロバが5ゲーム連取で一気に第1セットもっていってしまいました。
「1-4とリードされて、パワーテニスをしなきゃ、て思った。」
そこからサファロバのショットの威力が増しました。それと同時に、モレスモはリードしてからちょっとミスが増えたかな。一方サファロバは、もう失うものは何もないとばかりにどんどん打って、といっても何もかもハードヒット、というわけでもなく、しっかりボールをとらえてしっかり振りぬいて返していた。それが、いい感じにスピンもかかってなかなかミスが出にくくなる。

第2セットの第1ゲームと、第8ゲーム、あの2つのゲームがこの試合を象徴していたような気がする。セットが変わってさあここから反撃、とばかりにモレスモがいいサービスを入れてポイント先行したにもかかわらず、バックハンドをネットなどして追いつかれてしまう。その後デュースがしばらく続いて、流れがどっちにいくか、あそこで結局サファロバに押し切られてブレイクされてしまったのが、いけなかった。

その後サファロバはますます勢いづいて次の第3ゲームでもモレスモをブレイク。4-1になったところで、モレスモが反撃のブレイクバック成功!サファロバは4-1になってちょっと勝ちを意識したのか、ラケットの振りがちょっっっとだけ鈍ってしまったかな。。さあモレスモがゾンビ化してきた、第8ゲーム、サファロバ4-3でサービス、ここでモレスモが0-30とまたまたチャンス到来。さあこれはいよいよゾンビモレスモが見れるかと思いきや。そこらサファロバ逆転でキープ!ありゃりゃ…。

特に15-30でのサファロバのセンターからの鋭いバックのストレートウィナー!あの瞬間、サファロバは自分に打ち克ったのだと思う。去年のチャンピオン、第2シードに対し自分がリード、もう勝ちそう。失うものが初めてできたサファロバ。勝ちたいという思いは、ときに悪い方向に出てしまうことがある。その弱い気持ちを振り切るかのように渾身の力をこめてラケットを振りぬきました。自分自身という最強の敵に打ち克ったサファロバを打ち破る力は、もうモレスモには残っていませんでした…。

「自分のゲームに集中して、できる一番いいプレーをする」というプランがどんぴしゃりはまったサファロバ。
「アグレッシブにいかなくてはいけないとは思っていた。いつもトップ選手と対戦すると、急ぎすぎてミスを重ねてしまう。」今日は、その経験が生きました。

一方。あぁモレスモ…モレスモの心境やいかに。うーん。しかし、これはもうサファロバを誉めるしかないでしょう。モレスモ残念でしたが、また今後に期待しましょう。今年こそは全仏!地元のグランドスラムをとりたいね。


⑥Andy Roddick(USA) 6-3 3-6 6-1 5-7 6-4 Mario Ancic(CRO)

続いて行われた男子の4回戦。これは中継終了までずっと見ていましたが、本当にすばらしい試合でした!長い試合だったけども見ていてすごく充実していてあっという間に2時…というか。お互いいいプレーが出て力が拮抗していて、緊迫感ありありのしびれる内容でした。これが見られてよかったです。

今日の試合のポイントはやはり、マリオ君のネットプレーでしょうか。いきなり第1セットの第1ゲームでアンディがブレイクしちゃったときはどうなることかと思いましたが、その後はアンディ、マリオ君ともきっちりサービスゲームキープしていきました。それだけにあの最初のブレイクが痛かった。アンディは自慢の(?)ストロークがとても安定していたし、マリオ君はそのアンディに対してネットでうまく攻撃できていて簡単にアンディにリズムを作らせなかった。

第2セットはマリオ君最初のサービスゲームピンチでした。15-40とまたブレイクピンチ。1セットめみたいにとられてしまうと、また同じ流れでもっていかれる可能性がある。そこを、いいサーブなどでうまくしのぎました。そしてその後はキープキープの緊迫した展開。こういうのって、ちょうど野球でいうところの投手戦になって0行進が続くあの緊迫感と同じ感じですね。それがミスというよりお互いの持ち味が十分でていてキープが続いていたから、内容もとても濃かった。

しかしマリオ君がワンチャンスをものにしてブレイク成功!そして2セットめとりかえしました。

3セット目に入ると、またマリオ君最初のサービスゲームでピンチ。前回はここでしのぎましたが…今度はうまくいきませんでした。第1セットと同じようにアンディに早い段階でブレイクされてしまい、ここでややマリオ君が精彩を欠くようになってしまいます。一方アンディは、ネットプレーももちろんみせてマリオ君を追い詰め、ストロークでもすごく安定していてほとんどラリーではアンディがとっていたのじゃないかな。

