Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今日から準々決勝!
2007年01月24日 (水) | 編集 |
ベスト8よくやった!

Mardy Fish

@Yahoo!sports


昨日の試合で、ベスト8が出揃いましたね。女子は、ボトムハーフがどえらいことになってますなあ。一番上位シードが第10シードのニコちゃんだなんて。モレスモにクジー、ペトロワと負けてしまいました。一方トップハーフは比較的順当ですね。なんかトップハーフが極端に激戦になっているような気も…。

男子のほうは、結構順当になってますね。ノーシードのフィッシュがここまできてくれたのは、うれしい!そしてナダル君も、足の心配していたけども影響ないみたいで、よかったです。さあ準々決勝、ここらへんがいい試合がたくさん見られて一番おもしろいところですね。


Serena Williams(USA) 3-6 6-2 8-6 ⑯Shahar Peer(ISR)

今日はもうとにかくこれでしょう!セレナ、よくがんばりました!そしてペール、惜しかった~!すごい試合でしたねー。特に第3セット。お互いの意地と気合がぶつかりあって、白熱した試合になりました。

「準々決勝ということで、自分にプレッシャーをかけすぎてしまった」というセレナ。序盤はプレーに精彩を欠きます。咳がたびたび出てしまったということで、やや集中しきれなかったのかな?エラーも重なり、ペールが3-0といきなりリードし、第1セットを先取。

しかし第2セットに入ると、今度はセレナにおつきあいするようにペールにミスがでてしまいます。2-2で迎えた第5ゲームで、ダブルフォルトがらみでサービスブレイクを許してしまいます。よく、格上の選手と戦うとよりレベルの高いいいプレーができるというけど、その逆の場合もある。相手がミスをしていると、自分もそうなってしまう、ということはたしかにありそうです。

せっかくつかんだ流れをペールはこれによってセレナに奪われてしまいます。一方セレナは尻上がりに調子を上げ、特にサーブがどんどんよくなって、第2セットを取り返した次のファイナルセットの最初のゲームでも、エースを量産してあっさりキープ。そして勢いそのままに4-1と、勝利に大きく近づいた、かに思われました。

しかしここからがすごかったですねー。そこで一方的に終わらない。サーブがいいはずのセレナはその後のサービスゲームでたびたびのブレイクピンチ。そしてブレイクバックもされて4-4に追いつかれてしまいます。そのあとセレナは5-4で王手でしたが、さすがにそこはペールがキープしましたね。

この試合は夜中のアナログで3セット目以降だけ見たんですが、ペールはセレナのハードヒットをよく切り返していましたね。バックハンドでもいいアングルショットやネットに出てきたセレナの前にボールをうまく落としてミスを誘っていました。

緊迫した展開から第11ゲーム、ペールがついにセレナのサービスをブレイクして6-5アップ!これであとは自分のサービスをキープすれば準決勝進出。しかしその1ゲームは、限りなく遠かった…。

30-30になって敗北まであと2ポイントになって、そこから急にセレナが肩の力が抜けた感じで、あまりハードヒットしなくなりましたね。途中はもうあきらめモードみたいな表情だったのに。パワーを封印してコースを丁寧についてペールを走らせて、チャンスのときだけガツン!という感じで。派手なガッツポーズも彼女にしては比較的地味目だったような。でもセレナのガッツポーズって、迫力あってかっこいい~。女戦士みたい。

そしてどたんばでブレイク成功!前の日のジェームスブレイクを思い出した…あのときも3-5からブレイクバックしたんだっけ。ジェームス君は結局その後敗れましたが、セレナはそのブレイクバックが勝利を呼び込みました。ペールは最後まで必死でがんばっていましたが、セレナの気迫にちょっと押されちゃったかな。

