Fere libenter homines id quod volunt credunt.
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サーブの力は偉大なり
2007年01月27日 (土) | 編集 |
優勝おめでとう

おかえりなさい

Serena Williams

@Yahoo!sports


昨日はなんだか忙しかったのと疲れていたので、更新しないままに今日を迎えてしまいました…おまけにFC2のサーバーがダウンしていたりして。おいおいこんなときにかよ…というわけで、昨日のゴンVSハースは、昨日のうちには書けませんでした。これはのちほどがっつりお送りします。

Serena Williams(USA) 6-1 6-2 ①Maria Sharapova(RUS)

セレナ、見事な復活です!すばらしい内容で、8個目のグランドスラム、全豪でいえば3つめののタイトル獲得となりました。

しかし…なんだか…昨日とおとといの男子準決勝を見ているような…ノックアウトショーが流行っているのか…今日の試合も、あまり予想しづらいような一方的な展開でしたね。しかし私は始まる前のセレナの表情がすっごく引き締まっているのを感じた。試合前のインタビューでもほとんど「Thank you」しか言わなくて、余計なことを考えず、すごく集中していた。答えはコートの上でお見せするわ、みたいな静かな闘志を感じましたよ。だからこれはセレナ、かなり最初からいいプレーをしてくるな、とは思いましたが。

今日はとにかくサーブの力が勝敗を分けました。女子の場合はサービスゲームのアドバンテージがあんまり男子よりない感じがしてもったいないなあと思っていましたが、今日に関してはまさにサーブの力を再確認できました。いきなり第2ゲームからセレナがブレイクして。マリアちゃんは前のキム戦やその前のチェクベタゼ戦の不調をややひきずっていましたかね?サーブがよくない。そしてセレナにたたかれる。おもしろいようにリターンエースが決まっていた。

一方のセレナは、んもうこれ以上ないっていうくらいの出来でしたね。サーブがとにかくよい!だからマリアちゃんはリターンゲーム、ほとんどなにもできないで終わってしまいましたね。だから、自分のサービスでプレッシャーがかかり、うまく打てない。せっかく40-15となってもそこでダブルフォルトがでたり。そして今度は入れようとするとセレナにガツーンとやられる。悪いほうに悪いほうに事態がすすんでいってしまいました。ストロークに持ち込んでもセレナのストレートウィナーがいい場面できれいにきまる。マリアちゃんの場合は、いいプレーもあまりゲームに影響ないところで出ていた。

第2セットもまたマリアちゃんいきなりブレイクされましたが、2ゲーム目で流れが変わりかけましたね。いままであんなにサーブが調子よかったセレナが連続ダブルフォルトして、30-40。そこでセレナが目が覚めたかのように、次の3ポイントはほとんどサーブだけといってもいいくらいいいサーブで一気にゲームキープしちゃった。セレナもあそこはやや気が抜けかけていたのかな。そこでピンチになって、気持ちを切り替えて、修正できる。あのへんは、女王時代を彷彿とさせる場面でしたね。

逆にマリアちゃんはサーブでリードしてもすぐミスやダブりで追いつかれる。相変わらずセレナのリターンエースはすばらしく、なかなかサーブでプレッシャーをかけることができない。最後までそんな感じの試合でしたね。最後のサービスゲームも、セレナはプレッシャーがかかりそうなのに全く動じずサービスでポイントを重ねて、最後は、浮いたリターンをウィナーで優勝を決めました!

しかしセレナ…痩せた?なんか2週間前と比べて明らかにシェイプアップしているような…たしかに7試合戦い抜くわけで身体的にも精神的にも磨きがかかっていくものだろうけども。大会期間中に体型が変わっていく選手も、珍しい。今日も振られたときの動きはやや鈍いかなと思ったけど、そこはショットの威力とパワーでカバーしましたね。3回戦のペトロワ戦で終わりかと思った人も多かったのではないでしょうか。そのほかにも苦しい試合がいっぱいあって、ペール戦もバイディソワ戦も…よく耐えて勝ち上がってきました。そして今日は今までで最高の出来。さすがセレナです。優勝おめでとう!