そして第4セットもまた最初のマリオ君のサービスゲームで15-40…ちょうど2セット目と同じ状況です。ここをしのげるか?しのげました!そしてまたアンディを先にブレイク!あのゲームは、リターンダッシュなど、マリオ君が効果的にネットに詰めていてアンディのミスを誘っていた。やはりマリオ君はネットプレーがうまくいくと、流れがくる。

しかしアンディも負けじとブレイクバックして5-5、ますます緊迫感がもりもりもり~っと増してきてんもうドキドキ状態でしたよ。そしてタイブレークになるかと思われた第12ゲーム、ここでマリオがきた!あのセットをとった最後のパッシングショット!!アンディのアプローチは決して悪くなかったと思うのですが、絶対にとるんだというマリオ君の強い意志がボールに乗り移って、アンディの横を抜けてラインをとらえた!あれは劇的だった…しびれましたよ~。思わず鳥肌立っちゃいました…マリオ君もあまりの興奮にラケット放り投げちゃって、あわててとりながら(しかしとり損ねた)雄たけびをあげていたのがかわいかった。しかしあのポイントはたしかに興奮したなあ。

そしていよいよファイナルセット。ここも序盤はキープキープ、しかも両者ともサーブの調子もよく磐石の状態でまさにがっぷり4つ、て感じでしたね。いつ均衡が破れるのだろう…そういえばもう2時近いなぁ…番組終了の時間が気になっていましたが…第5ゲームだったかな。マリオ君15-0となって順調にキープするかと思いきや、ネットプレーでミスが続いてしまった…!今までうまくいっていただけに、惜しい!惜しすぎるっす。結局、この1ブレイクが勝利を分けることになってしまいました。

しかしアンディこの苦しい試合をよく勝ちました。去年のアンディとはやはり何かが違う…ある意味前のサフィン戦よりも苦しかったのではなかろうか。なんどもラケットを投げてイラつきながらも、最後まで自分を見失わずしっかりプレーできていたと思います。でもマリオ君も本当に惜しかったよ…あの1ゲーム…両者の差はほんのわずかなものでした。でも、そのわずかが、いや、わずかなものだけに、余計に大きく感じてしまう。いやほんと、いい試合でした!

Serena Williams(USA) 6-3 6-2 ⑪Jelena Jankovic(SRB)
③Svetlana Kuznetsova(RUS) 6-4 6-2 Shahar Peer(ISR)
⑩Nicole Vaidisova(CZE) 6-3 6-3 ⑦Elena Dementieva(RUS)


今日は女子は大荒れの日でしたねー。第3シードのクジー、第11シードのヤンコビッチも敗れました。まあヤンコビッチの場合は相手がセレナだからなんともいえないが…パワーVSスピードとなったようですが、今回は久々にパワーが優ったということですかな。たしかにセレナのショットはすごかった。サーブもよかったし、ネットにつめる場面もありましたね。そしてスマッシュがうまい!と思いました。ヤンコビッチに自分のテニスをさせず、流れをつかんで離しませんでした。

一時はウィリアムス姉妹の台頭でヒンギスを追い詰めた、という感じもあったほどのパワーテニスの威力でしたが、最近はややスピードのほうが重要視されてましたものね。これでパワーが覇権を取り戻すことができるかな。マリアちゃんなどもパワーがあるしね。またインドのミルザなども、どちらかというとパワーテニスに近い感じなのかな。(あまり技術的なことわかりませんが)

ニコちゃん6号(バイディソワ)も、パワーありますよね。デメンティエワをパワフルなショットで一蹴してしまいました。しかしニコちゃんのウェアって…最初はわからなかったけど、まじまじ見ると結構大胆なウェアですね。背中の露出度も高いし、また胸元があんなに大きく開いて…つい目がそこにいってしまう(^^;)。若いとはすばらしいことですな…そしてニコちゃんは結構、いやかなり気が強いですね。試合の終盤デメに走らされてなかなかマッチポイント決められないニコちゃんラケットたたきつけてました。そのあとあわてて拾いに行くところがまたかわいいんだけど。そんなら最初から投げんどきゃいいやん、て思うけど、瞬間的についやっちゃうんだろうね…。