ゲームとしては白熱したけど、内容は、エラーが2人あわせて83という大荒れなものになりました。最後らへんは2人とももうとにかくがむしゃら、ていう感じだったものね。でもそういう試合もまたテニスのひとつの形だと思います。きれいなウィナーもいいけど、こういう必死モードの泥くさい試合も、私は好きだな。

「私は真にファイターよ。」ぎりぎりの試合を勝ちきったセレナ。たしかに、あの表情見てたらそう思うよ…(^^;)すごい形相だったもんなあ。でもセレナがこういう勝利を求めて顔をくしゃくしゃにしてがんばる姿はかっこいいなあと思う。きれいに着飾ってビヨンセちゃんとつるむのもいいけど、やっぱコートでボールを追いかけてるのが、一番美しいよ。


⑩Nicole Vaidisova(CZE) 6-1 6-4 Lucie Safarova(CZE)

準決勝進出一番のりを決めたのがこの人。ニコちゃん6号ことバイディソワ、強かったですねー。さすがにサファロバは2回金星を続けることはできなかったか…。やっぱああいうことを続けてするっていうのは、難しいかな。

ということで、ボトムハーフはニコちゃんとセレナの対決。これもまた激しい打ち合いになりそうですね~。ショットのキレはニコちゃんのほうがありそうだけど、メンタルや粘りではセレナのほうが上かな。セレナは厳しい試合を勝ち抜いてきており、緊迫した展開になると強いと思う。ニコちゃんが勝つにはストレートで押し切る、というのが必要じゃないだろうか。なんかセレナが準々決勝の勝利でまた強くなっているような気もする。

①Roger Federer(SUI) 6-3 7-6(2) 7-5 ⑦Tommy Robredo(ESP)
⑥Andy Roddick(USA) 6-2 6-2 6-2 Mardy Fish(USA)


男子の準決勝をまとめて。王者は昨日も強かったですなあ。もっとも、ストレートとはいえ、とてもタフだったと語っている。気温がちょっと低くて、風もあり、あまりボールが弾まない天候だったことがそうなったようだ。ミスで大きくアウトする場面などもちょっと見られたそうですが。でもまあそれくらいあっても、試合ではちゃんと勝つ。

ロブレド君も必死の粘りでときに王者を苦しめるいいショットもあったようですが、やはりなかなか自力で上回る王者に試合全体で上回ることはできなかった。しかし2セット目はタイブレーク、惜しかったです。

ところで、昨日のWOWOWでダバディーさんが言っていたんだけども、ロジェ君は昨年来日して以来、「黒酢」にはまっていて、毎日必ず飲んでいるそうな。ええほんとに?知らなかったな…。

あの黒酢って私も一時よく飲んでましたよ。最初口にしたときは、臭ぇなんだこの飲み物は!?と思いましたが、あれが不思議と慣れるとハマるんだよねぇ…あの酢独特の風味が、なんか身体にいいぞぅ~ていう自己満足感を得られるというか(笑)。しばらくはまってよく飲んでました。最近はちょっと飽きちゃってあまり飲んでないけど、そうか…また飲んでみようかしらん…。

そしてついにきました準決勝、アンディがロジェ君に挑戦するときがきました。!いやーこのカードが実現してくれて本当にうれしい。昨日は友人のフィッシュ相手にやややりにくかったようですが、それでも圧倒して勝つあたりは、さすがアンディ。

フィッシュもゲームの中ではいいショットたくさんあったし、ストロークの打ち合いなどではキレのあるショットを連発していましたが、なかなかゲームに結びつけることができなかった。フィッシュとしてもせっかくのQFでもっと盛り上がる内容にしたかったと思うけども、アンディ戦ということで逆に意識してしまった部分もあるのだろうか。

でも、手首の怪我からよくここまで復活してきてくれました。キム同様、引退の危機にさらされながらよみがえってきたフィッシュ、今年の夏のハードコートシーズンは大いに期待したいところだね。お疲れ様!