お母さんがなんともいい~表情してましたね~。喜びを爆発させる、というわけでもなく、娘の姿をあたたかく見守る母、ていう感じで。大会前はとっても心配だったでしょう。オラシーンさんとしてもまさか優勝するとは思っていなかったのではないでしょうか。

「母に感謝したいと思う。この2週間、悪い娘だったわ。八つ当たりしたり、憎たらしく思ってしまったり。でも、母は受け止めてくれていた。本当にありがたい存在だと思う」。

母親っていうのはそういうもんなんだろうねえ。私は母親の経験はないけど、娘として本当に同感です(笑)。おかあさんいつもごめんなさい(^^;)

そして2003年に銃弾に倒れた家族に、この優勝をささげたいと話していました。父のリチャードさんやビーナスの名前も挙げていましたね。

一方マリアちゃんですが、今日は完敗でした。昨日のハース、おとといのアンディと同じ運命に…しかし、1回戦苦しいところを勝ちあがり、やはり第1シードとして決勝にすすんできたことは評価されてよいでしょう。
「彼女(セレナ)を決して過小評価してはいけない。彼女には能力があるし、それを今日は証明したと思う」。

パワーとスピードテニスでトップに立ったマリアちゃんですが、今日は相手のパワーがさらに上でした。グランドスラム決勝で負けたのはこれが初めてかな?準決勝敗退はたくさんあるけど、2回の決勝進出ではいずれも勝利を収めてきました。これもまたひとつの経験です。セレナはそういう場面をたくさん経験してきた。全仏のエナンとのあの試合とか…マスコミにも容赦なく叩かれるけど、こうやって結果を出すことで黙らせる。マリアちゃんもそういう選手になってほしいです。

ちなみにセレナは2003、2005年とこの全豪優勝、そして2007年も優勝。きれいに1年おきになってますね(笑)。さて、セレナがこれで今シーズンどういう闘いを見せてくれるのか、ますます楽しみですな。エナンももうすぐ復帰するみたいだし、キムは最後のシーズンでまた気合を入れなおしてくるだろうし、モレスモだって、そうに違いない。男子とは違って混戦で誰が優勝するのかわからないところはおもしろいですなぁ女子は(^^)。

さて、次は全仏ですね。クレーではやはりエナンが強かろう…そこにセレナが入ってくるとなるとまたおもしろいことになりそうですね。セレナはすでに生涯グランドスラマーだからローランギャロス苦手っていうこともなかろうし、今回の優勝で自信をつけてまたパリにも戻ってくることでしょう。ここに地元のモレスモがどう絡んでくるか…毎年絡まないで終わっているが…今年こそは期待したい。おっとその前にインディアンウェルズとマイアミがありますね。女子はあまりここではたくさん書きませんが男女共催のあの大会はまた女子もお送りしたいと思います。

Williams routs Sharapova, wins eighth Grand Slam title(AP)
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
セレナ強し
>かわさん

まさかセレナが優勝するとは思いませんでしたが、決勝戦のあの強さはさすがだなという感じでしたね。ガッツポーズもすんごい気合はいってて、たしかに、対戦相手としたらちょっと怖いかも(笑)。女王時代のセレナは女版フェデラーみたいな(そこまでではないかな^^;)強さでしたもんね。マリアちゃんのスピーチは私もとても好印象でした。(東レの記者会見の衣装はちょっと…ですが)。

さて今度は東レですね~。私は今年はヒンギスが優勝するのではないかという気がします。なんだかヒンギスとシャラポワのための大会っていう感じの報道の仕方ですね。杉山さんに期待します!
2007/01/30(火) 20:17:56 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
Return of the Queen!
土曜がものすごく遠い日に思えてくるのですが、感想を・・・。

セレナは試合登場の時の顔がすごくキリっと締まってましたね。シャラポワサーブの時のプレッシャーのかけ方たるや、無言の圧力というか威圧というか・・・(汗) 実況の神尾さんも仰っていましたが「私が本気を出すとあなたなんて相手じゃない、と思ってるんでしょうね」というのに納得。

試合後の両者の握手の時も好感が持てました。
私も外で発散できなかったことを、うちに帰って母親に当たったりしてたから気持ち分かる~。あのママだから、どーんと構えて受け止めて叱咤して、娘の優勝を信じていたんでしょう。家族の力って大きいんですね。
シャラポワも開放された顔で、清い態度でスピーチしてました。この日の想いを胸に、きっともっともっと巧くなれるはずです。