Mardy Fish(USA) 6-1 7-6(4) 2-6 7-5 ⑯David Ferrer(ESP)
⑦Tommy Robredo(ESP) 6-4 6-2 3-6 6-4 ⑱Richard Gasquet(FRA)
⑫Tommy Haas(GER) 7-6(3) 6-3 6-3 Florian Mayer(GER)



男子でも波乱がありましたね。フィッシュ、なんとシード選手で直前のオークランド優勝のフェレル君を撃破!これはすごい!フィッシュやったー!これはうれしいなあ。これで1回戦のルビ相手の勝利がフロックでなかったことが証明できた。そしてフィッシュは次は準々決勝、友人のアンディとの対戦となりました。

アンディは、かつて、どんな友達でも対戦するのにはそんなに気にならないよ、といったものの、このフィッシュとやるときだけはちょっと違う気持ちになる、と言っていましたね。仲いいんだろうなあ。それだけにちょっと気になります。ましかし、それでアンディのプレーが精彩を欠くということにはならないだろう。友を思う気持ちは、必ずやいいプレーにつながる。アンディ、フィッシュともにいいプレーを期待してるよ!

トミーボーイそろって勝ちました。あぁガスケ君…(悲)しかし、この試合は王者戦が早く終わったので放送されましたね。よかった。ロブレド君相変わらず渋いですなあ。しかし安定したプレーぶりで、若いガスケ君をはねつけました。ガスケ君も今年はクレーシーズン、地元のローランギャロス期待したいと思います。

ドイツ対決はハースが勝ちました。ハースはいつ見てもかっこいいなあ。私の一押しだったソダーリングを1回戦で破ってくれたメイヤーにストレート勝ち。デ杯ではチームメイトとしてともに戦う2人の対決で、やはりやりにくかったでしょう。これでハースは連戦になってしまいますが、去年の4回戦を超えることができるかな。相手が強敵だけども、ハースもがんばってほしい!

①Roger Federer(SUI) 6-2 7-5 6-3 ⑭Novak Djokovic(SRB)
⑬Tomas Berdych(CZE) 6-2 6-1 6-1 Dmitry Tursunov(RUS)


注目されていた王者VSジョコビッチでしたが。やはり王者は強かった…あれだけいいプレーをしていたジョコビッチを全く寄せ付けませんでしたねー。たしかに4回戦になってまたプレーのレベルを一段とあげていたような気がする。ジョコビッチがタフな相手だと相当警戒していたでしょう。しかしだからといって本当にレベルを上げられるとこがこの方のすごいところでございまして…いったいどこまで強くなるんだ?今日の出来を見るとアンディ…どうだろう…。

ジョコビッチもストローク合戦では結構対応していましたよね。すごい切り返しのショットがたくさんありました。しかし、やはりプレーの幅というか、引き出しがまだまだ少なくて、いろんな技を持っている王者に翻弄されてしまった感じもしました。でも、彼がネットやいろんな技をもっと身につけたら、本当に数年後には王者を撃破することも不可能ではないのではないかな。今回ドローがこれで4回戦敗退になったけど、おそらく王者と決勝であたるであろう相手とも十分渡り合える実力はもっていると思います。あとは、経験かな。いっぱい経験積んで、試合の駆け引きやメンタルでのじゅうような局面とかでの対処を修練していけば、これはすばらしい選手になることは間違いないでしょう。

ハースの次の相手が、この人。ベルディヒは、こちらも強い。ツルちゃんにストレート勝ち。でも私はこの結果を見て、ツルちゃんがリタイアせず最後まで戦えたので、ちょっとほっとした。

ツルちゃんは、左の手首の腱を痛めてしまっており、この大会も3、4回試合ができるかどうかわからない状態だったとのこと。医者からは「断裂することはないけどプレーを続けると少しずつ悪化する」と言われており、実際痛みもある。試合前に話していました。
「(3回戦を)棄権することも考えたくらいだ。だから結果は期待してない」。
「痛みがひどくなれば、やめようと思う。もしQFに進んだりしたら、とても不安になるだろう。コートに立てばベストを尽くそうと思うけど、できることは少ないと思う」。

去年はニコちゃん3号と同様に32大会という数多くの大会に出場し、おまけにデ杯も決勝まであった。そしてオフもアルゼンチンにエキシビジョンに出かけなきゃならなかったし、年末からはホップマンカップが始まる。本当に休みがとれたのは、わずか2週間。その貴重な2週間を、ツルちゃんはMauritius島というところで過ごしました。そこはなんにもなくとてものんびりした場所だったようで、すごくリラックスはできたそうですが、やはり時間が短すぎたので、真の意味でのリフレッシュにはならなかったそうです。