そしてついにアンディVS王者ですか…。エキシビジョンは…あれはあまり参考にはならないかなあ。ロジェ君はちっとも気にしてないでしょう。ましかし、一応あれも負けに数えるとすると、今年になってまだ無敗なのは、実はアンディだけなのでは?ジェームスブレイクもこないだ負けたし、他の選手もどこかで負けている。アンディのみが、まだ2007年負け知らず…。

なんとしてもアンディを勝たせたい私(笑)は、なんとかアンディが勝てそうな状況はどんなものだろうかと最後の悪あがきをついしてしまう。…うーん…思いつかない…(- -;)…いや!サービス絶好調で、フォアもバックもミスなく王者の鋭い攻めをしのいで先にネットにつめる。やっぱサーブとネットプレーがポイントなのかなあ。

ひとつ気になることは…こんな精神論が王者に通用するのかわからないけども…ロジェ君はここまでストレートであまり接戦がなくきている。もちろん試合の中では白熱する場面はいっぱいあるけど、それでもセットもとられてないし本当にぎりぎりの状況、ていうのはまだないと思う。そこがちょっと気になるかなあ。アンディ戦でたとえばファイナルセット突入、なんてことになったときにそれがどうでるか。

一方のアンディは、んもう1回戦からギリギリです(^^;)あの初戦も危なかったしなあ。そしてサフィン戦にマリオ戦と、まさに接戦を勝ち抜いてきただけに、緊張する場面での勝負強さも自分の中にできていると実感しているだろう。そこらへんのものが、この勝負が接戦になったときにどうだろうかな、なんて…うーん。しかしロジェ君がそんなことでメンタルで動揺するかなあ。なんかそんなメンタルを吹っ飛ばすくらいすばらしいプレーぶりだから、あんま関係ないのかしらん。

でもやはりロジェ君だって、人間だしね。動揺するとこだって、きっとあるはずだ。そこを攻めきれるかどうか。なかなか崩れない王者のほんんのわずかな隙を見逃さず、どんぴしゃりのタイミングでの攻めがアンディにできるかどうか。それは針に糸を通すようなものかもしれないが、それができることが、勝つためには絶対に必要であると思う。

とにかくこれは必見ですね。アンディがんばれ!私は大会始まる前からアンディの勝利を信じているよ。

関連記事
Serena makes Australian Open semis(AP)
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
ナダルくん敗退
>かわさん

私もさっそく明日から哀しみに打ちひしがれている彼を励ましにいこうかな…(うそです、でも行きたい~)

セレナは3回戦のペトロワ戦で完全によみがえりましたね。あれかなりやばかったですもんねぇ…この試合も再三ピンチでしたが、崖っぷちから勝ち上がった自信が彼女を支えていたんでしょうね。次の試合もぜひがんばってほしいです!

ナダル君は残念ながら負けてしまいました。ゴンは強かった…半分覚悟していたのでそれほどショックではないですが、やはりがっくり。アンディVSナダル君はまたおあずけになりました…対戦してほしいような、してほしくないような…実際当たったら相当心苦しいです(^^;)

>ゴランさん

ゴンちゃんは4回戦のブレイク戦がすごく充実していて、逆にナダル君はマレイ君にギリギリまで追い詰められてへとへとみたいだったから、こうなることは半ば覚悟しておりました…まあゴンちゃんも好きなので、その点ではゴンちゃんの躍進もうれしいですが。

やはり怪我がどうしてもナダル君の場合ネックになりますね。前哨戦の怪我がぶり返してしまったのでしょうか。来るデ杯には出場の意欲をみせているようですが、あまり無理してほしくないなあという気もします。

ハースが久々にきましたね!去年は4回戦で王者と当たってしまう不運なドロー運でしたが、今年は離れていたし。去年は打倒王者の一番手といわれるくらい勢いがあって、あのときこうなってれば…という気もちょっとしますが、今年もここまできたらまた強いハースを見せてくれるでしょう。でも正直ゴンちゃんもかなり好きなのでちょっと複雑です。