あまり勝ち過ぎるのも微妙ですが(何じゃそりゃ!)、セレナのこの覚醒した状態で、エナン・キム・モレスモ・若手たちがどうやって攻略し突破するか、是非見たいですね。それをまた撃沈させるセレナにも期待。
だからもう暫く、ウィリアムズ姉妹にはテニスに専念してほしいかも(笑)
2007/01/30(火) 17:25:39 | URL | かわ #-[ 編集]
苗字の不思議
>la merさん

女子は今回シード選手が一人もいなくて寂しい限りだったんですが、こうやってセレナが優勝してまた盛り上がりそうですね。男子もいずれは…。アンディ、残念な結果でしたが準決勝までの戦いはすばらしかったと思います。次のアメリカシリーズ、特にサンノゼはぜひとも優勝してほしいです!

私もなんとなくロシア選手の苗字に関してはla merさんと同じようなことを感じていました。クロアチアなどは男子と女子でも同じ名前なのに(アンチッチ兄妹など)ロシアだけなんですかねー。あと、カタカナ表記が、vaをロシア選手は「ワ」ていってチェコは「バ」と表記するのもなんだか不思議ですね。
2007/01/28(日) 11:23:19 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
こんにちは。私もセリーナのスピーチにはじーんときてしまいました。最近あんまり女子は見ないのですが、今回は何故か気になってこの決勝見てしまったものです。シャラポワのスピーチも笑顔があって良かったです。

>ユーリさん
文法的に男性の苗字の呼び方で最後に「V」で終わっている場合は、女性での呼び方だとみな最後に「A」をつけるのではないかなと思います。例えばシャラポワやクリニコワ、クズネツォバなどはみな「VA」で終わってますよね。因みに男性だとカフェルニコフ。あとコロレフとかも。でもサフィンも妹さんはサフィナなので、「V」で終わっている男性苗字以外でもそういうお決まりになっているのかなとも思ってます。

でもあくまでも私の想定なので間違っていたらすみません。
2007/01/28(日) 08:10:02 | URL | la mer #-[ 編集]
セレナかっこいい~
>のびたさん

セレナのこういう大きな舞台での気持ちの入れ方は、素晴らしいですね。あの試合前のインタビューが表していたと思います。試合中も、派手なガッツポーズはほとんどなく、すごく集中していましたね。とてもかっこよかったです。

パワーではやはりセレナの右に出る人はいないでしょうねえ。しかしそれをうまく交わして逆襲するヒンギスみたいな選手もたくさん出てきてほしいです。パワーと技の対決、ていうのがやはり一番おもしろいですもんね。マリアちゃんも、この経験を糧にもっともっと強くなっていってほしいと思います。

たしかに、ユーリさんはシャラポフさんという苗字だったと記憶しています。同じ家族なのに名前が違うって、なんかへんな感じですね。
2007/01/27(土) 22:22:43 | URL | さっち #jQoqE9no[ 編集]
試合前のわたしの予想は、セレナ優勝。
だって体重差筋肉量を見れば、
動きもよくなっているセレナ有利だと思って。
それが、こんなにも差が出た勝利だとは、恐れ入りました!
試合前、『テニスはメンタルが80%』ってセレナは断言していたけど、今日は選手二人分の勝ちたい気持ちの80%をセレナが支配していたんじゃないかなぁ。

>ノックアウトショーが流行っているのか
・・・明日もそうなったら、嫌だなぁ・・・ゴンちゃん、負けないで!!

>「母に感謝したいと思う。この2週間、悪い娘だったわ。八つ当たりしたり、憎たらしく思ってしまったり。でも、母は受け止めてくれていた。本当にありがたい存在だと思う」。
わたしもこれ聞いて、じ~んときました。いつかのインタビューで、『わたしがここまで勝ちあがるてことを信じていてくれたのは、母だけだわ』とかって言ってましたから、なおさら!
このパワーに対抗できるのは、どんな選手なのかしら?今後が楽しみですね、女子は!

最後に、WOWOWのアナウンサーがユーリさんのことを『ユーリ・シャラポアさん』って紹介していたけど、確か男性の苗字の呼び方は女性と違うんじゃなかったかな?サフィンとサフィーナみたいに・・・?!
2007/01/27(土) 16:49:11 | URL | のびた #T5DPT7Jo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。