「(僕にとって)今年のシーズンは、2006年の続きでしかないよ」。
自身の誕生日(12月12日)は旅先のホテルで、そしてクリスマスは、ホップマンカップに出場するために向かう飛行機の中で過ごしたそうです。

そんな2006年を教訓に、ツルちゃんは今年はあまり多く大会に出過ぎないように気をつけたいとのこと。
「やっぱ量より質だしね。多くの大会でまあまあの成績を出すより、わずかの大会でいい成績を出すほうがいいし。ランキングアップにもそのほうがいいだろう。精神的に疲れていたらそれもできない。少し休みがほしいよ。グランドスラムとマスターズシリーズに集中したい」。

リタイアしなかったということは、それほど悪化しなかったのかな。もっと競った展開になっていたらかえってひどくなっていたのかも。ベルディヒがあまりにも強くてなすすべがなかったから、最後までできたと言えるのかもしれない。なんだか切ない話です。

今年1年のシーズンを棒に振りたくはないから、全豪でも無理はすまいと決めていたツルちゃん。でも3回戦進出は、立派な成績です。そうだね、デ杯もあるし、ランキングも去年1年でずいぶん上がったし、今年さらにステップアップするにも、早くその怪我を治さなくちゃね。そして精神も、ずいぶん疲れているだろうから、ゆっくり休んでほしい。そしてまた元気な姿を見せてほしいと思います。お疲れ様でした。


関連記事
We love Lucie(Australian Open)
Not clowning around: Tursunov has torn tendon(Tennisreporters.net)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ラブラブな2人
>アイリーンさん

サファロバとベルディヒの交際はほとんどの人が知らなかったと思いますが、今回のことで一気に有名カップルになってしまいましたね(笑)なんだかさわやかでいいですねー。ベルディヒは負けてしまいましたが、明日は彼氏の分までサファロバちゃんには頑張ってほしいですね。

私も聞きました、「スーパーマリオショット!」あれでスーパーマリオになったかと思いましたが…いつか本当にスーパーマリオになる日も近いと思います。今年の芝には期待したいいです。

ガスケ君、残念でしたねぇ…ショットはすごくいいものを持っているんですが、それをことごとくロブレド君の守備にひっかかってこらえきれませんでした。やはりガスケ君にはああいう守備型の選手は鬼門なのでしょうか。最近ジョコビッチやマレイ君の影に隠れてしまっているので、ぜひガスケ君にもがんばってもらいたいです!そろそろナダル君との対決をまた見たいなあ。

>波のあるマラト君では連覇が危ない・・・

たしかに(^^;)ニコちゃんも疲れてるんでしょうかね?足を骨折しているそうですしね。サフィン…でもユーズニーもいるし…でも初戦のチリはアウェーなんですよね…かなりやばいですな…ツルちゃん早く怪我治しておくれ~!
2007/01/23(火) 00:15:35 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
私も
さっちさん、こんにちは。

私も昨日は一日テニス観戦できて楽しみましたよ。
ゆっくりのんびり暖かい部屋で見るのは気持ち良いですね。
しかし、第一試合でモレスモーが。。。
サファロバはベルディフ彼女って事しか知らなかったのにハードヒットにビックリ!
あんなに打って入れば強いですよね。
バイディソワも若い選手は思いっきりがいいわ~!

次のアンディ対マリオは接戦でしたね。
あんなに冷静に思えたアンディもラケット投げたりイラついていました。
鍋島さんの“スーパーマリオショット”には笑いました。
みんな上手くなっていますね。

フェデラーは今までよりも更に高いレベルで試合を進めていましたね。
ジョコ君は油断ならない相手と思われていたのでしょう。

そして、早く試合が終わったおかげでガスケ君が見れると喜んでいたら、ロブレドには勝てませんでした。
手堅いロブレド、さすがです。
ハースも合わせてトミーボーイズなんですね♪
ツルちゃんの手首が心配です。
デ杯までに治るかしら?
ダビデンコが出ないらしいから波のあるマラト君では連覇が危ない・・・

フィッシュとアンディのお友達対決が気になります。
以前対戦したのをテレビで見た時にやりにくそうだったので。


2007/01/22(月) 13:42:33 | URL | アイリーン #7NtR3EzI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。