ニコちゃんはこの日が初めてのセンターコートだったそうで。第3シードなのに…スポンサー企業は実力より話題性や人気とか、商売のことを第一に考えるんでしょうね…まあビジネスでは当然のことなんでしょうが、なんだか寂しい話ですよねえ。ニコちゃん今年はデ杯出ないみたいなので、ぜひ次のGSやTMSでいい結果を出してほしいです!王者を破ったらスポンサーがつくかも?
2007/01/25(木) 01:22:12 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
心配な足の怪我・・・
こんばんわ。
熱のない風邪引き状態でしたが、12時間寝て復帰しました。
ご心配、ありがとうございます。

ナダル、gonzoにストレート負け、残念でしたね。
どうやら足の怪我が大きな原因だったようですね。
マレーとの戦いに勝ちはしたものの、そのときの疲労が残っていたんでしょうか。
フィジカルで強いナダルが怪我するほど激しい試合だったんでしょうね、マレーも身体を痛めながら試合していたようですし。

ただ、それにしてもナダル相手にストレート勝ちとは、ヒューにも勝ったし、gonzoはすごいですね。
ナダルが3セットで負けたのは、なんと2004年USオープンでロディックに負けて以来です。
あのとき、負けた後ナダルは「ロディックはただサーブがすごいだけだ」と言い切ったんですが、その後デビスカップの優勝や大躍進があって、逆にロディックは急落していってしまい、二人の明暗がくっきり分かれたのですが、明日ロディックが王者に勝ったりすると、流れが変わるのかななんて思ったりします。

ナダル、心配ですね。
怪我で落ちていったモヤやフェレーロといったスペイン選手を見ているので、そうはなってほしくないと思っています。

トミー・ハースもやりましたね!
ダビデンコに振り回されていたでしょうけど、頑張って乗り切りましたね。
全豪は相性がいいようですね。
gonzoとの試合はどっちを応援しようか迷います。

ところで、敗れたウエアがないダビデンコですが、「全くの私の推測」ですが、現在どこからも声がかからない中村紀のような状態ということはないでしょうか?
実力はあるのだけど、以前にあるメーカーとの契約でこじれてしまい、それ以来実力は認めているもののどこも手を出さないといったことはないでしょうか。
あまりにもおかしいと思ったので、こんな推測をしたのですが、海外ニュースに詳しいさっちさんはどうお考えでしょうか。
ダビデンコもノリと同じで言葉を飲み込むことが苦手なタイプだと思うので、そういう気がしました。

本来は、明日のフェデラーVSロディックの話になるのでしょうが、ひねくれものの私はつい負けた選手のことを考えてしまいます(笑)。
2007/01/25(木) 00:23:39 | URL | ゴラン #-[ 編集]
オーラがあります。
哀しみで打ちひしがれた彼を励ましに、南半球に行っておりました。(嘘です)
まあまあ、3回戦については過去のことなので触れませんけど、、、「健康的に盛り上がって試合見れます!」でいよいよ終盤戦ですね。

昨日のセレナには脱帽でした。以前のような「首の骨へし折ってやるわよ!」みたいな脅威は薄れてますが、やはりコート上では女王として君臨したオーラが出てました。
ギリギリのところで走って打って吠えてる姿、ちょっと感動的です。あのセレナがですよ、皆さん!!!と言いたくなります。だから面白いです。だってこれで心身ともにベスト状態だったら、ぶっちぎり優勝してそうだから(笑)。
次はバイディソワか~、うーん厳しい。。。私もあっさりバイディソワ or 粘り逆転セレナですかね。

さっちさん的にはロディック×ナダルのファイナルだと、内心複雑でしょうか?
その前に王者打破の使命がロディックに課せられてますけど・・・。ロディックの心技体が空回りしないことを願って、焦る王者が見てみたいな。
2007/01/24(水) 14:30:45 | URL | かわ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。